人気ブログランキング |
リハビリ&キャンパスのクリスマスツリー(6)
b0036638_15201179.jpg
【五十肩リハビリメモ】 アルツディスポ関節注射25mgの四本目。
主治医に指示され"手のひらをチョキにする筋肉を付けるリハビリ"の動作をすると、「前回よりも随分しっかりした動き」と言われました。人は褒められるとその気になるようで、授業での生徒への指導と変りません。

朝起きた直後の肩周りの強ばりなど、この1週間の経過をプリントにして渡します。医師の僅かな問診時間では十分にこちらの身体の状況が伝わらないのでこうしてますが、そんな患者はあまりいないようです。きちんと読んで質問にも答えてくれます。
リハビリでは作業療法士に「患部を痛めるまで行かないトレーニングの方法(限界)」を質問しました。
ネットで見ても、劇的に回復するケースもその方法はないし、治療もリハビリも改善への可能性のひとつにすぎないので、気長にリハビリを意識的にやるしかありません。こちらの痛みにあわせた独りでできる肩関節のトレーニング法の指示がありました。
*    *    *
夕方から教科法の打ち合わせで上ヶ原へ。昨年は、プロジェクションマッピングもあり華やかでしたが、今年は普段通りの静寂のツリーです。



今年の退職者は私だけということで最後の挨拶をしました。数学教育に関わることができた充実した14年間でした。
今日の歩数は、13,000歩。



by okadatoshi | 2017-12-15 22:41 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://okadatoshi.exblog.jp/tb/27861374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by TanMatsui at 2017-12-16 08:36
出講が今年最後とのこと、ご苦労様でした。私は非常勤勤務の定年がなく、
来年度も まだ継続内定です。
 この勤務を終えたら、そろそろ自主的にリタイヤを申し出ようかと考えています。
 リハビリ記事と無関係のコメントになり、失礼しました。
Commented by okadatoshi at 2017-12-16 09:03
Hiroさま
退職後の15年間は、ややこしい校務や人事に関わることなく、数学教育との関係を保つことができました。
学生も優秀で、90分で予定の所を話せなかったら、「後は資料を渡して読んでおいて」というような高校ではできないような終わり方も可能な学生さんでした。

北の出講先は定年ですが、西の方はもう1年更新の要望があり前向きに考えています。
そのためにも、リハビリをキチンとしなくては。(^^;)
<< 【人ありて、街は生き】鳥取地震... 教育現場の実践例(7)&私の教... >>