<   2015年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
月の区切りにやること
10月号の絵葉書を作成し投函しました。
9月号の絵葉書のblogと同じ作業です。
月末が近づくと何枚かスケッチにする画像の候補が決まります。
六甲のガーデンテラス周辺で、何枚か別のアングルで描いてます。
表は笠松山の山頂に登る手前のつり橋。▼
b0036638_17265289.jpg
絵葉書用のスケッチを私のメインのHPの表紙と差し替えます。過去のものも、HPで見られる(クリック)ようにしています。
そして、視覚障がいの方の勉強会で提供するDVDを作成します。▼
b0036638_1727260.jpg
blogの右上の画像も差し替えました。
1か月が年々早く過ぎていくように思います。
そしてあと二回出せばその次は年賀状。速い、速い。
[PR]
by okadatoshi | 2015-09-30 17:29 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
一日の音を採る
西の出講日です。b0036638_2158215.jpg今日は、胸のポケットに、先月購入したOLYMPUS ws-805録音状態をホールドにして差し込みました。
朝、8時半の神戸市営地下鉄の車内から夕方帰宅するまでの9時間37分のファイルがmp3形式で、528mbになりました。

現職時代に私の数学の授業をカセットテープに入れて採ったことがありますが、今回の録音機は軽いですし、ズボンのポケットに入れても十分に録音ができます。
今日の私の講義も録音しました。
一日の生活のログを見ることで、普段見過ごすことに気づくことがありそうです。

あわせ、気になった画像をどんどん撮り保存をしました。
ファイル名は、150929_173215.jpgというように撮影時間 17時32分15秒 と解るようにしました。▼
b0036638_21584615.jpg
たまたま帰りの新幹線"さくら"に乗車していると、前方の"のぞみ"が異音発生し点検のために緊急停車チェック中という車内アナウンスが入りました。
録音を開始してから8時間29分後で列車が減速したので、車窓の風景もしっかりと撮れます。ちょうど綺麗な夕日が見えました。▼
b0036638_2159895.jpg
きちんとした編集機があれば音声と画像をつないでビデオ作品ができるのでしょうが、フリーのソフトとムービーメーカーで同様の事ができないかと考えています。うまくまとまればblogアップします。

今日の授業では、9/17のblogで触れたワイアレスキーボードとマウスを使いました。今期は学生数が多く教師卓から離れた大型スクリーンの前で説明する必要があります。
電波のとびが10mとありましたが、十分に使えました。▼
b0036638_21591716.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2015-09-29 22:00 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(4)
鉄人の鉄人・鍛鉄工芸家西田光男さんの作品展
昨日の六甲散策のメインは、ヴォリーズ六甲山荘で昨日まで開催をされていた西田光男氏の作品展にお邪魔することでした。(homepage
圧倒された作品群を紹介します。
実は、8年前にも同じ場所で開催をされた作品展にお邪魔しました。
2007/07/28のblogで触れています。
この時、blogの話しをお聞きしダジャレ好きの西田氏のblogへ書き込みしながらのお付き合いが始まりました。昨日も「やあ、やあ」というノリで多くの鑑賞者のお相手に忙しい中、話をさせて頂きました。
トライアスロンの全国大会にも挑戦をされ、世界を代表する7人の鍛鉄作家として海外雑誌でも著名で、海外のイベントにもよく出かけられています。
開催期間の宿泊先でも早朝マラソンをこなし六甲山の地理には詳しくなったとか

最近では、東日本大震災の子供たちに元気を与えるためにと""恐竜の親子"を、震災を受けた幼稚園や広場に巡回キャラバンで設置をされていました。
その作品は多岐にわたり、神戸では中華の老舗第一楼玄関に掲げられている鳳凰があります。

お訊きすると現在工房スタッフは8人で、多い時は30人があつまっていたとのこと。この日も、工房へスタッフとして入る希望者の女性が会場にきていました。
会場がヴォリーズ六甲山荘なので、建物と作品が非常にうまくマッチをしています。

スタンド台の下からモグラが顔を出しています。
中央は拡大、右はフラッシュで撮りました。遊び心が一杯です。▼
b0036638_1719834.jpg
会場には小原流五世家元・小原宏貴氏とのコラボ作品も展示をされていました。
小原氏は」事前に秩父の工房へ足を運び、作品に合わせた素材を準備されて生けられました。
左のカメレオンが見つめている虫は、小原氏が用意した植物の実を染めたもので、説明を頂かなければ、これも西田氏の作品と思い込みます。
右は蓮の作品にあわせたものを家元が準備されたとのこと。▼
b0036638_17192787.jpg
作品群をまとめて見ました。▼



