<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
農業公園ワイン祭り
 午前中講義の後に、西神中央駅まで行き家族と孫と農業公園に行きました。
今日、明日と新酒のワイン祭りで様々なイベントが行われ、ほぼ駐車場もいっぱいの家族ずれで賑わっています。
 ワイン祭りでは、ホイリゲが飲めることです。ワインになる前のもろみで、甘いジュースのようですがアルコール分もしっかりあります。@200円。おつまみのチーズが@500円。▼
b0036638_22315828.jpg
 スマートボールを11個すくって大きなボールを孫はゲット。はばタンと一緒。▼
b0036638_22322089.jpg
 広場では乳牛の品評会は開催中。牛乳の試飲や200円で牛乳パックをもらえるゲーム。抽選券など。「もう3人で最後」といわれ孫は滑り込み。全員大当たりが出ることに。24個の乳製品のパックが当たり!車でないので、持ち帰りが大変でした。▼
b0036638_22333731.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2009-10-31 22:36 | デジの目 | Trackback | Comments(2)
黒岩尾根から摩耶山へ
 快晴。六甲に登ることは昨日からつれあいと阿吽の呼吸で決めていました。
今朝の気分で黒岩尾根コースを選びました。
 森林植物園に車を置いて、東門→トゥエンティクロス→黒岩尾根→摩耶山→穂高湖→シェール道のコースで、食事を入れて6時間のコースでした。
 久々の黒岩尾根は摩耶山にいく地蔵谷、天狗道などのルートと比べても登りがいがあります。
 森林植物園の長谷池。右は摩耶山のロープウェイ。▼
b0036638_22594895.jpg
 穂高湖で小学生がカヌーに挑戦。▼
b0036638_230281.jpg
 見事な落ち葉で「落ち葉の草履」です。▼
b0036638_2301266.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2009-10-30 23:00 | 散策/登山 | Trackback | Comments(4)
「だまし絵展」がただ今注目
 県立美術館で「だまし絵展」を11/3まで開催中です。先日いきましたが、平日にも関わらずかなりの人出でした。地の利の悪い県立美術館にしては、近年にない注目されて展示です。テーマがわかりやすく、美術鑑賞というよりもダリのシュールな絵を見るような驚きとユーモアがあります。「わが目を疑え」というコピーで、東西のだまし絵を一堂に集めています。
 下の画像は、左から市営神戸地下鉄三宮改札の巨大ポスター(9月上旬)、中は美術館入口の看板、右は美術館を囲む壁の部分で額縁風景のようになりこれも生きただまし絵のように見えるので掲載。▼
b0036638_21504235.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2009-10-29 21:51 | 絵ごころ | Trackback | Comments(0)
相楽園菊花展
 少し早めに家を出て、県庁北側にある相楽園の菊花展を見てきました。11月23日まで開催され会期中無休です。@300円。65歳以上は無料。
 この期間は厩舎と旧ハッサム邸も公開中。▼
b0036638_2332131.jpg
 大輪の菊が見事でした。▼
b0036638_2333146.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2009-10-28 23:03 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
神戸ビエンナーレ2009
 快晴なのでビエンナーレへ。メリケンパーク海上→神戸港海上→県立美術館会場のCチケットを購入しました。
最初に交通ビル1階にある総合案内所で特別割引券(無料)を添えてメリケン波止場会場で差し出すとA,B,Cチケットがそれぞれ200,100,300円割引になるのでお勧め。
 期間は、10/03~11/23ですが入場券は期間中に2回入場できます。ビエンナーレは2年ごとに開かれます。
 メリケン波止場会場には、67個のコンテナが用意され、それぞれコンテナの中がワンダーランドになっています。▼
b0036638_22231199.jpg
 東ゲートから震災のメモリアルパーク前から県立美術館まで船がでます。会場にも作品が展示されます。▼
b0036638_22232431.jpg
 船内では劇団によるパフォーマンス行われていました。十分に楽しめました。▼
b0036638_22233587.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2009-10-27 22:24 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
mixiが走っていく先は
b0036638_2232324.jpg
 SNSの中でも幅広く圧倒的多くの会員を保有するmixiは、最近立て続けにイントロ画面が大きく変化しつつあります。
 農園・牧場育成の類似したゲームがどんどん発表され、twitterのmixi版ともいえるボイス機能も初期画面のもっとも目につく場所に設置されました。ゲームも、マイミクを招待すると得点が加算されステージアップする仕掛けがあり、アクセス数を増やし広告の増大を図っているように見えます。
 従来mixiのコミュニティとメール機能で満足していた人にとっては、ゲームとボイスは異物でしかありません。加入する世代の低年齢化も影響しているのかも知れませんが、そもそも無料のサービスのためにユーザーの声が企業の経営方針に影響を与えているようにも思えません。
 パソコン通信時代の「言葉」のやりとりに代わって、情報量の増加と低コスト化も加わって、「気配」で繋がりを感じるように変質してきたように見えます。アプリの中で、マイミクの誰かがアプリの農場にやってきて世話や悪戯の痕跡を残すことで、マイミクの気配を感じているのです。
 このことは限りなく軽い人間関係が受け入れられやすくなった社会になりました。いや、軽いというよりも深い交わりができなくなっているともいえます。
 twitterも、つぶやきを大量に吐きステージに立ち続ける層と、それを見る(読む)観客の側に大きく二分されています。ディスプレイの世界へ自分にとって都合のいい時間だけにコンタクトし、都合のいい部分だけ読み解釈することで満たされ、生身の人間との付き合うことが苦手な人々を排出しているような懸念を感じます。
 インターネットは、いつでもどこでも繋がる道路はつくったけど、どのような使い方をするかの部分は、教師も、親もつねに後追いで現状が常に拡散しつづけています。
[PR]
by okadatoshi | 2009-10-26 22:35 | デジの目 | Trackback | Comments(2)
懐かしい「金沢の市電」
b0036638_1725673.jpg
 表題のタイトルで、団塊世代の参加のおおいSNSに画像とともにアップ。
部屋の名前は「青春プレイバック」の昭和30年代のカテゴリです。次の本文を書き込んだら当時金沢に住んでいたという方からコメントがありました。
 レスを返すうちにこちらも、当時のあれこれを思い出しました。

