「イルカ」の歌が流れた時代
朝のBSプレミアムの7:30~7:45はつれあいの影響で連続ドラマを見る習慣がついています。
その後、”世界の街角の猫”や”自転車男”の画面になるとスイッチを切りますが、鉄道ものが出るとそのまま見入ってしまいます。
昨日から”歌のあとさき”になりました。
一人のアーティストの歌人生を曲でたどるもので4日続きます。

昨日はイルカの1回目で「歌を始めたきっかけ」に触れていました。
2回目の今日は、「歌手生活の2年間の休止期間に出版した絵本について」触れていました。▼
b0036638_20461051.jpg
この人は、デビュー当時から体型と語り口がかわりませんね。
やはりイルカの代表曲は、なごり雪です。▼



1970年代によく聴いた(聴かされた)のは日本のフォークです。当時は私も担任をしていて、阪神間の土地柄からか、生徒との距離も近く、しょっちゅう自宅へ誰かが遊びにやってきました。そのとき持ち込まれるカセットテープの中にイルカの歌がありました。当時の歌を聴くと彼らと共有した時代の空気感が思い浮かびます。

今の若い人が大人になったとき、高校時代を思い出させる歌は何でしょうか。
個性の尊重、多様な価値観が言われる時代ですが、若い世代を表す歌が霧散しているように思います。

今日は粉雪が舞い電機量販店2箇所を巡るコースで9,800歩。

[PR]
by okadatoshi | 2018-02-13 20:50 | セピア色/若い時代 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://okadatoshi.exblog.jp/tb/28121619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2018-02-13 21:51 x
私も 昨日 イルカさんの1回目を見ました。
彼女は 私より年齢が上だろうと思うのですが、
おっしゃる通り体型が変わらず、短いスカートをはいていて、立派でした。
学生時代、友達と二部合唱にして良く歌った「なごり雪」。
今はオカリナで 良く吹いています。

蛇足ながら、
私も”世界の街角の猫”はみませんが、
自転車男は 投稿者のストーリーに感動するので、見ています。(笑)
Commented by okadatoshi at 2018-02-13 21:59
shinmamaさま
番組と同じ内容のことを、ラジオ深夜便の対談でも話していました。
つれあいとは5才違い68才と思います。
60~70才でも若いときと変らず魅力のある人ですね。

私は基本テッチャンなので、電車の旅が出ると見入ります。
自転車男は、つれあいにはアレルギーのようで。(^^;)

<< 奨学金破産、親子共倒れ 昭和のくらし・昔のくらし >>