カテゴリ:メディア( 276 )
梅雨明けですが
ここ数日の大雨から今朝は一転晴れ。
関西スーパーの2階からみた駐車場です。▼
b0036638_21343554.jpg
近畿地方も梅雨明け宣言が出ました。
昨日はスーパでは商品棚が空いていたようですが、輸送ルートも復旧したのか全品は10%引も加わり賑わっています。
つれあいの買い出しまでイートインでお仕事。(^^;)▼
b0036638_21343508.jpg
今日の夕刊です。西の出講先から夕方電話があり、明日もキャンパスに通じる道路が通れず1時間かかる迂回路を通るための授業開始時間の変更や交通手段が確保できない学生への対応について連絡がありました。▼
b0036638_21343451.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2018-07-09 21:35 | メディア | Trackback | Comments(2)
終日神戸は激しい雨
学校は休校。子どもの出勤と孫が我が家で食事をするため車を送り迎えに4回出しました。神戸市内では10万世帯に避難勧告が出ました。携帯に一斉に避難勧告の知らせが入りましたが、我が家が該当するのか、どこに避難するのか「??」でした。

バス停留所から見える”災害復興住宅ベルデ”。▼
b0036638_20391280.jpg
今朝の朝刊と夕刊の一面です。
受託収賄事件で現職の局長が逮捕されました。政治家の劣化に呼応するようにエリート官僚の実態が変質してきているのかこれが実態なのか。
生徒の進路指導をしてきた現職時代の経験から言葉がありません。▼
b0036638_20391170.jpg



[PR]
by okadatoshi | 2018-07-05 20:40 | メディア | Trackback | Comments(0)
北海道の稲作の被害
関西スーパーへ買い出しの車を出しその後は自宅でワーク作業。
スーパーの前の通りのスケッチです。▼
b0036638_18023909.jpg
日本のサッカー、ベルギー戦惜敗報道が静まり北海道の大雨に話題が移動しています。

1週間ほど前北海道旅行へ行ったとき、バスガイドが「日本の稲作では美味しい米が北海道では出来ないと言われた、今や美味しい米の生産を担っている」と熱く話していたのを思い出しました。稲作の北限が北に行くにつれてかつての牧草地が安定した稲作収入へと転換していきました。
画像は6/23の芦別岳の麓に広がる稲作地帯です。内地よりも低めの稲が大規模に植えられています。この地域も今はどうなっているのか。▼
b0036638_18023959.jpg
TVでみた旭川周辺の6月の気温と降水量をグラフ化して見ました。徐々に気温が上昇しています。7月の降雨量は6月をすでに超していました。▼
b0036638_18023986.jpg
地震を始めとすると自然災害に翻弄される日本で、原発の再稼働が高裁レベルの判決では出る傾向にありますが丈夫かと思います。

[PR]
by okadatoshi | 2018-07-04 18:06 | メディア | Trackback | Comments(2)
早朝の地震で交通網麻痺
神戸は震度4でしたが、突き上げるような揺れに20年前の阪神淡路大震災が思い出され身体が反応し驚きました。
緊急地震速報とほぼ同時の突然の地震で前触れもなく動く事が出来ず固まります。▼
b0036638_18103239.jpg
その後、すべてのTVが関西の地震情報を終日流しています。
携帯の繋がりも悪く友人知人からはlineで安否確認がありました。
教え子で通勤途上で尼崎駅手前で電車の中。高槻、豊中方面に知人は棚から皿が飛び出したりピアノが動いて部屋が散乱等の書込みがありました。携帯よりもline情報の方が確実の感じでした。
大災害では、もっとも救助を必要としている箇所の情報が一番最後になりがちです。スマホやアマチュア無線など電話が通じない時の連絡手段の確保が必要と再確認。

facebookでは安否情報のサービスが表示。妙なソフトの感触はなかったので「無事」の投稿をしました。単純にネット情報に反応することを躊躇する習性が付いています。故郷の新聞社からpdf形式の号外がメールへ。▼
b0036638_18103212.jpg
鉄筋の入っていないブロック塀の倒壊で犠牲者が出ましたが、熊本の震災の時の教訓が活かされていません。今回は学童が犠牲になったことで、各学校のブロック塀の安全対策の再検討の調査が全国的に指示されると思います。

