タグ:ブリューゲル ( 11 ) タグの人気記事
念願のブリューゲル「バベルの塔」展を鑑賞
7月の始めに同窓会で上京したときに都立美術館でも同展を開催をしていましたがすごい行列で鑑賞はあきらめました。
この時は、東京芸大で当時開催中のStudy of BABELの展示を見ました。blogの再掲ですが動画にしています。▼



大阪会場の展示に行くことに決めていたのですが、こちらでもバタバタしており、会期中の最後の平日の今日、やっと一人でブリューゲル「バベルの塔」展へ出かけることができました。▼
b0036638_20095033.jpg
展示の最初の部分では、16世紀のネーデルランドの彫刻を並べ当時の宗教観などの解説が続き、ヒエロニムス・ボスが署名をして芸術作品としての認識が高まったこと、工房の活動にも触れています。最後の特設コーナーでボスの影響を受けたブリューゲルの作品へと導く構成になっていて、非常にわかりやすい展示方法でした。
内容は東京都立美術館での「バベルの塔」展(クリック)のblogで詳しく網羅されています。米粒よりも小さな人物を1400人書き込まれた作品ですが、東京芸大が作成した現物を300%に拡大したパネルも圧巻の迫力でした。

大友克洋さんの「バベルの塔の内部構造を描く」作品。▼
b0036638_20095065.jpg
回展示された目玉のバベルの塔は、60 x 74.5 cmのサイズです。
ポイマンス=ファン・ブニンヘン美術館所蔵でネットでも鑑賞ができます。
美術館の絵をクリックしバベルの塔の画像をクリックすると画面に絵が開きます。
この画面上でクリックすると次のように任意の場所の画面が拡大して表示されます。▼
b0036638_20095100.jpg
若いときに大枚を払って購入したブリューゲル全版画集から定期的に気に入った絵を差替えて書斎に飾っています。その中のおなじみの本物の作品群に出会えて満足でした。

同時開催で同館のコレクション展「風景表現の現在」をやっていました。
坂本夏子氏の「ピンク色の波に乗る人たち」。▼
b0036638_20095164.jpg
写真撮影禁止の表示がないので撮ってもいいのか訊くとインフォメー-ションで撮影許可証をもらうと撮影OKでした。▼
b0036638_20095097.jpg
今日の歩数は12000歩。

[PR]
by okadatoshi | 2017-10-13 20:13 | 絵ごころ | Trackback | Comments(2)
ブリューゲルの絵の差し替え(3)>ベルギー奇想の系譜展に触発
2013/04/19と同じタイトルです。
今回は、”正義”#34と差替えました。▼
b0036638_17592234.jpg
版画集購入時の給与(2013/04/20)で触れているように当時の38,000円という思い切った買い物ですが、晩年になり楽しんでいます。防虫剤を入れて虫干ししました。▼
b0036638_17592303.jpg
ピーテル・ブリューゲルの作品一覧 では現存する数少ない油彩が見られますが、「バベルの塔」展の大阪会場を楽しみにしています。

昨日、大阪からの帰りに、兵庫県立美術館で開催中のベルギー奇想の系譜展に立ち寄りました。ボスからブリューゲルの系譜の原画が数多く展示されていました。東京でも開催されます。▼
b0036638_17592243.jpg
展示されていた画像の作品目録にあるものを、版画集から抜粋しました。▼



[PR]
by okadatoshi | 2017-06-14 18:05 | 絵ごころ | Trackback | Comments(2)
大塚国際美術館に車で(3)
2009-05-31と同じタイトルです。

部活と塾の関係でなかなか春休みも休みが取れない孫君と一度行ってみたかったという長女と共に、大塚美術館へ。
今回も300枚ほど撮りましたが、前回同様、ゴアとブリューゲルの作品が画像の中心です。ゴヤの部屋は暗く人もほとんどいませんが、彼の晩年の人を見つめる狂気の情念がこの部屋では迫ってきます。
ブリューゲルの作品も表面に触れながら人の動きが自由に拡大して撮れるので時間がたつのも忘れてしまいます。非常に広い建物で随所に椅子があるのも気に入っています。

孫君は”だまし絵”が気に入ったようです。▼
b0036638_23212345.jpg
5時間ほど滞在しましたが、一人だったらもっと居たと思います。会場の雰囲気を動画で。随所に解説員がグループを引率しているので一緒に歩くことで作品の構成もわかります。▼



