<   2013年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
月の終わりにやること
現職時代を離れても今の生活環境に応じたルーチンワークが出来上がっています。
この4月からは、週に2回の出講日。それぞれの日曜日はボランティアや研究会、団地の勉強会等でスケジュール表は埋まっています。

そして毎月1回やることは私のホームページの表紙の書き換え。
今までのものは、表紙日記ログへ格納しています。2002年から保存していますが初期は画像から始まりましたがそのうちスケッチに絞りました。
そしていつからか、そのスケッチを差替えるときに絵葉書へプリントして、何人かの方に送るようになりました。いずれも、メールでの交信ができない状態の方がほとんどです。▼
b0036638_1656339.jpg
その中に、大学時代の恩師の奥様がいます。
在学中は少人数で家庭的な学科のために恩師宅にも悪ガキはよくお邪魔し、応接室のウイスキーの残量も把握していました。
卒業後も、関西に来られるときは呼び出しを受け、また現職時代数学の問題で行き詰まったときには手紙で質問をすると丁重なお返事を頂きました。
病に伏されたと聞いて病院をお訪ねし近況報告とプライベート名刺を差し上げたのが最後でした。
訃報に接しお悔やみの手紙を奥様に差し上げたら、「残された財布の中にあなたの名刺が仕舞われていました」と言われました。最後まで気にかけて頂きました。
ところが、私よりも若いご長男がご主人と一緒に旅立つように3か月後に他界されたと手紙が来てびっくり。お慰めする言葉もないまま、絵葉書をお出しするようになりました。
近況など書かれたお返事にではスケッチを楽しみにされているようです。

このほか、いくつか維持している同窓会関係の自作ホームページの表紙の差し替えやメンテを頼まれている某教室のblogの整備も今日はやりました。
決まった仕事や作業があることは、健康年齢維持の潤滑油のようなものと思っています。
[PR]
by okadatoshi | 2013-04-30 17:00 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
夏野菜や花の苗
b0036638_21532013.jpg
休みで快晴、明日は天候が崩れるようです。で、夏野菜の苗を購入へ。
花と夏野菜の苗が同じように配置されていました。
上はコーナン▲、下はカインズホーム▼。
b0036638_21533893.jpg
自治会の農業クラブで借りている団地横の貸農園も、高齢化に伴い年々借り手が減少。
我が家もいつまで作れるのかわからないけど、今年もナス、キュウリ、シシトウ、ゴーヤ、トマトの苗を購入。スーパーの野菜たちは初夏。▼
b0036638_21535387.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2013-04-29 21:55 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
団地のパソコン勉強会(19)
先月の3/3に続き同じタイトルです。
定例の第一日曜日に自治会役員会ぶつかり今日に変更になりました。その代わり来週の5/5は連休のために休みます。このあたり団地内のサークルなので臨機応変。
前回セットアップしたskypeを今月も引き続きやることに。
ノートパソコン以外にも、Nexus7やipadminiでも話せることを確認。▼
b0036638_17325347.jpg
講習会参加者のうち、15名の方が登録。前回加入時に入れた住所などの個人データを市までにしたり、本人の画像を動物や花へ差替えることをやりました。
海外にお子さんがいる方がいて熱心に質問されました。▼
b0036638_1733611.jpg
学習会の端っこで、4/21に紹介したteamviewerをモバイル機で立ち上げて書斎の母艦を遠隔操作し、webcamを立ち上げて見ました。
室内が見られます。つれあいを呼んで動きを確認。
終了時にスポンサーセッションの表示がありますが、個人ユーザーには無料で操作も簡単に使える優れものです。▼
b0036638_17331753.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2013-04-28 17:34 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
グリーンフェスタで孫デイ(2)
昨年の4月29日と同じタイトルです。
