高校の体育祭
講義のない日はトレーニングジムです。今日はその後前任校の体育祭へ。▼
b0036638_19375221.jpg
学校評議員になっているので行く機会が増えています。
仮装リレーの記念写真。▼
b0036638_19374993.jpg
数年前から始めたというサバイバルドッジ。6チームが競います。▼
b0036638_19353453.jpg
孫君の学校も今日は体育祭で、各校金曜日は集中します。プログラムには、「大塚製薬ポカリスエットCMダンスの模様を撮影します。映り込みを避けたい方は所定の場所に移動してください。」とあり気になり行くつもりが午後から雨で中止。
孫君の成長と共に、保育園、小学校、中学校と体育祭を見てきましたが、進級するにつれ生徒が中心になり、保護者の数も減少して行くように思います。

私の高校時代の体育祭は各クラスで夏休み中かかって山から竹を切り出しシンボルを作成し、前夜祭には市中行進。当日のフィナーレではグランドの中央で張り子のシンボルを燃やしました。それが、交通事情や燃やすことも条例で禁止され廃止。
今年はそれが復活したと、同窓生が地元の新聞をlineで知らせてくれました。他に大きな話題やイベントの少ない半世紀前の高校時代の体育祭は、高校生活のビッグイベントでした。▼
b0036638_19353313.jpg

[PR]
# by okadatoshi | 2017-09-22 19:41 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
北の出講、”学生時代”の歌
アメリカン楓の一部が秋の気配を気づかせます。▼
b0036638_22134307.jpg
蔦が似合う建物やチャペルもあるスペイン調のキャンパスで、学生も今風のファッションで溶けこんでいます。▼
b0036638_22134321.jpg
BGMとしては、ペギー葉山「つたのからまるチャペル~」の学生時代♪でしょうか。この歌は、平岡精二の作詞・作曲によるペギー葉山のオリジナル曲で二人とも、青山学院出身です。そのキャンパスの景観がベースになっていると思われます。1964年の歌ですから私が学部の4年にあたりますが、当時あまり歌った記憶が余りありません。歌声喫茶全盛の時代で、ロシア民謡の歌集などが配られていた頃です。

聴けば若い時代へとワープしてしまう曲は、私の場合、1975年前後の歌になります。
今日の車内では、”DREAM PRICE 1500 愛と青春のフォーク・ベスト”の男性&女性のボーカル編を聴きました。長女が以前、CDへダビングしてくれたものです。

着任当時、生徒が夜になると入れ替わり下宿に上がり込んできて、カセットを持ち込みこれらの曲を聴かせてくれました。
まだ私の学生気分が残り、また全共闘運動の影響を受けて高校全共闘の動きがありました。そういう中で心情的に政治運動や恋愛感情の挫折感へ共鳴したのでしょう。その中で、また聴きたくなったのは次の二曲です。

「いちご白書」 をもう一度(バンバン)。安保闘争へ参加した当時の学生が長い髪を切って体制側へと就職していく転向意識を感じます。▼



学生街の喫茶店(GARO)。この曲を聴くとまだ束縛されない自分の意思だけでその日を過ごした学生時代の街角が目に浮かびます。▼



女性ボーカルでは、加藤登紀子、森山良子が好きでした。
その後の世代で、中島みゆきの歌と出会うことになります。(^^;)

[PR]
# by okadatoshi | 2017-09-21 22:16 | セピア色/若い時代 | Trackback | Comments(4)
北へ出講、初日
7月以来ですから、途中の田園風景がすっかり秋モードになっています。
この時期、決まった場所に彼岸花が咲きます。食べると危険です。(^^;)▼
b0036638_20481757.jpg
このあたりは酒米の山田錦の生産地です。▼
b0036638_20481763.jpg
今年は教職実践演習を3講座新たに担当します。教室は20名ほどのゼミ用の部屋。2面に黒板、1面はモニターの投影用の壁面。あとは窓。▼
b0036638_20481761.jpg
教員採用試験の模擬授業用の問題を最後に出して出席カードの代わりです。4通りほどの解答例がありました。次週の素材に使えます。▼
b0036638_20481873.jpg

[PR]
# by okadatoshi | 2017-09-20 20:51 | 情報/数学/授業 | Trackback | Comments(0)
西へ出講、初日
後期の授業が始まります。初日はやはり緊張します。
前期に比べ倍以上の人数になりましたが、まずまずの出会いでした。
後期は火水木と続き週休5日制(^^;)に慣れきった身体にはやや厳しいですが、最終コーナーのゴールを目指します。

岡山駅周辺を気分も変えてモノトーンで。
駅で必ず目にする銅像群。桃太郎、六高健児、坪田譲治の世界。▼
b0036638_22142440.jpg
西口に出るフロアの床。▼
b0036638_22142597.jpg
新幹線岡山駅下りホームの素描。▼
b0036638_22142442.jpg


