<   2011年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
アナログでのコミュニケーションも良いなぁ(2)
 今朝のNHKあさイチでは「今からできる!親孝行」を取り上げていました。この番組は誰にでもある日常生活を斬新な視点で取り上げてくれます。朝の連続ドラマの延長でよく見ます。
 その中で、遠く離れた母へ娘が絵手紙を送り続けているケースを報じていました。メールや電話で済ませる便利な時代になりましたが、こういう手のぬくもりを感じさせる絵手紙には、文字と音では伝えられない思いが詰まっています。▼
b0036638_21355879.jpg
 日々を自由に使えるご褒美の時間になりましたが、すでに両親は他界しています。年度の変わり目には古い書類を整理したり見直しをしていますが、保管していた段ボールの箱の中から、親からの手紙が出てきてそれを読みふけります。親が読み喜んでくれるなら毎日でも絵手紙を送りたかったと今になって改めて思いました。
 毎月1回、数人の方々に絵手紙を出していることを表題のタイトルで、2010/12/08のblogにアップしました。
 1月は年賀状を出しました。今日は、2月用のものを描きました。ご本人から返事が来たり家の方から返事がくる場合や返事のない方々もあります。
それぞれの状況で受け取って頂いているのだと思っています。メールや電話では得られないアナログの良さがあります。▼
b0036638_21362067.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2011-01-31 21:39 | メディア | Trackback | Comments(0)
アジア杯で日本優勝
 昨晩は日本の優勝シーンまで見続け今朝は少しゆっくり。
今回の優勝までの戦歴をみると、いずれも実力が拮抗し、薄氷を踏む好試合の連続でした。その都度、日替わりヒーローが見られ、勝ち進むにつれて中継画面を時間に関係なく見るようになりました。
 今回のヒーローは絶妙の長友のキックを完璧にゴールに叩き込んだ李忠成でしょう。
彼が帰化した後も、日本の通称名ではなく李(Lee)を名乗っています。その強烈な名前への拘りと韓国メディアの反応に興味がありWebでググってみました。
 サッカーは国の名前を冠したチームのため、国の威信をかけた民族意識を煽ります。日本の報道スタンスは、政治的・感情的な色付けは意図的に排除をしていますが、韓国側の報道は歴史的な背景を意識した報道があります。
 李選手自身は2004年には韓国のユースに選ばれながら、チーム内の在日に対するハンチョッパリとしての視線があったのか馴染めずその後、帰化の道を選びます。
 そのあとの、彼の「韓国戦でゴールを決めたい」という発言をめぐり一部韓国マスコミが批判的な論調が一部にみられたとあります。韓国が日本戦でゴールをきまたとき、相手選手が猿の真似のパフォーマンスにも民族的な対立の表れではというコメントもWebには見られました。
 李選手の優勝後のインタビューの発言見て、歴史的な背景を引きずらない、新しい在日韓国人の生きざまを見たように思います。結果論になりますが、彼の潜在能力を見抜いて投入したザッケローニ監督の起用も素晴らしい。
 金髪の本田選手も、今回の試合ではリーダーとしての風格が見えてきました。政治の混迷が続く日本の中で明るいニュースでした。▼
b0036638_11344963.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2011-01-30 11:36 | メディア | Trackback | Comments(6)
自作のシステム手帳を使う
 2009/09/23に「もう新しい手帳はいらない」というblogを書きました。ヒャッキンのA6判ノートにスケジュールソフトを縮小印字して貼り付けて使うことで既製の手帳は使わなくなったことをまとめました。この方法を2年間試みましたが、小さくてポケットに入るし何より気軽にメモできます。ただメモの保存機能が欲しいと思っていました。紙で張り付けてましたが、取捨選択がやりにくいのです。
 最近机周りの整理をしていると以前使っていたバイブル版のシステム手帳のバインダーと専用用紙を見つけました。メインのパソコンで使っているスケジュールソフト「Schedule Watcher」を紙に打ち出して持ち歩くことが大変便利なので次のようにスケジュールカレンダーを打ち出して使うことにしました。
