タグ:スケッチ ( 5 ) タグの人気記事
網走港のスケッチ2枚
オーロラ号から流氷ツアー終えて接岸する時の港。▼
b0036638_19592127.jpg
赤い灯台と護岸壁が流氷に映えています。▼
b0036638_19593676.jpg
月初めの絵葉書候補です。

[PR]
by okadatoshi | 2017-02-23 20:00 | 絵ごころ | Trackback | Comments(2)
朝はジム、帰宅後買い出し
最近の一般的な過ごし方です。
今朝の話題は、ウォーキングマシーンが7台のうち2台が故障してなかなか直らないこと。市の外郭団体なので業者の見積もり書とか事務手続きがあって遅くなるらしいです。機器が古くなっているきらいがありますが、業務用の機種を新規に購入すると1台200万円とのこと。あまりに高価格なのでネットで調べて見ると確かに200万円以上しています。
今日は、やっと2ヶ月ぶりに60kgを切り59.8kgに体重が落ちました。

近場の関西スーパーへ。
久々の野菜価格チェック。高いのか安いのか私には不明です。(笑)▼
b0036638_17573542.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-02-08 17:59 | 絵ごころ | Trackback | Comments(4)
月の区切りにやること(12)・スケッチのストック
2016/10/01と同じタイトルです。
今月は6通の方です。今回は、A4のサイズの原本を縮小したので葉書サイズのカラープリントではややごちゃごちゃした感じになりました。▼
b0036638_18042519.jpg
スケッチブックに描き始めたのは九州の修学旅行の引率時にスケッチブックを持参した1976年が最初です。▼
b0036638_18042498.jpg
以来、持ち歩くようになり42冊目になりました。▼
b0036638_18042511.jpg
No1最初のページとNo42の直近のスケッチです。▼
b0036638_18042545.jpg
スケッチブックサイズばかり描くようになり、今回のように少し大きなサイズになると画面構成の勘が鈍くなっているのに気づきます。
暖かくなれば、”べっぴんさん”の神戸の舞台を、きちんとしたスケッチに残したいと思っています。

【追記】
小さなスケッチブック以前は、普通のスケッチブックで通勤鞄には入らないものでした。
それでも修学旅行時には持ち歩いていました。1966年11月の九州修学旅行時の熊本城(左)と坊中から見た阿蘇山(右)です。当時は写真機も高価で個人では持ち歩く生徒も少なく写真屋さんが同行してました。
b0036638_11365919.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-02-01 18:10 | 絵ごころ | Trackback | Comments(5)
今日の夕食はおでん
私はトレーニングジムへ行きそのあとはデスクワーク。
つれあいは、久々にお仲間と六甲へ。

事前に夕食のおでんを仕込んで出かけました。暖めたおでんに鍋帽子を被せました。この鍋帽子は友の会で活動している方に作って頂いたものです。▼
b0036638_18495025.jpg
ネットには、鍋帽子の作り方と購入先の情報は多く散見します。

先ほど夕食を終えました。しっかり味がしゅみて(関西弁)ています。

[PR]
by okadatoshi | 2017-01-29 18:51 | 絵ごころ | Trackback | Comments(4)
二日目は年賀状の返事
今年の年賀状のデザインは備中松山城の山城にしました。
撮影するときにスケッチに使えそうな場面は何枚か撮ります。最初に輪郭を鉛筆やピグマペンなどで描きます。このとき実際の画像も自分なりにデフォルメしてしまいます。▼
b0036638_16421916.jpg
左は鉛筆、右はピグマペンで輪郭を取ったものに彩色。▼
b0036638_16423614.jpg
最終的には線のクリアなものを選び輪郭だけ打ち出して彩色は手作業です。表書きにこの1年間のまとめを書き一言付け加えて投函です。▼
b0036638_16424723.jpg
教え子には賀状が来てから返事を出すようにしました。そのために今日は朝からかなりの数になりかかりっきりでした。
メールアドレスを持っているアクティブな人には、原画の方をスキャナーで採ったものにSNSの紹介などの紹介も追加してコメントも長くすることにしました。
メールだと個人的なことも追加しやすくこれは2~3日かけて出して行きます。
私のHP”としの書斎”に載せた1年間の表紙もgifにして添付します。▼
b0036638_16132370.gif
高齢を理由に、”賀状は今年が最後”という葉書がありました。確かに年末の負担になります。身内に不幸があった場合の喪中葉書も大変と思います。中には形式的な印刷だけというものもあります。電子メールで来たり、さらに二重で葉書も追加されるケースもあります。
公的な場を退いて10年以上経過しました。この年代になれば自分なりの年始の仕方があってもいいと思うようになりました。
[PR]
by okadatoshi | 2016-01-02 16:44 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)