<   2012年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
スクラップ38年(3)>高校の数学の科目
スクラップ(2) 9/24の続きです。

新旧のカリキュラムの比較を見ると、それまでにない数学一般、基礎理科、初級英語などその科目を広く浅くまとめたもので、その科目の必履修をクリアできる新科目が登場しています。 昭和44年(1969)10月1日の毎日新聞▼
b0036638_14205147.jpg
私は数学なので、「数学のついていけない生徒でも高校を卒業できるための科目」という印象を受けました。

数学教育の変遷については次のサイトがあります。
学習指導要領を中心とした高校数学教育の変遷
高校数学の学習指導要領の項目の変遷
高校数学の各改訂の中身を調べる

高校時代の通知簿を出して見ました。通知表は、2~3年とも同じ印刷物です。▼
b0036638_14211319.jpg
成績は各学期とも10段階評定で、今のように学年評定を5段階にするということもありません。全体に帳票項目自体がアバウトな印象を受けます。ちなみに保護者の印鑑を押すか所は“父兄”印とあります。
数学は、代数・幾何という言い方でした。私の2年前の学年では、解析1、2であまり細分化されていません。当時は、幾何がかなりウエートを占めていてユークリッド幾何学の証明問題をよくやりました。

その後、私が勤務することには幾何のウエートが低くなり複素平面が登場。
共通一次テストの登場とそれがセンターテストに移行し、採点がコンピュータ化される中、穴埋め問題対策が出て、文章記述や証明問題の力が随分と減ってきました。

昨年から先導施行された新教育課程では行列が消えて、再び複素平面が復活しています。残っていたコンピュータを使ったアルゴリズムも惜しまれることなく消えました。

数学教育に関しては、小中の算数・数学教育の躓きが進路選択でストレートに影響を与え、指導要領に理念として書かれている数学教育の必要性から乖離しています。残念ながら、理系と文系、国公立と私学の分別の科目であることには変わりがありません。
[PR]
by okadatoshi | 2012-09-30 14:25 | メディア | Trackback | Comments(4)
「社会と情報」でKJ法の演習
高校の教科情報は、「情報A,B,C」から必履修ですが、来年度の新教育課程では、「情報の科学」と「社会と情報」へ変わります。
後期は「社会と情報」を中心に模擬授業をやりますが、それに先立ち私が教案作成や模擬授業をやりました。扱ったのは“問題解決”の項目でKJ法の演習をしました。

現職時代の学校で、学校再編へ向けてKJ法をよく使いました。
学生には、実際の応用例として当時の画像や資料を最初に見せます。
教員の意思統一と情報の共有を図るために職員向けの職場情報紙を旬刊で出しました。
これは、職員のKJ法で問題点を出した内容です。▼
b0036638_20191830.jpg
育友会とも親密で“切レない生徒を育てるために”をテーマに職員と保護者とのKJ法によるディスカッションもしました。▼
b0036638_20193798.jpg
その後で、“高校における情報教育はどうあるべきか”をテーマにワーク。▼
b0036638_20195343.jpg
Webからの受け身の情報は多く流れていますが、自分の考えを纏めほかの人とディスカッションし新たな視点を組み立てるというのは苦手かつ臆病です。
当blogの考えることを教えたいで触れたシンキングツールも紹介しました。
このカードと学生が周辺で収集し(課題にしてます)したカードをもとに、来週は思考支援ツール(IdeaFragment2)を使った演習をします。
[PR]
by okadatoshi | 2012-09-29 20:20 | 情報/数学/授業 | Trackback | Comments(4)
関西スーパーでスケッチ素材
つれあいが購入するまで、生鮮品をウォッチしていました。
いろんな産地の“ぶなしめじ”が出ています。▼
b0036638_19413568.jpg
白菜が1/8カットで売っています。▼
b0036638_19414946.jpg
小鯵は南蛮漬けにするとおいしそう。▼
b0036638_1942399.jpg
ヒャッキンで@105円のスケッチブックがあり購入。
紙質は分厚く弱いですが、気楽にラクガキができます。▼
b0036638_19421696.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2012-09-28 19:42 | 絵ごころ | Trackback | Comments(4)
今日のSDカードから(8)
7/21からの久々の“SDカード”シリーズです。