 システム手帳の用紙は、バイブルサイズでこれは、横95×縦171mmです。まず印刷のプロパティを開きこの大きさをユーザー定義で登録します。同じくワードで打ち出す文章の用紙もこのサイズで作成します。
次にスケジュールのディスプレイの表示画面を、フリーソフトのwinshot(vistaとセブンでは同じ機能のsnipping toolもある)で半分ずつ切り取りバイブルサイズのワードに2ページに分割して貼り付けます。
 次に印刷範囲を現在のページにしてそれぞれのページを打ち出します。このとき、プロパティでbibleサイズに、用紙サイズは倍率指定なしにします。▼
b0036638_22291087.jpg
 打ち出したものをシステム手帳の大きさに切り取り、ヒャッキンで購入した一穴パンチで6か所の穴をあけてファイリングします。パソコンのプリンタが身近にあることで、持ち歩く必要のある地図や帳票など保存性の高いものが簡単に自作できるので、オリジナルなシステム手帳が作れて便利です。▼
b0036638_22292382.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2011-01-29 22:30 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(4)
パソコンのメンテ梯子
 勤務先のOSがvistaなので手元のノートをxpからvistaにして使っていましたが、来年はセブンに変更という情報がありました。非力なノートで遅いvistaが使いにくく今朝から元に戻す作業をしました。vistaにするときには半日近くかかったバージョンアップもあっけなくsp3に戻り、使うものも最小限に必要なソフトだけにしました。合わせできる限り、Wevで最新版を入れてノートがWeb環境にあることでどれだけ使いやすい条件にできるか試みています。キビキビ動きます。この書き込みもノートから無線LAN経由で書き込んでいます。たまにリカバリーをすることで、適正なパソコン環境の構築の練習になります。右は現在のディスプレイです。▼
b0036638_22245050.jpg
 今日は午後から、西宮の知人宅に行き、セブンの初期設定をしました。壁紙も私の撮影したものに変更しました。まだ、LAN環境にないので、skypeのインストールやメールアドレスのインポートは次回へ。office2010のエクセルの読み書きまで今日はやりました。70代で一人暮らしの方ですがこれから使いこなされるでしょう。▼
b0036638_2225773.jpg
 帰宅すると団地の方からパソコン画面が今までのものに戻らないとコール。足が年々弱り自宅で確定申告ができれば、これから楽だと思いe-Taxを使おうとしたけど使えないということでした。XPはSP1のままでウイルスチェックソフトもなく電話回線でした。ドライバーのダウンも長時間かかりこの環境では無理であることを説明。普段はほとんどインターネットもメールもされないで、年に一度のe-Taxの使用はコスト的に無理があります。この方の場合には一緒についていって光に切り替えることは少し躊躇します。税務署のe-Taxは便利な夢の機械であるかのような宣伝もお年寄りとっては誇大宣伝です。以前も触れましたが普通の電化製品と異なりパソコンはまだまだ敷居の高い機器です。▼
b0036638_2225284.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2011-01-28 22:26 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
スケッチを見返す
 最近ミニスケッチが増えてきたのでナンバリングをして日付順の並べてみました。40冊近いものを見直してみるとデジカメのない時代のスケッチはより前後の印象が思い出されます。デジカメはほんの数秒被写体を見るだけですがスケッチは背景も意味を考えながら描くからでしょう。▼
b0036638_21115878.jpg
 子供たちの素描です。夏でしょうか、公団住宅の食卓で絵を描いています。暑いので上は裸のようです。▼
b0036638_21121377.jpg
 長女が高校生です。まだ母が郷里に一人で住んでいてときどき関西にやってきました。一緒に奈良の長谷寺に観光に行ったときのスケッチでしょう。▼
