<   2010年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧
黄龍ハイキング(4日目)
 ホテルから黄龍まで専用バスで移動。途中、4000mの峠を越えて今日は黄龍ハイキング(4時間)でした。
 九寨溝の散策エリアと同様に、幅の広い木道が完備し500mおきにトイレも完備しています。酸素吸入のできる待機小屋があり、途中に清掃員が待機しています。▼
b0036638_10121250.jpg
 今後増大する世界中の観光客にも対応できるように国策として設備投資をしているように見えました。
 黄龍の五彩池。黄龍寺を背景に見事な光景です。海抜3560mの高さにあります。▼


 石灰化した飛瀑流輝 です。長さ167m長さ45m、海抜3260m。▼
b0036638_10122577.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2010-08-31 23:59 |   中国 | Trackback | Comments(2)
九寨溝とチベット舞踊(3日目)
 朝、九寨溝へ。Y字型のすべての部分を回りました。この時期の平均の観光客は1万人。中国のゴールデンウィークには3万人の人出がありここは常に混雑をしています。ただ、この日は、バスルートが土砂崩れで遮断され、我々空路しか観光客が来られないため、ガイドさんもこんな小人数は初めてと驚くほどの数でゆっくりと広い散策ルートを鑑賞できました。
 九寨溝については、多くのレポートが散見されます。ここでは、300枚以上の画像を撮りました。その中から、2枚を紹介します。いずれも横を1024ピクセルにしています。
 五花海(海のない内陸部高地のために池を海と表します。動画もアップ。▼
b0036638_2202523.jpg
 珍珠灘瀑布。標高2433m。幅163m。落差40m。▼
b0036638_2205717.jpg
 夜、チベット舞踊ショーを専用の劇場で鑑賞できました。250元(3500円)でしたが迫力のある内容で十分に満足のいく内容でした。ガイドさんの会社の関係か中央の前から5列目あたりの最高の席です。
 チベット族の舞踏家でプロデューサのヤン・リーピンさん企画の『蔵謎』(チベットの謎)。
九寨溝に住む老女が子羊(ヤギかも)と伴にラサに巡礼の旅にでる話です。ラサへの巡礼に向かうが途中の数々のチベット族の人々を遭遇します。▼
b0036638_2214344.jpg
 4部構成ですが舞台の切れ目はなく、行きつく間もなく次々と場面が繋がり圧倒されます。老女は厳しい吹雪の中亡くなってしまいます。
 彼女の死後、神々が議論し彼女の信仰心が認められ天国に行き輪廻転生し人間の男の子へと生まれ変わります。大きな鳥は鳥葬を暗示しています。▼
b0036638_222054.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2010-08-30 23:59 |   中国 | Trackback | Comments(2)
パンダの里(2日目)
 午前中は成都大熊猫繁育研究基地へ。現在四川省に野性のパンダは1550頭おりその内成都では50頭飼育しています。
 まず入口では3頭の成人パンダがじゃれあい観光客を釘付け。動画に撮りました。
 1週間前と2週間前に出産し4頭をガラス越しに見られます。ただし写真撮影は禁止なのでほぼ同じ姿の展示用写真を紹介します。園内は広く専用車両で移動。レッサーパンダが木に登っていました。▼
b0036638_16121486.jpg
 昼食は、四川省を代表する陳麻婆豆腐の専門店で四川料理。辛みの皿が続きます。日本語を話す店員が最後に土産のCM。▼
b0036638_16122623.jpg
 ツアーにはトイレ時間を兼ねた定番のショッピング店へ。実用的なラッテックス。担当者が元添乗員で現地ガイドの中国人と結婚。添乗員の時には「ショッピングで説明を聞くのが嫌でした」と巧みに笑いを掴みながら解説。隣接した刺繍専門店では高度な刺繍の作品を見ました。結構なお値段。▼
b0036638_16124053.jpg
 次に武侯祠に隣接した蜀漢時代の町並みを再現した「錦の里」へ。
 全長350mに明・清時代の屋並みを復元したワンダーな空間でした。飲食店や土産物屋があり時間がいくらあっても足りないほど。▼
b0036638_16125480.jpg
 次に武候祠博物館へ。同施設の日本語サイトが参考に解説もあります。園内は四川省大地震の影響もまだ残り修復作業中。諸葛孔明の歴史にワープするエリアでした。▼
b0036638_1613619.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2010-08-29 23:59 |   中国 | Trackback | Comments(0)
大連経由成都へ(1日目)
b0036638_14535121.jpg
今年の海外旅行は、パンダと九寨溝・黄龍にしました。年々時差と長期間の旅は負担です。今回はipadとhybride持参です。飛行機の出発が遅れています。

