<   2015年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
しあわせの村で定番の過ごし方(2)
2014/09/23と同じタイトルです。
吹奏楽部というのは土日、平日は朝練と放課後とよく練習をするとところで、珍しく日曜日が休みになり、土曜日の練習が終わった後にわが家へ。
「何が欲しい?」と以前聞いたら、“卓球のラケット”というので、先日シェークとペンシル型を購入しておきました。今までははおもちゃのものでした。
で、日曜日の希望を訊き、表題の通りしあわせの村へ。

花づつかがみは、正月モードで“宝船”。▼
b0036638_1940015.jpg
65歳以上がいれば、@100円。20台フル稼働だったので、待ち時間なし。
孫君は、つれあいとやるときは左手。▼
b0036638_19401280.jpg
食事は、“たんぽぽの家”にあるカサブランカで。
園内には複数の宿泊設備があり、ここは研修棟も兼ねていて格安です。もっとも安いコースは、3人部屋で夕食・朝食がついて一般が@6,200円。65歳以上は5,600円。

スペイン調の建物です。シャープペンシルと水性ペンで着色をしてみました。▼
b0036638_19402578.jpg
土日祝日はバイキング。孫君は中1から大人料金で1,300円。65歳以上はシルバー料金で1,100円。
福祉施設を兼ねているので、お年寄りと障碍者の方は割引料金がセットされています。
私の選んだメインとデザート。▼
b0036638_19404370.jpg
最後はグランドゴルフ。
孫君は5パーのコースでなんとホールインワン。
パソコンで覚えた知識で「ゴルフならコンドルや!」と記念撮影。▼
b0036638_19405858.jpg
夕食は、親も来て少し早い恵方巻きで手巻き寿司に。今年は西南西の方向。
[PR]
by okadatoshi | 2015-01-31 19:43 | 孫の時間 | Trackback | Comments(2)
佐野由美さんの映画の上映と本の復刻
前任校の卒業生で若くして異境で亡くなった佐野由美さんのお母さんから、『With…若き女性美術作家の生涯』上映と『路地裏に綴るこえ』の復刻本出版のメールがありました。
映画は、2月14日(土)兵庫県立文化体育館で13:30入場、14:00開演。
入場料金は1,500円です。▼
b0036638_1754854.jpg
パンフレット表    パンフレット裏

佐野由美さんの本の復刻版が出ました。
神戸・長田スケッチ 路地裏に綴るこえ(復刻版)
絵・文 佐野 由美発行 株式会社くとうてん
解説 季村敏夫「ある魂に寄せて」
優しいまなざしの筆遣いは、見事です。

神戸新聞から「路地裏に綴るこえ」復刻版の書評も出ています。

興味のある方は、下記リンク先を参考にして下さい。
ドキュメンタリー映画『With…若き女性美術作家の生涯』公式サイト

私のblogでも佐野さんについて触れています。
久々の元勤務校を訪問
古都パタン(5日目)
今回のネパール旅行でを考えたこと
神戸・長田 路地裏に綴る声
[PR]
by okadatoshi | 2015-01-30 17:06 | 人びと | Trackback | Comments(4)
新神戸駅から大龍寺を経て市章山
二人とも時間が空いたので、近場の山で珈琲でもと朝急に思い立ち新神戸まで。
当初、ハーブ園までの往復登山で山頂でハーブを使ったバイキングの昼食でもと話してましたが、歩き足りないと急きょ再度山に変更。途中でサンドイッチを購入。さらに歩くうちに久しぶりに市章山・錨山に行くことに変更。
次のルートで3時間。歩数15000歩でした。▼
b0036638_22272964.jpg
布引への途中の「猿のかずら橋」▼
b0036638_22274815.jpg
「谷川橋」大正初期に作られた鉄筋の橋で当時としては新しい技術が使われたとあります。▼
b0036638_2228690.jpg
布引五本松堰堤。明治33年に完成した日本最古の重力式ダム。
今日は野鳥は見えず。▼
b0036638_22282314.jpg
大龍寺と善助茶屋跡。ここで、珈琲とサンドイッチで昼食。▼
b0036638_22284439.jpg
市章山と錨山。近すぎて全貌が掴めません。▼
b0036638_22285921.jpg
平地を歩くよりも気分転換になります。
疲れれば途中で山を下れる都心と併行に位置している六甲山は、大人のアスレチックコースです。
[PR]
by okadatoshi | 2015-01-29 22:29 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
ラクスルは「楽刷」(2)
2014/10/25と同じタイトルです。
前回99号の発行について触れましたが、本日団地の広報紙100号がクロネコ便で到着しました。
昨年度は諸般の事情で年に1回しか出せなかったのですが、会長の「ぜひ従来の年に2回に戻したい」という意向で、引き続き私が広報部の応援に編集全般に関わりました。
今回は100号という大きな節目の号になったので、オールカラーで8頁にしました。▼
b0036638_1810337.jpg
今までの広報紙は、会長や副会長の「この1年をふりかえって」的なタイトルの文章が掲載されるのが定番ですが、私の独断で読まれない“あいさつ記事”はバッサリ削除。
三役の方も大賛成(笑。
それに代わって、“お隣さん”に執筆をしてもらうことにしました。
広報部の方も執筆者をよく見つけて来られて、8頁分が埋まりました。
ただ、ファイルで送ってもらえる方と手書きの方が半々で、かつ広報部の方々は高齢でパソコンができません。
で、今回もワードに打ち込みと紙面のレイアウトはこちらでやりました。
広報部が私の個人名を挙げて感謝の文言を入れた「編集後記」を持ってこられたので、その部分を我儘を言って削除させてもらいました。名前を出せば、来年度も私に仕事が回ってくるもっともやって欲しくないことです。