最後に鍛鉄の作品作りのデモンストレーションがありました。
見学者が西田氏とジャンケンをして勝った方にプレゼントされましたが、私は初回で負けてしまい残念。▼


[PR]
by okadatoshi | 2015-09-28 18:00 | 人びと | Trackback | Comments(4)
ROKKO MEETS ART(2)
2013/10/28と同じタイトルです。
天気が良いので、六甲ミーツアート2015へ行ってきました。

最初にアップする画面を作成してから、過去のblogで同じようなテーマがないか検索します。驚いたことに最初の画面が前回のblogと同じ場所なのです。▼
b0036638_22313281.jpg
いつもの記念碑台の無料駐車場に車を置いてから歩くから目につくのでしょう。途中の神戸ゴルフクラブを突き抜ける紫陽花の小道。すっかりドライフラワーになっています。右はフジムラサキウツギ。▼
b0036638_22314656.jpg
ツリフエソウの群生が目につきました。オオガメノキも紅葉し実をつけています。▼
b0036638_2232018.jpg
もっぱら無料の屋外展示を散策を兼ねて見て歩く関西人です。

六甲ガーデンテラスの作品。本来水を通すホースで水を表現する"Fouuntain"という作品。右は"Dizzy walk"という床の凹凸を感じる芸術品(らしい)。▼
b0036638_22321957.jpg
作品名は、"あみつなぎ六甲"。今は運行停止になっている有馬から六甲ケーブルまでつながる始発駅の車両に入れてその方が楽しかった。▼
b0036638_22323229.jpg
オルゴール館の庭にある作品名"海、山へ行く"。草むらに貝殻を模した白い作品がちりばめられています。右は、"Entaqrance square"。単眼で見ることで作品のトリックを認識できる作品らしい。▼
b0036638_22325918.jpg
今回は、いつものドッキリ、ワクワク感があまり感じられない芸術作品でした。
[PR]
by okadatoshi | 2015-09-27 22:34 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
息子3人を東大へ
つれあいは、書斎兼納戸でパソコンに向かっている私が、興味深そうなTV話題を見つけるとポンポンと手を叩いて呼びます。
今日は、昼のウラマヨでした。
最近本や各局TVでも登場する佐藤亮子さんが子育ての薀蓄を語る画面を何枚か撮りました。▼
b0036638_214571.jpg
母親の自慢話はNGワード、叱るより褒めるなどごく一般的なフレーズが続きます。
TV構成では、一般の家庭でも頑張ればできるような軽さで話が展開します。
しかし、子供を三人とも灘中高に通わせるだけの環境と財力はやはり普通の家庭では難しい。

ググると、次のようか関連サイトが次々にヒットします。
【画像】息子3人を東大に合格させた「奈良のゴッドマザー」の教育方法
息子3人を東大に入れた佐藤ママ「受験に恋愛は無駄です」

確かにスーパーママで、番組は本の宣伝になっているような。
孫君の教育にはもう間にあいそうにないし、生活に追われる親にはじっくり子どもと接する時間も難しい。東大医学部に3人とも合格という目標設定も気になるところです。

このお子さんが社会との関わりながらどのような仕事を残す医師に成長するのか、”その続編”が大切と思うけど、だれにもそこまでは分からない。
[PR]
by okadatoshi | 2015-09-26 21:47 | メディア | Trackback | Comments(6)
画像の文字をテキストにして取り出す>iphone,ipad
9/23では、windows上のgoogleドライブの機能を使ってテキストを取り出す方法について触れました。

視覚障がいの方々のパソコン勉強会にスタッフとして参加をしていますが、そこで紹介されたスキャナー&翻訳者 を試しました。
このソフトは写真で撮ったりすでに保存した画像ファイルからテキスト部分を取り出したり、英語に翻訳したり、音声で読み上げをするソフトです。
広告が出る無料のものと、何枚か試して途中から有料になるものとがあります。
視覚障がいの方はあれこれ広告が出るのは混乱しやすいので¥240と安いですから試して使えそうなら購入してもいいソフトです。

とりあえず使ってみます。
画面を立ち上げる左の画面のメニューが出ます。今回は、カメラを選び、今日の夕刊を撮影しました。その中から読みたい部分を指定できます。▼
b0036638_1913754.jpg
次に”完了”を押すと読み取りテキストに変換をします。今回の画面、二段組と認識しないで上段から下段まで右側からテキスト化してしまいました。▼
b0036638_1915177.jpg
視覚障がいの方が使うには、あらかじめ切り取った画像の中からテキスト部分を読みだす使い方がいいと思います。