(追記)
 JTB旅物語「感動の九寨溝・黄龍 5日間」のツアー今年の海外旅行では選びました。
最初の画像とコメントは、hybrideで関空から書き込んだものです。
空港でに1万円を700元に変えました。この日の為替変動は空港で14.2元の換金率。
空港での書き込みでも触れたように大幅に出発が遅れました。中国の航空便では時間通り出発というのはあまりあてにならないとのこと。今回のツアー一行は、14人です。
関空から大連まで2時間半。大連から成都まで3時間10分ですが、最初の出発予定よりも2時間遅れ、関空を午後6時30分に離陸。成都空港に着いたのは午前1時20分(現地時間0時20分=時差-1時間)ですから、6時間50分かかったことになります。この日の遅れは、大連の空域を軍が抑え乗る予定の飛行機がまだ大連を飛び立っていないというものでした。北朝鮮の金正日総書記の中国訪問と関係しているのかもわかりません。
 関空での今日の為替交換表。閑散としている大連空港。成都空港のトイレ表示。▼
b0036638_10143426.jpg
 (excite blogの書き込み日指定ができる機能を使い帰国後編集し旅行日に合わせてアップしています)

[PR]
by okadatoshi | 2010-08-28 14:53 |   中国 | Trackback | Comments(9)
「青春18切符」の処分
 今回の広島行きで初めて個人的に使いました。
当初チケット屋でちょうど2枚のものを探したのですがなく5枚切符の貸し出しという方法を知り購入しました。
 これは、正規の青春18切符(@2300円×5=11500円)価格で購入し、1週間以内なら未使用の残数に応じて引き取るというものです。
 そのまま使ってもいいし、他により高額な引き取り先があればそちらで処分をしてもかまいません。最後の1枚であれば@2300円と単価割の正規価格と同じです。

 旅行中にも、「青春18切符」使用の人らしい方はかなりいました。思った以上にチケット屋での扱いや流通量も増えていると感じました。
b0036638_7281265.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2010-08-28 07:37 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
Hibrideをルータ化してipadを使う(2)
b0036638_13412140.jpg 8/21のblogにHibrideをipadのルーターとして使用できることを書きました。ホテルではフロントで無線LANのスポットが繋がりました。ホテルでは無線LANが見えないので、Hybrideをルーター化してipadでWeb画面を表示させました。(右の画像)

 8/24~8/25にipadとHibrideをリュックに入れて青春18切符で旅をしましたが、おかげで通信周りの勉強をする時間を持つことができました。
Hybrideのマニュアルは販売停止をされていることもあり詳しいマニュアルがほとんど入手できません。WebでHYBRIDE W-ZERO3 Maniacをダウンロードして、ipadのGoodreaderを購入しでipadに入れて車中で読みました。

