低糖質ダイエット
最近はあまり本棚を増やしたくないので図書館で借りたり本屋で軽く立ち読みをすることが多いのですが、
低糖質ダイエット(永岡書店 ISBN-13: 978-4522431306)を購入し、私以外の家族も見るように居間へ置きました。絵本のように軽い本です、アマゾンでは、中身がある程度Web上で読めます。
b0036638_20452510.jpg
娘に聞くと以前は、以前は一日何単位というカロリー制限をしていたのが、最近は糖質制限と食べる順番で糖質が体に残らないという考え方になっているといいます。▼
b0036638_20453852.jpg
Web上でもらくしてダイエットなど多くの情報がヒットしますし、blogの中には糖尿病生活の記録ものはかなりあります。
母親の出勤で今日・明日と孫君が我が家へ。
夕食時のさっそく副食のGI値の高低や私の食事の手と付ける順番をチェックしてくれました。
[PR]
by okadatoshi | 2013-01-18 20:47 | 読書 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://okadatoshi.exblog.jp/tb/19858737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazewokiru at 2013-01-19 09:27
okadatoshi |様
60歳を過ぎる頃から生活習慣病の数値が急に上昇する人が多いように思いますが、若い頃の食生活に大いに影響しているのでしょうか?
きんさんぎんさんやぎんさんの4人の娘さんからは長生きの秘訣は食べ物より暮らし方に起因しているように聞こえますね。
食べ物を規制するのはストレスが溜まりますが、慣れれば問題ないかも(^-^)
Commented by okadatoshi at 2013-01-19 18:07
kazewokiruさん
食の楽しみを、放棄するのではなく、少量でも質の高いものを楽しむ術もありますよ。
それと、体重も減り身体も故障なく動いているという効果が実感できれば、逆に若いときと同じように暴飲暴食や、飲み会の梯子自体が楽しくなくなります。
今までの体力・体型を持続し、来るべき70歳台に備えてください。
<< 多井畑の厄神さん往復(2) 震災から18年過ぎました >>