模擬授業の演習開始
北向きへの出講日です。先月の26日に隣接高校の数学の授業を見学したことはこのblogでも触れました。公立高校としては屈指の設備の学校す。イタリア調の回廊と鐘楼が今の時期ツツジに映えています。▼
b0036638_23104748.jpg
その時の学生のレポートがまとまったので同校へ持参しお礼の挨拶をしてきました。あわせ短時間ですが、新教育課程への県下の高校の対策、理科・数学の時間数増による1年まで7時間目の突出しが全県的に起きていることの情報交換もできて私にとっても貴重な時間です。
イタリア調の校舎からスペイン風の校舎へ戻ります。校舎の雰囲気は西宮の校舎と統一されたデザインですが、学生によれば「こちらは授業中はキャンパス内にはまったく人影が見られないけど、西宮の方は絶えず学生が行き来しているところが違う」ということです。確かに誰も屋外にはいません。▼
b0036638_23112714.jpg
周囲にはアメリカ村などという地区もあり、ここは日本かと思うような居住地が広がっています。やっと最近近くにファミリーマートができました。

今日から、模擬授業開始です。先日の高校の授業参観が非常に役立ちます。
今年も生徒の立場で受講する学生が模擬授業をする学生の感想を書き、これらは授業者に渡します。模擬授業中の画像は私が撮影し学生へコメントをつけてメール送信をします。今日の分は先ほど済ませました。2クラス教科法の講義が終わりましたが後半のクラスでは、模擬授業が終わるたびに聞く側の学生が拍手をしました。これは初めての現象で誰かが拍手をしてそれにつられて広がったのでしょう。1年間し続けるのかなぁ。
因数分解のところを今日はやりましたが、教科書下段に「たすき掛けという」という注釈があります。その意味を毎年聞いています。動きやすくするために着物の裾をたすきでくくる形状から来ることを知っている学生は、今年は半数を切りました。▼
b0036638_2311408.jpg
この後、4年生で教員採用試験に向けて自主勉強会をやっている学生の指導をします。
6月に教育実習に行くまではこのパターンです。
今日は、集団面接の演習と新しく新教育課程に加わった範囲の問題を出しました。
記数法を今日は取り上げましたが、10進数の小数部分を2進数に直す問題になるとかなり悲惨な結果です。その他、「最近の教育関係に記事で印象に残ったニュースとそれに対するあなたの考えを言いなさい」など発問をします。自分で考える習慣や日頃問題意識を持って周りをみているかどうかで反応に差が出ます。
これから来週のテスト作成が残っていて、木曜日はパソコン作業でネットをやる余裕もなく過ぎていきます。なんとか、今日のblogだけは書いて終わりにします。
[PR]
by okadatoshi | 2012-05-10 23:15 | 情報/数学/授業 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://okadatoshi.exblog.jp/tb/18271332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2012-05-11 07:34 x
面白くて のめり込んで読みました。

「タスキがけ」 端を口にくわえて しゃっしゃと結ぶと格好いいんですけど、、、、。
確かに この言葉は数学用語として使う方が はるかに多いですね。

十進法は 2で割って余りを 書き出していくのでしたっけ?
小数は 2をかけて、、、、まだ 覚えているようです。
ルートの手計算といっしょで 結構スピードを競って遊んでいたことを懐かしく思い出しました。

それにしても お忙しい 木曜日です。
お疲れ様でした。
Commented by okadatoshi at 2012-05-11 08:15
shinmamaさま
水戸黄門の再放送や仇討もののDVDを見ればわかるのですが、今の学生さんはそんな番組には関心がありません。リレーのタスキを連想する学生はいるのですが、×をイメージできる学生は減少の一途。
小数部分の変換で2を掛けるとなぜ整数位が変換された値になるのかが分かりにくいようです。これを生徒にどう教えるかが来週の課題です。
ルートの手計算で開平していく方法は現在の高校生には教えていませんし、当然学生はパソコンの普及とともに知っていません。
学生時代の基礎基本をこなして定着したことをまだ覚えておられるshinmamaさんは理系ママさんです。パチ×パチ・・・です。
Commented by kazewokiru at 2012-05-11 09:07
okadatoshi 様
教職に就くのも大変ですね。教師になればなったで苦労も多い。
これは、教師に限った事ではありませんが。
遣り甲斐があり、就きたかった職に辿り着くのは至難の業。
就活で夢破れ悲惨な学生が増えているのが悲惨です。
Commented by okadatoshi at 2012-05-11 09:29
kazewokiruさん
教える教科が自分も好きで、“人とのコミュニケーション”ができること。これがないと周りも本人も悲惨ですね。
あとポジティブシンキングかな。
<< プログラム電卓発売時のパンフレット 神戸市民はオリックスに燃えない >>