母校の同窓会理事会(2)
昨年の7/20と同じタイトルです。
高校の同窓会の京阪神支部では、11月の定例総会と2回の理事会を開催します。
県の関西本部が梅田の交流室を会議室として無料提供し同窓会活動を支援して頂いています。

毎年卒業後35年経過したこの地域の同期性が当番幹事となり総会の運営を行います。
この制度については当blogでも何度か触れていますが、このことによって、同窓会の若返りと次の世代へのバトンタッチを行えます。
そして当番幹事をやったメンバーは新たに理事会へ加わって行くのです。理事会のメーリングも作って横の繋がりも深めます。
年々同窓生意識が希薄になり母校への愛着も減少する傾向にどこともありますが、今年も新たに32期生の当番幹事が、総会準備のスケジュール案を出してくれました。▼
b0036638_2051183.jpg
役員改選期ですがまたも続投で辞めさせてくれず、その代わり新たに副会長の増員と若い方の執行部役員の補充をしました。冗談+本気で私が職務続行が不可能な事態になった時の役割分担の布石は宣言したつもりです。

理事会の後にいつも立ち寄るニュートキョー第一生命ビル店へ。客席も広くリーズナブルな価格でお勧めです。
同窓会の仕事に関わらなければ、繋がらなかった卒業年度を超えたメンバーです。
リタイアしたご褒美の時間に、郷土と母校の話題をベースに話せるリラックスした人間関係が出来合上がります。▼
b0036638_20511994.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2015-06-27 20:52 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://okadatoshi.exblog.jp/tb/24632395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2015-06-27 21:44 x

私が東京にいることを知っている高校の同級生
(彼も神奈川県に住んでいます)から
今秋 開催される 関東支部の同窓会の案内をもらいました。
母校の同窓会に 関東支部があることさえ知りませんでしたが
熱心に お世話をされる大先輩がいらっしゃるのだとか。

母校への愛着はあるのですが、
前身が男子校なので 出席者のほとんどが男性だと思うと
女性一人では 行きにくい感じがしています。

Commented by okadatoshi at 2015-06-27 23:03
shinmamaさま
同窓会は、高校時代のあれこれを思い出し、紡ぎだす不思議な会です。
関東に長く住んでいる方から情報が得られるかも知れません。
同性がお一人もいないのであれば行きにくいかもしれませんが。
当方にも、東京支部もあるのですが、そことの連携ができないかと考えています。
旧友もそちらで副会長をしています。

同窓会に参加できる方は、充実した日々を過ごされている証と思いますよ。
<< PHSが繋がらないエリアでもス... 梅雨の風景 >>