<   2012年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
北条の五百羅漢さんから小野の浄土寺へ
NiftyのFCAI時代に集ったメンバーと神戸ミニオフ。北条から小野まで東播州を<垂>さんの車で猛暑に負けず走り抜けました。

最初に北条五百羅漢寺へ。
北条鉄道の終点「北条町」駅の北にある住吉神社と酒見寺の境内を北進する位置に羅漢寺があります。方形の石柱に頭部を切り出した特異な形状です。入口の石の仁王像には「慶長十五年(1610)二月廿一□」の刻銘があります。
古くからこの地に点在してあった羅漢像を400体余り境内に集めており壮観です。▼
b0036638_21162853.jpg
寺の受け付けの方が丁寧に説明をされ周辺の寺院の地図も頂きました。
歩いて行ける距離にある住吉神社。▼
b0036638_21164341.jpg
隣接して、酒見寺があります。▼
b0036638_2117225.jpg
ここから再び国道175号線を南下して浄土寺へ。本堂は「薬師堂」ですが、最も有名なのは国宝「浄土堂」です。
堂内では、天井板を張らず「化粧屋根裏」が見えます。巨大な阿弥陀如来像の立像が控え圧巻です。この時期、背後に西日が差して床から太陽光が内部に反射して、堂内が朱色の輝いていました。
浄土堂と阿弥陀像です。内部は撮影禁止のため像は配布パンフレットから撮りました。▼
b0036638_21172016.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2012-07-31 21:18 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
夏休み、お子様サービス
昨日と今日、いつも帰省時にお世話になっている家内の実家から親戚が我が家へ。
姪夫婦と子供たち2人に孫君も加わり我が家は人口密度が上がりました。幼稚園児、小3、小5の全員男の子と付き合いました。

昨日は淡路の“イングランドの丘”へ。
半端でない暑さ。この中、水中の回転遊具では3人とも大興奮。▼
b0036638_22101269.jpg
野外で飼育員の方が、珍しい動物に直接手を触れさせるサービス。▼
b0036638_22102427.jpg
イングランドの丘になぜかコアラ館。24時間中17時間以上は寝ているらしい。
ボールすくいは孫の特技。今回は86個。▼
b0036638_22103910.jpg
観覧車や、乗馬など野外で楽しんだ子供たちですが、親たちはぐったり。

本日は冷房の効いている建物ということで、“神戸市立青少年科学館”へ。
ポートアイランド線は無人運転です。
先頭に子供たちは座り、電車を動かしている気分に。▼
b0036638_2211179.jpg
プラネタリウムへ。親はここで睡眠。(笑)▼
b0036638_22112335.jpg
顔を認識し男女別とその年齢のところに顔を表示するコーナー。▼
b0036638_22114031.jpg
展示がメインの本館とは別に新館の科学を遊びに生かしたコーナーも子供たちには人気でした。▼
b0036638_22115891.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2012-07-30 22:15 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
女子重量挙げ53kgで八木さん健闘
現職時代の最後の勤務校の卒業生の八木かなえさんの試技が日本時間に今夜8時半から始まりました。▼
b0036638_22542078.jpg
スナッチ82kgでクリア。▼
b0036638_22543543.jpg
ジャークでは2回目失敗するも109kgをクリア。
在校中に兵庫県警の“暴力追放”のキャンペーンポスターにもなった八木スマイル。▼
b0036638_22545039.jpg
Bグループでは最終的に5位でした。
この後のAグループの試技と合わせて順位が決まります。▼
b0036638_2255548.jpg
女子重量挙げでは、三宅選手の48kgの銀メダルが脚光を浴びています。
体操で培った基礎体力があったとはいえ、高校で初めて重量挙げを始め、高校時代にはその三宅選手の記録を書き換えた選手です。
初めてのオリンピックで自己最高の194kgに迫る結果を出しました。
これからが楽しみな八木さんです。
[PR]
by okadatoshi | 2012-07-29 22:57 | デジの目 | Trackback | Comments(2)
しばらくは五輪報道
これから、大津市中学のいじめも、原発再稼働も、参院での消費税審議も、すべて影が薄く紙面の片隅に追いやられます。

ロンドン五輪、開会式の開会式▼



なんとも華やかで、音響と光の映像の中にメインスタジアムが取り囲まれていました。
観客席から見られるものはほんの一部で、特撮並みのアングルの中で、007まで登場する“英国”を前面に出した演出です。ドラマ性が色濃く出ています。