[PR]
# by okadatoshi | 2017-09-19 22:15 | 絵ごころ | Trackback | Comments(0)
家族で食事会
昨日の台風で急遽本日食事会をすることに。
朝のトレーニングジムの後、歩いて行けるベーカリーレストランサンマルク 神戸学園都市店で順番をとりました。敬老の日を兼ねてらしい。カジュアルコース(A週)をオーダー。常に巡回をして焼きたてのパンを持ってきます。この店のサイトをスマホに登録をすると初回に限り、5個のパンがプレゼントされます。会計時に3人がスマホの画面を見せました。(^^;)▼
b0036638_19580626.jpg
そのあと、我が家に孫君はやってきて、大学時代にギター部に入っていた母親のギターケースを25年ぶりに開けました。やる気になったみたいで持ち帰ることに。第4弦が切れておりネットで弦セットを注文。▼
b0036638_19580684.jpg
故郷から送ってきた梨が好きで、親の特訓を受けて綺麗に剥けるようになった技術を披露。▼
b0036638_19580519.jpg
今週は体育会があり、その翌日が音楽部が近畿大会へ出場する日です。
体育大会は「音楽部は全員マスクをし、応援も手振りだけで声をださない」と言われているらしい。高校生活を楽しんでいます。

[PR]
# by okadatoshi | 2017-09-18 20:02 | 孫の時間 | Trackback | Comments(0)
テキストの音声化と音声のテキスト化
テキストを聴く

視覚障がいの方は、パソコンで表示されるテキストを、スクリーンリーダー PC-Talkerなどのソフトを使い音声として聞き取るのが一般的です。

フリーソフトで同様の機能を持つものを探してみました。その中で、Balabolka (version 2.11)が良さそうなので試してみました。
インストールするときに『WindowsによってPCが保護されました』と警告が出ますが対処法(クリック)もネットにあります。

このソフトの使用感
も、参考になります。

昨日のblogで触れた、塩谷靖子のエッセイの広場から、エッセイ 月は東に日は西に を音声で聴いて見ました。音訓読みの違いが一部にあるものの目を閉じて聴いていても十分に内容が分ります。さらにmp3で保存しました。音声データ再現(クリック)。▼
b0036638_16273644.jpg
左がBalabolkaのショートカットアイコン、音声の保存、保存されたファイルです。▼
b0036638_16273667.jpg
音声をテキストに

音声データのテキスト変換 にいくつか紹介をされていますが、フリーでwindows上で動くソフトは見つかりませんでしたが、gmailを持っている方は、googleドキュメントで音声入力をすることができます。
googleドライブの画面から新規→googleドキュメント→ツール→音声入力。▼
b0036638_16273744.jpg
ここでマイクをクリックして音声入力をアクティブにして声を出します。音声部分の変換されたものを修正したり段落を入れてコピーして、ワードやメールなどに貼り付ければ十分に使えます。▼
b0036638_16273682.jpg
スマホでは、文字入力時の画面の右上のマイクのマークをクリックすると音声入力ができます。左がevernoteで、右がcolornoteの画面です。それぞれコピーしてメールに貼るか、同期してパソコン側で使うなどできます。▼
b0036638_16273506.jpg

[PR]
# by okadatoshi | 2017-09-17 16:57 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(2)
塩谷靖子さんのホームページ
2ヶ月休んで9月からトレーニングジムを再開しています。
1日と2日は帰省で休み、その後は今日まで皆勤です。ウォーキング中にラジオ深夜便のチェックも再開。それでも、やっと昨年の11月の録音ファイルに入りました。いい番組は視覚障がいの方が聴けるように音源を切り出しています。

今回は、ラジオ深夜便「明日へのことば」の「遅咲きの歌人生」
出演者 塩谷靖子・聞き手玉谷邦博が特に印象に残りました。
番組の中でホームページがあることを知りました。▼
b0036638_16244312.jpg
この中で、今回放送の番組音源を聞く(クリック)ことができます。
プロフィール によれば、

鳥取県境港市出身。東京教育大学(現筑波大学)附属盲学校を経て、東京女子大学文理学部数理学科卒業。日本初の全盲コンピューター・プログラマーとして、日本ユニバック(現日本ユニシス)株式会社に勤務し、視覚障害プログラマーのさきがけとなる。当時は視覚障害者用の補助機器が皆無だったため、試行錯誤の結果、ユニバックのマシーンに合わせて点字変換用のソフトを開発した。コンピューターからのデータを点字で紙に打ち出した例は、日本では、これが初めてだった。(現在では、各種画面読み上げソフトや点字ディスプレーの開発により、視覚障害者も、自力でインターネットで調べ物をしたり、メールの 読み書きをするなど、いろいろな用途にコンピューターを活用できるようになった)。
歌うことは好きだったが、声楽の勉強をする余裕がなく、師についたのは42歳のときだった。その後、多くの音楽大学出身者に伍して各種のコンクールで受賞し、毎日新聞「ひと」欄をはじめ、多数のメディアに取り上げられる。エッセイストとしてのキャリアを生かした、トークを交えてのコンサートには定評がある。

と在ります。

塩谷さんの進学先が東京女子大と言うことにも注目しました。
16/07/26のblogで触れた教え子のAさんの進学先がやはり東京女子大でした。
神戸と違い英語以外のドイツ語の対面読み替えボランティアの方も東京では見つかると言ってました。障がいのある学生にも学びやすい環境の大学なのでしょう。