買い出しの間の散策時の風景。▼
b0036638_18103204.jpg
今日の歩数は、6,000歩。

[PR]
by okadatoshi | 2018-06-18 18:12 | メディア | Trackback | Comments(4)
日大の体質改革はマスコミ頼み?
今回も日大アメフトを巡る話題が報道され続けています。
善悪がこれほど明白で視聴者の賛同を得られ、高視聴率を確保出来る話題は近年ありません。


朝日の夕刊には、日大全共闘OBまで登場していました。▼
b0036638_17590749.jpg
50年前であれば、学生運動や学内の教授陣の声明が出ていても当然と思われるほどの内容ですが、日大側の意志決定機関の姿が全く見えてきません。

で学生運動について触れていますが、当時の学生運動や一般学生の空気感を知るために改めて読み返しました。
連載の内容を項目別にまとめます。

本日休講 大学紛争を考える
昭和43年(1968年)9月18日~ 毎日新聞 連載
覆面      総長の体力   暴力   一般学生

大学側は、人の噂も75"時間"を耐え、経営側の温存を謀っているようにも見えます。刑事告訴という外圧しか残されてないとすれば大学の自治はありません。

モリカケ問題にしても、時の権力者が「作られたストーリー」と言えばそれが通る報道から日大経営陣は学習をしているのかも知れません。

[PR]
by okadatoshi | 2018-05-28 18:05 | メディア | Trackback | Comments(0)
日大の体質が変わるのか
昨日今日と、安倍総理と加計氏との面会新文書と日大アメフトの悪質タックルの謝罪記者会見がワイドショウ化して報じられています。
特に日大側の後手後手の誠意を感じられない対応に比べ、加害者学生の真摯な態度が目立ち彼への称賛一色です。▼
b0036638_18145528.jpg
yahoo!知恵袋:ぜ日大が強気なのか?なぜ反省しないのか?
という疑問がわきます。
という報道にもみられるように、この大学の体質が一連の監督の姿勢を引き起こしているように感じます。

本棚に反逆の「バリケード-日大闘争の記録(1969)」があります。▼
b0036638_18145584.jpg
同書の冒頭「はじめに」から引用
一九六八年五月、神田三崎町日大本部前は、赤、白、青 「と色どられた旗が乱立し、一万名を越すかと思われる学生が集会を開いていた。マイクをにぎり熱弁をふるい、「古田体制打倒」を叫ぶや、その声は唱和され学生街にこだまし、だいだい色の布に黒く書きこまれた「日本大学全学共闘会議」の旗を先頭にデモ行進をはじめた。地響きに商店街はゆれうごいた。保守的といわれていた日大生が蜂起したのである。三四億円にものぼる、史上最高の使途不明金は、その一月に発覚した理工学部教授小野竹之助(当時日 大本部教務部長)による、五、○○○万円裏口入学事件に続き、古田体制の腐敗と堕落を一○万学生に知らせた。日大生の蜂起、それは夢であり実現不可能な話として語られていた。授業料、入学金が異常に高く、付属施設は五〇をこえ、文部省からの補助金(私立大学等理科特別補助金、研究助成金)は、その一割以上を占め、あまりのマスプロ に、学生は連帯意識がなく、自治なき大学に学生は無気力 化し、過去数度となくくりかえされた先進的学友による闘争は、常に学校の暴力装置である、体育会、応援団により暴圧され続けていた。だが古田体制による営利第一主義の追求は、学不在、学問不在をその極限にまで追いこみ、経済、法、文理学部を中心とする学生が反逆の旗をうち振るや、日大生はパリの学生と呼応するかのごとくに蜂起した。それはまさに思想ゆえの叛逆ではなく、日大八〇年の歴史、とりわけ古田が会頭になって以来10年間にわたり暴圧されつづけてきた学生の、蓄積された怒りによる総反撃であった。

この運動も過激な闘争への移行とともに警官が導入され世論離れの中で現状が変わることなく収束をしていきました。日大全共斗経斗委ホームページが参考になります。

*   *   *

学生が不満を挙げるような状況にない現在、日大教職員組合らが理事長、学長に声明文を出しました。
あまりの旧態然とした対応を報じているメディアだけが今のところ追い風です。

明日が日大側の二度目の関学への回答の日ですが、内部からの浄化作用はこれまでの経緯を見ても期待薄です。
トップが責任を明らかにしないまま、責任を末端に押し付ける図式がこの二つの報道には類似しています。
ここで、自由な報道や意見をいう空気が消えれば、「戦後」ではなく「戦前」へと繋がるのかもしれません。

