<   2014年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
月初めにやること(2)
2014/03/01と同じタイトルです。
毎月入れ替える“としの書斎”の表紙ですが、明日は忙しくなりそうなので本日差替えました。blog入口の小窓の写真も入れ替え。
今日は、“須磨パティオ”で買い出しと所要を済ませました。
スケッチブックと私の愛用している耐水性の強いPIGMAペンも購入。▼
b0036638_19145212.jpg
今回は身近な、須磨パティオの次の風景を、さっそくスケッチブックに。▼
b0036638_18433344.jpg
あわせ、親しい方でパソコン環境にない方に絵葉書を送付。▼
b0036638_18434139.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2014-04-30 18:44 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
今日のSDカードから(63) 全国的に雨
04/17と同じタイトルです。西への出講日。
4月から、神戸地下鉄の表示が3カ国語+児童対応になっています。
中国語→英語→韓国語→ひらがな です。▼
b0036638_21272851.gif
予報通り全国的に朝から雨です。新神戸駅の風景。▼
b0036638_2127445.jpg
新幹線の改札を入ると無線ランのコーナー。拾える電波。▼
b0036638_2128193.jpg
少し時間があったので、岡山県立美術館へ。
特別展“岸田吟香・劉生・麗子展”を5月25日まで開催中でした。▼
b0036638_21281344.jpg
時代を超えた親子三代の物語を豊富な資料を集めて展示しています。岸田劉生の麗子像ぐらいしか知りませんでしたが、吟香の洒脱な素描などその才能は確実にDNAとして子供や孫に引き継がれています。
岸田吟香の生きた時代背景と彼の業績、劉生と麗子の白樺派との交流など、知らないことだらけでした。会期中に時間があれば、もう一度ゆっくりと観たい特別展です。

阪神のロゴを付けたタクシーを見かけました。広島市では営業できないでしょう。
右はカープの応援切符。阪神と広島のファインの境界線ということが読み取れます。▼
b0036638_21282895.jpg
今日の昼食は、学食のアラカルト定食360円。
ご飯の量は自由で運動部の学生には富士山のようなご飯を盛ります。▼
b0036638_2128472.jpg
自宅近くに戻っても強い雨。今日は祝日なので2円引きでGSはリットル153円。▼
b0036638_2128589.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2014-04-29 21:30 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
認知症2年後家族と再会
今朝の毎日新聞の一面と社会面のトップ記事です。▼
b0036638_21342088.jpg
毎日新聞が4月19日朝刊で男性の存在を報じて身元判明につながる情報提供を求め、同日夜にはNHKもニュースで放送。家族はこうした報道で男性が保護されていることを知り、自治体や警察に申し出た。
 兵庫県警によると、男性は12年3月8日午後7時25分ごろ、県内の路上で一緒にいた家族が目を離したすきに行方不明になった。家族は同8時15分ごろ、最寄りの警察署に届け出た。警察署は消防や福祉施設、タクシー会社などにファクスで行方不明者の情報を送り発見の協力を求める「SOSネットワーク」も使って捜したが見つからなかった。
毎日新聞電子版から抜粋)

認知症で徘徊・行方不明が深刻で、2012年の1年間で、認知症やその疑いのある人が徘徊などで行方不明になり、警察に届けられた人数が9,607人。行方不明のままの人数が550人。認知症徘徊と行方不明者に関する報道も引き続いています。
TVの特集などでも、夫婦のいづれかが認知症を発症し、老々介護を続けている特番をよく目にするようになりました。ついつい、つれあいと見入ってしまいます。

今回のニュースは、「2年後に家族が見つかり良かった」という意味合いで報じられていますが、いつ誰の日常生活にも起こりうる問題です。
高齢化と共に、豊かな健康年齢を過ごしていくための情報や日常生活の送り方を考える我々には同時進行の問題です。
[PR]
by okadatoshi | 2014-04-28 21:36 | メディア | Trackback | Comments(0)
わが家の雑草園・4月下旬
b0036638_17261344.jpg
3月から4月にかけて、日本列島の主役であった桜にかわり、多くの花々が主張を始める時期です。
猫の“ひたい”ほどの我が家の庭も、つれあいが次々に植えた花が咲いています。
花の名も半分ほどしか私には思いつきません。

