2018年 02月 27日 ( 1 )
イカナゴ戦争は続く(^^;)
「イカナゴの釘煮の季節」という最初のタイトルは、2014/02/28で、須磨大丸でキロあたり初値が1180円でした。当時は、1000円を超した!と驚いたのですが、年々漁獲量の減少でこの4年間で価格は倍以上。今や高級魚となりつつあります。明石や垂水区の主婦は情報交換しながら走り回っているような。(*´∀`*)

品質が良いと言われる須磨大丸で、今日も80分待ちの行列。▼
b0036638_18045165.jpg
昨日から300円値上がりで2680円と高いので今日は3キロ購入。他は、ダイエーが5%引きの日で2646円、関西スーパーでは2788円でした。(税込み)▼
b0036638_18045230.jpg
これだけ待ち時間があると、本も良く読めます。
東野圭吾の「新参者」読了。各章が短編としても独立したオムニバス形式の構成で、筆力が感じられます。まだ、並ぶようなので次のシリーズを借りに行かねば。

できたての釘煮を、とりあえず知人へレターパックで送りました。
今日の歩数は、10,000歩。

[PR]
by okadatoshi | 2018-02-27 18:07 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)