須磨寺側から鉄拐山へ
快晴に誘われ、いつものパターンで山へ。
今日は近場でもあまり歩かないコースを選びました。
奥須磨公園の無料駐車場に車を置きました。そこから、
高倉台の急階段→須磨離宮公園→須磨寺→鉄拐山→おらが山→駐車場
結構起伏のある4時間半のコースです。
久々に旅レコを使いました。帰宅後、読み込んだ後にエラー表示が出るのでサイトで調べるとバージョンアップソフトがありダウンロードして正常に稼働しました。▼
b0036638_2243698.jpg
明石大橋もくっきりと遠望できます。▼
b0036638_22424198.jpg
須磨離宮公園は今日から梅見会で先着に振る舞いの甘酒。▼
b0036638_22431973.jpg
梅も咲き始めています。▼
b0036638_22434532.jpg
須磨寺の参道で昼食をとり境内へ。熊谷 直実と平敦盛の像。▼
b0036638_2244266.jpg
境内には、敦盛の首塚や笛なども飾られさながらワンダーランド。展示館に入ると突然に音楽が鳴り源平合戦のシーンが。▼



このような縁起物も由緒書きと共にあちこちにありました。▼
b0036638_22442540.jpg
ここから鉄拐山へ。いつもよく通る”おらが山”の展望台では、神戸市のビューポイントに指定され3月にそのマークの針の標識が立つ(★の場所)とありました。▼
b0036638_6331926.jpg
途中、登り道がわからずスマホが活躍。歩数は約14,000歩。▼
b0036638_2245097.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2016-02-11 22:45 | 散策/登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://okadatoshi.exblog.jp/tb/25351617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 神戸市総合運動公園内の彫刻群 故郷の味覚蟹を孫と >>