小4の友達付き合い
孫が1年前に我が家から一駅先の引越したときに一緒に転校した生徒が、この春にまた転校していきます。
“親友”らしく春休みになれば一緒に遊ぶ約束をしたらしい。
最近の小学生の“お約束”は、
①友達の家に遊びに行くときは家の人が居なくてはいけない。
②遊びに行く側はオヤツを持参する。
というわけで、彼らの交友をサポートするために、今日は朝9時から夕方5時まで孫宅におります。

まずオヤツを持参。なんでも今日の日のために「自分のお小遣いから1000円を出して購入した」と彼は発言。孫は、「そんな無理をしないで形ばかりのものでいいのに」
うん、この辺は大人の会話だ。
その後「そのあとお母さんが同じ額だけお小遣いをくれた。」と言ってました。
母親が出したというのは、薄汚れた大人の解釈。お小遣いを使い切って、親友へのプレゼントを持ってきたわけです。▼
b0036638_14504664.jpg
早速室内ゲーム。ipad、意味不明の冗談の会話と午前中続きます。その間、こちらの準備したお菓子やら飲み物をジジはサービス。▼
b0036638_14514714.jpg
昼になり、親友に昼食先を選ぶ権利を与えて、「北海ラーメン、すき家、ケンタッキー、マクド」から選ばせる。この年代には圧倒的にマクドが人気です。昼食代は訪問先のジジの負担です。
スマホで登録しておいたMAC会員のサイトで、“ビバリーヒルズバーガー”セットの画面を見せて割引で610円。ジジはそれよりも安い“マックランチテリヤキセット”。ポテトチップで遊びながら、「給食の時に二人でランチに行こうと言っていたのが実現できたね」などとお二人とも大満足。二つの机を繋ぐボードを元に戻したり、トレイの返却など二人でチャッチャとやっています。こういうマック店での注文や片付けはすっかり彼らの交友文化の中に浸透しています。▼
b0036638_1452337.jpg
午後からは、近所の公園に出かけました。
で、ジジは今日のblogアップです。
私の小学校時代は、学校のグランドで、釘を立てて陣取りをしたり、山に入って秘密基地を作ったりして自然豊かな中での生活でした。
比較はできないのですが、彼らが大人になったときには、マックのメニューや整備された公園でのゲームが同じように懐かしい思い出として蘇るのだろうと思います。

私は4月からの教材準備用のファイルをusbメモリに入れて、孫宅においているバックアップ用のパソコンで彼らのいない間、仕事をしています。
dropboxなどのクラウド環境にあるので、仕事はネット環境にあればできます。
[PR]
by okadatoshi | 2012-03-29 14:54 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : https://okadatoshi.exblog.jp/tb/18047336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Hiro at 2012-03-29 15:13 x
嫁は広島県高校教員(国語)ですが、子供は1人生まれると育児休暇は2年、従って3人生んだので6年間職場から離れています。
来年度はもう一年休みますが、その後は復帰予定(復帰先はshinmamaさまの出身高校 笑)

2番目の孫は現在幼稚園年少組のため、卒園までには転園し、保育園に変わることを知っていて、今から友人との別れを惜しんでいるようです。

※4月に入り新学期がスタートした勤務時期の合間に、姫路在住の旅行友達の招待で初日は友人宅に一泊、翌日は有馬温泉に宿泊予定です。
Commented by kazewokiru at 2012-03-29 15:16
okadatoshi 様
お行儀の良いお友達同士ですね。
友人関係が芽生えだす年頃、
孫さんにとって親友が引っ越すのは辛いでしょう。
我が孫などは、幼馴染みらしいけど、
兄妹のような女の子達とまだ一緒にお風呂に入って遊んでいます。
何の駆け引きのない子供は良いなぁ。
Commented by okadatoshi at 2012-03-29 15:42
Hiroさま
共働きの教員の育児休暇の制度は、働く女性にとっては良くなりましたね。
昔は、実家のサポートがなければ退職のケースが当たり前でした。
それでも、女性への家事一般の負担は変わりませんが。
教員の場合には、公務員バッシングと家庭環境の広がりの中で、以前より親に気を使いすぎる場面も増えたように思います。
Commented by okadatoshi at 2012-03-29 15:42
kazewokiruさん
駆け引きはありませんね。もろ、気持ちが前面に出ます。
会話を聞くのも面白いです。
忘れていた時代のことを思い出させてくれます。

外から帰ってきて、室内でまた遊びは始めました。
童謡の替え歌を、唄ってます。かなりどぎつい内容ですが彼らの間で流行っているんでしょう。
あと、1時間したら返し、ジジ宅に帰らねば。
向こうの母親も、ババも今日の日中一日、ゆっくり仕事ができたのでは。
Commented by shinmama at 2012-03-29 20:27 x

我が家も 臨時ユースホステルが無事に閉館しました。
館長の83歳のバーバは くたびれて 早々に寝込んでしまいました。
孫と過ごす時は すごく張り切って 生き生きしていましたが、帰ると どっと疲れが出るようです。
okadatoshi様は とても若いおじいさんですが、お疲れが出ませんように、、、。
Commented by okadatoshi at 2012-03-29 20:45
shinmamaさま
明日から一泊二日で松山です。両日とも下り坂の天候なので、まだ雨の降りそうにない日を、とべ動物園雨の方を平山郁夫美術館と考えてますが、明日になって決めます。
そのあと、墓参にも孫君はついてきますので、延々孫DAYです。
さらにさらに、給食が出るまでは、こちらに来そうな気配。ふー。
Commented by ゆう at 2012-03-30 13:10 x
父の生家は盆と正月の一日は、親も来ますが最大12名のいとこがわらわらと。12名の頃は、妹が小さいのを面倒見ていました。

私が一年生の頃は半年違いでいとこが三名、四才上の従姉、妹。

夏休みに一週間「こんがり焼いて来い」と預けられましたが当時独身のおじさん二人と、じいちゃんばあちゃんで、畳にぺたんと寝ていることが結構多かったです。これは昼寝の類ですが、六日目ものも言わずに暗く寝転がっているので、叔父さんの車で駅まで送ってもらいました。

「がんばったけど、おしかったなあ」と言われました。
Commented by ゆう at 2012-03-30 13:14 x
いとこもいないし、近所に子供がいたのかどうかわかりません、牛に餌をやったりしていたので、牛と遊んだと言うくらいかなあ?

人間の子供がいないと、せめて犬猫がいないと遊べないです。
Commented by okadatoshi at 2012-03-30 19:05
ゆうさん
私の両親はそれぞれ兄弟が多く私は一人っ子でしたが、従兄弟は30人ほどいました。
少子化と晩婚化の中、同じ世代の兄弟や親戚に揉まれる子どもは少なくなりましたね。最初の社会性を養うためにもせめて兄弟がほしいと思いますけど、無理っぽいです。
@出先
<< 松山へ家族旅行(1) 選抜野球6日目(2回戦)を観戦 >>