<   2018年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
大晦日(8)一年前のコピペで <(_ _)>
昨年の12/31と同じタイトルです。
注連縄も鏡餅も玄関に飾るお花も、毎年生協に注文しているので同じです。▼
b0036638_14413670.jpg
コーナンで昨年と同じく灯油を購入しましたが、税抜きで1332円だったものが今日は、1.8リットルが1584円と大幅に値上がり。
夕食は、今年は妙法寺のスシマスでにぎり寿司の持ち帰りの夕食でこれも同じ。紅白が終わった頃に年越し蕎麦を頂きます。

同じような毎日の繰り返しで1年が過ぎましたが、14年間お世話になった北の出講先は講師の定年で今年の3月で行かなくなりました
特に大きな怪我や病気とは無縁でしたが昨年十月頃から25才も若返り五十肩になりましたがその後完治しました一時は右手が上がらず左手を添えなければ箸を持ち上げられない状態でした。幸い今は可動域もかなり広がりました。
高校二年になった孫も数学に興味を持ち、我が家に来るとますます数学の話で繋がるようになりました。
やはり、1年単位で振り返ると少しずつ変化がありますね。

*   *   *

一年前の文章を赤字の部分だけ変えてパクリました。(^^)
この年齢になると昨年と同じ一日が今年も繰り返されるということは、幸せなことなのだと心底思えます。

私のメインのホームページの表紙1月~12月をまとめました。
ここは、昨年とは違います。来年も新しいスケッチを描き続けます。▼



今日の歩数は、9,000歩。

by okadatoshi | 2018-12-31 19:00 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)
今年もあと二日(2)連日車を出す
昨年と同じタイトルです。
あちこちに車を出し、今日で正月用品の調達完了。
blogを見ると、税抜きで1.8リットルの灯油が、2016年に1098円だったものが、昨年は1332円、今年は1584円と年々高騰しています。正月は、寒波の予想もあり二缶購入。
品切れ状態だった毎年愛用している高橋のスリムタイプE14型カレンダーをブルメール舞多聞で見つけ購入。
来年の予定を書き込んでキッチンに掛けかえました。▼
b0036638_20253055.jpg

by okadatoshi | 2018-12-30 20:27 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
今年も My-History 94号
新風書房 を経営する福山琢磨氏からMy-Historyと葉書サイズの福山ミニ通信が送られてきました。
当blogでは、2013/01/04に2013年新年号 No82の紹介をしています。
孫たちへの証言 をライフワークとして継続して発行され、2018年は31号を出されました。関西鳥取県人会の会長をされお元気な83歳。

今回の添え書きに、
車椅子 老々介護の坂道なるも 押せる幸せかみしめる日々
とありました。素晴らしい故郷の大先輩です。▼
b0036638_20330999.jpg
少し余裕が出たので、切り出していた下記の深夜便の明日への言葉・列島インタビュー等を音声で聴けるよう一挙に変換をしました。

