2018年 03月 08日 ( 1 )
数式を作成するLatexのインストール
今年になってからSNSなどでofficeの数式エディタが消失したと話題になっています。mixrosoftサポートのお知らせです。

さまざまな質問と対策や回答が散見します。


メニューにある数式でも編集できますが、挿入→オブジェクトから選んだ従来の数式3.0を使い慣れた方や、すでに作ってあった物を編集される場合は、上記のものから再インストールするしかないでしょう。
使いやすさは、officeの挿入メニューにある数式よりもオブジェクトから取り出す数式エディター3.0の方が使い勝手がいいので、私は当面はoffice更新プログラムをオフにしています。

数学関係の論文では、Latexが主流です。
脆弱性によるものとはいえ予告なしに数式エディタが使用不能になったので、本格的にLaTeXを見直すことにしインストールを試みました。

●母艦にインストール

基本は、
簡単LaTeXインストールWindows編(2016年4月版) に従いTeXインストーラ 3からダウンロードして解説通り実行することにつきます。
当初、下記のメッセージが出ました。▼
b0036638_12585371.jpg
さっそくに挫折をしましたが数日後再度挑戦するとすんなりと実行できました。接続先のサーバーが不安定だったようです。

●サブノートにインストール

実は、2台目に入れる際に難渋をしました。同じようなエラーログが出た方が、LaTeXインストールでのURLの情報 で開発者とセットアップの方法についてやりとりをしています。
私もこの迷路に入り込みましたが、この問題は、
「情報ファイルの発見に失敗」の検索でこのブログに来た人へ・・・ で見事に解決をしました。恥ずかしながらこの解説を見つけるまで二日かかりました。母艦にインストールのため解凍したファイルをそのまま再利用したのが失敗の原因でした。▼
b0036638_12585368.jpg
無事にアイコンが出て起動をしました。▼
b0036638_12585220.jpg
現在、[改訂第7版]LaTeX2ε美文書作成入門がDVD付で発売中です。

*   *   *

終日激しい雨。買い出しの予定もなく、今日はウォーキング中止。

[PR]
by okadatoshi | 2018-03-08 13:04 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(2)