東京オリンピック開会式▼



50年近い前の映像で、まさしく入場行進そのものので、劇場のような演出はまったくありません。競技が前面に出ています。
このビデオ作成の意図にも復興日本のアピールを強く感じます。

東京都は二度目のオリンピック誘致を目指しています。
もし、今年開会式が日本で行われたとすればどのような演出ができるのでしょうか。
次々と変わる政府首脳、皇室では皇太子妃の健康、福島原発が収束しないままの原発再開、外交メッセージの不明確さ、オスプレイの処理の袋小路。
世界にどのようなメッセージを発生するのか、正直今年でなくてよかったと思います。

現職時代の最初の勤務校からは、陸上の槍投げで“ディーン元気選手”、最後の勤務校からは、重量挙げ女子53kgで“八木かなえ選手”が今回のオリンピックに参加します。
形を変えた戦争のような悲壮感ではなく、個々の個人やチームプレーを楽しみたいと思います。
[PR]
by okadatoshi | 2012-07-28 20:35 | デジの目 | Trackback | Comments(2)
コンサート予選
b0036638_2003415.jpg
垂水地区近辺の小学生4~6年生の希望者による垂水声楽アンサンブルコンクールの予選があり午前中出かけました。
孫君は並んで座っている子がうまいので共演を申し込んだようです。その子は、「返事を1日待って」といわれ、翌日OKの返事がもらえたとのことで、エントリー。昨年は本選まで進んだ子です。3回に分けて入れ替え、参加グループ数は50ほどでしょうか。
最初に"きらきら星"の合唱で声を出させ、各グループ3分ずつの時間で次々に演奏していきました。▼
b0036638_2032210.jpg
カラオケには見られない児童の声は軽く響きます。
我々のころの小学生の唱歌のイメージとはずいぶんと違って、物語性の強い情感がこもったものになってますね。会場で伴奏した音楽の先生や共演の児童の母親と挨拶。

一緒に昼食後、孫は我が家へ。
孫を自宅へ返すとき、学校関係の発表の動画を編集したものをCDに焼いて先生と児童に渡すようにしました
[PR]
by okadatoshi | 2012-07-27 20:42 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
臨時出張託児所
孫君は午前中は水泳と合唱の練習で学校へ。午後からは公園で遊ぶことが多いらしい。
この猛暑熱中症が心配で、孫宅へ。

ここの地域では、子供だけの家へは、遊びにいかない。遊びに行くときは、お菓子の袋をお土産に持っていくというローカルルールがあります。
なんと5人の小学校5年生の男子たち。
親が見たら絶句ものの室内ゴルフコースが敷布団で設置。▼
b0036638_21283348.jpg
ジジはアイスをダイエーで購入。今日は、木曜の市で"もくもくもっくん"の日。
このアイス半額で157円。次回購入が50円の割引券二枚配布。
ベテラン主婦はこういう情報には詳しいだろうと思う。▼
b0036638_21284868.jpg
持参のipadや、TVゲームで対戦型ゲーム、室内ゴルフと各自好きなことをやってます。教室の休憩時間はこんなものだろうか。▼
b0036638_21285854.jpg
ジジは存在していることが今回の"役割"でスマホとTVを見ながら時間を過ごしました。
夕方になると、サッカーをやるために全員公園へ。
この年代のエネルギーは凄い。傍にいるだけでも疲れます。
[PR]
by okadatoshi | 2012-07-26 21:31 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(6)
最終講義のまとめを図解
パソコンを文具として使う一般教育の最終日です。
一応話す内容は事前にパワーポイントで作成し連絡ボードにアップしているのですが、話が広がりすぎないように限られた時間でどの範囲まで話すかブロック別に整理をしようと思い立ちました。

事前にメモ張で話す内容を1行ずつ書きます。
これをコピーしクリップボードに保存して、ideafragment2に読み込みます。
その後は、パソコン上でKJ法のカードのように動かしてプリントし再度修正しました。
この作業は出講前の約1時間でできました。
慣れると、図解して整理するのに役立ちます。

