<   2013年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
昨晩の“探偵ナイト!北溟サーキット”
金曜日の夜11時すぎという遅い時間から始まります。
この番組は、“まじめに”視聴者のとんでもない希望にひたすら応えようとする番組で、見ていくうちに面白おかしくほろ苦い気持ちになっていく、関西の人気番組です。
最近では、2013/06/02 団地のパソコン勉強会(20)で紹介した“探偵!ナイトスクープ23年間会話のない夫婦”が秀逸でした。

昨晩は、寮にある大浴場の淵に沿って一蹴りで反対側まで回れるか-というものです。
寮は築50年と言ってましたがずいぶんと立派な全景と寮の廊下が出てきました。▼
b0036638_2222811.jpg
実は大学1年生の一時期に北溟寮に入っていました。
当時は木造で、玄関のドアもなく、新参者だけが南京虫に食われて皮膚が腫れ上がりました。寮費は光熱費なども入れて月300円。倍食と言って朝晩の食事を2人分注文ができました。部屋に泊まり込んだ友人用ですが、つねに定員よりも多い学生がたむろしていました。寮雨といって二階から放尿する学生もおり、壁は入所者の落書きだだらけ。
こちらに就職した時、学生時代に全国の大学寮をゲスト訪問しながら旅をしたという方は、数ある寮の中で北溟寮がボロボロだったと評価してました。
育英会の一般奨学金が月3000円。授業料が年間9000円でしたから、寮に入ればなんとか生きていけました。その当時に比べれば、ずいぶんとリッチで豪華な入浴設備です。

依頼では、浴槽で一蹴りで回る伝統ある“北溟サーキット”の達成者がここ数年出てないので復活に手を貸して欲しいというものです。
最後は一人達成しその歴史的瞬間がモザイク入りで放送されていました。▼
b0036638_224159.jpg
日によって、笑いをとる質の差がありますが、この番組の質問が」きっかけでアホとバカのどちらが普及しているかを調べ始めた「全国アホバカ分布考」は、学問的にも非常に価値もある研究成果を上げ文庫本にもなりました。
Webでも多く語られています。▼
b0036638_223830.jpg
この本を読んでいたら、国語の教師が自分の手元に置きたいと購入しました。
表紙を捨てて本体だけ読む癖のある人でした。
実は、表紙の裏に日本全国のアホとバカの呼称の分布図が印刷されているのです。
私に指摘され、知らずに捨ててしまったことを悔しがっていました。
この人は、関西風にいえば「アホ」でしょうか「バカ」でしょうか。▼
b0036638_2231838.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2013-08-31 22:15 | メディア | Trackback | Comments(2)
第13回垂水声楽アンサンブルコンクール
ちょうど一年前と同じ会場です。
今年の一次予選はCDによって選ばれ、三分の一が今日の本選に残りました。
孫君は昨年と同じ同級生とペアで、“Take off!-夢に向かって-”を歌いました。▼
b0036638_22423416.jpg
昨年は参加賞にあたる奨励賞でしたが、今年はなんと銀賞。壇上で表彰されました。表彰されるメンバーのかなりは合唱団に入っている児童・生徒が主なので二人とも学校の音楽の先生に夏休み特訓を受けただけでよくやりました。
高校生になるとほとんどがアカペラでした。▼
b0036638_22433915.jpg
金賞のなかからさらに神戸市長賞の表彰がありました。
壇上にある左側の市長賞の盾を新しいカメラで拡大をして見ました。▼
b0036638_22435237.jpg
長女から出演者が歌う最初だけ全て撮ってDVDで落とすように依頼され、動画が2.5ギガに。明日は編集をします。
昨年使っていたコンデジの動画に比べやはりクリアに写っています。