h180824&0928 あなたにハッピーを イラストレーター田村セツコ/h180224 私はあなたの伴走者 精神科医 吉田精次/h170805 視覚障害者と戦争 日本盲教育史研究会事務局長 岸博実/h170427 【ラジオドラマ】ブラインド探偵(アイ)原作:米田京/h170415 昭和18年鳥取地震 記憶を記録にとどめる 橋本巌/h170322 柔らかに死を見つめる 野の花診療所 医師 徳永進/h170316 視覚障害者と歩む料理教室 管理栄養士 田口道子/h170322 柔らかに死を見つめる 野の花診療所 医師 徳永進/h170316 視覚障害者と歩む料理教室 管理栄養士 田口道子/h170220 見えなくなって、見えてきたもの 埼玉県皆野中学校教諭 新井淑則/h170213 見えない私が描くパリ 画家 末冨綾子/h170210 杉原千畝の世界を撮り続けて カメラマン 寿福 滋/h170202 大きな夢を持って働く義肢装具メーカー代表取締役 中村俊郎/h170121 心をほぐす詩の授業「奈良少年刑務所での取り組み」作家・詩人 寮美千子/h160303 増田明美が聞く「伴走者と心あわせて」視覚障害女子マラソン選手 道下美里/h160126 でも働いています 若年性認知症患者 丹野智文/h151021 ふるさとに書をのこす 書家 柴山抱海/h150807 ただ一人私だけ死に切れなかった~今だから語る集団自決の悲劇 元満州開拓団 久保田 諫/h150806 誤ったメスを繰り返さないために 医師 東野利男/h150805 アメリカ人が見た日本空襲 英会話教室経営 フィスク・ブレット/h150805-2 平和の明日を築くために光さす故郷へ 旧満州引揚者 竹中よし/h150715 獄中メモ 作文教育はなぜ罪にされたか 佐竹直子/h150630 独りで歩んだ珈琲道人生 珈琲専門店代表取締役会長 堀口俊英/h150629 那覇の古書店から見つめる沖縄の心 古書店店主 宇田智子/h150623 沖縄女性初の裁判官としての私の人生 更生保護法人理事長 大城光代/h150613 お父さんはお人好し聴取率43%の秘密 元NHKプロデューサー 棚橋昭夫/h150603 生き方91歳書き続け,たどり着いた人生の晩鐘 佐藤愛子/h150601 寺子屋のこころ教育をいかす 江戸東京人文科学研究会主宰 安藤義雄/h150524 私のがむしゃら時代 パティシエ 高木康政/h150520 歳元整備兵が語る戦時体験香川県さぬき市在住 黒口縣市/h150506 リタイア犬ボランティアとともに 盲導犬訓練士 大西省子/h150501 明日へのことば 憲法を胸に生きる 弁護士 伊藤真/h150421 森を子育てにいかす 西村早栄子/h150416 歴史に親しむ 鳥獣戯画 東京国立博物館研究員 屋貴裕/h150410 強いおばさん弱いおじさん 小川有里/h150324 今に生かしたい千利休の教え 熊倉功夫/h150212 私のアート交遊録 無言館・館主窪島誠一郎/h150206 家庭内暴力DVを乗り越えて 武田はるか

ウオーキング中のBGMでいいものを私の主観で切り出しています。
今日の歩数は、7,000歩。

by okadatoshi | 2018-12-29 20:37 | 人びと | Trackback | Comments(0)
職人の伝統の技を道具館で見る
初雪の降った神戸でしたが竹中大工道具館へ行きました。
「企画展・洋菓子の道具たち」をエーデルワイスミュージアムと共催で1月27日まで開催中です。▼
b0036638_22422405.jpg
曲尺の表面をルート2倍した裏面の使い方(左)や、繊細な組子細工(右)。▼
b0036638_22422462.jpg
大鉋と削られた見事な鉋屑(左)と15世紀の大鋸(おが)の復元(右)。▼
b0036638_22422421.jpg
千代鶴是の鍛冶場の復元コーナーもあり、時間を忘れました。

新神戸から三宮まで歩く途中の、日本基督教団神戸聖愛教会です。
新神戸駅のホームからわずかに見えている教会です。▼
b0036638_22422358.jpg
今日の歩数は、13,000歩。

by okadatoshi | 2018-12-28 22:46 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
妙法寺周辺の散策(2)那須神社往復
2017/12/20と同じタイトルです。
妙寺駅に隣接しているリファーレのコープへ車を出し、つれあいが購入する間久しぶりに那須与一の墓まで往復しました。▼
b0036638_20244176.jpg
最初に、妙法寺。天平十年(738)行基菩薩が開基したとされています。駅名になっていますがここを知っている人は案外少ないです。
昭和17年の名が見えるレトロな街灯が珍しい。▼
b0036638_20244103.jpg
那須与一の墓と道路を隔てた高台に那須神社がありその横に、石像笠塔婆があります。お堂に祀られている石仏(右)は、1337年の石仏とあり、神戸市内の石仏としては11番目に古いものです。▼
b0036638_20244106.jpg
今日の散策のBGMでは、今年の8月13日放送の、【ラジオ文芸館】『夜半亭有情』作:葉室 麟 朗読:塩田慎二を聴き入りました。小説の朗読を歩きながら聴くのもいいものです。早速、朗読の部屋で音声で聴けるようにしました。

