<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
農業公園でBBQ(6)
2015/05/02とおなじタイトルです。
子供たちは食べ物に関する行事はしっかりと記憶し毎年GWの天気の良い日に神戸ワイナリー農業公園でBBQに来ます。
ここは、1000席まである巨大BBQ設備があり、材料持込みでも手ぶらで現地申し込みのいずれでも可能です。▼
b0036638_2161052.jpg
今回は、EIN OPEN DEPARTMENT/アイン・オープン・デパートメント(vol 9)4/29~5/1の日と重なりました。ショッピングを楽しむ人は@400円のリストバンドを購入。BBQ利用だけなら不要です。▼
b0036638_2162313.jpg
ワインの収穫用のブドウの木です。果物としてブドウを育てる岡山のブドウ畑とは形状が異なります。▼
b0036638_2163443.jpg
バンパーボートで母親を追っかける孫君。▼
b0036638_2164589.jpg
その後、夕食も我が家で採り先ほど帰宅。ふー。
[PR]
by okadatoshi | 2016-04-30 21:07 | 孫の時間 | Trackback | Comments(2)
GWは近場で
GW突入です。
午前中は近場に買い出し。明日は恒例のBBQなので材料をつれあいは買い込みます。孫君の食欲が半端ではないので支払が大一枚をオーバー。
私はこの時期恒例の野菜の価格チェック。カンスーは全て税込み価格表示。▼
b0036638_18432544.jpg
午後から散策を兼ねて総合運動公園で開催中のグリーンフェスタ。▼
b0036638_18433841.jpg
かつては孫君が喜んで参加していたイベントがありますが、彼は部活だしもう見向きもしない年代。▼
b0036638_18435045.jpg
偶然入った会場で私の入選写真と再会。▼
b0036638_1844126.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2016-04-29 18:44 | 絵ごころ | Trackback | Comments(0)
NHKすっぴん、木曜日は川島明
北の出講先は車で80分ほどかかります。
その日の気分で面白ければNHKのすっぴんを聞きます。木曜日は声が魅力的な川島明氏の登場です。
先週4/21の「本、ときどきマンガ」のゲストコメンテーター米光一成氏の話もなかなかおもしろく次の二つの本を紹介、さっそく即興で言葉遊びが続きました。
あいうえおちゃん
ことばおてだまジャグリング

今日のゲストコメンテーターは、村上慧氏で、2011年武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。
発泡スチロール製の『家をせおって歩く』、現在日本を移動中の方です。
この話は以前にもどこかで聞いたことがありました。番組の中で、「ではその家をネットにアップします」という藤井綾子アナウンサーの声が入ります。帰宅後”歩くモード”と”寝るモード”の画像を取り出しました。▼
b0036638_20461077.jpg
現在、小豆島で、瀬戸内芸術祭2016に参加中で家を置いてきたままスタジオに来ていると話してました。
著作『家をせおって歩く』の解説の末尾に選書・文  スロウな本屋 小倉みゆきとありました。
次にスロウな本屋を見ると、岡山駅の近くにあります。また、瀬戸内芸術祭2016の島々に渡る宇和島までは、4/19のblogで触れた観光列車「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」に乗車できます。
夏の会期は、2016年7月18日[月・海の日]~9月4日[日]49日間とありますから、夏の旅行先の候補になります。
すっぴんで登場する人物は話題性のある方が多く、帰宅後ネットで調べると身近に触れることのできるケースが結構あります。
これもご褒美の時間にあって、気軽にアンテナが張れるからでしょう。
[PR]
by okadatoshi | 2016-04-28 20:49 | メディア | Trackback | Comments(4)
HPの更新
4/24に菊水山から湊川神社へ歩きましたが、その時の画像や動画を散策登山のサークルのホームページにアップし更新をしました。

放水門横に架かるコンクリートアーチ橋のアーチは明治38年に建設されたとありますが、鉄製の水門を上げ下げすることで水量を調整できる構造になっていてなお現役です。また横にある放水門のデザインも歴史を感じさせます。アーチの橋は正面から撮れないために、正面から見たらこうであろうと思うスケッチを描き二つ並べて見ました。このスケッチを散策サークルの表紙に使います。▼
b0036638_1955868.jpg
現在、ロリポップのレンタルサーバーと契約し年間3,240円で50ギガのエリアを借りています。十分すぎる要領で気兼ねなくホームページを作成しています。

