<   2010年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧
県立フラワーセンターはチューリップ満開
 高速道路@1000円の混雑を避け内陸部の兵庫県立フラワーセンターへ行きました。
神戸の総合運動公園に近い自宅から175号線の地道を走って1時間15分で着きます。
 今日が使用期限リミットの厚生会の施設券も使いきりました。
 池の周りの広大なエリアに多数の品種のチューリップが咲き揃っています。▼
b0036638_19241475.jpg
 正面ゲートの展示場では「春の野草展」が開催され、山野に咲く花が盆栽仕立てで展示され、即売会も催されていました。クリックすると拡大表示されます。▼
b0036638_19243068.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2010-04-30 19:26 | 散策/登山 | Trackback | Comments(0)
須磨パティオのインフィオラータ
b0036638_19582968.jpg
 今年もインフィオラータが神戸市内各地9か所で開催されます。
 今年は須磨パティオ30周年記念に合わせ、須磨区から初参加です。初参加のためか、スペースがとれないのか、ささやかな30周年記念の絵柄でした。
 パティオのインフォメーションの方に「30年前の何月のオープンか、当時の資料はないのか」尋ねると「勉強不足で存じません。申し訳ありません」とのこと。
Webで調べると、 1980年(S55)3月15日にテナント数103でオープンとあります。

 我が家はこの近くで、1979年(S54)年に現在の戸建に引っ越しました。当時はバスは団地までこず、垂水から名谷駅までの線も繋がっていませんでした。名谷駅の陶板画によれば、駅は1977年(S52)3月に完成しています。▼
b0036638_19585442.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2010-04-29 19:58 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
森林植物園が新緑の季節へ
 神戸森林植物園へ出かけました。当blog「デジの目」内で“森林植物園”をキーワードに検索をかけると32項目ヒットしています。恐らく特定の場所について書き込む量としては、森林植物園が最多と思います。
 #投稿日時を設定できる機能を使いこの項をアップしています。

 ホームページでは、しゃくなげの時期としていますが、今年の花芽は少ないように感じます。しかし、連休には見ごろになるでしょう。
 いまの時期のお勧めはツツジの群生です。長谷池や新芽の出る梢の間にやや薄い紫色の花のが光っています。▼
b0036638_1031366.jpg
 そのほか、前回には目立たなかった花々が新緑の枝と競うように見られます。
園内にはいたるところに、木製のべんちがあり、弁当持参での散策がお勧めです。園内の駐車場に車を置いてここを起点に東門や西門から再度山、トゥエンティクロス、摩耶山などのプチ登山を楽しめる季節になります。
今回めについた花々です。画像をクリックすると拡大します。
 (上段)フタバアオイの花、イチリンソウ、ハナイカダ(中段)エゾムサキツツジ、シャクナゲ、リキュウバイ、(下段)ウンナンオウバイ、ハナズオウ、ウチワカエデ▼
b0036638_1032472.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2010-04-26 23:59 | 散策/登山 | Trackback | Comments(0)
「冬の旅」での出会い(2)
b0036638_19131218.jpg
 実はこのコンサートに、Y氏はM先生を招待していました。
M先生は、母校の音楽教師として新制高校創立当時に勤務、校歌を作曲された方です。
 コンサート開催の近くにお住まいでした。先生の作曲された校歌は今でも私は歌えます。とてもいい調べでいわゆる校歌風の「克己・精進・立身・出世」の感じはなく学生の愛唱歌として親しまれていました。
 平成10年(1998)11月の京阪市支部総会にご出席になり全員で校歌「渦巻き起こる~」を歌った時に『私は甲子園に住んでいます。私は90歳まで生きますので、なんとかそれまでには甲子園で校歌を歌いたい』と話されていました。
当日そのことを話すと、今度は『私は100歳まで生きますから甲子園で歌いたい』と言われてました。
 会場のお宅は急な階段でとても上がれないから挨拶だけで終わるという付き添いの娘さんの心配を振り切って、会場に上がられコンサートの前半12曲まで聞かれました。

 Y氏はコンサートのパンフレットの各ページの末尾に、各曲の終わりの「無音」を味わい音のしないようにページをめくって下さい-と注意書きを書いていました。
ところが前半の曲が終わるたびに、Y氏はティッシュで鼻をかむのです。演奏までは小声でしか話さず声の調子には気を配る彼に「風邪をひいているの?」と聞くと「実は泣いていた」とのこと。