 帰宅後let'noteを使ってHybride経由でWebを見ました。
左側は、usb接続でHybrideとパソコンをつなぎHybrideの「インターネット共有」機能を使って接続できました。本体はWIRELESS LANはOFFにしました。
右側は、ipadで使用した時と同じくHybrideをルータとして使いWIRELESS LANをONにすると接続しました。ただし画面表示までは相当に遅いですが、定額契約料金ですので何時間接続でも通信量の心配はないのでストレスはたまりません。▼
b0036638_13405793.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2010-08-27 13:42 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(0)
平和記念公園を歩いて
b0036638_011576.jpg
 もう20年ばかり前にここを訪れたことがあります。その時の資料館の展示では、被爆者の衣服や融けたガラス瓶の展示が印象に残っていました。
 今回は、広島市長の平和宣言のビデオを始めとする館内資料室の文章を読んでいきました。1階から2階に上がり、ガラスを通して全面に広がる慰霊碑を見たとき、人はここで核根絶へ向け平和を希求する気持ちに素直に成れる場所だと思いました。そして、再び階段を下りて、暑い外気にふれた時、それぞれの現実・雑念・立場の「衣」を再び着こみ言葉の鎧を身にまとって(私も)雑踏に散っていきます。
 この空間は、あの戦争とはなんであったのか、個々の立場の中で最低限忘れてはいけないこと、なすべきことを思い出させるシャワールームの役割を果たしているように思いました。
 50円という誰でも何度でも入れる入館料、駅から原爆ドームまでの150円という破格の交通費はそのための呼び水のようにエトランゼには見えます。

 今年は戦後65年目。被爆当時のことを鮮明に記憶し、言葉として伝え話すことのできる年代は70代以上の方々でしょうか。確実に、伝えられたことしか知り得ない人々だけにこの日本は成っていきます。その時の核兵器根絶への精神的な拠点づくりの役割をこの資料館は担っているように見えます。

 この広い場所を見て「原爆がこんなひとがいない公園に落ちてせめてよかったですね」ということをいう人がいたと聞きました。ここで、何を学び広島→日本→世界に発信していくのかが問われています。
 平和教育をイデオロギー的に拘るような勢力や雰囲気がでているのではないかと気になります。
 実に多くの記念碑や彫像類がこの周辺にはありました。緑と静寂と空間が維持され十分な思索ができるエリアとして樹木を増やして欲しいと思いました。
b0036638_0111728.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2010-08-26 23:59 | デジの目 | Trackback | Comments(4)
平和公園でモーニング
朝の散策中です。
教えてもらったカフェでモーニング。
これから資料館に入ります。

(追記)
資料館は2時間いましたが時間が足りませんでした。
昼食をマイミクの方と5人でオフ会を持ち、14:17分広島発→19:34垂水駅で帰りました。画像を帰宅後添付します。
 モーニングはCafe Ponte ITALIANO (カフェポンテ イタリアーノ)で。
なかなかこじゃれたカフェです。▼
b0036638_22363138.jpg
 原爆ドームの1階部分13枚をパノラマ処理をしてみました。▼
b0036638_2236514.jpg
 同じく資料館をパノラマ処理にしてみました。▼
b0036638_2237644.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2010-08-25 08:11 | デジの目 | Trackback | Comments(2)
尾道の展望台
b0036638_12182173.jpg
 青春18切符で神戸から広島の途中に尾道で下車。
駅から寺の間の坂道を歩きここにきました。
暑いです。絶景!

(追記)
尾道は坂とお寺の街です。昭和の雰囲気を漂わせる山沿いの寺をめぐり展望台まで登りました。
千光寺の巨岩です。右はロープウェイでこの上を通る時撮ったもの。目玉おやじのような物体が乗ってます。▼
b0036638_22524354.jpg
 おのみち映画資料館です。▼
b0036638_22525335.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2010-08-24 12:18 | デジの目 | Trackback | Comments(2)
森林植物園からシェール道を穂高湖まで
 鹿島槍登山以後、ほとんど山に行ってないので足慣らしを兼ねて、いつものように森林植物園に車を置き東門から六甲へ。

 森林植物園では児童・生徒の作品が木陰に配置されているゾーンがありました。
まるで森の中をカクレンボしているようで不思議な雰囲気。▼
b0036638_21353135.jpg
 東門からシュール道を選び穂高湖までのピストンというもっとも歩きやすく負担のかからない往復3時間のコースです。
 食事をした椅子をよく見ると「六甲の間伐材を使用」の刻印を見つけました。今まで気づきませんでした。デザイン的にもおもしろい。▼
b0036638_21354238.jpg
 湿気が多いのか今回は多くのキノコをあちこちに見つけました。▼
b0036638_2136738.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2010-08-23 21:37 | 散策/登山 | Trackback | Comments(0)