今日の歩数は、8,000歩。

by okadatoshi | 2018-12-27 20:26 | 散策/登山 | Trackback | Comments(0)
コナズ垂水店探訪
団地近辺は喫茶店過疎地ですが、コメダ珈琲店に続きコナズ珈琲垂水店が出来たので、今日は行ってきました。▼
b0036638_21312101.jpg
事前にネットで調べると、コナズコーヒーの定番!【ストロベリー&バナナホイップ】税抜き1,380円-と高そうな価格です。

今日ご一緒したのは、mshibataさん。
実は、西の出講先で共に非常勤講師をしていたこともあり旧知です。コメダ珈琲店開店の時も現地でお会いしています。
神戸の昭和の居酒屋や喫茶店に詳しく冊子も数冊出され、今日は取材も兼ねています。▼
b0036638_21312149.jpg
10時開店一番に入店。もっとも安いメニューを注文。
クラシックパンケーキ(3枚)が税抜き480円でした。珈琲は軒並み500円以上でしたが店の日替わりオリジナルブレンドのみ380円(税抜き)。さらに珈琲以外の品を頼むとさらに100円引きの特典がついていました。

胡椒入れにコーヒー豆が入っていて、これをパンケーキの上で引くと苦みが出ると説明を受けました。「シロップやレモンを搾ると3通りの味が楽しめます」との店員さんの説明。
珈琲カップも大ぶりです。二人でクラシックケーキをシェアしてブレンドコーヒーを注文すれば税込みで合わせた料金が1,230円です。当初はメニューを見てびっくりでしたがこれなら、年金生活世代も立ち寄ることが出来ます。▼
b0036638_21312014.jpg
今日の歩数は、6,000歩。

神戸市垂水区名谷町2035-1
TEL 050-5352-1902
営業時間
月~金、祝前日: 10:00~22:00 (料理L.O. 21:00 ドリンクL.O. 21:00)
土、日、祝日: 09:00~22:00 (料理L.O. 21:00 ドリンクL.O. 21:00)

by okadatoshi | 2018-12-26 21:37 | グルメ | Trackback | Comments(4)
年賀状、添え書きを残すだけ
ほぼほぼ、今年も年賀状の山場も過ぎました。
元旦には、さらに50通ほど返信の年賀状を出します。

昨日の朝日新聞のフォーラム欄で「年賀状を出しますか?」という特集をしていました。朝日デジタルに寄せられた924の回答の集計です。
出す人と出さない人の割合は、2:1です。▼
b0036638_22554049.jpg
アンケートの代表的な意見も掲載されていました。朝日デジタル(クリック)
久々にスキャンした記事の画像をgoogleドライブに保存し文字変換をしました。

yes:数十年の財産■思い出に

●「たとえ1年に一度のつながりでも、近況報告で友人、知人と数十年やりとりが続く年賀状は、貴重な財産」(神奈川県・50代女性)●「生まれ育った土地を遠く離れて「生活していて、なかなかお会いでき「ない方との関係を感じる機会になっています」(沖縄県・50代女性)●「単なる習慣。家族写真を撮って印刷しているが、その写真が思い出になる。自分のために送っている気がする」(東京都・50代男性)●「年末は忙しいけれど、誰かの顔を思い浮かべて新たな年のあいさつをする時間的・精神的余裕は持ち続けていたい」(東京都・30代男性)●「煩わしく思いながらも出していたが、社外関係者に久々に連絡して新しい仕事につながった。前向きな気持ちに出せる方には出していこうと考えている」(愛知県・20代女性)●「日頃SNSばかりの現代にこそ、年に一度くらい書きましょう」(長崎県・50代女性)

no:手間とお金が■時代遅れ

●「手間とお金がかかるので正直もらってもうれしくはない。また、個人情報である住所を聞くことのハードルが高い」(京都府・20代女性)●「古き良き日本の慣習ではあるものの、既に時代遅れになっている。一般世帯では費用も重荷となっているように思う」(東京都・40代男性)●「身辺整理の意味も含め、昨年から送るのをやめました。年末の仕事の多忙な時期での作業が一つ減り、心理的にとても楽になりました」(京都府・40代女性)●「まったく会うことも無い人に元気ですなんて書いて知らせる必要性を感じません。たまに会う人でもメールやブログで元気なことを知らせられます」(三重県・70代男性)「年賀状のやりとりしかない人は既に縁が無くなっていると思うし、縁があるなら年賀状でなくても連絡できている」(東京都・60代男性)●「ずっとやめたかった。年賀状だけのためにプリンターを買ったが、はがき代やトナー代などお金と時間の無駄」(東京都・50代男性)