孫君の入賞のお祝いに近くの“そばいきんぐ”へ。
バイキングですが、土日は順番待ちの人気の店です。
平日は入れ替えなしで、夕方は@2000円。▼
b0036638_22441637.jpg
ワッフルやかき氷も自分でつくるので、孫君は大喜び。▼
b0036638_22442712.jpg
この夏のほとんどは前半は、小学校対抗のバレーの選手、後半はアンサンブルコンクールの練習に学校に通っていました。
バレーは1回戦敗退だっただけにアンサンブルでは結果が出せたことは本人には良かった。小学校生活最後の夏休みも今日で終わりです。
[PR]
by okadatoshi | 2013-08-30 22:46 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(6)
同窓会報紙完成(2)
2010/09/07と同じタイトルです。この時は、13号。今年は16号になりました。
先日、仕上がった広報紙が自宅に送られ、各関係者に郵送。
9/1には総会案内に入れて会員へメール便で送ります。▼
b0036638_21544912.jpg
今号では、好評連載だった“古代東高史”をまとめたpdf版の紹介記事も入っています。このpdfの冊子印刷で小冊子が作れます。
古代史を執筆された倉恒先生は、母校の化学の名物先生で多くの教え子から時代を超えて慕われています。

今日は、このpdfの電子書籍化をしました。
昨日も紹介しましたが、だんだんと作成の手順も早くなり、次のアドレスをクリックすると、機種を問わずブラウザで読むことができます。
http://okada.sub.jp/book/higashi01/html5/
urlを持て頂くとわかるのですが、昨日のblogのデモ版はITC活用教育研究所のサーバー内の /member/ の傘下に置いてあります。上のurlは、私のサーバーの中の中に /book/ の下にコンテンツを置いています。
午前中、所長の山本さんと連絡を取りながらコンテンツのダウンロードの方法を教えて頂きました。
電子本の作成とコンテンツの移動で終日過ごしました。
これで、同窓会会員の方に電子書籍の場所を公表できます。

ipadで、ibooksへ格納するサイトは、http://okada.sub.jp/book/higashi01.epub
b0036638_21551513.jpgをクリックすれば保存できるので、インターネット環境にない所でも読むことができます。
今回の“myい~ぱぶ35”を使うことによって、広報紙自体を電子書籍にして配布も簡単にできるので、電子書籍化が進めば印刷経費を削減する上での選択肢の一つになるかも知れません。
[PR]
by okadatoshi | 2013-08-29 21:59 | デジの目 | Trackback | Comments(2)
デジの目の電子書籍(3)
13/08/24と同じタイトルです。
ICT活用教育研究所の研修会に参加しました。参加者は6人と少人数。
山本所長の懇切丁寧かつユーモアのある解説です。▼
b0036638_21284379.jpg
それぞれ会員登録をし、専用のエリアがサーバー上に作ってあります。
私の作業用の本棚です。▼
b0036638_2129537.jpg
ここから、“六甲最高峰”のコンテンツを編集します。▼
b0036638_2129399.jpg
編集画面です。tag命令を知っておればソースで直すこともできます。

この商品は、ほぼ完成していますが、まだまだ手直しもされています。
商品化も現在考慮中とか。あと3日間一般研修が開催されます。

昨日(08/27)の“六甲最高峰と記念碑台をピストン”
http://okadatoshi.exblog.jp/20906588/
のblogを電子書籍化してみました。ブラウザのhtml形式で読めます。
http://www.el-labo.jp/member/toshi/epub/okada03/html5/
をクリックして見て下さい。
画面左上の“目次”のアイコンをクリックすると目次から直接ページへジャンプできます。

ipad、スマホでは、下記をクリックすると ibooks の書棚に入ります。
http://www.el-labo.jp/member/toshi/epub/okada03/okada03.epub

追記:
(ページの追加方法)
まずITC活用教育研究所にアクセス。
昨日会員登録した状態の画面が出ます。
ログインしてなければログイン。(同研究所の会員になる必要があります)
右側にある“会員専用コンテンツ”のなかの“myい~ぱぶ35”をクリック。
blogで紹介した“toshiさんの本棚”が表示されます。
この中から、「六甲最高峰913m」をクリックし、編集(鉛筆)マークをクリックして
最後のページをクリック後“ページの追加”を選びます。
(編集画面で簡単にできます)
ページができたら、下段の“パブリッシュ”をクリックします。
この時点で、htm5形式のブラウザで見る
http://www.el-labo.jp/member/toshi/epub/okada03/html5/
をクリックすると、パソコンでもipadでも追記部分が更新されています。
chromeでもipadで表示できます。しかし、ipadの書棚に格納する
http://www.el-labo.jp/member/toshi/epub/okada03/okada03.epub
はsafariでないとできません。 (2013/08/29)