Aさんも結婚し子育てと仕事を両立させ、趣味のマラソンでも記録を伸ばしています。Aさんとの出会いが契機になり視覚障がい者のパソコン利用の情報が集まるようになり、その延長線上で現在も視覚障がいの方の勉強会に関わるようになりました。


[PR]
# by okadatoshi | 2017-09-16 16:29 | 人びと | Trackback | Comments(2)
情報の渦に呑込まれ路を見失いそう
今朝のトレーニングジムの話題は、やっかいな隣人のミサイル発射でした。
朝のレンドラの"ひよっこ"が見られなかったという方に、BSの103でam7:30から見られることを教えました。(^^;)

前回同様、どのチャンネルも延々と同じニュース速報で、「政府は国民の安全・安心を守る」と言う官房長官の画像が登場します。キャラバンで移動しているかのような北朝鮮問題のコメンテーター達が次々に画面に顔を出しています。▼
b0036638_18084704.jpg
政府に都合の悪いネット情報は遮断されることにない我が国ですが、これだけ各局一斉に政府と"有識者"の見解が流されると同調回路が働いてしまいます。
先ほどの夕刊。▼
b0036638_18084773.jpg
政府発表のように「発射から着地まで事前にミサイルの動きを捕捉している」のであれば、Jアラートを東日本の広域に出し備えを呼びかけるのは過剰反応ではないでしょうか。
現状は、「万一に備え頼れる政府」の声が伸びているでしょう。三選が危ぶまれていた安倍総理がに神風が吹いています。
以前このblogでも触れましたが、高校時代に近未来小説の1984レベル7を不安な気持で読んだ記憶があります。そのころから60年の月日が経っていますが、実はこれらの小説が暗示した世界すでに住んでいるのかもしれません。

最近の大新聞は政府広報の発表をそのまま伝える紙面が多く、独自取材やスクープ記事を感じません。逆に、週刊誌の新潮や文春が暴露系のヒットを飛ばします。木曜日発売の週刊新潮(左)と週刊文春(右)の中つり広告です。今や中身の概要は、本屋に行かなくてもネットでも分りますね。▼
b0036638_18084711.jpg
山尾志桜里氏の記事と並べた前原民進党首の北朝鮮美女のハニートラップ記事は立ち読みしましたが、根拠も推測でしかも相当に古い時期です。むしろなぜこのタイミングでという疑念がわく空振りの"文春砲"に見えます。前川喜平前文部科学事務次官の在職中に出会い系バーに頻繁に出入りしていたと報じた読売新聞のように、ダメージを与える時期と場所を選んだ意図的な記事ではないかとさえ思います。

目の前を流れていく回転寿司を選ぶしかない、本当に好きな魚を自分で捕って食することのできない"1984の世界"そのものです。

[PR]
# by okadatoshi | 2017-09-15 18:36 | メディア | Trackback | Comments(0)
三宮の旧居留地散策
午後から県民会館四階の県民情報センターに行き今年度の数学科教員採用試験問題のコピーを入手。その後、旧居留地へ移動。

神戸大丸の入口。▼
b0036638_21435079.jpg
神戸市立博物館の神戸開港150年記念特別展”開国への潮流”を鑑賞。▼
b0036638_21435124.jpg
建物内部のステンドグラス。▼
b0036638_21435120.jpg
さらに海側に下り神戸税関の建物。▼
b0036638_21435135.jpg
その前にデザイン・クリエイティブセンター神戸があります。旧生糸検査場の建物で愛称がKIITO。建物内部も当時の面影が保存し活用されユニークです。▼
b0036638_21435096.jpg
ここでは、Robert Frankの1947-2017の作品展を開催中。▼



ルミナリエの会場にもなる東遊園です。普段は市民の憩いの場。▼
b0036638_21435253.jpg
午前中のトレーニングジムのウォーキングとあわせ歩数は二万歩を超えました。

[PR]
# by okadatoshi | 2017-09-14 21:47 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
山本周五郎作品はストレスの濾過紙
BSJAPANの火曜ドラマにハマっています。

夏休みには入り、日中自宅にいる時間も増えたので、つれあいと録画したものを見続けました。今日は、昨日録画した山本周五郎時代劇の武士の魂の十二話「失蝶記」を見ました。
幕末に藩内での倒幕と佐幕の藩内の対立の中での若い藩士の葛藤と恋を描いたものです。▼
b0036638_18422392.jpg
現役時代に憑かれた様に周五郎全集を寸暇を惜しんで読み続けた時期がありました。ストレスの多い日々には、癒やしの効果がありました。

シリーズで視聴することで、ドラマ化されたシナリオや役者による作品の善し悪しが目につきました。前半火曜日は”武士の魂”、後半は”人情時代劇”で、その中で印象に残っているものを囲んで見ました。▼
b0036638_18422351.jpg
この時間帯では、【新番組】火曜ドラマ「池波正太郎時代劇 光と影」が10月3日(火)夜8時スタートします。


[PR]
# by okadatoshi | 2017-09-13 18:46 | メディア | Trackback | Comments(0)