記録としてblogアップしておきます。▼
b0036638_1731572.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2014-04-27 17:28 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
季節を先取りの量販店(2)
最近は団地に近い量販店にもっぱら食料品の買い出しに行きます。
まだ4月ですが、“母の日”へ向けてカーネーションの鉢植えや、お母さんの似顔絵コンテストの宣伝が目につきます。▼
b0036638_1604558.jpg
商品の拡販と季節のイベントがリンクしており、本来の成り立ちなど深く考えなくなっていますね。
ググると、日本に“母の日”伝わったのが大正4年(1915年)。青山学院の教授だったアレクサンダー女史によって紹介され、教会が中心になって広まったとあります。
青山学院の教授が紹介したかというと、青山学院、関西学院、東洋英和女学院などは、メソジスト教会が作った学校だからのようです。
ちなみに東洋英和女学院は、現在朝の連続ドラマで取り上げられている“花子とアン”で舞台となっている修和女学校のモデルとなっている学校です。
アメリカと同じく、5月の第2日曜日が母の日に決められたのは、戦後になってからのことです。

私が小学校頃、母の日に学校からカーネーションの造花が配られ、母親が亡くなっている子供は白だった記憶があります。
ネットでも同様の記述があり、戦後の小学校では珍しいことではないようです。占領軍の教育政策の一環だったのでしょうか。

現在では“母の日”そのものに公教育で触れることはありません。
以前は“父の日”に父親参観日を行っていました。
シングルマザーへの配慮やジェンダーの考え方の社会への浸透と共に、学校現場では父とか母の日には触れられなくなりました。
その意味が分かって、配慮をしているのであればいいのですが、“言葉狩り対策”としてのチェックだけにならないように願います。
学生に「昔使っていた父兄会を保護会と言い換えるのはなぜか」ときいても明確な答えがなかなか返ってきません。
しかし、世間一般には「母親への感謝」の気持ちを表すために購買意欲を刺激する商品の品ぞろえが乱立していますね。児童・生徒はそのあたりの耐性はありますが、学校側が極端にナーバスになっている気もします。
[PR]
by okadatoshi | 2014-04-26 16:03 | デジの目 | Trackback | Comments(2)
向山連山の日陰ツツジ、見頃!(2)
昨晩までは、明神山か高御座か迷っていたのですが、今朝になって急きょ向山連山に行くことに。2009/04/13に連山を周遊したので、5年ぶりです。
ヒカゲツツジは最盛期をやや過ぎていましたがそれでも群生は見事で、今回はコバノミツバツツジとの共演でした。
水分れ公園の駐車場に車を置き、登山路から戻るまで、途中休憩時間と休憩を取りながらですが、4時間50分。前回よりも20分余分に時間がかかっています。

今回は旅レコを持参。
軌跡を取りこんだ後に、保存している画像のフォルダーから写真と取り込み位置情報を画像に書き込みました。
左は撮影した場所でその場所をクリックすると撮影画像が表示されます。
右は高低差です。登山口は海抜100mほど。五の山が海抜569mです。それぞれ尾根までかなりの急勾配です。▼
b0036638_22505058.jpg
尾根まで登り切るとツツジが出迎え。ヒカゲツツジとミツバツツジを一緒に撮れるのは珍しい。▼
b0036638_2251089.jpg
眼下に広がる風景から私の車を見つけました。前回の時に持参したカメラよりもカメラの性能が上がっています。左の四角の場所を倍率をあげて撮ってみました。▼
b0036638_22511457.jpg
ミツバツツジの群生。▼
b0036638_975893.jpg
ヒカゲツツジの群生。▼
b0036638_98126.jpg
歩いた山を見ると達成感があります。▼
b0036638_22515724.jpg
駐車場の藤の花も咲き始めていました。▼
b0036638_98289.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2014-04-25 22:55 | 散策/登山 | Trackback | Comments(4)
教師という仕事(2)
昨日と同じタイトルです。北への出講日。
1週間経つとキャンパスの枝垂れ桜も新緑の若葉と混在し初夏の予兆を感じさせます。▼
b0036638_23244085.jpg
教職勉強会の初回です。昨年は私の講義の後の時間に集まれたのですが、4年生に必要な科目が入り、1時間早く来ることで時間を確保しました。