 以下彼からのメールの引用(無断引用を許せY氏)
--------------------------------------------------x8
高校の<校歌>を作曲したM先生が、生きておられて、玄関の下まで、来て下さった、それだけで、僕は、足がガクガクと震え、フラフラになり、貴君が、背中におんぶしようとする光景を目にして、僕は、涙が止まらなくなりました。H君に、「僕、興奮して、涙が止まらなくなるから、先に上へ上がっているから」、と言ってM宅に戻りました。
--------------------------------------------------x8

 M先生は演奏の間中、Y氏のドイツ語に合わせ唇を一緒に動かし時々涙ぐんでおられました。帰りの階段でお聞きすると、ご自身も「冬の旅」がとてもお好きで当時の高校生が何曲かお気に入りのものをドイツ語で歌っていたのだとのこと。耳も御達者で中途で帰宅するのが残念そうでした。
Y氏も終曲まで終えたら、母校の校歌を流すつもりだったようですがご高齢で足が不自由な状態にも関わらず、我々でもきつい階段を上がり、魂の籠った朗読と歌唱のシャワーに満足されていました。

 高校時代から私は美術部、彼は音楽部。同じ芸術分野でもあまり接点はありません。むしろとんがった時代、対抗意識か意図的な相手の部の無視をしていました。
しかし、音楽は人の心を揺さぶるものだという事例をこの日は目の前に見た思いです。
 不思議な感覚が湧きあがる空間が4/23にはありました。
[PR]
by okadatoshi | 2010-04-25 23:59 | セピア色/若い時代 | Trackback | Comments(0)
「冬の旅」での出会い(1)
b0036638_17443476.jpg
 それは突然の電話でした。

 高校時代の級友Y氏から「西宮でホームコンサートを開催するので会いたい」という電話が数日前に入りました。
 同氏は、芸大に入り、途中4年間のミュンヘン留学。大学にも長期留年で在学を続け院を出たのが29歳。その後、は在野にあって独自の発声法を取得、権威主義を嫌い今日に至ってもなお現役です。
 旅人として、全国で請われればホームコンサート行脚をしているとのこと。
Webで調べると各地のコンサートや同氏に師事したという経歴がヒットします。
過去の「経歴という衣」をつけることを良しとしないようなので、あまり深くは触れません。

 演奏会場は、西宮の高台にあるお宅でした。
シューベルトの歌曲「冬の旅」全24曲を最初に日本語で朗読し次にピアノを弾きながら2時間余りのホームコンサート。
集まったのは、高校時代、中学時代、大学関係など17人。
 コンサート内容を紹介する手作りのパンフレットがユニークで、全24曲の原語と日本訳が並べられ、彼自身の音楽観や「冬の旅」を演じることの意味・過去の生きざまについて触れられています。

  高校時代から音楽の才能に関しては異彩を放ってました。
 彼のblogや当日のアルバム、その後の電話やメールでのやり取りを通じて多くの共通点が見つかりました。

 高校を出てから50年を過ぎて突然目の前に現れた彼と話すことで、当時抱いていた多くのことを捨ててきた今の私に戸惑いblogにまとめることができませんでした。幼い時から続けてきた「音の世界」を希求し続けている彼の存在に圧倒されました。
 #演奏会の日時4月23日の日付で書き込んでいますが実はこの項は4/27に書いています。アップするまでの感情を整理する時間が流れました。