今回の登山散策のサークル、大学時代のサークル、現職時代の職場の同僚のHPの表紙です。▼
b0036638_196723.jpg
高校の阪神支部のオフィシャルなサイト、高校時代の同期、ボランティアでかかわっているサークルの連絡用。▼
b0036638_196185.jpg
今も生きているもの、利用されてないけど同窓会を開いたときに画像提供で復活するもの、ほとんど止まっているものなど、この他にも恥ずかしいほどあります。ひところに比べ、情報入手はSNSへ移ってしまい画像保管庫的な使い方になっていますね。
[PR]
by okadatoshi | 2016-04-27 19:08 | 絵ごころ | Trackback | Comments(2)
JRに乗るとテッチャンになる(14)
4/19と同じタイトルです。西に出講するとJR関係に目が行きます。
前回は、JR新神戸駅の「発車予告音」の「銀河鉄道999」でしたが、今回は岡山駅のものです。天井に取り付けられた専用スピーカーから音が出ています。新神戸駅よりも反響しないからか音質がいいような気がします。▼



岡山駅のホームでは前後の列車に”ゆるきゃら”が目に飛び込みます。遊園地化?▼
b0036638_21494381.jpg

くまなく旅し隊のゆるきゃら、くまなくと旅にゃんがディスプレイされた列車と遭遇。▼



新神戸駅でトイレに入るとポニーテールの若い女性が清掃中。間違えたかと入り口を見直すと女性スタッフとあります(左)。右は岡山駅でこちらは男性スタッフの表示(右)。▼
b0036638_21495829.jpg
熊本の新幹線停車に関して目についた表示。左は岡山、右は新神戸駅。▼
b0036638_21501346.jpg
自宅の最寄り駅に降り立つと駅前が、鯉のぼりだらけ。▼
b0036638_21502774.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2016-04-26 21:50 | 乗り物 | Trackback | Comments(4)
ドアクローザーの取り付け
戸建ての我が家は今年の7月で37年目を迎えます。
その間、屋根の補修や外壁、台所やふろ場の改装など行い、阪神淡路大震災もくぐり抜けてきました。

最近ではドアのストッパーが油漏れで効かなくなり、開閉時に大きな音がするようになりました。つれあいは、ドアを取り替えを提案。しかし玄関ドアのリフォームを検索するとあまりに高額な価格がヒットします。▼
b0036638_1754357.jpg
そこで、ダメ元でドアマンを自力で取り付けることに。
商品は汎用性があるように、左右いずれでも取り付け可能で縁の部分の形状にも3通りの対応ができるようにしてあるために、取り付け仕様書の場合分けが非常に読みづらくなっています。
まず本体を取り外し。▼
b0036638_17544723.jpg
電導ドリルがなかったので、硬いドアに穴を開けるのに途中で挫折しかかりました。2時間費やしてなんとか取り付けができました。▼
b0036638_17545748.jpg
コーナンで購入しましたが、アマゾンではもっと安く購入できます。
今日は、ご褒美のビールが出そうな・・・。
[PR]
by okadatoshi | 2016-04-25 17:55 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)
菊水山頂から湊川神社へ
菊水山頂から鍋蓋山は、六甲縦走路の中でも厳しい急登路です。
今回は現職時代の元同僚の散策登山のサークルで鈴蘭台を出発して下る楽なコースを歩きました。
集合場所 神戸電鉄 鈴蘭台駅 東改札口
コース 神鉄鈴蘭台駅⇒菊水山山頂⇒烏原貯水池(昼食)⇒石井町(兵庫区)⇒東山商店街⇒湊川 公園⇒湊川神社
神鉄車庫から菊水山登山路へ入ります。▼
b0036638_22365157.jpg
菊水山山頂。459m。▼
b0036638_2237116.jpg
野鳥撮影の方がいて一行が取り囲む。400mmで車一台分の価格とか。▼
b0036638_2237278.jpg
そこから 烏原貯水池へ下る途中で神鉄電車。▼



放水門は、1913年(大正2年)建設。放水門横に架かるコンクリートアーチ橋は、1905年(明治38年)に建設。重厚な作りで歴史を感じさせます。▼



賑やかな東山商店街。▼
b0036638_22493485.jpg
さらに最終ゴールの湊川神社。▼
b0036638_22503126.jpg
宮司さんに事前にお願いし特別に案内をして頂く。
左は楠正成自刃の地。住友家献上の灯篭(中)。水戸黄門(右)。▼
b0036638_22495951.jpg
本日の歩数計は2万1000歩。
[PR]
by okadatoshi | 2016-04-24 22:51 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
カンスーの鮮魚売り場
関西スーパーは、伊丹に本社を置く関西が拠点のスーパーです。呼び方もカンスーとカンスパに分かれていますが、自宅近辺ではカンスーと呼ぶようです。月曜日は10%引き。レジ係りは客がいないときは手を前に組み決められた姿勢をとっています。

