人気ブログランキング |
2014年 12月 11日 ( 1 )
教育現場の実践例(4)
昨年の12月12日と同じタイトルです。
読み返すとこのタイトルのblogはすべて、Mさんにゲストスピーカーとしてお願い頂いた時のことをまとめたものです。
後期の私の教科法の講義で、「現場からの実践例」を後輩に話して頂いています。
Mさんとは、3回同じ職場で勤務をしています。K高で一緒になり、その後私が新設のS高へ移動。しばらくして彼も異動希望を出してくれました。
やがて二人とも別の学校に異動。最後に管理職としてS高校に戻りまたMさんを呼び戻しました。
通常は同一校へ再勤務という人事はないのですが、特色を出すために必要な人材を集める名目があれば可能です。

K高、S高共に教育機器を入れた授業改善の研究指定を受けMさんのような人材が必要だったのです。
S高では当時の文部省の研究してを受けて、48台のパソコンをRS232Cで繋いだ現在の教室内LAN形式の走りのようなシステムを提案し実現しました。
1986年当時、普通科でこのようなシステムを組んだ学校はまだ少数でした。▼
b0036638_22571149.jpg
このような縁があって、教育実習・校務文章・数学の教育課程の話しなどをしてもらっています。

毎年話す内容に少しずつ手直しをして話されます。今回はOBならではの、本学のエンブレムの由来が最後に加わりました。▼
b0036638_22572338.jpg
昨年同様、一緒に帰るということで、それまで機器利用の演習の講義に同席をしてもらいました。

昨年のblogにも書きましたが、40年以上前に彼とteam teachingを組んで、文系の生徒にBasic講座をやっていた授業の再現です。
私が出した学生への課題をMさんがパソコンで組み、それを作成例として一斉転送をして見せました。
少し大げさですが、この年齢まで教師をやっていてこそ再現できた今日のコラボです。▼
b0036638_22573410.jpg

by okadatoshi | 2014-12-11 23:01 | 情報/数学/授業 | Trackback | Comments(0)