山陰旅行>1日目 奥出雲へタイムスリップ
菅谷たたら山内高殿。
b0036638_22261649.jpg
【追記】
今回の山陰旅行の一番の目的は、blog奥出雲の集いから5年で触れたS氏の墓参です。この日から3年経過しW氏がS君の処へ行ってしまいました。▼
b0036638_19020312.jpg
墓参に先立ち奥出雲と地方創生で触れた多根自然史博物館館長さんに今回もディープな奥出雲を案内して頂きました。

三箇所を廻りましたが、奥出雲をこよなく愛し地域の活性化に取り組んでいる方で行く先々でネットワークを活かした方々から深い話が聞けました。▼
b0036638_19030392.jpg
鉄の歴史博物館は地域に根ざした先ほどまで使っていたような道具や生活が新鮮に感じられる雰囲気のアットホームな博物館です。大鍛冶 渡部平助氏の足跡が興味深い。▼
b0036638_18593468.jpg
菅谷たたら山内には、1751年から170年間大正10年にその火が消えるまでの施設設備が保存されています。このポスターの背景が菅谷高殿です。▼
b0036638_19025694.jpg
均等に風を送る装置。▼
b0036638_18593496.jpg
田辺家の土蔵群。財力が偲ばれます。▼
b0036638_19032168.jpg
松江の宿舎に戻る途中の宍道湖の夕日です。▼
b0036638_19023942.jpg
歩数は、1万歩。

[PR]
by okadatoshi | 2018-08-07 22:21 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://okadatoshi.exblog.jp/tb/28543236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by TanMatsui at 2018-08-07 22:37
時間が許せば どうぞ。
ここの昼食バイキングはお勧めです。
http://www.michinoeki-orochinosato.com/pwm/restaurant.html
Commented by okadatoshi at 2018-08-10 17:20
Hiroさま
3日間の濃密な旅行でやっと落ち着きました。
今回は、行く先で友人・知人が来るまで案内をしてくれて、それぞれ食事処も手配。
次回マイカーの解きに参考にさせて頂きます。
境港へ今日はお帰りでしょうか。
すれ違いでした。
<< 山陰旅行>2日目 松江&出雲 マニアチックな品揃えのパソコン工房 >>