人気ブログランキング |
<   2019年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
それぞれの30年を振り返る日
新しい元号へ切り替える明日へ向け、終日TVもメディアも平成回顧と両陛下の歩みを取り上げています。

書籍コーナーではお二人の人柄を取り上げた特集と超保守系の天皇観を取り上げた冊子の二極分化が目立ちます。▼
b0036638_20332696.jpg
敗戦後の厳しい世相の中で美智子妃という伴侶を得て、象徴天皇のあり方を過ごす日々は大変であったろうと思います。その過程で私見なく平和を希求したお二人の生き方が回りの共感を呼ぶのでしょう。

月の変わり目で今日の葉書と手紙を9通投函。▼
b0036638_20332692.jpg
この十連休4/30までの手紙は5/2に配達、5/5までのものは5/7に配達とポストに張ってありました。▼
b0036638_20332687.jpg

by okadatoshi | 2019-04-30 20:34 | メディア | Trackback | Comments(0)
初めての京セラドーム
19/04/18に市民招待の抽選であたり観戦しましたが、そのときにさらに4/29と5/15の招待券が配布されました。▼
b0036638_21013754.jpg
初めて京セラドームでつれあいと観戦。
仰木監督デーでオリックスは背番号72を付けて出場。▼
b0036638_21013715.jpg
連休だったからか、招待券の乱発なのか盛況でした。
対西武戦で、最下位のオリックス連敗がやっと止まり試合は5:3で勝利。
BsGirlsが5回と7回終了に登場します。▼



設備も良く集客力もあるので、オリックス戦の神戸ほっともっと球場の試合数が減るのもわかる気がします。

京セラ球場を、ピグマペンとCOPICで彩色。
色数が少ないのでやや表現が苦しい。▼
b0036638_21013737.jpg
今日の歩数は、7,000歩。

by okadatoshi | 2019-04-29 21:05 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
今井町散策
現職時代の同僚の親睦会では散策の会が春と秋に開催されます。
今日は、奈良の今井町と橿原神社散策の日で私は記憶係です。

前から行きたいと思っていた今井町ですが、その日本最大と言われる江戸時代の町並みが保存されている規模の大きさには圧倒されました。

黄色のエリアが古民家です。江戸時代の路地と建物がそのまま残され、そこに人々の日常生活もあります。▼
b0036638_22435506.jpg
スケッチポイント満載の街角です。▼
b0036638_22435505.jpg
動画の一部をまとめました。▼



昼食時に地元の酒も入れた利酒の会。▼
b0036638_22435482.jpg
真ん中は、馬の手綱を繋ぐ輪です。▼
b0036638_22435415.jpg
今日の歩数は、2万歩。


by okadatoshi | 2019-04-28 22:47 | 散策/登山 | Trackback | Comments(0)
神戸芸術工科大学の神戸みんなの映画会
毎月第4土曜日学園都市にある神戸芸術工科大学で「神戸みんなの映画会」が開催され大学ホールまで散策。▼
b0036638_21500411.jpg
今日の上映は戦艦ポチョムキンの上映でした。
500人収容の映画専用の吉武ホールで観客は100人ほど。
入場無料・予約不要です。▼
b0036638_21500476.jpg
1925年のサイレントの16ミリフィルムですが、BGMに音楽を入れていました。学生時代のデモで流れていた聞き覚えのある旋律が入っています。
ソヴィエト共産党のプロパガンダ映画とされ、西欧諸国では公開が制限され、日本では1967年になって上映をされました。

ネットにアップされているものの方が画面のノイズが消えています。▼



今後の日程は、
5月25日 海の牙
6月22日 黄色いリボン

今日の歩数は、8,000歩。

by okadatoshi | 2019-04-27 21:55 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
六甲山上散策(2)>高山植物園
18/04/27と同じタイトルです。
今年の超大型連休を前に、時間に余裕のある老夫婦は、六甲高山植物園へ行きました。平日は無料の高山植物園の駐車料金も。明日からは1,000円になります。