ideafragmentの入手先。現在、v1.55が最新版。
最初の簡単な使い方はblog(クリック)で触れてます。

印刷したり、画像保存もできますが、フリーのPrimoPDF4.1を使いpdf形式で保存できます。当blogでも触れています
最終的に下記の内容を話しました。▼
b0036638_221522100.jpg
情報を整理するケースで、現職時代に職場や生徒向けに発行した情報紙も提示しました。そのほか、学校関係のスクラップ集の内の1冊も紹介。
下記のものは、1969.11~1970.6のものから。
初めて学校現場に電算機を入れて商業と工業の情報処理の新学科を設置する方向を出しています。これが、1969年です。やがて現在の小中高にパソコンが導入されていく流れになります。
初期は言語教育がメインであったことが分かります。(クリックすると拡大)▼
b0036638_22154688.jpg
この年は全国的に全共闘運動が活発になり第二次安保闘争へと高揚していく時期でした。大学生のオルグも入り、高校生の政治意識も盛んになりました。
高校では文部省の高校生の政治活動は良くないという通達へ反発する中から、制服撤廃や学力クラス編成反対などが全国的に問題になりました。
学校封鎖が続き卒業生に授業時数が足りない。このままでは大量の落第者が出ると予測される中で、警官導入による3年生だけの授業時数確保を東淀川高校で強硬。今の学生が生まれるさらに20年前の時代のニュースです。▼
b0036638_2216327.jpg
当時からのスクラップブックはあれこれ集めると数十冊あります。
いずれ落ち着いたら、コンピュータの学校教育の関わりと共に、あの時代を揺るがした学校現場がどう影響を受け、それが今にどうつながったのかをまとめたいと思っています。
そろそろ願望だけでなく具体的に着手するために、blogに該当するカテゴリを増やさないとそのまま未着手になるかも知れません。
やりたいことはいくらでも出てくるのですが、体力・能力が枯渇しかかっているのではと思うこのごろです。
[PR]
by okadatoshi | 2012-07-25 22:18 | 情報/数学/授業 | Trackback | Comments(2)
デフレと超円高をカンタンに終わらせる方法
昨晩は先週に引き続き時事懇談会を聴きました。

講師は、上念司(著述・経済評論家)。勝間和代の最強ブレーンとも言われています。
ツイッターでもアクティブに発信。

若手の経済評論家らしくパワーポイントと豊富な統計資料を使っての説明でした。参加者にもパワーポイント画面と同じ画面をカラーコピーで配布されてました。
自己紹介で、「早口ですが、弁論部出身ですので滑舌は分かりやすいはず。」▼
b0036638_10271798.jpg
使用されたものは、衆院の公聴会で使ったものだそうです。▼



事前にWebでチェックをしましたが、自己保身集団に陥った日銀を、日銀法の改正し日銀総裁の更迭が急務という論調が明確です。
トークはかなり過激で講演というよりアジテーター的な要素もあります。何よりも数字と経済用語が出てきて、従来の講演とはかなり異質です。立場がはっきりしていて趣旨はわかりやすいけど、話された内容が膨大過ぎました。

●要旨のメモ

こちらにくる新幹線の中で知ったニュースで1ドル78円を瞬間的に切ったと聞いた。
ここ数年日本で起きている円高とインフレは、政府と日銀が誤った政策を取りつづけたことによる人災である。
リーマンショック時、各国の中央銀行でドル・ポンドは通貨を刷ったが、日本の円は少ない。このことが円高に繋がっている。

低金利が続けば高橋洋一の法則によりこの調子では68円あたりまで落ちる。
それと懸念するのが市場の動きがダイレクトに物価に反映することだ。
ワレラスの法則によれば、もの不足になればインフレ、お金が少なければデフレになる。
人間はほっておいても年間2%ずつ賢くなる。今の日本は、生産効率が上がるのに合わせて金の量が足りなくなっている。これにあわせて金を刷れば物価指数は2%になる。
ハイパーインフレになるという日銀の根拠はごまかしだ。

金が少なくなれば、人は金を払いたくないでため込む。持っている方が値打ちがあがるから。このことが名目GDPが減る。この状態で消費税をあげればデフレはさらに続く。
今の日本のは藪医者状態。

諸説の中で人口の減少がデフレになるというのもでたらめ。統計学的に相関のないことは立証されている。意図的なデータの扱いがされている。
また中国の影響という説があるが、中国と貿易をしている国でデフレになっているのは日本だけだ。
こういうことが分かってない人がやっている。

今の日銀のやっていることは、嵐の中で窓を開けるようなものだ。
1930年代の浜口内閣の時の井上蔵相の政策と似ている。
当時の間引き・身売りは、現代の児童虐待と援助交際に対応していないか。

このあたりのことが分かっているのは、みんなの党と維新の会。
自民公明は固定相場の時代の古い経済に捕われている。
金を刷ることでしか実質金利は上がらないのに日銀は何もしない。
野田内閣は本気で日本の経済をつぶそうとしているのではと思う。