b0036638_22455178.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2011-01-27 21:13 | 絵ごころ | Trackback | Comments(8)
Wifineにつないでみる
 昨日阪急電車で余裕があったので、ホームでwifiを開いて見ました。ブラウザを開くと即wifineのtopページに繋がります。
 携帯やipadなどで見ることができます。
内容は、天候、簡単なニュース、周辺の地図、周辺のチラシなど。基本的にCMですから無料です。利用エリアは三宮では、阪急。阪神電車で繋がります。▼
b0036638_1147749.jpg
 私の所有しているipadのwifi専用機なので、2年間はsoftbankのホットスポットが使えるのでマクド店内などでネットサーフィンができます。それ以外では、FreeSpotで接続可能なエリアで神戸中央区などとを調べて、チェックできる場所を調べておくと便利です。
 これからはアンドロイド搭載機など増えていきますし、契約更新のころには出先でのwifi環境はさらに進んでいるでしょう。
[PR]
by okadatoshi | 2011-01-26 11:48 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(0)
インターネット環境は熟年には難しい
 知人の方で自宅にインターネット環境を新たに構築するためのお手伝いに西宮へ午後から行ってきました。最初は阪急西宮ガーデンズを物色。以前食事をここで採りましたが、その時はオープン直後の土日で人出がいっぱいでした。今日は少し落ち着き広大なモール街が見とせます。最上階の5階部分が映画館になっており、阪急デパートも入っていて元阪急の球場がすっぽり巨大ショッピングゾーンになっています。阪神間で住みたい人気ナンバーワンの芦屋が今は西宮北口周辺に変わったらしいこともうなずけます。阪急西宮北口駅には新たにガーデンズ方面向けの改札口が二か所増設されていました。▼
b0036638_21501557.jpg
 結局ここには、条件に合ったものはなく移動し、先にチェックした機種にしました。マンションで機種が決まっており選択幅が限られていますが、パソコンは最終的に6万円余で購入。知人の方と店の説明の翻訳者のようにな立場になりました。70歳を過ぎた方には、用語の説明からして分かりにくく、担当者はマニュアルに沿って告知義務があるのか、いちいち説明をされます。最後には本人が読んでチェックを入れて下さいというシートを渡されました。代わりにチェック。古いパソコンは、本体は(1台に(限り)100円で買い上げ。ディスプレイは処分費が必要ということも聞けば教えてくれます。また、パソコンを最初に立ち上げることを頼めば、3150円の手数料が必要と言われて知人の方はびっくり。後でこれは私がすることに。
 コマーシャルでは簡単に安くできるように流れてますが、機器に疎い方には本当に敷居の高い道具です。5年保証の4年以後の仕組みも複雑で量販店の伝えたいことがそのまま、購入者に伝わっていないような。故障が起きれば、私が変換機になればいいと思って聞いてました。パソコンは、まだまだ冷蔵庫や掃除機にような家電製品にはほど遠い機器です。▼
b0036638_21502911.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2011-01-25 21:54 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
孫のリクエストでしあわせの村へ
b0036638_2324849.jpg
 このところ、10/412/28と神戸しあわせの村によく行きます。
 土曜日に孫の小学校では、とんどなどに関係したフェスティバルが開催されてそのために月曜日が代休でした。希望を聞くと、「しあわせの村」ということに。
 施設内の「しあわせマルシェでは鮮度のいい産地直送品が販売されています。今日は、おいしそうな干し鰈が出ていました。色鉛筆の色付けに水彩を載せてみました。▼
b0036638_23222589.jpg
 まず卓球。ラケットを持参すれば、台を借りるのは『高齢者』料金で半額の100円。わが家のテーブルピンポンと異なりやはり気持ちがいいみたい。野球も広大な芝生です。▼
b0036638_23225164.jpg