ガーデンテラスは閑散としていました。▼
b0036638_22061314.jpg
高山植物園はたくさんの花が咲きつれあいはハイ状態でした。

ミズバショウ、コガネミズバショウ、ユキモチソウ
イカリソウ、サンカヨウ、オオカメノキ
チングルマ、ボタンキンバイソウ、ハッカクレン▼
b0036638_22061310.jpg
帰りにはしあわせの村へ入園。1時間以内は駐車料金は無料。▼
b0036638_22061244.jpg
花づつかがみのテーマはノーム
わかりにくい。▼
b0036638_22061395.jpg
今日の歩数は、8,000歩。

by okadatoshi | 2019-04-26 22:09 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
購読している電子版から(2)
19/03/19と同じタイトルです。
先に触れた購読電子版の中で、頻繁に見るのが東洋経済ONLINEです。主義主張の偏りもなく多岐にわたっている紙面です。「ここから有料」も出てこないのでストレスも少ない。お勧めです。

今日の熟読記事は、
でした。執筆者が気に入ればSNSのようにフォローが出来ます。▼
b0036638_21334866.jpg
◎・・・頂き物・・・◎

購入したCOPICを使ってみました。影の部分は薄墨ペン。
水彩のようなめんどくささはないですが、色数が限られているのが難。もちろんお金を出して色数を増やせばいいのですが・・・。

貸し農園時代に採れた種をあげたらそこで立派に育ち、里帰りで頂きました。
タンカンは教え子さんが突然どさっと送ってくれます。▼
b0036638_21334808.jpg

by okadatoshi | 2019-04-25 21:37 | メディア | Trackback | Comments(0)
岡山の足守町散策(その2) 動画編
終日散策後に動画の編集まで処理しblogにアップする時間的な余裕がないので、動画とスケッチは翌日に回すというパターンが最近続きます。

ただ車のない人には不便な岡山市の北西、総社市との境界に位置しています。
路線バスも廃止になりました。JR足守から4km北にあり私の足で40分かかりました。行く先々の案内をしてくれた方には、せめて駅前にレンタル自転車を置くように希望を出しました。

秀吉の正室「ねね」の兄である木下家定が足守の地を領有し陣屋町として栄えました。
足守の陣屋町は、十分に観光地として成り立つ町並みがありながら交通の便が悪いのがネックです。自家用車の人がパラパラ散見する程度で人はあまり見られません。
静かな江戸時代からの家がそこに生活する人々によって保存をされています。
倉敷のような土産物屋が並んでいる華やかさはありませんが、静かに散策をするにはいいところです。ここまでは外国の方も来ていません。

足守プラザ前のバスの停留所ですが昨年集客が見込めず廃止されました。▼
b0036638_20530240.jpg
旧足守商家藤田千年治邸→旧足守藩侍屋敷→木下利玄生家→近水園と散策したコースを動画にまとめました。
タイムスリップしたような保存状態の良い建物は見応えがありました。▼




by okadatoshi | 2019-04-24 20:56 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
岡山の足守町散策
火曜日は西の出講日です。先にも触れましたが今年度は時間的な余裕ができたので、午前中にあちこち出歩く計画を立てています。
普段乗らない早い時間帯で新幹線ホームにひかりが来たので乗車しました。岡山出講は6年目になりますが、今までひかりには乗ったことがありませんでした。というか、こだまと同列に考え、のぞみ・さくら・瑞穂にばかり乗車していました。
ひかりについては、
が参考になります。▼
b0036638_22052102.jpg
今日は、足守町並み保存地区の散策が目的です。

車がないと不便なところで、岡山駅から伸びていた足守地域迄の中鉄バスも採算が合わないと昨年廃止されました。
JR足守からタクシーを頼むか歩くしかありません。
で、片道4kmあまりの足守川沿いの田園風景を愛でながらひたすら北上しました。▼
b0036638_22052105.jpg
観光化に取り残されその分、江戸時代がそのまま、残っている町並みとそこに生活する人々が居ました。

