小野アルプスの紅山
参観日で代休の孫君の希望で、巨大な赤い岩盤の小野アルプス紅山(182.8m)へ。▼
b0036638_1758360.jpg
天気予報では午前中は雨は持つ、ということでしたが風は強く、稜線ではしばらく蛙のように四つん這い。左は登り、右は上から下を見た流紋岩の一枚岩。▼
b0036638_17581761.jpg
横から見たところです。山頂近くなると見た目以上に急勾配に感じます。
岩盤上の地衣類が紅く見えるのが紅山の言われです。▼
b0036638_17594046.jpg
山頂ではヘ音記号状のススキと登山ノート入れの箱。▼
b0036638_17583791.jpg
山頂から西ルートを降り途中に“パワースポット”の表示があり夫婦岩。▼
b0036638_180598.jpg
パワーに惑わされたのか、車を置いた場所に行きつかず目的地と反対側の村里に下りてしまいました。道には誰も人が居ない。家を尋ねても誰も出てこない。
車を止めて、場所を訊くと親切に送って頂きました。
日本一低いアルプスで遭難なんてシャレにもなりません。
広い鴨池には人も鳥もいません。▼
b0036638_1801649.jpg
孫君は大満足、ババの夕食を食べて夜は塾。
[PR]
by okadatoshi | 2014-05-12 18:02 | 散策/登山 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://okadatoshi.exblog.jp/tb/22598553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maruyamakazuyo206 at 2014-05-12 22:09
toshi様
楽しいですね!遭難しなくてよかったですね!情景が、思い浮かんできまして 自然に、顔が、ほころび こちらも しあわせな気持ちに なりました。ヘ音記号に、見立てたススキも見てみたい。親切な方に出会えて ほっとしました。
Commented by okadatoshi at 2014-05-12 22:17
maruyamakazuyo206さま
紅岩を下から見上げると圧巻ですね。
ここは2回目ですが、前回の時は、高所恐怖症らしき男性が固まっていました。今回は天候もよくなく、会ったのは1組だけでした。
低い山ですが、それでも山頂からの眺めは絶景です。
Commented by shinmama at 2014-05-12 22:56 x

ユニークな形状のアルプスですね。
確かに高所恐怖症の人まら 固まりそうです。

お孫様の休日に それでは  と 一緒に山に登ることができる 
健脚なジージは 三浦雄一郎かokadatoshi様くらいでしょう。 

そして夜は塾、、、、 お孫様も忙しくなりましたね。
Commented by 摩耶山さん歩 at 2014-05-13 08:17 x
としさん、おひさしぶりでございます。
孫君 大きくなられましたねー!

いつの孫はいつ山にいけるかな?
首がながーくなりそうです。(笑)
紅山は地衣類が 赤くそめているのでしたか。
さすがは teacher でいらっしゃる!
あら 大変でしたが 親切な方に 送っていただき
バンザイでしたね。
お孫様は 最後に塾へ、
元気だーー★
ありがとうございまーーす。
Commented by okadatoshi at 2014-05-13 08:55
shinmamaさま
いつもは4足歩行で上れるのですが、今回は風が強く
途中で厳しいところがありました。
この岩盤は、ユニークです。鴨池からもすぐですので
天然のアスレチックゾーンとしてもお勧めです。
彼は身軽なので、ジジババは坂道になると遅れ気味になります。
Commented by okadatoshi at 2014-05-13 08:55
摩耶山さん歩さん
はい、今回身長を測ったら、昨年12月から5センチ
伸びていました。1カ月に1センチずつ。
ババを抜きました。
人は少ないけど、捕まえたら田舎の人は親切ですね。
<< 最近の頂き物 ファイルを色分けしたフォルダーに整理 >>