 昭和36年から4年間エトランゼとして金沢にいました。 当時の金沢の想い出は、電車です。5系統走っていて、下宿先の小立野には、1番と5番が入っていました。  橋場でバイトを終わったとき午後10時過ぎに、終電がきました。丸い照明灯に赤い多いをつけて終電ということがわかりました。  兼六園横の尻たれ坂では、もっとも古い板張りの床の電車が坂を上がれず乗客が降りていたこともよくありました。  当時は、乗り換え地点で乗換券をくれました。それには、日付と時間にパンチが入れてありました。また、乱数的に色も変わります。電車はぜいたく品であった学生時代にこの乗換券を集め、車掌の手元を見ながらストックの券から選び使ってました。(もう時効ですがごめんなさい)  香林坊では、道路の真ん中に丸いトーチカのようなコンクリートの建造物があり電車の切り替えをやっていたと思います。最初の画像は香林坊です。丸いビルは魚半だったかな、食堂がありました。その向かいが北国書林。地下が喫茶店でしたね。コロバ、帝などもよく行きました。名曲喫茶もあったなぁ。
b0036638_177047.jpg
 (以下は私のアップしたレス部分です)
紫錦台中学(今は展示館の形で保存?)の横にスター劇場があり、3本立で映画をやってました。
あやしい成人向け映画もあって、部分カラーという手法もありました。
その横が洋食屋の「北極」。敷居が高く入ったことはありません。
さらにその横が質屋。
ここでは、学生証が@500円
三針のついた時計が@1000円
カメラが@5000円
で貸してくれました。学生証で金を貸すなんて学生の街ですね。今度行かれたらまだあるかどうか見てきてください。

--------------------------------------------------
金沢女子短の学生と合コンやりましたよ。
大学が城内から出て行って金大の魅力もなくなりました。当時は、世界で城内がすべて大学になっているのは、こことハイデルベルグ大学と二つだけといわれてましたが。
21世紀美術館には行ってきたいと思ってます。