出来上がりはホチキスで閉じられた冊子で紙質もよく、12名の方々が実名で書いていただけたので、団地内でのコミュニケーションに役立つのではと思います。
今日も仕事が一つ片付きホッとしています。消費税の8%が追加され送料もすべて含め、800部で31,892円、単価は@40円弱でした。
ネットのラクスルを使うことで、昨年の広報部予算の半分以下で印刷ができました。
[PR]
by okadatoshi | 2015-01-28 18:14 | デジの目 | Trackback | Comments(4)
西の出講日、後期最終
北の出講先は、1/8が最終日で、成績の締切もすでに済んでいるのですが、今日が西の出講先の最終日です。
いつもの時間の新幹線に乗車すると、いつもの500系が停止線に停車しています。
500系は珍しいので画像に収める人が目につきます。▼
b0036638_2257490.jpg
駅の広場の桃太郎の周辺は春に備え花壇の手入れがされ、対峙して「六高マン」の像が建っています。▼
b0036638_22571622.jpg
駅の土産物店には岡山限定グッズ。
最終日なので“キビ団子”の小さいのを土産に購入。▼
b0036638_22573292.jpg
ローカル駅ではこれも定時にいつもの貨物列車が入線。
駅のポスターも赤穂沿線の“牡蠣まつり”の案内。▼
b0036638_22574636.jpg
岡山と神戸ではエスカレーターに乗る人が左側と右側というように異なります。
全国的には圧倒的に左寄りですが、関西圏だけが右寄りです。
これは、大阪万博の時に作られた動く歩道で右寄りを指示したために関西にその習慣が定着したという説があります。▼
b0036638_22575933.jpg
2月の上旬に、集中講義がありそれで、本年度は終わって短い春休みになります。
西は、2年間の契約だったのですが、年末にもう一年延長を打診され来年も新幹線乗車が続きます。
[PR]
by okadatoshi | 2015-01-27 22:59 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(8)
定期検診
現職時代の人間ドックで指摘された生活習慣病と糖尿病の境界値という診断で、定期的に病院に通っています。
以前通院していたところは、血液検査を結果を見ての3分問診後の投薬だけでしたが、近くの総合病院に変わってからは、3か月に一度の採血検査に加えて、半年の一度の眼底検査と腹部エコーがあります。機器の稼働率を上げて病院収入を上げているのか、きめ細やかにフォローをするのか“患者様”には判断できませんが、以前の画像と比較しながら診断や方針が話されるので安心感があります。

今日はそのエコー検査の日でした。予約している時間に行けば待ち時間もなく待たされるということもありません。会計もすべてカードと機械で決済をします。
入金が済むと「お大事に」と音声で言われます。▼
b0036638_17142966.jpg
現職リタイアしてから、非常勤の仕事に就きあっというまに10年余経過し、70代に入っています。
昨日掲載した父の家族の写真を見ながら、父方、母方ともに祖父母の記憶がほとんどないことに改めて気づきました。今のように医療も充実しておらず、食と健康の情報も少ない時代は、健康体でなくなれば病(やまい)の進行も急速であったのだろうと思います。