検索を掛けると毎年同じように過ごしていることがわかります。
近くの総合運動公園で、春と秋に開催されるグリーンフェスタへ孫君と参加。
出店の屋台で昼食。こういうのって子供は好きですね。▼
b0036638_1958162.jpg
ミニボール今年は151個。いつまでも続くので、つれあいが気にしてストップを掛けました。本人は「ストップしなければ200までは行けた」と言ってました。▼
b0036638_19582848.jpg
今年もお気に入りの手漕ぎボート。▼
b0036638_19583882.jpg
子供向けのパフォーマンス。▼
b0036638_19585199.jpg
四葉のクローバー探し。▼
b0036638_19592100.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2013-04-27 19:58 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)
近畿百名山>スリリングな岩場、雪彦山へ(5)
2012/05/07に引き続き5回目です。
いつものようにETCの通勤割引(9時前に高速に入り、帰りは午後5時を過ぎて高速を出る)で、山陽-播但道を使い高速代金1050円。
自宅から登山口まで1時間半で行けます。

連休前の平日で登山者も3組遭遇しただけ。
3回目と同じ登山ルートで、登山口(10:20)→出合→大曲→虹滝→大天井(12:24・昼食)→出雲岩→展望岩→登山口(14:50)の周遊コース・4時間のコース。
登りも下りも、この山は鎖場も連続しています。県内でも厳しい山だと思います。
昨日の雨で虹滝は水量も多い。▼
b0036638_21425210.jpg
アケボノツツジが満開でした。▼
b0036638_2143628.jpg
大天井(811m)では、コマノミツバツツジも満開。食事中に突然にヒョウが降りだし(画像右)雷の音も。すぐに日がさしたりと不安定な天候でした。▼
b0036638_21432343.jpg
セリ岩の隙間。蛇嫌いのつれあいが、蛇がいると大騒ぎ。
木の根であることを先に通り確認させられる。▼
b0036638_21435796.jpg
1年前もこんなにきつかったと思う岩場が続きます。なんとか、今年もクリア。▼
b0036638_21441278.jpg
ロッククライミングをやっている人。拡大して並べます。▼
b0036638_21443277.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2013-04-26 21:47 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
学校見学と教採の自主勉強会(2)
2012/4/26のblogと同じタイトルです。
この時期1年前のblogとほぼ同じようなことをやっています。
模擬授業をやる前に近隣の高校の協力を頂き数学の授業参観をさせて頂いています。
そのあと、感想文を書く上での参考用の画像を今年は100枚ほどイントラネットに入れました。同じ県立高校とは思えないイタリア調の校舎です。▼
b0036638_2271810.jpg
今回は大講義棟が控室になりましたが、1学年320人が入れる大講堂。▼
b0036638_2272911.jpg
講義の後は、昨年と同じく数学の教員採用試験受験の勉強会へ。
普段やっている自分同士の模擬面接の様子を見ました。
この後、中学3年生の教科書から模擬授業の演習。▼
b0036638_2274061.jpg
昨年と違うのはコモンズに移ったことです。今日のコモンズのフロアーには、ドームのような結界が出来ていました。午後からは、フロアー全体がディスカッションや図書館よりもくだけた感じで勉強しているメンバーが増えて結構勉強をしている姿も増えています。▼
b0036638_228596.jpg
クレセントアワーの表示がありました。
先週触れた、届出なしに読みたかったらそのまま借りて、読書感想を次の人にしおりに入れて返却するコーナーへも入ってみました。朝日と読売で紹介された書評の冊子が並べられています。▼
b0036638_2324333.jpg
学内には創立125周年へのマジックカウンターや旗が翻っています。
学校が積極的にワクワク感を仕掛けているような雰囲気が感じられます。
[PR]
by okadatoshi | 2013-04-25 22:09 | 情報/数学/授業 | Trackback | Comments(4)
絵とのかかわり>(8)高2では美術部長