昼食は車で15分ほどのところにある海鮮料理で人気のびんび屋で、おまかせ定食。▼
b0036638_7135079.jpg
さらに、我が家で夕食。先ほど孫たちは帰宅しました。
絵心を触発された一日でした。
[PR]
by okadatoshi | 2016-03-31 23:21 | 孫の時間 | Trackback | Comments(5)
戒老録
本棚の奥から曽野綾子さんの黄ばんだ“戒老録”が出てきて、電車に乗った時のパラパラ読む本の一部になっています。氏の文庫本では、"ブリューゲルの家族"があり、このblogでも触れています。▼
b0036638_18183423.jpg
この人の随筆は、当たり前に過ぎて見過ごしている事象をかなり辛辣で直截に触れ、読み手は不意を突かれて考え込むという場面がよく起きます。
手元にある“戒老録”の最初のページには、1972(昭和47)の初版まえがき、1982(昭和57)二番目のまえがきに引き続き、1988(昭和63)文庫本のためのまえがきが付いています。
現在1999年に出版された“完本 戒老録”が最終版です。この本を最初に執筆したのは、40を過ぎたばかりの時です。そして出版を重ねる中で手を入れその年代に応じたまえがきを追加し、いわば年齢に合わせて熟成をさせたような随筆集で、図書館でもよく借り出される本の一つになっているようです。
その意表をついた切り口は、反論も誘発し物議を醸しだしています。
その一つに、「出産した女性は会社を辞めろ」と発言や、「東電に責任はない」という対談の発言が問題だとしてとりあげられています。

日本財団の会長を務め、保守の論客として影響力がありますが、政治的な立場を超えて話している個々の中身には共感をする言葉があります。
このあたりが思想的な立場を超えて、特に熟年世代から広く読まれているところだと思います。
現在店頭に並んでいる“週刊ポスト”に次のようなコラムも載せられていました。▼
b0036638_181846100.jpg
ピースサインは欧米では「勝利・反戦・平和」、ギリシャでは「くたばってしまえ」、インドでは「うんこがしたい」・・・「ピースサインに平和という意味はない」というのならかまわないが、その心理の遥か遠くに平和を願う心があるのだからこれは平和的、ないしはそれを願うよい心根の表現だ、またそのサインをする人はそういう心の持ち主だということを表したのだとしたらそれが問題なのである。・・・ピースサインを出せば、その人が平和を願っていることにはならない(と付和雷同を戒める氏の論が展開されていきます)
[PR]
by okadatoshi | 2014-01-27 18:18 | 人びと | Trackback | Comments(0)
版画集購入時の給与
昨日、ベルギー王立図書館編『ブリューゲル全版画』から選んだ書斎の絵を載せましたが、この画集の価格が38,000円でした。当時の給与を調べて見ました。

現職リタイアしてしばらくして、つれあいが
「給与明細一覧表です。もう私には必要ないから、こういう資料って好きでしょう、そちらで処分して。」と言って、ドンと渡してくれました。▼
b0036638_9231967.jpg
一馬力で専業主婦として家計を切り盛りし、二人の子供を育て、曲がりなりにも戸建ての家で生活できているのもつれあいのおかげです。すべて給与はつれあいに渡し、そのなかから私の小遣いも頂きました。
家計のことを考えないで仕事に専念できたのでとても楽でした。
もちろん、捨てないで保存をしています。

1965(昭和40年)に赴任しましたが最初の給与が月額23,000円程度という記憶があります。当時はしょっちゅう3か月昇給短縮処置がありました。
結婚した年から退職まですべて保存されていて、渡されたときはびっくりしました。
この資料については、いずれきちんとまとめたいと思います。

結婚当初、『ブリューゲル全版画』購入時の1974年、退職時の給与をそれぞれ調べて見ました。▼
b0036638_9233356.jpg
教員の給与は、本俸以外に調整手当、住居費など加算されそれから長期・短期の共済や所得税、組合費、保健など諸雑費が引かれます。
実質手取りは本俸と同じか少し下回る金額でした。
残された明細書の報酬のみを取り出しました。31歳の時の給与に対してこの版画集は、39%を占めます。
現在の行政職32~35歳の大卒の平均俸給が311,210円とありますから、今の感覚でアバウトに月給30万円程度でしょうか。物価スライドすればこの版画集は今に換算すると12万円ほど。十分にパソコンが購入できる散在です。
リタイア後、虫干しを兼ねて版画を差替えて愛でていますから、パソコンよりも寿命が長いとも言えます。
[PR]
by okadatoshi | 2013-04-20 09:31 | セピア色/若い時代 | Trackback | Comments(3)
ブリューゲルの絵の差し替え(2)
2008/12/31と同じタイトルです。
狭い狭い書斎兼納戸ですが定期的に壁の絵を差替えています。
今回は、“キリスト、地獄の辺土に下り給う”#38と差し替えました。▼
b0036638_14294344.jpg
虫干しを兼ねて定期的に差替えますが、家人は関心を示しません。

