2018年 09月 21日 ( 1 )
blogをなぜ続けるのか
このblogは、10月には15年目に入ります。

これだけ続くと当然話題が重複するので、タイトルを検索して何回目の書込みかタイトルに番号を入れ、リンクを張って内容を関連させています。
ただ、10年以上も続けているとマンネリ感が漂います。途切れないことのみが自己目的にならないようにカテゴリを増やしたり、最近ではスケッチや小見出しに工夫をしてはいます。

一番参考になるのは集客力の多いblogや、私自身が引き込まれる内容と書き方が見られるblogを読むことです。
7月にはスケッチを毎日描きましたが、そうすることで筆の載せ方に新しい発見がありました。
また、目覚めてからその日のテーマを考えていて周りの変化に対して無意識にアンテナを張っており、それなりに脳の活性化に役立つかなと勝手に考えています。

★・・・91歳現役の現役ブロガー・・・★

昨日のNHKラジオ深夜便で、2014年5月2日に放送されたアーカイブから
人生100年"の時代に 今日も元気!86歳の人気ブロガーとして
ブロガー 繁野美和さんのインタビューが流されました。

さっそく内容を切り出して、「話140502今日も元気!86歳の人気ブロガー 繁野美和」としてファイル保存をしました。明日への言葉をまとめたblogで概要が紹介されています。
繁野美和さんのblog「気がつけば82歳」の中で「このブログについて」では、
この歳になって今想うこと、薄れゆく過去の情景など思いつくままに書いておきたくなりました。 82歳でこのブログを書き始めて9年が過ぎ91歳になりました。
と触れています。

繁野さんは、60歳でパソコンを始め、82歳でblogを開始。91歳の今でも書き続けられる内容は好奇心に溢れ年齢が円熟を表す優れた文章です。
所々に自身で描かれたスケッチがアップされ、90歳の時にお孫さんと共に90歳にして初めての個展も開かれています。

また、自身のblogについて単行本86歳ブロガーの 毎日がハッピー 毎日が宝物を出版しています。

youtubeでは、
で繁野さんの様子が分ります。

★・・・世界最高齢105歳のブロガー・・・★

世界最高齢で検索すると次の方がヒットしました。
世界最年長ブロガー、Dagny Carlsson (ダグニィ・カールソン) さん、「だから毎日ブログを書くのよ。
99歳のときにコンピュータコースに通って100歳になった彼女は、さまざまなスウェーデンのメディアで注目されていたブログを始めました。
翻訳された文面で長文の投稿書込みの概要が伺えます。

★・・・なぜ書くか・・・★

ここで触れたお二人は、いずれも82歳と100歳でblogを始めたとあります。
91歳になってもこのように創作や表現活動が出来る方は珍しい。遠い目標です。
子育てや仕事などの社会的な役割を終え、それまでに生き方をふり返りまとめることが出来る環境と時間が今はあります。

私の場合、一日を客観視した記録、共に同じ時代を生きてきた友人・知人との話題の共有、機器利用で気づいた事を記録として残す、孫たち家族が読み返すことがあれば私の年代が何を考えていたか知ることが出来る(=その時彼らの思いの中に私は生存している)そんな事に繋がればという気持があります。

一方、ネット上に一度書き込んだらもう回収できないネット社会の便利さと裏腹の危うさも存在します。
東洋経済ONLINE「あなたが知らない深刻なSNS疲れの世界潮流」等が参考になります。

肩肘張らずこれからも気楽に続けます。
藤野さんの年齢でも書き込みが続いていたら30年間の記録となります。
自分史は残さなくても代用になりそう。

私のblogには珍しい画像を入れない文章だけの書込みになりました。

[PR]
by okadatoshi | 2018-09-21 15:06 | 人びと | Trackback | Comments(0)