昨年は、賀状は最後にしたいという方が4人いました。
その方々には春になったら時候の挨拶を出すつもりです。教え子には必ず返事をだすので、まだまだ続きそう。
できれば、お互いに62円に見合う内容を載せて送ればいいのですが、ありきたりの印刷文だと「何だかなぁ」という気持ちに私もなります。
ぶつぶつ、つれあいにはつぶやきながら来年も葉書の方とネットの方を分けながら出し続けると思います。
あちらに引っ越しする時期がきたら、自分でカットを添えた喪中の挨拶を出したいという気持ちもありますが、その仕掛け作りはもう少し先かな。

◇・・・明石海峡の夕日・・・◇

つれあいが「夕日を見に行こう」と突然いいだし「野路菊の丘」まで車を出しました。明石海峡の夕日です。日没時間は16時56分。▼



by okadatoshi | 2018-12-25 22:58 | メディア | Trackback | Comments(4)
農村の生活を体験できるあいな里山公園
やや風があるものの快晴。気になっていたあいな里山公園へ、しあわせの村へ車を置き歩きました。

阪神高速北神戸線の麓を右折します。▼
b0036638_21442831.jpg
広大な山野に農村風景が広がります。▼



展示されている農具。▼
b0036638_21442802.jpg
行きは1時間半、帰りは無料のあいな里山公園→しあわせの村間の送迎バスで15分でした。▼
b0036638_21442887.jpg
しあわせの村の花づつ鏡は、新年モード。▼
b0036638_21442814.jpg
今日の歩数は、10,000歩。

by okadatoshi | 2018-12-24 21:47 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
視覚障がいの方の学習会(57)>ダブルの忘年会
18/09/23と同じタイトルです。
所用で2回抜けたので、久々の参加です。♪のソフト変換が好評と聞きました。

スティック型パソコン Compute Stickを持参した方がいて、使い方を実演していただきました。キーボードとusb接続のスピーカーがあれば、本体に音声ソフトを入れて作業が出来ます。
intel compute stickの使用例を動画で。(クリック)
b0036638_22550575.jpg
午後から、ささやかな忘年会を開催。▼
b0036638_22550592.jpg
帰宅後、これも恒例の団地のパソコン学習会のメンバーで忘年会でした。▼
b0036638_22550567.jpg
近所の和食の店を2時間貸し切りで、グラス生ビール×2と次の料理で男性は@3000円。リーズナブルな店ですが採算があわず来年の3月で閉店らしい。▼
b0036638_22550604.jpg
今日の歩数は、11,000歩。

by okadatoshi | 2018-12-23 23:00 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
年賀状作りに追われました
午前中、いつもの関西スーパーへ。
冬至の今日は、お湯に入れる”ゆず”の特設売り場がありました。
同じ敷地内にあるコーナンの灯油コーナーでは一缶が税別で1584円。帰りに週末は2円引きのGSへ。近辺の最安値でリットル135円。▼
b0036638_22310957.jpg
例年よりも早く年賀状の印刷と色塗りに取りかかりました。宛名の打ち出しと添え書きは明日以後になります。例年、線画部分だけは印刷し着色は一枚ずつ塗るので時間がかかります。

夕方に長女がきて彼女の図案と名前の打ち出しをさせられ、これもかなり時間がかかりました。▼
b0036638_22310911.jpg
夕方、音楽部の外部での公演を終えた孫君が夕食に合流。ババはいつものように張り切って自家製のピロシキにポトフ。これ以外にもミュンヘンの唐揚げ。少し早いクリスマスらしい。▼
b0036638_22310978.jpg
関西テレビで報道ランナーSPという番組の中で「激動の関西あの衝撃ニュース」の再放送をやっていました。その中で阪神淡路大震災の年に優勝したオリックスの球団関係者の発言を追っていました。イチローも若かった。
この話題になると神戸市民は一つになります。▼
b0036638_22310929.jpg

by okadatoshi | 2018-12-22 22:33 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)