須磨寺はワンダーランド
午前中は定例の団地のパソコン勉強会で、5/30に作成した簡単な電子新聞をつくる話をしました。

午後から、17/06/03のblogでも触れた孫の部活の発表が須磨寺であり出かけました。ここには、宝物館があり、須磨寺では敦盛と熊谷直実の故事に関したものが伝承されています。
敦盛の愛用した横笛、敦盛の着用した母呂衣に熊谷直実が「南無編阿弥陀仏」と墨書、敦盛の使った矢筒とされています。▼
b0036638_22553688.jpg
館内には当時の戦いの様子がからくり人形で演じられています。▼



参道に作られた須磨寺の亜細亜神殿です。アンコールワットの遺跡群を思い出します。▼



青葉会館での今年の第一部は、高橋卓志氏の講演「生き方のコツ、死に方の選択」と副住職小池陽人氏の対談でした。▼
b0036638_22553607.jpg
「寺よ変れ」と主張し著名人でもあることから、昨年に比べ多くの参加者で会場が溢れていました。
講演の締めくくりで大往生の十箇条を披露。▼
b0036638_22553630.jpg
また茨木のり子氏の詩の紹介がありました。代表作(クリック)です。▼
b0036638_22553667.jpg
須磨寺の副住職もyoutubeで、小池陽人の随想録「許すことの大切さ」を不定期にアップ。新聞でもユニークな活動として報じられています。
facebookでも情報発信をしており、葬式仏教と言われる沈滞の感じられるお寺からの脱却を目指しています。

第二部で孫君が登場。3年生は引退しており、今回は1年と2年生のみ40人。孫のこの会への参加はこれで終わりです。▼
b0036638_22553658.jpg
今日は行事に出歩き歩数は少なく5,000歩止まり。



[PR]
by okadatoshi | 2018-06-03 23:04 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://okadatoshi.exblog.jp/tb/28348049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 栂尾山から須磨離宮公園へ 北急ウォーク万博記念公園駅から... >>