wi-fi無線ルーター買い替え
昨晩、調子の悪かった無線ルーターのLAN接続ランプが消灯。
LANケーブルをサブノートに繋ぐとネットはできるので、ルーターの故障と判断。

今朝一番にK’Sデンキに行きAterm WG1200HSを購入しました。先月発売されたもので、@6,660円。普段であれば、通販サイトと比較するのですが、今回は家じゅうで無線LANを使っているので急ぎました。
帰宅後調べると価格コムで@6,355円、Amazonでは@6,990円(送料込)なので妥当な価格でした。

今まで使っていた、corega wlapgexは、2004年10月に発売されたもので、10年使ったことになります。その間、通信環境大きく変わり光回線による大量のデータ量にも今回の無線モデムは対応しており、買い替え時でした。▼
b0036638_2159474.jpg
接続設定が気になりましたが、ややこしい操作はまったくなくLANケーブルをWANに繋いで電源を入れて筐体に貼ってあるパスワードを入れるだけでスムーズに繋がります。
母艦以外はすべて、無線LANなので、繋いだ機器はサブノートから携帯まで含めるとパソコン3台、端末4台と計7台もありました。セキュリティーも掛けて一応安心。
[PR]
by okadatoshi | 2015-06-22 22:00 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://okadatoshi.exblog.jp/tb/24615076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazewokiru at 2015-06-23 10:52
okadatoshi様

>接続設定が気になりましたが、、、

たまたま設定をしなくて良いようになってる?
昔はややこしい設定を要した?
置いてあるだけのルーターでも壊れるんですね。

作業を業者に頼めば、結構な金額になるのでしょう。
Commented by okadatoshi at 2015-06-23 13:19
kazewokiruさん
接続設定は劇的に簡素化が進んでいるのだと思います。
電源接続時にモデム側である程度の接続機器の状態を把握しているのでしょう。
今回は、PWは入れましたが、この機種にはスマホをかざすだけの”簡単設定”
なる機能もついてました。かえってややこしそうなのでやめましたが。

プリンタのつなぎ方がわからないので業者に持っていったら
接続の説明だけで3,000円徴収されたという方が団地にいました。
業者にしたら、相談を受ける時間を割いているわけで
「あこぎな商売」とはいえません。
この地域で私が存在価値があるとすれば、単純ミスか業者に依頼しないと駄目なケースか
の仕分けができることです。ほとんどの場合は、前者ですけど。
<< 中古のSONY Xperiaを調教 視覚障がいの方の学習会(37)... >>