[PR]
by okadatoshi | 2013-08-28 21:31 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(4)
六甲最高峰と記念碑台をピストン
「都心は暑い+快晴=近場の六甲」が、わが家の8月の行動様式です。
朝晩は、しのぎやすくなったとはいえ空調の部屋にいるよりはるかに健康的。
本格的な山はきついので、記念碑台(786m)の無料駐車場へ車を置いて、久々に六甲最高峰(931m)の六甲縦走路をショートカットのピストンです。往復3時間余。▼
b0036638_2013081.jpg
途中、日本最古の神戸ゴルフ倶楽部場を突き抜けます。▼
b0036638_20132330.jpg
この間道を覆う金網のアケビの実。両脇の紫陽花が色を残したままドライフラワー化。▼
b0036638_20133116.jpg
今回撮った花々。ヤマジノホトトギス、キツリフネソウ、センニンソウ、ハマナスの実。▼
b0036638_20134285.jpg
山上では最高峰の標識の取り換え工事に遭遇。▼
b0036638_20135793.jpg
廃棄なら持ち帰りたい気がします。▼
b0036638_2014513.jpg
ガーデンテラスでは市街地がくっきりと見通せます。▼
b0036638_2014171.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2013-08-27 20:14 | 散策/登山 | Trackback | Comments(8)
高塚山へ久々
少し朝晩は涼しくなったので、団地に隣接して開発の際に残されたような位置にある、高塚山の龍神社経由の散策路に夕方から登りました。
山頂から、持参したソニー Cyber-shot DSC-WX300で、淡路島や市街地を設定を変えて撮りました。▼
b0036638_2053584.jpg
前任校がここから見えます。二種類のカメラで撮ったものをつなぎました。
右側の黄色っぽい部分はCASIOの今まで酷使したカメラです。▼
b0036638_2054858.jpg
あちこちに目にする高砂百合の接写です。▼
b0036638_20636.jpg
帰宅して、パソコンに取り込みました。
一度インストールされたPlayMemoriesでは、CAIOのカメラもパソコンでつなぐと画像を取り込めました。
このソフトには画像や動画の簡単な編集もできます。▼
b0036638_206121.jpg
歩き出すと、やはりまだ暑いです。
[PR]
by okadatoshi | 2013-08-26 20:08 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
神戸もやっと雨
昨晩から降り出し今朝は雨音で目が覚めました。
近くのスーパーの駐車場です。▼
b0036638_1382922.jpg
気象庁のサイトから神戸の8月の昨日までの最高と最低気温を抽出して見ました。
やっと昨日最高気温が30度を切りました。▼
b0036638_1384141.jpg
演習で“公的なサイトの利用例”として、過去100年間の平均気温の推移を取り上げますが、より顕著な例として100年間の昔と今の9年間の、7.8.9月の平均気温を同じく気象庁のサイトで比較しました。
excelのグラフ化した画面を、フリーソフトのjtrimで見やすく加工処理をしました。
年によって高低のバラつきがありますが連続した期間を比較すると高温化傾向がはっきりとわかります。▼
b0036638_138533.jpg
3畳の空調がない納戸兼書斎のMy Roomでもやっと仕事ができるようになりました。
そろそろ後期の教材の準備にかかります。
[PR]
by okadatoshi | 2013-08-25 13:09 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(4)
デジの目の電子書籍(2)
13/07/05と同じタイトルです。
ここで紹介した“い~ぱぶ”が、ICT活用教育研究所による“myい~ぱぶ35”の夏休み研修セミナーとして開催されます。
EPUB3形式のファイルをwindowsのhtml5形式で電子書籍を開くことができます。▼
b0036638_12374574.jpg
デモサンプルとして“セピア色 若い時代①”
http://www.el-labo.jp/member/demo01/epub/sepia1/html5/index.html
に加え、さらに“セピア色 若い時代②”
http://www.el-labo.jp/member/demo01/epub/sepia2/html5/index.html
が追加されています。
クリックすると表紙と目次が表示されます。左上に“目次”のアイコンがあります。▼
b0036638_12375618.jpg
目次をクリックするとその場所に飛びます。▼
b0036638_12381121.jpg