今日の朝日新聞の朝刊の記事で試しました。試行ではこの記事と、”ひと”と”写真”を切りとったものと二種類用意して両方を試しました。”ひと”が妙な変換になったことを除けば写真部分や罫線部分はそれほどのノイズにはなりませんでした。▼
b0036638_1921194.jpg
テキスト化と英訳(ソフトの解説では60言語に対応)をしてみました。▼
b0036638_1925787.jpg
この画面をテキスト化したものが次の文章です。
おなじ画像を9/23で触れたgoogleドライブのアプリでも変換しましたが、googleでは縦打ちの”半角数字の10”を”Q”と読み取るのに対し、こちらは”10”と正しく読み取りました。いずれの場合も、これだけ文字化してくれれば若干の手直しで十分に実用になります。

Japanese:
視覚障害者の可能性を広げる点字図書館理事長 たなか てつじ 田中 徹二さん(80) ゃくが視ないを世ど うてつ覚や、8 た心 読書の質や情報収集の速度が格段 に上がった。 2010年から同館 が管理するインターネット上の 「サピエ図書館」は、点字や録音 のデータをダウンロードして利用 できる。こうした新技術の導入や 理-2 活用を積極的に推し進めた。 01年から理事長。活動は図書 の外にも広がり、点字ブロックの 規格作りや駅ホームの転落防止柵 の普及にも尽力した。国内外に顔 ナ 中 が広く、先月もマレーシアに出張 したばかり。 「とにかくタフ」と 周囲の評。本人は「関心のあるこ とに首を突っ込んできただけ りの人たちが支えてくれた」 。 はくり 20歳の時、網膜剝離がもとで失 明した。それからの歩みを中心 東京·高田馬場にある社会福祉に、自身の半生をたどった「不可 法人日本点字図書館は、視覚障害能を可能に点字の世界を駆けぬ 者や文字を読むのが困難な人が利ける」 (岩波新書)を8月に出し 用する国内最大の点字図書館だ。 た。専用ソフトを使い、キーボー 点字図書、録音図書の蔵書数は約ドの六つのキーでかなや漢字を入 3万7千タイトルに及ぶ。 力して書き上げた。視覚障害者の その館長に就いた1991年か可能性は少しずつ広がっている。 ら現在までを「デジタル化の25 「書くことは楽しくてね。時間 年」と語る。録音図書は希望のペ が過ぎるのも忘れちゃうんです」 ジに瞬時に飛べるようになり、 文字真坂井浩和

画面左下にスピーカーのマークがありこれをクリックしてみました。

      テキスト読み(クリック)

の録音です。
[PR]
by okadatoshi | 2015-09-25 19:05 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(0)
後期の北の出講日、初日
雨のなか2か月余り経てのドライブです。
山田錦の契約田の幟が目立ちます。▼
b0036638_2211244.jpg
キャンパスは紅葉が進んでいます。▼
b0036638_2212423.jpg
模擬授業前のガイダンス。私が話す時間なので提示装置も準備をします。▼
b0036638_2213830.jpg
blogで扱った機器関係の素材を使います。
話したいことをblogにまとめていたともいえます。▼
b0036638_2215076.jpg
このコースを走るとガソリンの価格に目が行きます。北のJAのGSは131円、自宅近くのいつものGSは124円で、明日の金曜日は122円。▼
b0036638_222390.jpg
名簿の編成やメーリングリストの登録などしばらくは忙しモード。
[PR]
by okadatoshi | 2015-09-24 22:03 | 情報/数学/授業 | Trackback | Comments(0)
画像の文字をテキストにして取り出す>google drive
車検でディーラへ車を出しました。その間、1時間余り待っています。▼
b0036638_22545485.jpg
とりあえず、端末を持参してネットサーフィンや教材の準備もできるようにしました。▼
b0036638_2255977.jpg
文具の特集をしている冊子を見つけました。こういう雑誌は好きです。ついつい、参考になる場所を写します。
写した文字情報を、google driveのアプリを使ってテキスト変換をしてみます。
次の画像の青で囲った部分をターゲットにします。▼
b0036638_22553643.jpg
jtrimで切り出し、”cut.jpg”というファイル名でgoogleドキュメントへ保存しました。
ドラッグすれば、簡単に移動できます。▼
b0036638_22555465.jpg
次にgoogleのアプリで開き、googleドライブをクリックします。▼
b0036638_22561033.jpg
すると、cut.jpgをアプリで開きます。▼
b0036638_2393824.jpg
画像から、テキスト化したものが下段(赤で囲った部分)に表示されます。▼
b0036638_22562422.jpg
テキスト部分をコピーすれば、メモ帳にでもワードにデモ貼り付けることができます。
以下、変換した文章です。▼
外を歩いている際に見つけた何気な い風景、昼に食べた料理ー。さっと 取り出してシャッターが切れるスマー トフォンのおかげで、日常的に撮影す る写真の枚数が飛躍的に増えたという 人は少なくないだろう。 ところが、撮りっばなしにしておく と、あまりの量の多さに撮ったはずの 写真が見つからなくなったり、スマホ のメモリー容量を圧迫したりと、さま ざまな問題が発生してくる。 デジカメと同様、パソコンなどに保 存し直すのが一般的だが、これではス マホから写真の閲覧ができなくなる。 そこで活用したいのが、クラウドサー ビスだ。クラウドにデータを移してス マホのメモリーから消しても、インタ ーネットにつながっている限り、まる でその中にデータが残っているかのよ うに写真を見ることができる。 使い方は簡単だ。スマホから保存し たい写真を選び、クラウドサービスに ァップする。その際に、撮影日時や場 所ごとに「アルバム」と呼ばれるフォル ダーを作って保存しておけば、後から 検索する際に便利。アップロードした 写真はもはや不要なので、最終的にス マホから削除する。