厚生労働省は2014年7月31日、2013年分の簡易生命表の概況を発表しました。
それによると2013年における日本の平均寿命は、男性が80.21歳、女性が86.61歳。男性の平均寿命80歳超えは2013年分が初めてです。
厚生労働省のホームページから、平均余命の推移を見ると、終戦後は男性の平均年齢が50歳です。その後、10年ずつ伸びていく年度を抜き取って表にしました。▼
b0036638_17145096.jpg
平均寿命をグラフすると次の様になります。
75歳の男性は平均余命を加えると86.7歳、女性は90.4歳が平均寿命になります。▼
b0036638_1715266.jpg
歴史上の年代の平均寿命を比較してみると、最近の日本の伸びが目立ちます。
1820年代は各国とも平均年齢が30代になっています。
当時は生後1年以内の生存率が低く、そこを乗り切った年齢の平均余命はもっと高いと思われます。▼
b0036638_17151327.jpg
ストレスの起きやすい、他国の動きから影響を受けやすいグローバル化された現在ですが、その気になれば家に居ても情報が手に入り、行動範囲が狭まりがちな高齢者には向いている時代と思います。
体力・知力ともに漠然とした不安を感じる昨今ですが、健康寿命を延ばし、身辺整理を進めることと並行して発信も続け、“その日”に備えたいと思います。
[PR]
by okadatoshi | 2015-01-26 17:19 | デジの目 | Trackback | Comments(4)
今日の一枚(1)>中国新聞掲載“私の一枚・85年前”
昨年叔父が96歳で亡くなり、叔母から送られてきた2013年5月22日付中国新聞の記事です。
コピーの状態がよくなく写真部分は同じ写真が手元にあったので差し替えています。
中国新聞では、昔の「思い出の一枚」の投稿欄があったようで、それに叔父が応募したものと思われます。
父は6人兄弟の二番目でした。長兄は終戦直後亡くなり、男兄弟は叔父と二人になったので親しくしていました。父は一番左に写っています。▼
b0036638_167552.jpg
親族で謄写印刷会社を起業してその京城支社の手伝いのために朝鮮に渡り、母と見合い結婚をして私が生まれました。
二葉の写真(2012-07-23)に当時の画像をアップしています。
青春18切符を使い広島にはよく行き叔父と話しました。「兄貴は中学を出てしばらくは現在の川崎重工で働き潜水艦の納品で呉まで同乗していた。下宿先に遊びに行き新開地の盛り場を案内してもらった」など父からきいたことのない話もしてくれました。
その叔父は広島に原爆が投下された直後の片付けに動員され、被爆者手帳も持っていました。
昭和がどんどん遠くなって行きます。
[PR]
by okadatoshi | 2015-01-25 16:07 | セピア色/若い時代 | Trackback | Comments(2)
団地のお仕事(8)>明日の団地を考える会
1/21と同じタイトルです。
輪番制で役員があたり今年1年間、総務関係のパソコンがらみの仕事が集中したことは何度か触れました。
700戸の団地ですが高齢化と共に自治会活動にもさまざまな問題が出ています。

そこで、今年の自治会の最後の事業として、役員や旧役員・集会所でサークル活動をしている担当者・民生委員・一般の参加の方を含め、第一部は話し合い、第二部は懇親会を提案し、今日まで準備をしてきました。
参加者は50名余。横の繋がりを広めるために、多様な立場の方々に集まって頂き、問題点をまとめて次の役員に引継ぎます。
事前に資料を作成配布し、当日の資料も仕上げました。▼
b0036638_2104533.jpg
最初につぎのようなグループで話し、全体会で集約しました。

グループA 夏祭りや文化祭などが地域の交流の場としても役立っています。一方、役員になって戸惑うのがそれらの行事の企画運営です。行事のスムーズな運営について知恵を出し合いませんか
グループB 新旧世代や子ども達の交流の場として集会所活用についていいアイデアはありませんか。
グループC スリムな自治会活動や役員の決め方にいい知恵はありませんか
グループD 高齢化にともなう団地の交通手段・集会所の建替えは大きな課題です。過去にも賛否両論がありました。壁を取り払ってフランクな意見が話せる継続的なしくみを考えませんか