今日は車で、北への出講日。
もちろん昨日も使った、トライ中のWIMAXを持参しました。
ここのキャンパスは、電波果てるエリアです。最近キャンパス内にdocomのアンテナが立ちましたが、他のau、softbank、willcomなどは、建物の位置や2階と3階では微妙に電波の強さが異なります。
教職センターの事務室では、窓際においた電波時計も正常に動きません。
ipad、ノートパソコンと講義室に持込、インターネットの接続を試みましたが、WIMAXは機能しませんでした。キャンパス内をあちこち持ち歩きましたが、どこもダメでした。
auエリアを追加したものかイーモバイルを試してみないと、このままではここでは使えないことが分かりました。

創立125周年に向けキャンパス内にはフラッグや標語ポスターが目につきます。▼
b0036638_21563042.jpg
ドライブ中の田園風景です。▼
b0036638_2156840.jpg
稲穂が垂れています。来週になれば刈り取られているでしょう。▼
b0036638_21564483.jpg
今日は、90分三駒。講義の前に私学の採用試験を控えた4年生の指導をしたので少しお疲れモードです。
初秋と共に、日の落ちる時間が早くなるのが分かります。▼
b0036638_21565855.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2012-09-27 21:57 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
WiMAXをトライ(2)
昨日と同じタイトルです。トライ中のWiMAXを鞄に入れて東へ出講。
電車内の様子をチェックしました。
地下鉄では、全くダメでした。阪神電車では移動中も電波の強さは緑(強)か黄(中)で接続には問題はありませんでした。
車内でfacebookで画像をアップしたりチャットのようなことをして遊んでいました。

画像は、左は車内で周辺の観光地を出して見ました。
右は、自宅へ行く経路を“ナビ”で表示してみました。最後に位置表示をするとgoogleマップの自宅周辺の画像が出ました。▼
b0036638_2313946.jpg
この機種を使ったUQ WiMAXは、+auでエリアを広げると月額4,410円で定額使用ができます。

Googleが、7型タブレット「Nexus 7」の発表をしました。16GBで19,800円。バッテリーも10時間ほど持つとあります。複数の無線端末がさらに普及しますから、wifiルーターは今後も需要が高まりコストダウンもすると思います。
[PR]
by okadatoshi | 2012-09-26 23:03 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(0)
WiMAXをトライ
Try WiMAXレンタルを申し込みました。
未返済の場合の商品代金請求のためというクレジットカードの認証がありますが、15日間返還郵送料も含めすべて無料です。
日曜日の夜にネットで申し込み、昨晩発送完了のメールが届き火曜日の午前中に配達されました。▼
b0036638_21394910.jpg
さっそくipadとアンドロイドのスマホとノートに繋ぎました。▼
b0036638_21402151.jpg
当初、接続マークは出たのにインターネットに接続しない。バッテリー裏のリセットボタンを押して初期化したら、すんなり繋がりました。
さっそくコーナンで“ブロッコリー”の苗を購入した時にその画僧をfacebookへ投稿してみました。場所によって、電波の掴みに差があるように感じます。
移動中とか、北の出講先などでの接続状況を調べ遊んでみます。
[PR]
by okadatoshi | 2012-09-25 21:42 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(2)
スクラップ38年(2)>男女特性に対応し多様化へ
スクラップ38年(1)を8/27にアップしてから海外旅行を挟み随分と日にちが開きました。

昭和44年(1969)10月1日の毎日新聞です。(クリックで拡大)▼
b0036638_20293951.jpg
家庭科が女子のみ4単位必修となり、男子は、1~2年で体育が女子よりも2単位ずつ多いというカリキュラムでした。現代の感覚で振り返ると今では考えられません。
また数学の数1,2必履修が、数学1のみ必履修になります。
新任時代には、日々の教材研究と生徒との付き合いで忙しく、どのような法的な根拠のもとに学校経営がなされているのかなどは、考えもしませんでした。

戦後の学習指導用編成については、
学習指導要領の変遷・概要
戦後の学習指導要領の変遷
で概要が掴めます。

高校紛争も全国的な高まりを見せ、高校急増期の中、進学率も上昇して、生徒の学力差も開いてきました。
当時は、高度経済成長の中で教育内容の現代化と高度化が進みます。
この後、「詰め込み教育」、「教育内容の消化不良」などの批判を招くようになります。
[PR]
by okadatoshi | 2012-09-24 20:32 | メディア | Trackback | Comments(0)
新中古の商品がねらい目
二日前のblogで新製品が出ると冷蔵庫の価格が新中古になった、それまでの物が半値になっていることに触れました。パソコンもWindows8発売直前の今の時期、Windows7の在庫整理が始まり、買い替え時期だと思います。

