JRに乗るとテッチャンになる(21)
2016/12/06と同じタイトルです。
西の出講先は今年は前期は一コマなので、岡山滞在の時間がかなり融通が効くし列車乗車の時間帯も自由になります。
今回、「ひるね姫×くらしきラッピングトレイン」に遭遇しました。▼
b0036638_20343829.jpg
車内も関連ポスターがずらり。▼
b0036638_20343718.jpg
映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の公開とタイアップをしているようです。



ひるね姫×くらしきとありますが、下津井回線問屋や、野崎家塩業歴史観は、岡山市ではなく倉敷市内なのですね。
距離的には、JR岡山駅→JR児島駅(快速マリンライナー)で約22分。
30分に1本なので午前中早く行けば歴史館や古い家並みを歩いてスケッチ素材が得られそうです。

久しぶりに500系と遭遇。▼
b0036638_20343773.jpg
この流線型のラインはいつ見てもわくわくします。ボディをパノラマで繋いで見ました。▼
b0036638_20343721.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-04-25 20:35 | 乗り物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://okadatoshi.exblog.jp/tb/26813954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bacchus0614 at 2017-04-25 22:01
500系は山陽新幹線の「こだま」で走ってるんでしたっけ。姿は一番ですよね。
引退は残念でしたよね。今でも。乗っててこの窮屈感がいいんですけどね。
車体が円筒形で飛行機のイメージですよね。他の新幹線とはまるで違う。
今でもファンが多いと思いますよ。
                   ・・・・・・・・by 小肥り
Commented by okadatoshi at 2017-04-26 06:23
小肥りさま
JR東日本は、500系の先頭部分にドアがなく集客数も他の車両に比べ少ないので、運行を取りやめたのではないでしょうか。
西日本のこだまでは、根強い人気がありますね。
先頭部分がカモノハシのような700系と異なり精悍な感じがして、JR西日本で見かけると、必ず車両撮影のファンを散見します。
<< 地方創生は観光頼りか 明石海峡公園を散策 >>