神戸森林植物園の6月の花(2)
6/9から2週間経過した神戸森林植物園です。
6月14日(土)~7月13日(日)は、“森の中のあじさい散策”で期間中は無休で朝8時に開園。土日は18時まで延長開園。園内には25種類約5万株の紫陽花が咲いています。
正面には、メタセコイアを始めとする針葉樹が心地よい木陰を作っています。▼
b0036638_1940615.jpg
メインロードの紫陽花の道はこれから開花が進みます。▼
b0036638_19402526.jpg
この時期、北苗畑も開放され珍しい園芸種も見られます。
モモイロアジサイ、ヤマヤエムラサキ、ツルギサンヤエ
フジノタキ、シノノメ、アリランの雨▼
b0036638_19403771.jpg
前回はまだ青かったウスバヒョウタンボクとピンク花だったブラシノキも赤が交代して咲いていました。▼
b0036638_1941143.jpg
今回は朝になって急きょ思い付き、昼食は園内のレストランの名物“ひよこ豆のスパイシーカレー”を頂く。▼
b0036638_19411982.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2014-06-23 19:43 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://okadatoshi.exblog.jp/tb/22825686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2014-06-23 21:37 x

どこに何が咲き、いつが見頃なのかを 奥様がよく御存じなので 
見落とすことがなくて よいですね。

「干しガレイ」もいいですが、やはり風景画の季節感がたまりません。
心地よい木陰の様子が巧みな色遣いで表現されていて 
本当に爽やかなスケッチです。
Commented by okadatoshi at 2014-06-23 22:13
shinmamaさま
はい、植物園の中の案内ならつれあいはできると思います。
ただ、前回印をつけたタラヨウ(葉書の木)に文を書いた
葉っぱが何所だったか二人で探しましたがわかりませんでした。
加齢です。
このところ、毎日スケッチを試みていますが、デジカメで
撮ってから後で描いているという安直な方法が多いので
線が粗いです2。
昔のスケッチブックの方が臨場感や丁寧さがあるように思います。
ここは車で40分ほどのところにあり、その日の体調と時間にあわせ
登山にも入れる神戸の地形は我々のライフスタイルに最適と
思います。
<< 西の出講日をすべてスケッチで NEW EDUCATION E... >>