次の作品は“夏”#75です。
風刺画が多い中、このような当時の農民の姿を表現した作品も結構あります。▼
b0036638_14295427.jpg
画集をめぐると、中世の時代、このような作品が生み出されたスペインの圧政下のネーデルランドの人々の生活へ思いを馳せ、時間の経つのも忘れます。
思いを鋭く絵に残したブリューゲル像に興味がわきます。
[PR]
by okadatoshi | 2013-04-19 14:31 | 絵ごころ | Trackback | Comments(0)
ブリューゲルの動く絵
13/01/02のblog"ブリューゲルの家族"に引用された絵の中の、十字架を担うをもとに当時の世界描いた映画“ブリューゲルの動く絵”のDVDを今日は観てました。▼
b0036638_2138269.jpg
この絵は「磔刑場への行列」という題です。
土方定一著・ブリューゲル(美術出版社(1963)によれば、
ここではキリスト磔刑を借りて、ルター主義者、カルビン主義者、再洗礼派を問わず、次から次へと生き埋めにされ、斬首され、また火刑にあっていく当時のネーデルランドの日常の場面を再洗礼派の信仰をうちにもっていたブリューゲルが、哭き悲しむ人、樹の幹をひっかいて悲嘆に耐えている人の中で、なにか深淵のなかの沈んでゆくような茫然としたなかで、事件をじっと凝視している自画像である
とあります。

映画のあらすじについては、blog「ハムイチの棲み家」による映画【ブリューゲルの動く絵】の感想とあらすじがわかりやすいです。
DVDの最初に出てくる原画を再現した合成画面は忠実に原画を再現しています。

私の世界史の高校時代の知識では、ローマ時代から長い中世の暗黒時代を経て宗教界改革、ルネッサンスの時代へと跳んでしまいます。
中欧旅行でもキリスト教の権威としての尖塔を多く見てきました。
宗教弾圧の時代の庶民の知識は抜け落ちています。
ブリューゲルの残した絵画には、農民の生活や当時の社会風刺が見られ気になる画家です。映画に描かれたこの絵画の時代背景は納得のいくイメージでした。
厳しい宗教戦争、スペイン兵の迫害の中でたくましく生き抜いています。▼
b0036638_21374492.jpg
ブリューゲルの絵の解説としては、
壺齋散人氏blogの美術批評「ブリューゲルの世界」が参考になります。
今日も比較的時間的な余裕があり、DVDの返却日なので2度目を視聴しました。
[PR]
by okadatoshi | 2013-01-26 21:42 | 絵ごころ | Trackback | Comments(3)
"ブリューゲルの家族"に引用された絵
昨年12/26にBOOK MARKETから曽野綾子の"ブリューゲルの家族"を購入したことに触れました。
読み進むうちに挿絵に白黒印刷された25枚のカラー版が見たくてインターネットで探しました。中には通常のパソコンでは表示できない30,000×21,952ピクセルまでの超高解像の表示できるサイトもあります。
ブリューゲルという画家の一族の中でもペーテル・ブリューゲル(父)と呼ばれる農民画家ブリューゲルのものが、この小説では扱われています。
あらためて彼が過ごした宗教裁判が吹き荒れる時代背景とその時代に生きた人々の生活に興味が湧きます。
25編の目次をクリックするとリンク先で彩色されて画像が表示されます。記録の意味もありblogアップしておきます。

1 日々の籠で運び出す
さらにクリックすると高解像度(5649×4000ピクセル)の画像が表示されます。
2 指の上の地球
1の画像の一部です。
拡大した部分からテーマの部分を取りだすと次の画像が得られます。▼
b0036638_20441776.jpg
 バベルの塔
パソコンの性能にあわせ解像度を選んで拡大できます。
 十字架を担う
 絞首台の上のかささぎ
 麦の収穫
 死の勝利
 謝肉祭と四旬節の戦い
さらにクリックすると高解像度(2048×1454ピクセル)の画像が表示されます。
 盲人の寓話
10 ベツレヘムの人口調査
11 豚の前に薔薇を撒く
1の画像の中の一部。
12 足なえた人たち
さらにクリックすると高解像度(3176×2674ピクセル)の画像が表示されます。
13 雪景色の中の猟師たち
14 人間嫌い
15 洗礼者ヨハネの説教
16 東方の三博士の礼拝
17 キリストと、姦淫を犯した女
18 イカロスの墜落の描かれている風景
19 種まく人の譬えの描かれている風景
20 二匹の猿
21 気狂いメッグ
さらにクリックすると高解像度(2048×1440ピクセル)の画像が表示されます。
原文が今では差別語になるようで魔女とか別の言葉に置き換えられています。
22 農夫と鳥の巣探し
23 子供の遊戯
さらにクリックすると高解像度(1145×819ピクセル)の画像が表示されます。
Webでは線画としてこの絵を抜出し中世の遊びとして解説が付けられています。
24 聖母の死
最終章エジプトへの避難が描かれている風景