4/15(7)に引き続き同じタイトルです。
スケッチ集を見て直しても1959(昭和34年)のものが極端に少ないのです。
友人にも恵まれ、毎夜下宿先の近くの銭湯をめぐり、深夜になると教師宅へ人生論をふっかけに行ったり、生徒会の役員もや多忙な毎日でした。
落ち着いてスケッチをする時間的な余裕もなかったおかもしれません。

それでも夏休みになると9月に予定されている県東部地区美術連盟主催の展覧会へ向けて制作活動をしていました。
当時はキャンパス代も高く、木枠に芯布を張って胡粉と膠を混ぜたものを塗り手製のキャンパスを作っていました。
“駅にて”は25号の油絵です。鳥取市長賞(ランク的には2席)をもらいました。
今は、母校の同窓会館に収納されて壁面を飾っています。▼
b0036638_1351023.jpg
9月になると東高祭。このポスターは私が作成したものです。
執行部としては学校当局と催し期間を長期間開催することを交渉。
各クラスのシンボル(巨大な張りぼて)を作成し市中行進の後、グランドで運動会の後に燃やします。今は、交通事情や火災の危険などで行われていません。
展示会の作品警備と称して学校の同窓会会館に泊まり込み、夜更けまで語らったことなど、このスケジュール表を見ると思い出します。▼
b0036638_13511190.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2013-04-24 13:57 | 絵ごころ | Trackback | Comments(2)
今日のSDカードから(27)
4/16と同じタイトルです。西へ出講、三日目。
少し時間的な余裕もできたので、乗換時の岡山の新幹線エリアを探索しました。
岡山のエスカレーターは関東圏と同じく歩かない人は左側。大阪・神戸の右側と異なるのでこれだけで旅行者気分。新幹線に入るときのICOCAの操作方法に表示があり係員がいます。前回も触れましたが、新幹線からローカル線に逆に出るときはこの方法ではなく手渡し。慣れるまで大変。▼
b0036638_2391521.jpg
新幹線、ローカル線と最初は戸惑います。
構内にジパングサロンがありました。現在、岡山・福山・広島にあるらしい。▼
b0036638_2393085.jpg
今日の学食は、アラカルト定食で@350円。ご飯の量は自由です。男子学生の一般的なごはんの量。「じぇじぇじぇじぇ」です。▼
b0036638_2394223.jpg
新幹線で神戸に下りるときに「JR乗継」のマーカーの上を歩いて切符を入れると新神戸特別下車という赤の印字が押されて切符が戻ってきます。都心のように神戸市内のJRの普通駅ならどこでも下りれます。ただし、三ノ宮駅まで歩いていかないとこの切符は使えません。かなりの距離があり地下鉄で行くことになります。しかし、地下鉄は神戸市営なので使えません。
地下鉄の乗車口に「使用できません」という表示がありました。旅行者にはわかりにくいですね。▼
b0036638_2395526.jpg
新幹線も観察しながら通ると新しい発見があります。
[PR]
by okadatoshi | 2013-04-23 23:11 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
胃がん検診
4月に入ると市の保健福祉局から「特定健康診査受診券」と共に各種検診の案内が送られてきます。
現職時代には、職場に巡回車が来たり福利厚生で人間ドックなどの受診案内が来ていましたが、リタイア後はすべて(当然ながら)自分で判断して受診手続きをします。
今日は、胃がん検診に食事抜きで朝最寄駅のターミナルへ出かけました。
70歳以上は検査料@600円が免除でした。▼
b0036638_14573331.jpg
今日は受診者が少なく、担当の看護師さんと、「胃X線検査」(バリウム)と「胃内視鏡検査」ではどちらが精度がいいのかなどの話をしました。日本対がん協会のHPでは、「有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン」(2006年)で、「対象とする集団の胃がんによる死亡率を減少させる」という胃がん検診の目的に合致すると科学的に証明され、「効果あり」と判定されたのは「胃X線検査」だけです-とあります。
つれあいの場合は、バリウム検査ではいつも良性ポリープが再検査になるので、胃カメラしか最近は受けません。
Webでは、
胃がん検診の流れとその効果
胃がん・胃カメラについて気になる方はお読みください
知っておきたいがんの基礎知識