--------------------------------------------------
当時の美大のレンガの建物は、陸軍の弾薬庫の跡とききましたがそうかな?
階段下のような小部屋に食堂があったような。美大の友人がいて紛れ込んでいたことがあります。
小立野の終点に、木造3階建の北小路という建物がありました。確か、1階はお好み焼き。3階は学生にも行けるトリスのバー。イロヤという書店がありました。
医学部の食堂が一番安くて、ご飯が1杯、18円。おかずを入れて48円で夕食をとりました。
貧乏学生でしたが、周りも皆どうなので、恥ずかしいという感覚はまったくなかった。
困れば北瞑寮に潜りこめば、なんとかなりました。しかし、あそこには南京虫がいて、外から泊まる免疫のない学生は刺されました。

--------------------------------------------------
 私もいろいろ思い出しました。
出羽町には国立病院がありました。
向かい側に昔の球場があったと思います。その並びに看護婦さんの寮があって、その前を通るのがなんとなく楽しく大通りでなくこの小道を抜けて兼六園に入って行きました。
 当時、園内には観光ガイドさんがいて、お客さんに説明をしていました。
毎日通るとどこで何をいうかわかるようになります。琴柱灯篭とか太鼓橋、加藤清正が朝鮮から持ち帰ったとされれて噴水横の灯篭などもありますね。
あるとき、ガイドさんの説明箇所の先を口真似をしてしゃべったらこれもまた叱られました。

--------------------------------------------------
 当時中学生だったのですか。
バイトで紫錦台中学の生徒を教えていました。また、笠舞にあった小さい塾でもやはり中学生を教えていました。ニアミスをしていたかも。

--------------------------------------------------
コメントありがとうございます。
当時は兼六園は無料でした。で測量学の実習のときにトランシットを持ち出して兼六園にもぐりこみ、アベックを観察し教授にお目玉を食らいました。そうですね、雪が多かったですね。あの「38豪雪」の時代に学生をしていました。学校は休校で、もっぱら屋根の雪下ろしのバイトでした。

[PR]
by okadatoshi | 2009-10-25 17:05 | セピア色/若い時代 | Trackback | Comments(2)
西条のつるし柿
 昨年も10月27日に氷ノ山へ登り帰りに、若桜町の道の駅「さくらんぼう」で西条柿を購入しましたが、今年も一箱40個入りを購入。さっそくつれあいが、つるし柿にしました。
 皮を剥いた直後に、熱湯に入れるとカビ除けになるとか。店の人は堅い柿を補充してくれ帰宅後数えると余分におまけがありました。
 出来上がると冷凍して、山にいくときのおやつになります。
b0036638_17593151.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2009-10-24 18:00 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
紅葉が見ごろの氷ノ山
 天候が全国的に快晴。朝7時45分に車を出し、鳥取県若桜町の「響きの森」に車を置いて氷ノ山(1510m)へ。
 登りは仙谷コースを選びました。昨年の台風の影響で荒れたルートも補修がしてあり、変化に富んだルートです。今が紅葉の見ごろです。▼
b0036638_14504264.jpg
 1510mの山頂では、いつも風が強く避難小屋に入るのですが、今日は無風で遠くまで見られます。よく登る方に大山も教えて頂きました。
 山頂は5回目ですが大山が見れたのは初めてです。▼
b0036638_14505536.jpg
 山頂からの動画です。↓
http://www.youtube.com/user/toshi420420#p/a/u/0/RUZWf-d01e8
 今は紅葉が主役ですが、花々も見られます。下りは氷ノ越から降りました。
 往復4時間余りの心地よい登山でした。▼
b0036638_14511691.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2009-10-23 23:59 | 散策/登山 | Trackback | Comments(2)
今日の雲
 雲のきれいな一日でした。
今日の動きと空のレポートです。
★上段
左:学生の授業見学で午前中少し離れた高校へ。6クラスの授業展開を用意される。
中と右:午後の講義の後、キャンパスの空。
★下段
左:来週の研究会の打ち合わせで近くの高校へ。大学に負けない瀟洒な校舎。
中:散策へ出かける。スカイマークスタジアム。残照。
右:学園都市駅。日の入りが刻々と速くなる。
b0036638_0214952.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2009-10-22 23:59 | デジの目 | Trackback | Comments(0)