人気ブログランキング |
2018年 05月 28日 ( 1 )
日大の体質改革はマスコミ頼み?
今回も日大アメフトを巡る話題が報道され続けています。
善悪がこれほど明白で視聴者の賛同を得られ、高視聴率を確保出来る話題は近年ありません。


朝日の夕刊には、日大全共闘OBまで登場していました。▼
b0036638_17590749.jpg
50年前であれば、学生運動や学内の教授陣の声明が出ていても当然と思われるほどの内容ですが、日大側の意志決定機関の姿が全く見えてきません。

で学生運動について触れていますが、当時の学生運動や一般学生の空気感を知るために改めて読み返しました。
連載の内容を項目別にまとめます。

本日休講 大学紛争を考える
昭和43年(1968年)9月18日~ 毎日新聞 連載
覆面      総長の体力   暴力   一般学生

大学側は、人の噂も75"時間"を耐え、経営側の温存を謀っているようにも見えます。刑事告訴という外圧しか残されてないとすれば大学の自治はありません。

モリカケ問題にしても、時の権力者が「作られたストーリー」と言えばそれが通る報道から日大経営陣は学習をしているのかも知れません。

by okadatoshi | 2018-05-28 18:05 | メディア | Trackback | Comments(0)