日銀がなぜ金融緩和をやらないかというには次のような説がある。
①本当にバカなのではないかというバカ説。
②責任逃れ説。
③外国のスパイではないかというスパイ説。
この全部が当てはまるという説もある。
14年間下がり続けたこの日本の経済政策は、雇用の創出を忘れた経緯でもある。

このことをマスコミは書かない。
ネットでは少数派。この惨状を抜けるには
『貨幣供給量が我々の生活に会っていないという一言に尽きる。
日銀法を改正し、国民が日銀のトップの首を変えられるようにする。』
ということを5人の人に伝える。
そして次の人はまた5人の人に伝え、この考えを広めていくしかない。

当日の資料です。(クリックすると拡大します)▼
b0036638_10284112.jpg
b0036638_1029619.jpg
b0036638_10292554.jpg
この方の場合は、講演よりも対談やトークショウの方を聴きたいと思いました。
話術は参考になりました。
[PR]
by okadatoshi | 2012-07-24 10:33 | 講演会記録 | Trackback | Comments(2)
二葉の写真
隣国韓国は、韓流ブームで女性や戦前のことに拘らない若い人たちには、気軽に行ける近い国になっています。退職後、何度か海外には行きましたが、韓国には行ったことがありません。

私は戦前の京城(現ソウル)で生まれ3歳半の時に両親の故郷であった鳥取に引き上げてきました。当時父は親族が起業した謄写板の製造販売をする会社の京城支店へ勤務をしていました。母は見合い結婚をし外地へ嫁いだのです。不安であったろうと思います。
国策に沿って海外雄飛を夢見て大陸へ渡りやがて敗戦。38度線以南であったために帰国ルートはできたようですがそれでも苦労をしたと思います。母は親類の子供たちも引き連れて、釜山港で引揚船「興安丸」の乗船を野宿しながら待ち帰国をしました。

日本が植民地化した韓国の人たちの立場を考えると、観光気分で自分の住んでいた場所へ懐かしさだけで渡航する気持ちにはなれません。そのことが韓国旅行の気持ちを遠ざけています。

母が整理して残したアルバムの写真です。当時、スナップ写真を撮るようなカメラを所有している家庭は恵まれた収入があったとと思われます。
左の写真には、左下の部分に撮影した父と思われる人影が写っています。
結婚当時は山の上で水汲みが大変だったと母は言ってました。
その高台から市街地を母は見ている母を撮影した二人の間にどんな会話があったのでしょうか。出産と共に、日本人が多く居住している一角に引っ越しました。右の画像で頭をそり上げた子供は小さい時の私です。▼
b0036638_22304439.jpg
すでに両親ともに他界をしていますが、もっと当時のことをきちんと聞いておけば良かったと思うこのごろです。

両親の代で唯一残っている叔父が94歳で元気に広島で過ごしています。
戦争中のことや被爆の話など苦労した話については戦中を駆け抜けた人々は寡黙です。
「青春18切符」で夏休みになると訪問していますが、今年も元気な顔を見て昔の話を聞きたいと思います。
[PR]
by okadatoshi | 2012-07-23 22:36 | セピア色/若い時代 | Trackback | Comments(6)
東播をドライブ
孫を連れて来週開催予定のNifty時代のフォーラムのミニオフ会コースの下見に県内の175号線沿いをドライブ。往復130km走行。▼
b0036638_21461196.jpg
国宝浄土寺
夕日を後光にした大仏立像は有名です。▼
b0036638_21462894.jpg
平池公園
ハスの権威者でもある大賀一郎博士が、1951年落合遺跡で古代のハスの実を発見、翌年の1952年(昭和27年)に開花に成功、大賀ハスと命名されその後各地に移植された。加東市では、その子孫のハスの実15粒を鳥取県農業試験場から譲り受け、増殖させて平池公園で栽培している。
池の周辺はウォーキングコースとして市民の憩いの場に。▼
b0036638_21464594.jpg
やしろ鴨川の郷ここで昼食。地域の人たちの憩いの場になっています。
施設内にはコテージが配置されています。
孫君は、パターゴルフでipadのゴルフゲームで研究した“ゴルフ”をやって大満足。▼
b0036638_2147826.jpg
御嶽山播州清水寺
標高552m。車を使わないといきにくい高所にあります。▼
b0036638_21472643.jpg
今の時期、紫陽花が見事でした。▼
b0036638_21473699.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2012-07-22 21:49 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)