これから教育実習に行く前の注意。
中学3年間の公式を示し、それぞれ授業を意識して白紙の紙に解答を書くこと。
それとlineで予め宿題にしていた「この1週間でもっとも気になったニュースとその理由」について話してもらいその回答へ私から質問をしました。
教採勉強会で挙げられたニュースは次のようなものです。

・韓国の旅客船沈没(危機管理初期対応の遅れ)
・塾と学校の連携(両者の協力態勢は可能か)
・大阪府で校内人事の決め方(校長の権限が損なわれないか)
・オバマ大統領訪問(裏方の警備の厳しさ)
・キャサリン妃のNZ訪問(訪問時の服装を現地からデザインを採用外交の巧みさ)
・全国学力テストの公表(序列化に繋がらないか)

重複もありますが教育問題がやはり多い。
担任がわが子の入学式に出席するために年休を取ったことに対しては、許されないとする意見が2:1の比率で多かったのですが、続きはlineを使うことに。現在継続中です。▼
b0036638_23245410.jpg
授業では、模擬授業について書式や記述の仕方、事前のエア授業の大切さなどかなり時間を使いました。
資料は事前にファイルで与えできるだけペーパーレスに今年はします。
最後に同じく年休をとった教師の“事件”について印象を尋ねてみました。
「問題あり」とする意見が多いものの、「制度としてクリアしているなら許容」とする意見も拮抗するクラスもあり、yahooニュースの反応とニアな結果でした。▼
b0036638_2325482.jpg
ニュースに対して感覚的に〇か×かを即答するのではなく、なぜそのような回答が出て来るのか背景を考えてから結論を出す必要も伝えました。
[PR]
by okadatoshi | 2014-04-24 23:30 | 情報/数学/授業 | Trackback | Comments(4)
教師という仕事
今朝メールに配信された“朝日新聞デジタルヘッドライン”に、担任が入学式欠席、我が子の式へ 議論沸騰、割れる賛否という次のような記事がありました。

b0036638_16515118.jpg 埼玉の県立高校で、新入生の担任教諭4人が入学式を欠席した。いずれも自分の子の入学式に出席するためだったと報じられるや、ネットやテレビなどで議論が沸騰。先生の職業倫理に反するのか。今どき、教師にもワークライフバランスを認めて当然か。賛否は真っ二つに割れている。
 4人はそれぞれ別の勤務先の入学式を欠席し、自分の子どもの小中高校の入学式に出席した。うち3人は女性教諭。残る男性教諭は子ども2人の入学式が重なり、妻と手分けをする必要が生じたためだという。いずれも事前に校長に相談して有給休暇を認められており、手続き上は問題がなかった。
 ところが、教諭が欠席した入学式に出た埼玉県議がフェイスブックに「簡単に職場を放棄する態度には憤りを感じざるを得ません」「権利ばかり言う教員はいらないのではないのでしょうか?」などと書き込んだことから、地元紙が報道。この記事がネットの「Yahoo!ニュース」にアップされて拡散した。
 ネットユーザーの意見を募る同サイトの意識調査のページには、「担任が『息子の入学式』で欠席、どう思う?」との設問が登場。22日夕までに35万票近い投票があり、「小保方リーダーの会見に納得?」に約10万票差をつけた。結果は「問題だと思わない」が48%で、「問題だと思う」が44%。擁護派と批判派はほぼ拮抗(きっこう)している。
 情報番組や週刊誌も相次いで特集を組んだ。その両方で批判派の先頭に立ったのが“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹さん(67)だ。「思いとどまらなかった教諭も、説得できなかった校長も責任は重い」
(引用先:朝日Digital版

昨日乗り物のでipadminiで購読している“ビューン”のサンデー毎日でもこの問題を読んだばかりです。年齢と賛否の意見の片寄は相関があるように感じます。
率直な私の感想は、そのような割り切り方をする教員が増えてきたのか-という一語。
新しい生徒を迎える最初の出会いです。入学する生徒たちは新しいクラスに入ってどんな担任かと期待と不安で一杯です。新しい集団に臨む担任側も、これからの1年間の学級経営には最初の印象が大切です。保護者から事前に担任へコンタクトを取り式後に話したいことがあるケースも過去にはありました。この日は、365分の1日と同じような日ではありません。
校長は年休申請があった時にどのような指導をされたのかも記事ではわかりません。