【追記】
午後8時から日大アメフトの監督とコーチが緊急会見。「QBを潰せ」の言い訳。この組織には浄化能力はない。
2時間の会見の最後に、「コーチは辞任、前監督は第三者委員会をたちあげる。常任理事の立場はその判断に委ねる。それまでは謹慎」と締めくくる。▼
b0036638_21261796.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2018-05-23 18:41 | メディア | Trackback | Comments(4)
それぞれの年代の青春
NHKのBSで、新日本風土記「京都 青春物語」の再放送を今朝は視聴しました。

大正2年に建設された現存する最古の吉田寮で今を過ごす学生達を主軸に、学徒動員、全共闘運動、京都の今を生きる年代の学生達を取り上げた青春グラフィティです。▼

のインタビューが印象深い。

デモに参加した理論派の学生は4年になると足を洗って就職する中、コマとしてデモの先頭にいて就職転向することなく当時を引きずり、Coffee House拾得を経営している人。またそこに癒やしの場を求める人々の心情はとても理解できます。

中央公論臨時増刊号・学生問題特集号(昭和43年11月増刊号)の目次。▼
b0036638_16112090.jpg
グラビアから。▼
b0036638_16112017.jpg
私の高校3年の時に60年安保の騒然とし社会の動きを地方都市でも感じていました。
やがて70年安保を前に全共闘運動が起こり職場だった高校もその影響を受け、デモに出かける生徒や学校封鎖の情報が流れる中での対応も体験しました。スチューデントパワーが起こり学内にはタテカンが乱立、大衆団交による大学紛争の影響を社会全体が受けていました。

そして今は、学生は半数以上が教育ローンに縛られ、日本人おのおのが860万円とも言われる国の借金を背負わされ、少子化の中で高齢者の社会保障が若者に背負わされています。
空虚な言葉が飛び交う国会運営の中で、学生から抗議のデモが起きてもいいような与野党を含めた政治家の劣化が見られます。しかし、学内は石けん工場のように清潔で平穏です。ジグザグデモ、ダンコウ等は死語です。

奇しくも京都市景観条例の下に京大のタテカン撤去は、大人社会の勝手な論理の総仕上げの様にも見えます。

70年代の日大闘争などでは旧態依然とした学問の府への問いかけも営利優先と保守化した大学が自ら変ることは出来なかったのではと、日大アメフト部の関学への謝罪文を見ても感じます。

若い世代が活躍し、それをフォローする側に廻るべきで、旧世代は思い出ばかりに埋没してはアカンダロウとも思います。
一方では我々が気づかないだけで、情報の共有や伝播も早い現在の若い世代では柔軟な発想と実行力は育っているのではという期待もあります。

今日の歩数は、5,000歩余と少なめでした。

[PR]
by okadatoshi | 2018-05-18 16:15 | メディア | Trackback | Comments(0)
元号移行期の混乱を考える
今朝の朝日新聞の一面です。▼
b0036638_14564793.jpg
戦後は元号の法的な根拠はなく
ウィキペディア「元号法」から引用すると、
大日本帝国憲法下においては、元号に関する規定は旧皇室典範第12条に明記されていたが、日本国憲法下においては、1947年(昭和22年)に現皇室典範が制定されるに伴って条文が消失し、法的明文がなくなった。しかし、その後も国会・政府・裁判所の公的文書、民間の新聞等で慣例的に[注 1]元号による年号表記が用いられた。昭和天皇の高齢化と、世論調査(1976年(昭和51年))において国民の87.5%が元号を使用している[2]事情に鑑み、1979年(昭和54年)6月6日に第87回国会で「元号法」が成立、同月12日に公布・即日施行(附則第1項)された。
とあります。世論調査の87.5%が興味深いですが、現在同種の調査をすれば違った数字になるかもしれません。

西暦か和暦については、
があります。

県関係の公文書はすべて和暦でした。外国籍の生徒が西暦の卒業証書を希望した場合でも県の見解は和暦でした。

公文書については、
○公文書の年表記に関する規則
平成六年三月三十一日
規則第三号
公文書の年の表記については、原則として元号を用いるものとする。ただし、西暦による表記を適当と認める場合は、西暦を併記するものとする。
附 則
この規則は、平成六年四月一日から施行する。
b0036638_14564879.jpgが根拠になっています。これによれば、西暦併記は各自治体の判断によります。

