地方創生は観光頼りか
最後は故郷に帰るつもりで就職先を尼崎市にして下車。
そのまま、こちらに住み着いて、神戸が”終の住処”となっています。
私は故郷とつながりを絶つ気は無く本籍も故郷に置き、子どもたちは不便と言っています。子どもの代になれば、墓参りをすることもなく放置されるだろうと頭をよぎります。

今後30年もすれば、少子化が進行する度合いも大きく進み生活様式も今とは異なっているでしょう。子どもも孫もこちらで生まれ、両親の故郷もこの世代にとっては特に愛着があるわけでもなさそうです。

最近、山陰インバウンド機構の山陰の紹介ビデオを見ました。美しい映像にやはり愛着を感じます。▼



岡山へ行ってみると年間を通じて集客力を狙った企画をいろいろやっています。
そこに住む人にとって、都会にない豊かさを感じる環境があり、それが人と人の広がりに繋がらないと地方創生にはならないように思います。

美しいアングルで撮られた映像は見方を変えればその地の挽歌に聞こえない事もありません。

[PR]
by okadatoshi | 2017-04-26 16:45 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://okadatoshi.exblog.jp/tb/26815745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 北の出講日、教案作成 JRに乗るとテッチャンになる(21) >>