gmailのアカウントを持っておれば無料で使え便利です。
[PR]
by okadatoshi | 2015-09-23 22:59 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(4)
”ガレージ書斎”でパソコン談義(2)
9/16と同じタイトルです。
1週間前に比べ稲が黄金色になっています。▼
b0036638_20423813.jpg
今回も風通しの良いガレージ書斎です。▼
b0036638_20425677.jpg
Mac上でwineを入れれば、windowsのjtrimが動くというので早速拝見。
jtrimの上段の日本語文字が化けますがアイコンを見て判断をすると動きます。Mac上で、画像に文字を入れてみました。▼
b0036638_20434556.jpg
T氏はLinux上で動くubuntuの愛好家です。
ubuntu起動のUSB作成を16ギガのusbに作成依頼。
コマンドの解説をしてもらいました。▼
b0036638_2044873.jpg
UbuntuをUSBで起動してみよう!等にも情報がありますが、無料の優れたOSとして注目をされています。

帰宅後、母艦でも立ち上がるようにしました。
CDやUSBデバイスから起動する方法についてネット情報がありますが、私の母艦は、F2で設定画面が出てきます。
ここで、USB HDDを追加しました。
電源onでF12を叩く起動するメニューにUSBが出るのでカーソルを移動してenterキー。
T氏宅のパソコンと同じように起動します。

こちらにもwineを入れているのでjtrimも動きました。
Macの場合は文字化けをしましたが、こちらはWindows上と同じように使えました。母艦本体のフォルダーもディレクトリ名が異なるものの探していくと見つかります。
これで、万一ハードディスクがトラぶってWindows用のOSが起動しなくても、USBのubuntuで立ち上げ、母艦のデータを救出できることも出来ます。
動作はキビキビとしています。予めブラウザにはfirefox、LibreOfficeが入っているので、officeのアプリも最低限使えます。
jtrimで画像を呼び出したり、インターネットに接続をしてみました。▼
b0036638_20443645.jpg
ubuntuの世界でも多くの良質なフリーソフトがありパソコンの世界が広がります。
[PR]
by okadatoshi | 2015-09-22 20:47 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(0)
神戸ワイナリー収穫祭
家族で神戸農業公園の収穫祭へ。
6年ぶりらしいシルバーウィークの5連休の中日です。
ここには1000名まで収容できる広大なバーベキュー施設があります。▼
b0036638_2111886.jpg
食材持込みでも園内販売のいずれでも選べます。▼
b0036638_2111198.jpg
この時期、今年収穫したシャルドネを原料にした発酵途中の白にごりワインの”ホイリゲ”が9/1~11/30まで園内で限定販売をされます。
ホイリゲとは、発酵熟成するまでの液体でアルコール度数が3~5%で、発酵過程での炭酸ガスとぶどう果汁の甘味がうまく調和して、すっきりとしたのどごしを味わえます。 
発酵中のワインのために、酒税法上神戸ワイナリー内のみの提供。1杯(120ml)200円です。
帰りは長女の運転なので安心して呑みました。
ホイリゲ(左)、白ワインエクストラ(中)、ブドウジュース(右)=孫君用▼
b0036638_21113261.jpg
園内はイベントや屋台も出て賑やか。▼
b0036638_21114336.jpg
夜もわが家で食事。つれあいは大変。
敬老の日らしいけど、子供の日のような。
[PR]
by okadatoshi | 2015-09-21 21:13 | 孫の時間 | Trackback | Comments(2)