明日は、教採の勉強会の指導日です。
この記事を元に彼らの考え方を聞いてみようと思います。
おそらく、このような賛否が分かれかつデリケートな話題が面接で聞かれることは少ないと思いますが、教師観のようなものは分かります。▼
b0036638_16523841.jpg
ipadでは、電源とメニュー画面のボタンを同時に押すとモニター画面が全面保存をされます。dropboxのCamera Uploadsで同期をとり各ページを連結してプリントしました。
“ビューン”で気になる情報も、雑誌を購入して切り取りとることなく入手できて便利です。
[PR]
by okadatoshi | 2014-04-23 16:55 | メディア | Trackback | Comments(4)
岡山駅西口の“シティーミュージアム”
西へ出講の日。
前期は駅周辺で少し時間的余裕があるので、駅の西口に隣接しているNHK岡山放送局が入っているビルの5階の“岡山シティーミュージアム”へ入りました。▼
b0036638_2311481.jpg
常設展示は一般300円、高・大200円。65歳以上は年齢が確認できるものがあれば無料。岡山空襲展示室は無料。
1666年に建設され、昭和20年の6月に焼け落ちた鐘撞堂の5分の1の模型です。▼
b0036638_2312685.jpg
巨大スクリーンでは“小さな島の現代アート”という犬島の紹介をしていました。
桃山時代から江戸時代中期にかけての備前焼の展示コーナー。▼
b0036638_2314378.jpg
先の大戦の末期、米軍は東京、大阪、神戸などの大都市の空襲のあと、点在する地方都市へ順次空襲を行い昭和20年6月に岡山も空襲を受け、市街の6割が消失2000人の死傷者が出ました。焼夷弾などの岡山空襲の資料展示。▼
b0036638_232020.jpg
空襲の記録を示すパンフレットが無料で配布されています。
左の折りたたまれたものを広げると右側のようになり空爆を受けた市街地の写真です。
これはA4判×8枚分ですからA1判サイズの大きさです。
A0版が面積が1平方メートル(10000㎠)ですから、1辺をXとすると、x^2*√2=10000
の式が成り立ちX=84.089 です。
したがってA1の縦の長さがXになります。メジャーで測ると84センチでした。
A0の大きさを具体的に示す数学の教材にもなります。▼
b0036638_2321652.jpg
出口に眼下に岡山駅を見下ろす展望室があります。駅と直結し。
椅子4とテーブルもありここは無料の場所です。▼
b0036638_2324993.jpg
駅で静かな場所で時間をつぶすにはお勧めの場所です。
1階のNHK放送局には巨大スクリーンでTVも流しており、人も少なく休憩にはいい隠れたオアシスです。
[PR]
by okadatoshi | 2014-04-22 23:04 | デジの目 | Trackback | Comments(2)
今年の夏野菜
貸農園に植える苗を購入。
すべてつれあいが世話をして私は収穫と畝起こし要員です。

秋まで採れるので、ナスは欠かせません。長ナスで接ぎ木とそうでない苗を購入して比較。値段が随分違います。▼
b0036638_14394433.jpg
キュウリとゴーヤ。ゴーヤは自宅和室の廊下の外に植えて日よけにします。▼
b0036638_14395933.jpg
プチトマトはプランターで育て、サラダの彩りに。フルーツトマトにも手を出しました。▼
b0036638_14401058.jpg
先月家族でドライブ旅行をしたときに道の駅で、“アイスプラント”の試食で長女に好評。その後、blogでも話題になっていたもので、これもプランターで育てて見ることに。▼
b0036638_1440231.jpg
野菜作りの費用よりも、商品を購入した方が経済的には安いと思いますが、四季の変化を身体で感じるための健康維持の投資です。
団地で契約している貸農園も、高齢化が原因か徐々に手放す人が増えてきました。
[PR]
by okadatoshi | 2014-04-21 14:41 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)