ロハすな一日
今日は北へ出講日。片道75分。往復86km走ります。山道に入れば車も少なく今の時期、車窓には緑が広がり快適です。移動書斎で行きはNHKラジオ、帰りは民放を聞くのが習いです。
ラジオの内容は長く続いた“ラジビタ”でしたが番組改編で日替わりメニューの“すっぴん”に変わりました。木曜日は中島らもの娘でもある中島さなえさん。
この人はよく書籍紹介をします。今日取り上げた本は“ロハす事典”。

Amazonの本の紹介で「この本の中身を閲覧する」をクリックすると大体の概要はわかります。著者は能町みね子(この方の生き方も興味深いです)さんが提唱する“ロハす偏差値”によれば、最高の85は「工藤夕貴」、最低の20で「燃えないゴミ」らしいです。理由根拠は一切触れてません。良い悪い、好き嫌いはその人の感性によります。
もともとロハス(LOHAS)とは、「Lifestyles Of Health And Sustainability(健康で持続的なライフスタイル)」の頭文字をつなげたもので、「自分自身が健康であること」と「自然環境が持続可能であることを可能」にする暮らし方の総称。アメリカで2000年に発売された本のなかでロハスな人びとの存在が報告されたのがその始まり-とググると出てきます。このロハスを、動詞にしてロハすという新日本語を筆者は作り、その視点で見た周りを綴ります。
けっこうおもしろく退屈しない内容で、ロハす偏差値は65です。(きっぱり)

祝日にも関わらず学生さんはほとんど出席。
今後の模擬授業の順番を確認したり書き方の指導、今年から始まる数学の新教育課程の変更点など大量の資料を配布して目いっぱい授業をやりました。学生さんから見ればロハす偏差値は35。私の側からは彼らの反応がよく55です。▼
b0036638_224608.jpg
講師控室で弁当を食べて、備え付けのコーヒーを飲みながらラジオ深夜便の“チューリップ”の初期の歌を聴きました。この時間のロハす偏差値は70です。▼
b0036638_22461610.jpg
学内の掲示板。はしかの予防接種とまむしに注意です。
このポスターは同じく70はあげたいな。▼
b0036638_22463678.jpg
久々の激務のサンレンチャンの授業をやった自分へのご褒美にと一抹の不安を抱えながらコヤマロールの購入にお店へ。
なんとこの連休中えらいことになっていました。駐車場に入ろうと思って車のあとに続くと満車とのことでガードマンから駐車カードを渡されました。裏を見るとかなり離れた場所に駐車場を指定され、そこからリムジンバスで本店まで来るように指示。
買うのをやめて即帰宅へ。う~んこの駐車券は、ロハす偏差値は30。▼
b0036638_22471090.jpg
帰宅後、今日の夕食は久々の手作りのイワシのツミレに「今日はご苦労様」と500mlの発泡酒が登場。ロハす偏差値は70。
[PR]
by okadatoshi | 2012-05-03 22:50 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://okadatoshi.exblog.jp/tb/18235835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2012-05-03 23:05 x

仕事をしているときに 「ロハス」という言葉が大流行して、
「ロハスな家」「ロハスな生活」、、と意味も分からずに振り回されました。(笑)

そのうち、そこまでガチガチに「ロハス」にこだわらなくていい、、ということになり、
今度は「モハス」という言葉が主流に。
モハスMOHASとは Mode Of Health And Sustainabilityの頭文字で 
なんとなくロハスという ゆるやかな感じを表現している言葉のようです。

でも 「ロハす」というのは 動詞なのですね。
では 「モハす」というのも ありかもしれません。(笑)
Commented by okadatoshi at 2012-05-03 23:22
shinamamaさま
以前友人の墓参に奥出雲へ集ったとき、奥様が奥出雲の実家を
地域の公開し、そこで食事を作ったり地域の展示会場にしたり
貸し出したりという施設にしていました。
その名前が「ロハスの家」でした。
この言葉自体が、意味不明ですが、今の生活は現職時代よりも
ロハすかなと思ったり。どこがと問い詰めないのがロハすることです。
Commented by kazewokiru at 2012-05-04 08:20
okadatoshi 様
同じ年の中島らもさんはアル中薬中で面白くもあり
ユニークなとんでもないオヤジでした。
らも氏の娘さんを最近TVでよく見かけますが、
素朴なイメージがあって父親目線で安心しました。
待っている学生さんを思えば、、とは言うものの
地道の往復150分86kmは疲れるなぁ。
Commented by okadatoshi at 2012-05-04 08:35
kazewokiruさん
ご褒美の時間を、ロハスな生き方ができるように心がけています。
私の場合は、パソコンによるコミュニケーションが幹の部分でしょうか。
もし、将来施設にでも入ることがあれば、そこの生活のつぶやきを
発信するような気がします。
そのためにも、視力とディスクワークができる体力を維持しなくては。

往復のドライブは今のところ楽しいです。
年齢的に車が危険になれば、三宮から学内へのノンストップ特急バス@800円があります。
そこまで続けておられるかどうかわかりませんが。
学生に迷惑になる前に潮時をみつけますよ。
<< パソコンで録音したラジオの番組を繋ぐ 母校の90周年記念式典 >>