ネットでもググってみました。


国際化を標榜する中で西暦への統一の意見も正面から取り上げられてもいいと思いますが、天皇制を否定する立場と同一視され、この問題に触れることがタブーになってしまっているのではと感じる重苦しさがあります。

最近の学生に生年月日を訊くと大部分が西暦で回答します。
データ処理がこれだけ密接に生活の中に密着している現状の中で、和暦の変更の度に膨大な修正作業と経費と予想される不具合を考えるとき、データ管理上の公的なファイルに関して西暦をメインにすると言う選択肢も議論に載せてもいいと思いますが。
昭和世代とか平成生まれという世代を表す習慣は根強いので和暦が切り替わるということまで否定しているわけではありません。

終日雨量多く散策は中止。代わりに踵落し(^^;)。


[PR]
by okadatoshi | 2018-05-13 15:06 | メディア | Trackback | Comments(0)
ワイドショウ化された政局
桜の退場に伴い出番を待った花々が一斉に主役の座を競ってます。
我が家の猫の額ほどの裏庭では、ハナミズキが見ごろになりました。▼
b0036638_13030424.jpg
金曜日は、木曜日に発行の週刊新潮と週刊文春が店頭に並びます。▼
b0036638_13030445.jpg
このところ連日各省庁の改竄、漏洩、隠蔽などの文字が踊り、メディアも一斉に取り上げています。
報じられる問題があまりにも多く、政府の答弁も言質を取られないような持って回った回答の繰り返しが続く中、コメンテイターもTV画面の中でひたすら「正論を述べ」憤慨をします。
マスメディアは大衆を煽り、視聴率を稼ぐような話題を取り上げているようにも見えます。

「国際的な難局を控え現政権を倒すことには国益を損なう」という論調ももっともらしく聞こえる中、政治家の劣化だけは確実に進んでいます。
政権交代ができるだけの政党がわが国には育っていない中で、野党六党の内閣打倒も現政権の次が見えてこない。こういうモヤモヤ感の漂う中、強力なリーダーシップを持つ政治家待望論が醸造され、スルリと独裁者が政権の座を占めるというのは過去の歴史が示したところです。

そう考えると、言いたいことを報じるメディアがまだあり、我々も悲憤慨嘆できることは、まだ民主国家の中に辛うじて踏みとどまっているのかもかもしれない-と思う後期高齢者です。

[PR]
by okadatoshi | 2018-04-13 13:04 | メディア | Trackback | Comments(0)
夕方には大きなニュースが飛び込む
後期高齢者の典型的な一日。(^^;)

●朝

自治会館で団地のパソコン勉強会。
持ち寄られる質問を受け、2時間が過ぎ去ります。
操作が分らずメーカーに質問をすると「サービスの無料相談の10回を終えたので次からは3800円頂きますと言われた」とか、ガラケーをスマホに変えて質問に行くと「口には出さない店員が嫌そうにするのが態度で分る」というような話で盛りあがりました。
ノートパソコンは重いのでパームトップを持参し珍しがられました。(左)▼
b0036638_21354216.jpg
●昼

買い出し。その間、周辺を散策。奥畑から総合運動公園へ上がる道路の傍らに道標を発見。「右太山寺 左あかし みち」とあります。▼
b0036638_21354210.jpg
道標について詳しく調べている方がいてびっくり。散策の楽しみにもなります。

●晩

親が遅く帰るので孫が我が家で夕食を摂りに来ます。
最近はあうなり塾の問題を「じいちゃん解ける?」と持ってきます。
今日はこれ。最近は手強くなりました。

p,qは素数、a=p+q、b=pq+p、c=pq+1とする。
AB=c、BC=a、CA=bとする。
これによって作られる△ABCが、以上のような条件を満たしている
(イ)a,b,cの内いずれかは2^nで表される(nは自然数)
(ロ)∠A、∠B、∠Cのいずれかは60°である

(1)∠A、∠B、∠Cの大小関係を示せ
(2)a,b,cの値を求めよ

夕方になって大きなニュースが飛び込んできました。
佐川国税庁長官辞任、森友疑惑でキーマン自殺。米朝会談・・・。▼
b0036638_21354178.jpg
つれあいは、「だんだん孫が寡黙になった」といいますが、自宅で送る車では数学や政治の世界などよく話します。高校生の心情は分り易い。(と思っています)

今日の歩数は、5,000歩。

[PR]
by okadatoshi | 2018-03-09 21:40 | メディア | Trackback | Comments(0)