 トリム園も設備が一部リニューアルされて春の人出に備え準備がされていました。▼
b0036638_23235100.jpg
 自宅では、mixiの漢字検定テストをやり、ipadをやっていました。昨晩から預かり先ほど電車に乗せ、今日の臨時託児所も閉所です。▼
b0036638_23231417.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2011-01-24 23:24 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
視覚障害の方の学習会(3)
 12/19に引き続き定例会の日でした。前回参加の学生さんは試験に入ったのか欠席。
今回も、たまった質問やソフトのインストールなどが集中し八面六臂。ウイルスパターンの更新とか、デフラグのやり方など音声ボードの操作とは関係のない一般的な質問です。
 ごく普通にパソコンの知識がある方が、気軽にスタッフ参加をして頂ければと思います。
毎回の学習内容は、尼崎ボイスメイト連絡ボードにアップしています。
阪神間にお住まいの方で手伝って頂ける方があれば、連絡を採って頂ければ嬉しいです。今日の盲導犬君は、ハーネスを外されリラックスモードでした。▼
b0036638_20371243.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2011-01-23 20:40 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(5)
吉田旅人、京都演奏のお知らせ
 午後から次のHPの更新をしてました。▼
b0036638_2302264.jpg
 下記の予定で、吉田旅人氏の京都ミニコンサートを開催します。私が世話人です。
一人旅・シューベルト作曲・歌曲集「冬の旅」・全24曲 朗読&ピアノ&歌を一人でする演奏
日時★2011年(平成23年)4月8日(金)
場所★京都市北文化会館「創造活動室」
アクセス 京都市営地下鉄「北大路駅」の上部
13時30分開場、14時開演~16時15分終演
(休憩は15時10分~20分の10分間)
入場★無料献金あり=演奏が心に響いたら、お一人、\1,000迄の献金をお願い致します。静かに出来ない小学生以下の児童は入場をお断りします。
申込★会場準備のため参加人数をできる限り事前にご連絡ください。
 blogでも触れましたが、彼は在野にあって彼のいう「芸人」を貫いています。ドイツ留学も長く芸大の院を出ても教授をトップとした日本の音楽界とは一線を画し、なおピアノで弾き語りで「冬の旅」を歌い切り、なお演奏活動とCD作成をしています。彼の、音楽への思いも含め詳しくは、HP(クリック)を見てください。
彼を師事する方々や高校の同期を通じてのみの宣伝ですが、こっそり飛び込まれても結構です。
内容に関心を持たれる方がおられば、ホームページのアドレスを転送されることはウエルカムです。
表紙に書いたかれとの関わりです。

 高校を出てから長い長い旅を経て吉田旅人君と昨年出会った。そして1年後、再び彼を迎える。高校時代は私は、美術部。彼は音楽部。「音」は静寂を求める美術部にとっては騒音ですらあった。当時から音楽部にあって彼は異彩を放っていた。しかし、隣接する音楽と美術教室にあっても我々には接点はなかったのだ。私は美術で食っていく自信がなく絵を描く余暇があるであろうと教職についた。しかし、教師の仕事は忙しくまた生徒と触れあうことは楽しかった。そしていつしか絵を描くことを忘れた。公職を辞しご褒美の時間になったが絵筆を握れなくなっていた。スケッチの空間ですら持てあます自分がいる。そんな時に彼と出会った。
 彼の「旅人のHP」を読み、彼の朗読と歌曲を聞き、その後のメールを頻繁に交わし愕然とした。まっすぐに芸術の道を進み俗悪を嫌い、私が妥協し捨ててきたものをなお希求し、まぎれもない声楽家になっていた。今もなお「芸」を放つ。 権威を嫌い呼吸法を体得しこの年齢になってもなお「音」を出し聴くものに「お前はどう生きてきたのか」と迫る。


 吉田氏のよびかけのちらし(クリック)です。▼
b0036638_230384.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2011-01-22 23:03 | セピア色/若い時代 | Trackback | Comments(2)