鮮魚コーナー。税込み表示なのでわかりやすい。
薄墨ペンで烏賊を描いてみました。▼
b0036638_18483227.jpg
これは解凍した北海道産のさんま。▼
b0036638_18484437.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2016-04-23 18:49 | 絵ごころ | Trackback | Comments(2)
75歳という壁
先日誕生日を迎えました。
昨年までは、複数のSNSから「今日は○○さんの誕生日です。お祝いのメッセージを送りましょう」という過剰サービスのお蔭でお祝いのメッセの返信をいくつか書きました。それも煩わしく直後誕生日の個人情報を外部に出さない設定に変えたので、今年は娘からメールが来ただけで終わりです。
で、いよいよ後期高齢者へあと1年という年になりました。

75歳までは特定健康診断と胃癌検診のお知らせが市役所から誕生日月の4月に郵送されます。
今年の内容をよく見ると70歳~75歳の方は無料とありました。
では、75歳以上はどうなるのかとググってみました。
神戸市の後期高齢者のHPによれば、75歳以上は「生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病等)の治療中でない方」は申し込めば無料で検査を受けられるとあります。
今までのように封書で案内が来る対象者からは外されるようです。
神戸市胃癌検診も案内は来ませんがHPで自分から申し込めば検診は無料で受けられるとあります。
で、今日は近くの須磨パティオにやってきた胃癌検診車へ行きバリュームを飲みました。▼
b0036638_1520292.jpg
いずれにせよ来年からは封書を待つのではなく、自分で自発的に探していくことになります。
病気の方も増えるし一斉に健康診断の対象からは外して経費削減というニュアンスを感じます。

退職後つれあいと山に登り始め主にツアーを利用して登った百名山は31座になりました。(赤〇)▼
b0036638_1521196.jpg
ところが登山を企画している書くツアー会社は高齢者の登山事故の多発を理由に参加資格を75歳までとするようになりました。▼
b0036638_15212031.jpg
それでも山に登りたい人に対しては、1年間有効の登山パスポート発行のために『登山上級ツアー参加に向けた体力判定ツアー』を企画しているところもあります。

非常勤講師の定年もありこれも75歳になっています。
いまのところ、つれあいも私も特に大きな病気は抱えてはいませんが、ご近所や同級生で異変に遭遇する方々が珍しくなくなってきました。
やはり75歳というのは健康年齢を維持できる方が減少していく壁なのかなと思わされてしまいます。
[PR]
by okadatoshi | 2016-04-22 15:23 | デジの目 | Trackback | Comments(4)
北の出講先、雨
このところ天気予報の精度が上がったのかほぼ週間天気予報がよく当たります。微弱地震がなお続く土砂災害が心配されるニュースをドライブ中のラジオニュースが報じています。
キャンパスも雨。北のキャンパス内は移動時間以外は人影がありません。▼
b0036638_22464387.jpg
担当する教科法は2クラスですが、やっと人数が確定し、次週からの模擬授業について私の一方的な話です。
現在の学部3年生は旧課程履修組で教育実習で担当する中高は、新課程にすべて切り替わっています。
そのために新旧課程の違いを指導要領に沿って解説をしました。
中高ともにゆとり教育の揺り戻しで数学の内容が濃密になっています。中学では数学に週当たりの授業時数が1,3年が1時間ずつ増えました。▼
b0036638_2247265.jpg
それに対応して高校数学も大幅に変わり、行列が消えて代わりに複素数の図表表示やド・モアブルの定理等が再登場します。▼
b0036638_22472310.jpg
旧課程と現行課程の違いについて触れ、そのあと教案の書き方について触れました。教員養成がメインの大学ではないので現場経験のあるメンバーに任される部分がかなりあり、こちらも足りない時間の中でやりくりをします。教案指導などは模擬授業をやる中で話が続きますが、”教材観、生徒観、指導観”など学生には耳新しい用語の解説をひな形を参考にしゃべり続けやや疲れました。
このあと、模擬授業担当者とはメールによるやり取りが続きます。▼
b0036638_22473527.jpg
講義が済んだあと本学を卒業し会社勤務の後で科目履修生になった方から「採用試験を社会人枠と一般試験のいずれで受けた方がいいか」という相談を受けました。
大手銀行の第一線で営業からデータ分析の解析など幅広い仕事をやっていた方ですが、顧客からも喜ばれたけど数値結果でしか評価されない仕事の内容に疑問を感じ、人との成長やふれあいにかかわる教職への転身を決意したということでした。銀行勤務時の収入は教員の同年代と比べはるかに高収入(聞いてびっくり)でしたが、自身は物欲はなく物理を教えたい気持ちの方が今は強いということでした。
短期間で教職単位もクリアしてこの夏の採用試験も受けれるようです。
同窓生で東京で教員をしている方と私の講義内容の話が出て数学科の免許もとることにしたとのことで、こちらもちょっとうれしい。
[PR]
by okadatoshi | 2016-04-21 22:48 | 情報/数学/授業 | Trackback | Comments(2)