などが参考になります。
中には、HPの構成者不明で癌に良い食事などのリンク先があり、「この情報で癌が治らなければ費用は返金」などの誘導サイトもありました。
食事については、
がんを防ぐための新12か条として公的な機関が触れ、ネタ元になっています。
日本人の半数が今や癌になると言われています。初期段階ならほぼ完治する怖い病気ではなくなっています。内視鏡で簡単に癌細胞を小さい段階で摘出したという友人・知人も増えてきました。▼
b0036638_14574361.jpg
がん検診で分かる率は75%という数字もありますから定期検診とストレスをため込まない普通の食生活に心掛けて、自覚症状があればすぐに病院が一般的な対処方法でしょうか。一方、癌になったら病院に行くな-と病院の治療で寿命を短くし苦しまない啓発書も溢れています。
当たり前のことができる体力と環境にあることがとても貴重で贅沢な時間なのだと、日々のニュースを見ながら改めて思います。

追記:
facebookから下記の書籍の情報がありました。
岡田正彦・新潟大学医学部教授 長生きしたければがん検診は受けるな
[PR]
by okadatoshi | 2013-04-22 15:00 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
パソコンの遠隔操作
パソコン操作がわからない人に遠隔地から操作方法を教えたり、出先で自宅の母艦にあるファイルを移動することにできるteamviewerというソフトを使って、母艦とipadminiとサブノートで母艦の画面を共有をしてみました。
個人で使う場合には無料とあります。
「TeamViewer」の設定&操作方法にコンパクトにまとめられています。

ダウンロードをしたTeamViewer_Setup_ja.exeを母艦とサブノートにインストールします。ipadmini用には、storeで無料のipad用のものをインストールします。
次の画面が出ます。母艦の使用中のIDを記憶しておきます。
立ち上げるたびにパスワードが乱数的に変わります。
遠距離で一人で使う場合には、個人的なパスワードの編集(鉛筆マーク)をクリックして固有のパスワードを決めておきます。
次にパートナー側からは、①か②を選びます。ipadには②の機能はありません。
③の「パートナーに接続」を選ぶとパスワードを要求してきますから①で決めておいたパスワードを入れると、パートナー側が母艦と同じ画面になります。▼
b0036638_2012249.jpg
ipadminiでmixiのサンシャインワイナリーをやっている画面です。mixiのゲームはfrashが使えないので、普通はこの画面自体は出ないのです。母艦の画面をipadmini側で制御しています。▼
b0036638_2013618.jpg
これは、サブノート側で母艦のすべてのプログラム→windowsliveムービーメーカーを開き、ホームのwebcamのビデオをクリックして母艦のWebカメラを有効にしたものです。
母艦を横に見ながらサブノートを操作している私を母艦のモニター側から見た画面です。
母艦を立ち上げてteamviewerを立ち上げてそのままにしておけば(スリープにするとネットとの接続が切れますからしないように)外から、部屋の様子が見れます。▼
b0036638_2034991.jpg
メモ書き用に使っているLightWriteを立ち上げて、ipadminiとサブノートで使ってみました。もちろん母艦からも書けます。漢字変換がやや癖がありますが、キーの反応はそんなに遅くはありません。▼
b0036638_202928.jpg
この後、サブノートから母艦のワードを起動し文章を書いてdropboxのドキュメントに入れて見ました。
すぐにdropboxの同期されたことが表示されました。このことは、サブノート側にofficeのアプリケーションがなくても母艦のものが使える!のです。
サブノートでファイル転送に◎を入れ右側の母艦のファイルを左側のサブノート側に移動をしてみました。▼
b0036638_2025363.jpg
電源投入と共に、teamviewerが立ち上がる設定になっていますから、自宅に家人がいるときなど、母艦の本体にスイッチを入れることで、忘れたファイルを出先に取り込むなどのこともできます。
おもしろいソフトです。今日は、いろいろ遊んでみました。
[PR]
by okadatoshi | 2013-04-21 20:07 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(4)