ちょうど1年目の9/20に通販で購入したカシオのGPS機能付きコンデジEX-H20Gは、当時17,063円でした。
それが、なんとアマゾン、価格comともに9,726円になっています。
思わずバックアップ用にもう一台購入しようかと思いました。この機種は、GPSをONにして1日使えるほどバッテリーの持ちがいいのです。
GPSをONにして現在地を押すと、どこにいるかわかります。
次の画像の右は、ヘルシンキ空港でGPSを切る直前の物です。▼
b0036638_18324243.jpg
後期の授業が始まり、facebookなどにアップする場合のGPS機能の便利さと危険について触れますが、位置情報取得ツールで中欧旅行で撮った画像の撮影場所を表示しました。▼
b0036638_18325639.jpg
同じ場所を、4320×3240、2048×1536、640×480の各サイズで表示してからトリミングとリサイズをしないで添付すると、メール爆弾になりかねないなどの話もします。▼
b0036638_1833819.jpg
授業の初めの“掴み”ネタです。
[PR]
by okadatoshi | 2012-09-23 18:34 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(5)
母校の同窓会総会の発送業務
京阪神の同窓会のお世話をしていますが本年度の総会の案内状の袋詰めを午後から行いました。今年度は29期(52~53歳)が全面的に総会の運営を行い、私たち理事会がバックアップをします。
何度か当blogで触れてますが、会の若返りと広報紙発行による会費でなんとか経済的な基盤をやっと確立できました。▼
b0036638_21474616.jpg
同窓会の会合などには、梅田にある鳥取県関西本部で交流室を無料で貸して頂けます。IJUターンとあるのは、就職等により都市部に定住した人が、元の地方に戻って定住することを.『Uターン』、別の地方に定住することを『Jターン』、もともと都市部に居住していた人が地方に定住することを『Iターン』といいます。Jは知らなかった。▼
b0036638_21475974.jpg
本棚に故郷の昭和の時代の写真集がありました。
パラパラと開いてみると、久松公園のラジオ塔、世界館という映画館など次々と懐かしい写真がありました。

これは、昭和35年の鳥取駅です。高校を卒業し県外へ出ていく級友を鳥取駅に集まっては残ったものが見送っていたことを思い出します。当時、県外へ出るということは、地方の高校生にとっては、未知の世界へ飛び立つ決意や気負いがありました。▼
b0036638_21481245.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2012-09-22 21:49 | セピア色/若い時代 | Trackback | Comments(4)
冷蔵庫の価格調べ
この夏から我が家の冷蔵庫で氷が作れなくなり、やむ負えずスーパーで氷を購入していました。これはこれで、透明で大きな塊になっていて、涼しげだったのですが、そろそろ買い替え時期と今日はつれあいと某電気店へ。

暇な時間帯なのか、ずいぶんとマニアチックな説明員がフォローしてくれました。
今が冷蔵庫のモデルチェンジで旧タイプが大幅値下げで買い時だそうです。
同じメーカーで性能もまったく同じで型落ちが128,000円。新製品は228,000円。
左の物は価格.comで99,000円でした。
パソコンなどと異なり、大型商品は古いものを持ち帰ってもらわなければならないので、量販店で購入しますから、まあ妥当な価格です。▼
b0036638_2046371.jpg
冷蔵庫の消費電力は年々少なくなっているらしいですが、次の表が貼ってありました。
我が家は450リットルで14年前に購入ですから、年間2万円ほど払っています。
この表の貼り付けてある冷蔵庫は6000円とあります。冷蔵庫を買いかえれば、月1000円は電気代が安くなります。▼
b0036638_20464790.jpg
説明する方に、「どの商品を勧めますか?」と聞くと、
「A社とB社は誇大広告です。お宅の希望機種ならC社とD社がいいです。私はD社から派遣されている説明員ですので、話しにくいですけれども。」
A~Dを実際のイニシアルM,H,P,Sに一致させるとバレバレですので変えています。
室内温度を低くするためにセンサーの位置を奥の送風口の前に置いているとか、この製氷簿部分は特許侵害で係争中とか、氷の管の自動清掃機能はわが社が作ってからまねて作ったとか、聴き方によったら他社の営業妨害になりかねない、メカニックな部分の説明をしてくれました。
〇〇リットルというのは中を取り外した実際には入らない体積で、来年の10月から一律にこの450リットルという容積に表示方法が、実際の物を入れて表示方法じ変わるとのことでした。

資料をもらい、次回他のメーカーの説明員と交代した時にもう一度聴くことにして、今日はリサーチを終わりました。我が家は、大型家電の購入では衝動買いはまずしません。
[PR]
by okadatoshi | 2012-09-21 20:52 | デジの目 | Trackback | Comments(6)