初めての試みですが、バス停で挨拶する人が降ればいいと思っています。
当初予定した時間を延長して白熱したグループ討議の時間を増やしました。▼
b0036638_211536.jpg
第二部は、須磨パティオで“恵比寿の寿司”を仕入れアルコールで歓談です。当初2000円で知らせましたが、人数とビールの量を綿密に計算し1400円の徴収で済ませました。最終的には集会所を使うのでリーズナブル。▼
b0036638_21225.jpg
大きな行事が終わり、次期役員の選出と引継ぎまでバタバタが続きます。
「今回のイベントは良かった」と解散後の多くの方から声掛けをされました。
来週検査があるので、私はノンアルコールだったことが少し残念。
[PR]
by okadatoshi | 2015-01-24 21:05 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
インナー制覇のユニクロ
須磨パティオで今日は買出し。
須磨大丸のユニクロのフロアーに行きました。
つれあいによれば、極暖ヒートテックの期間限定のチラシが入っていたとのことで、売り場へ。かなりの混雑です。つれあいと私のものを購入。
ユニクロのインナーが暖かいとトレーニングジムでも話題になっていました。
靴下も3足で990円。
防寒着も驚くほどの安さです。安物というよりも、エコな商品というイメージが浸透してこのあたり宣伝がうまいと思います。▼
b0036638_15403841.jpg
ユニクロについては、
産経ニュース2015/1.22 習政権脅かす中国「ブラック工場」の実態
という記事がありました。
ローコストが所得格差をさらに生み出し、零細企業は太刀打ちできない資本の論理があり複雑です。▼
b0036638_15405180.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2015-01-23 15:42 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
首相の中東訪問と情報の伝わり方
今朝もトレーニングジムへ。9時にスタジオが開くまで常連の会話はその日のニュースが話題になります。
今日は“イスラム国”の日本人解放の2億ドル要求話題でした。
日本人には宗教で人まで殺すという発想はないし馴染めない/アメリカの言うなりに片棒担いで政府は動きすぎ/海外にバラマキ援助をする余裕が日本にあるとは思えない/中東のややこしいところに不用意に行って戦争やテロに巻き込まれる  等々、男性陣は政治話題が多いです。

政府の動きや、救出方法、テロ対策などワイドショウネタとしてTV局は飛びついています。さらに、時間が経つと共に、政府や国際テロ集団への非難から、救出に身代金を払うかどうか、有効な交渉チャンネルを誰が持っているのかなどに移っています。

今回の“イスラム国”の2億ドル要求までに関わる新聞報道を画像でまとめてみます。

yahoo!ニュース (産経新聞1月17日 18時39分配信)
b0036638_18465534.jpg
エジプトへは3億6千万円の円借款、イラク・レバノンには過激派組織対策として2億ドルの支援とあります。この日の報道を見る限り2億ドルはテロ対策と取られても仕方がありません。

YOMIURI ONLINE(2015/01/19 19時04分)
b0036638_18471763.jpg
イスラエルのネタニヤフ首相と両国の国旗を背景ににこやかな握手の写真が掲載されています。なんと「日本も巻き込まれる可能性があり注意しなければならない」と言われています。

朝日新聞DIGITAL(2015/01/21 03時36分)
b0036638_18473182.jpg
そして、今回の72時間以内に2億ドル出さなければ日本人を殺害するという“イスラム国”の報道です。

世界の紛争の火種になっている中東に、100人といわれる財界人を引き連れて援助とセールスを展開していくからにはそれに見合う外交成果を期待しての行動なのでしょうが、今回は“イスラム国”への格好の材料提供と、難しい外交問題を引き起こしました。
さらなる紛争を抱え込むようにならないような舵取りを期待したいのですが、マスコミ報道姿勢を含め「大丈夫か?」という不安の方が強いです。
劇場型のニュースが駆け巡り、フランスのテロの報道も、あっという間に邦人殺害予告のニュースにとって代わりました。

本質的な解決を見ないまま、より鮮度の高いニュースが次々出てきます。
気が付けば、日本もテロや戦争に巻き込まれ、原発施設がターゲットになり、アベノミクスの崩壊と共に経済的な破たんへという最悪のシナリオにならないように願うばかりです。

追記 blogsにも関連レポートが掲載されています。

【全文】「私はこの3日間、何が起こっているのかわからず悲しく、迷っておりました」ジャーナリスト・後藤健二さんの母・石堂順子さんが会見
【全文】「警察の捜査が、湯川さん後藤さんの危機的状況を引き起こした」〜ジャーナリスト・常岡浩介氏が会見
【全文】「72時間は短すぎる。時間をもう少しいただきたい」〜イスラーム法学者・中田考氏がイスラム国の友人たちに呼びかけ
[PR]
by okadatoshi | 2015-01-22 18:51 | メディア | Trackback | Comments(2)