 およそ音楽の世界-特にクラッシックからは縁遠い私にも「冬の旅」が聴ける年代になっていました。あのカオスの時代が鮮明に思い出されてきました。
 家族を養い社会的な役割も果たし、70歳を目前にしてまだ考えることのできる体力と健康がある今をどう過ごし「旅人」の終着点を如何にみつけるのか、Y氏の出現はおおきな宿題を与えられたような気がします。
[PR]
by okadatoshi | 2010-04-23 23:59 | セピア色/若い時代 | Trackback | Comments(0)
雨のキャンパス
 4月の雨量は例年よりも多いように思います。
今日は山越えして北へ往復86kmドライブの日です。途中はガスがかかっていました。
終日かなりの雨脚。学内の移動には傘が必要です。▼
b0036638_17545446.jpg
 こういうときは図書メディア館が満員です。丘陵地に作られた広大なキャンパスの回りには何もないところです。昨年はなかった、次のような掲示物がやたら目につきました。
 夏には「マムシに注意!」の表示も出る環境。回りに喫茶店とか雀荘など学生のたまり場もありません。メディア館が喫茶ルーム代わりになるのも分かるような気がします。▼
b0036638_1755659.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2010-04-22 17:53 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
市の特定検診
 現役時代は職場で定期的に健診がんされ、人間ドックなどの厚生制度も充実していました。リタイヤしてからは、市の広報などを見つけて自分で判断し健康管理をすることになります。
 国民健康保険の加入者に対して市から案内が年に1度きます。今日は、神戸市国保特定健康診査・特定保健指導の受信を区役所でしました。今年で2年目。
 多くの受信者の動線を考えながら、手際良く検査場所のブースを捌いていきます。
検査項目は、「計測・尿検査・血圧測定・血液検査・問診・レントゲン」(高齢者は無料)ですが、オプションで大腸がん(500円)と前立腺がん(1000円)検診を追加しました。胃がんの検診は冬にする予定です。
 自分の判断でここまで検診に来られる方は大丈夫かなとも思いました。
b0036638_19231288.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2010-04-20 19:23 | デジの目 | Trackback | Comments(2)
六甲の高山植物園はカタクリと水芭蕉が見頃
 六甲高山植物園へ出かけました。海抜850mで北海道南部の気候と似ておりヤマザクラは咲き始めているものの桜もまだ蕾が多いです。
 この時期、カタクリの群生が見事でした。▼
b0036638_15451156.jpg
 水芭蕉も見事で、この園内には一眼カメラと光の反射板を持ったカメラ愛好家がおおく見られました。▼
b0036638_15452769.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2010-04-19 23:59 | 散策/登山 | Trackback | Comments(0)
淡路の丘陵に伸びる花々
 6月の高速料金改定を前に休日@1000円で知人と淡路の「花みどりフェアー」へ行きました。最近の天候不順の合間の晴れの気候。
国営明石海峡公園内は、多くの人々を呑み込んでもなお、ゆったりとしています。▼
b0036638_8214342.jpg
 WESTINホテル内のコッコラーレで食事。事前に予約をしていましたので、満車状態でもホテルの駐車場へ。
土日祝休日前の日「ダイナミックファミリービュッフェ」ランチ@3100円(シルバー65歳以上@2400円)を頂きました。これは、お勧め。▼
b0036638_8215347.jpg
 この後、県立あわじ花さじきへ。駐車スペースが少なく、午後4時近くでもかなり駐車場に入るのみ待ちました。ここも絶景!▼
b0036638_822418.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2010-04-18 23:59 | 散策/登山 | Trackback | Comments(0)
XPから7への引っ越し
b0036638_232051.jpg
 教え子で個人でお店をやっている教え子氏の依頼で7年間使ってハードディスクの異音がするXPを、TOSHIBA dynabook(EX/35LBL PAEX35LLTBL)に切り返す設定をしました。 通販で購入したので、量販店よりもかなり安く入手。

今までのプロバイダを変更をするわけではないので、LAN回線は付け替えるだけで、インターネットと繋がりました。
 データの移動は「引っ越しツール」を使ってみました。
それで、ドキュメントやoutlook Expressの設定は簡単にできます。
ただ、usbで移動を選んだので、ドキュメント内の画像関係が4ギガほどあり、この日には画像の引っ越しができませんでした。クロスケーブルなどを使ったらもっとすんなりに行くでしょう。

 手間取ったのはメールです。Windows7ではoutlook Expressがなく、自分で選ばなければならないので、比較的似ているサンダーバードにしました。
CSVファイルでエクスポートとインポートをしましたが、項目を合わせるところで手間取りました。サンダーバードは、SMTPの設定がoutlook Expressと異なり送付できることを確認して終わりました。 パソコンを買い替えることは、いつも面倒です。プロバイダの変更でなく楽でした。
 教え子氏は、お任せモードで盛んに「ぼくにはできません」を連発。
[PR]
by okadatoshi | 2010-04-17 23:59 | 情報/数学/授業 | Trackback | Comments(1)