ブリューゲルの動く絵として映画化もされています。
[PR]
by okadatoshi | 2013-01-02 21:07 | 絵ごころ | Trackback | Comments(4)
BOOK MARKET
冬季臨時託児所モード二日目。
全国展開している近くのBOOK MARKETへ出かけました。
"しあわせの村"を考えていましたが、寒波到来で外歩きは敬遠。
ここなら、すこし本を購入すれば立ち読みができます。
久々ですが、店内のレイアウトも工夫がされています。
圧倒的に漫画が多く、二階はDVDやゲームのフロアー。
店内には無料のお茶のサービスもあります。▼
b0036638_17343946.jpg
時間も経ったのでまだ読みたいという"名探偵コナン"を孫君は2冊購入。
私は曽野綾子の"ブリューゲルの家族"(光文社文庫)。すべて105円でした。

障害をもつ息子を抱えた家庭の主婦が、25枚のブリューゲルの絵をモチーフに作者へ送る手紙をまとめる体裁をとったオムニバス長編です。
あくまでブリューゲルの絵の紹介が主軸ではないのですが、作品の描かれた時代背景や登場人物の解説が作品の中で触れられ興味深い内容です。
第十五章 洗礼者ヨハネの説教は下記の絵がテーマです。実はこの絵は、ブダペストの西洋美術館で出会ったブリューゲルの作品です。
残された絵としてはかなり大きなものです。▼
b0036638_17345538.jpg
ヨハネの説教を聞く人たちの心理や異端者の姿の解説など、曽野綾子氏自身、深くブリューゲルを研究していることが分かります。
残念なのはいずれの絵も表紙1頁分の横幅に収まる範囲の白黒の画像の印刷です。
できれば、原画を納めた画集が横にあるとさらに興味を持って読めると思います。
幸い"ブリューゲル"と各章のタイトルを打ち込むと、ほぼ彩色された元の絵が検索でヒットします。
タブロイド端末を手元に置いて読んで行くと、より内容がの理解が進みます。
[PR]
by okadatoshi | 2012-12-26 17:39 | 絵ごころ | Trackback | Comments(2)
ハンガリーで気になった絵のメモ
9月の中欧旅行で「マジャール人としての誇り(8日目)」2012/09/12で国立西洋美術館に行ったことには、すでに触れました。
ここでは、ブリューゲルや、エル・グレコの“悔悛するマグダラのマリア”の実物をあえるという収穫があったのですが、フランツ・フォン・レンバッハによる「ティテウス帝のローマの凱旋門」(ranz von Lenbach The Triumphal Ark of Titus in Rome)に釘付けになりました。
どこか懐かしく、学生時代に教科書か画集、あるいはTVで見たような気がする絵です。
その後、Webサーフィンや友人にも尋ね、作者やここに描かれていた門や現在の姿などメモしました。作者はフランツ・フォン・レンバッハ(1836-1904年)は、貴族でもあったミュンヘンの画家です。
もともと肖像画が専門で、自身も美術収集家でもありました。
彼の邸宅は、現在レンバッハ市立のレンバッハハウス美術館となっています。
この美術館は、「青騎士」派の画家たちの作品を多く収蔵することで知られています。

現在の門描かれた当時の門。頭で荷物を運ぶのは一般的なスタイルのようです。▼
b0036638_20572147.jpg
この画像にあるアーチはローマのコロッセオからフォロ・ロマーノへ行く途中にあるティテウス帝の凱旋門。
 ティテウス帝(足かけ2年だけの皇帝)。父親も皇帝(ウェスパニアヌス帝)でしたから、父親が善帝であったか判りませんが、キリスト教徒を迫害したネロ皇帝の十年後に皇帝になったこのTitus,Flavius Vespasianus は、慈悲深い皇帝として、オペラでは役作りされています。帝位に就いたその歳に、ウェスイゥス(ヴェスヴィオ)火山が爆発し、ポンペイが埋もれました。(畏友 Y.T氏のメール)

当初この門をくぐる家族に物語性を求めて検索を掛けたのですが、目の前の風景を忠実に再現をした絵です。この画家の筆遣いは見事です。(ここをクリック)▼
b0036638_2058331.jpg
絵画の壁の壁面の彫刻と実際のものを並べて見ました。
精密に細部まで現物通り描かれています。▼
b0036638_20582331.jpg
国内ではここのサイトがブダペストの西洋美術館の作品群を網羅しています。
[PR]
by okadatoshi | 2012-12-18 21:03 | 絵ごころ | Trackback | Comments(2)