見所は旧商家で醤油業を営む藤田家(左)と足利藩侍屋敷(右)です。町内の旧家は入場料もなく駐車場もすべて無料なのです。▼
b0036638_22052145.jpg
足守プラザが町の中心で観光案内や陶芸体験などが出来るカルチャーセンターのような役割を果たしています。▼
b0036638_22052198.jpg
行く先々で何か質問をすると、丁寧に丁寧に説明をされる方々にすべての施設で出会いました。

西の出講先の歩数では、下記の道を歩き、過去最高の22,000歩。▼
b0036638_22052170.jpg
帰宅後ビールを飲み、今日のblogは終わります。
動画部分を編集し、明日のblogでその2をまとめます。

by okadatoshi | 2019-04-23 22:10 | 散策/登山 | Trackback | Comments(0)
灘の酒蔵のショートカットコース
高校時代の同窓生の「神戸修学旅行」開催に関わってきます。
5月には、40人近い同期生がやってきます。

初日はコンチェルト号のクルージングでディナーですませますが、翌日は何カ所かコースを考え関西在住のメンバーで案内をします。
私の担当は酒蔵コースと美術館。今日はその下見に出かけました。
歩いてみて午前中に団体で回れるのは、下記の2カ所が適当と思いました。▼
b0036638_22473436.jpg
酒心館」にはA,B,Cの酒蔵見学コースあります。団体で食事もできますが、やや高め。品揃えの良い土産物が揃っています。▼
b0036638_22473459.jpg
ここから歩いて、六甲漬の「武庫の郷」へ。▼
b0036638_22473447.jpg
ここの“平介茶屋”で昼食を摂りました。blogでググると、2010/02/242008/09/08で食べています。当時は、945円、今回は1080円でした。土産物の建物では、お茶請け(右)が用意されています。リーズナブルなここでの昼食が第一候補かな。▼
b0036638_22473405.jpg
今日の歩数は、1万歩。


by okadatoshi | 2019-04-22 22:53 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
尼崎市内見学と誕生会^^;(その2)動画編
昨晩は画像をまとめる時間がなかったので、続けて同じタイトルです。

最初の赴任先が城跡に建設された旧校舎でした。近くに「尼崎城址」の石碑が建ててありました。町名も「城内」でした。
尼崎城は、江戸時代の1617年、戸田氏鉄が5万石で入り新築。明治6年(1873年)の廃城令により取り壊されました。
ミドリ電化創業者の安保詮氏が「創業の地に恩返ししたい」と寄付された約10億円の私財を基に、尼崎城の天守を再建したものです。

2019年3月28日に「開城記念式典」を行われ、3月29日から一般公開されました。南側には人工芝の緑が敷き詰めてあり憩いの場になっています。▼
b0036638_19312781.jpg
ミドリ電化は、塚口駅の西側に店舗があり、よく利用をしていました。私にとっても懐かしい街です。

お城の周辺と内部を動画にまとめました。



萩原一青氏がデザインした日本の100城の手ぬぐいデザインの展示コーナーがあります。▼
b0036638_19333546.jpg
金沢城と鳥取城も見つけました。▼
b0036638_19312778.jpg
城内展示の雰囲気は、Minecraftー尼崎城ー Amagasaki-castle(クリック)でわかります。

そこから教え子達と尼崎観光。荷物も持ってくれました。
尼崎信用金庫会館 の南50mのところにある190420世界の貯金箱博物館があります。現在、1万3千個の貯金箱が収集され、その中から入れ替えて展示をされています。
係の方がユニークな館内の案内をされます。
入場無料で出口で二種類の貯金箱から好きな方がプレゼントされました。▼



会館は美術展の会場にも利用され貨幣や尼崎城の資料が展示されて地域の文化センターのような役割を果たしています。
日本の近代紙幣のほとんどが年代順に展示してありました。▼
b0036638_19312713.jpg

by okadatoshi | 2019-04-21 19:39 | Trackback | Comments(0)