後は、左右の下をクリックするとページがめくれます。
当blogでは、“セピア色/若い時代”のカテゴリをクリックして頂くか、直接
http://okadatoshi.exblog.jp/d2006-03-03/
と打ち込むと当日のblogが表示されます。
デモ用に使いたいと申し出られたICT活用研究所の山本所長さんにお任せしましましたが、結果的にはblogによる“自分史”が出来上がりました。ありがとうございました。
[PR]
by okadatoshi | 2013-08-24 12:39 | セピア色/若い時代 | Trackback | Comments(4)
コンデジ Cyber-shot DSC-WX300
今まで使っていたCASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-H20Gのレンズ表面に傷が残り接写すると白っぽい半円が微かに表示されます。また、よく落とし上蓋の隙間もあいてきました。
この間、一眼を使うかコンデジを買うか迷ってましたが、私の場合はスケッチの素材を得るために携帯性が欲しいのと、取扱いの頻度が高くよく落とすので安いコンデジにしました。
新たに購入するなら光学倍率が高くwifi機能のついているものを考えました。
Panasonic DMC-TZ40にはGPSがついているので悩みましたが、軽くバッテリーの持ちも改善されたらしいソニー Cyber-shot DSC-WX300(B) に決めました。
昨日、申し込んだら今日の昼には宅配便で届きました。
購入時に、ソニー NP-BX1 互換バッテリーパック KR-NP-BX1も安く出ていたので注文しました。この機種は本体のUSBで充電をするのですが、別売のサードパーティが出しているNP-BX1対応 互換充電器も必要であれば購入を考えています。
早速、ミニチュア風に撮ってみました。▼
b0036638_2158191.jpg
この画像のマクドの看板を拡大してみました。
左はCASIO、右はソニーです。▼
b0036638_21582953.jpg
通信は、スマホや、ipadmini用にはそれぞれのPlayMemories Mobileをインストールします。またパソコン本体には、PlayMemoriesをインストールして取り込みます。
画像のwifi転送では、特定のものをカメラ側から送る場合ととパソコンや端末から選ぶ方法があります。
次の画像は、ipadminiからカメラ側の画像を表示しその中から選ぶことができます。▼
b0036638_21584556.jpg
これからは、コンデジで撮った画像を出先の端末でSNSやblogにすぐにアップすることができます。
接写はまだ詳しく試していませんが、手振れ防止やオート機能がこの機種は強そうなので、光学20倍では最軽量で散策時の携帯が楽しみです。
右がソニー Cyber-shot DSC-WX300。名刺と同じ面積です。▼
b0036638_2159070.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2013-08-23 22:00 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(4)
転法輪寺の蓮
昨日に引き続き今朝も5時半に起きて、団地に隣接している貸農園に野菜へ水遣りへ。
この暑さ、サトイモなどは周りの畑に比べ黄色く葉の周りが枯れかかっています。
大根の種まき用に二畝は掘り起こしたままですが、それでも次のようなものが炎天下植わっています。▼
b0036638_11152836.jpg
隣接して転法輪寺があります。水遣りの後、散策します。
平常天皇の病気平癒を祈願して在原行平が大同元年(806年)に建てた勅願寺とされています。
周りには原生林も残り都市化する中で環境維持にも役立っています。
お寺も人出不足で全自動撞木なつ商品もあるようでっすが、ここでは頑張っています。
毎朝6時前になるとご住職が鐘を突きます。8回ほど突き最後はの一突きは間隔を短くして終わりの合図にされているように感じました。▼
b0036638_11155097.jpg
境内には弁天池があり、蓮の華が7月から咲き始めます。
左は8/17に撮影したものですが今は、すべて実になっています。▼
b0036638_1116512.jpg
池と通路の段差があまりなく撮影には格好でカメラを持った方がよく来られます。
まだ若い実。▼
b0036638_11161767.jpg
枯葉も風情があります。▼
b0036638_11163150.jpg
蓮の実です。人の一生のに擬せた変化を感じるのか、お盆の花です。▼
b0036638_11164236.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2013-08-22 11:16 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)