<   2009年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
鉄人28号完成
b0036638_2333148.jpg
 8/30のblogに新長田の鉄人28号の建設途中の勇士を紹介しました。
 その後頭部もつけ全体のペイントも進み、今日の新聞にモニュメント完成の記事が掲載されていました。で、さっそく三宮からの帰りに途中下車。総工費1億3500万円。10月4日に完成披露の式典があります。
 付近は、鉄人28号関連のポスターが目立ちました。
b0036638_2334827.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2009-09-30 23:04 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
電子時計のマニュアル作り
b0036638_20391723.jpg
 かつて高度成長期世の中がバブルに沸きたったころ、私大も大学の宣伝や進路説明会などでお土産を兼ねた小物を用意していました。
 これは、ある短大の校舎竣工記念の電子時計ですが、もらったのが私のまだ30代のころで、長く操作方法もわからないまま閏年の補正もされることなく放置されていました。まして、目ざま足セットなどで使ったことがありません。最近身の回りの時計が使えなくなり、この電子時計の使い方をマニュアルにして見ました。
 限られた3種類のボタンをもとに操作方法を探し出しかつ、第三者にわかるように文章化するということは、結構頭の体操としても楽しめました。

【操作方法】

1 電子時計の時間をセットする
裏のボタンの説明
S1  他のボタンと組み合わせて使います。
S2  S2を押すと秒針部分が点滅します。
この時S3を押すとそのたびに秒→分→時間→年→月→日→曜日の部分が点滅します。変えたいモードのときにS1を押すと順繰りに数字が上がります。今の時間に合えばS2を押すことで標準モードにセットされます。
 リチウム電池を入れ替えた直後に上記の方法で時間をセットします。

2 目覚ましの時間を合わせる
S3  このボタンを押すと目覚ましにセットした時間が表示されます。この状態でS2を押すと目覚ましの時間をセットするモードに入ります。最初に時間が点滅しています。ここでS1を押して時間を進めます。次にS3を押すと10の位の分の部分が点滅をします。この状態でS1を押すと分の時間を動かせます。さらに押すと1の位の分が点滅します。なお、右端のAは午前。Pは午後の表示です。ベルのなる時間を午前とで午後間違えないようにしてください。目覚ましの時間がセットされればS2を押してください。目覚ましの時間が決定されます。

3 目覚ましをセットする
S3  このボタンを押しすと目覚ましをセットした時間が下段に表示されます。この状態でS1を押すとベルのマークが左側に表示されます。そのあとS3を押すと標準モードに戻ります。ベルのマークが表示されていれば、目覚ましがセットされていることがわかります。
 ベルが鳴りだしたら、時計の上の黒いボタンを押してください。ピッピという音が止まります。

(秒針のセット)
TVや電話で秒針を0にセットするには、合わせるタイミングで0を押すと秒針部分のみ00にセットされます。
[PR]
by okadatoshi | 2009-09-29 20:41 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
雲魚さんの掛け軸
 今の家を建てた時に狭い半畳ほどの床の間を設計変更して確保しました。
 そこに今かかっている掛け軸は、田中雲魚さんのものです。

 私が高校時代に母が長期入院し、父も県外に出ての営業が仕事だったので、その間下宿をしました。
 ある日、自室でハーモニカを吹いていると、3軒となりの雲魚さんが自宅に招き入れ、やおら私のハーモニカを取り上げて吹き
「聞いたか。鳥取で最初にハーモニカを吹いたのはこの私だ」
と入れ歯の口をあけて「カッカッカ」と笑いました。

 田中雲魚さんは、表具師で腕はいいけどその日の気分次第で仕事をしたりしなかったりという変人で通っていました。自由律の俳句を詠み、その自信過剰とも思われる言動と好き嫌いがはっきりした人でした。
 どういうわけか私を気にいってくれて、家に招きいれては高校生の私に無理やりに焼酎を飲ませました。ふらふらになると、「それを直すには迎い酒がいい」とまた飲ませ、母親をあきれさせました。

 下宿を終えて自宅に引き払うとき、自分の句集に
 赤飯で呑む 酒 これ又格別
と書き渡してくれました。

 その時、あわせ半紙にも句を書き私くれました。
 就職して少し余裕ができたときに表装したものです。 落款は、「天魚」を使ってました。天魚は最初の雅号です。「わしは天魚から今は雲魚。やがて泥魚になるんじゃぁ」が口癖でした。

 進路を考える高校時代に、こういういわゆる出世とは無縁に俳句を極めようとしている世に埋もれている人がいて、世間的な評価とは無縁の尺度を持った生き方があることを知ったのはいい経験だと思います。
 他にも、骨董好きだった母方の祖父の掛け軸もありますが、雲魚さんのものが好きでよく掛けています。
b0036638_1465981.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2009-09-28 14:08 | 人びと | Trackback | Comments(2)
エコな風景
b0036638_19445562.jpg
 午後から日曜の健康公園→学園都市の周遊コースを「1万歩」歩きました。
総合運動公園前は、リサイクルショップ。その横の総合案内所ではオープンな託児所モード。持ち込みの弁当も食べられます。ここでの休憩はお勧め。

 学園都市では、昨日オープンしたミスド。オープン記念で最初の5日間は、ドーナツ@100円。パイが@120円で行列をしていました。
 すぐ前にあるケンタッキーの店では、明日は28日でニワトリの日とか。1360円→950円の予告の看板がありました。全国的にケンタッキーはこの価格でしょうか。お近くの方はどうぞ。
 安いと思って買うのではなく、観察しながら歩くのがエコ。
b0036638_194577.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2009-09-27 19:44 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
思考支援ツールIdeaFragment2
 アイデアをカードで関係図を作るKJ方は企業などでもよく使われますが、それをパソコン上でも行うツールです。個人のアイデアを生かすのにも便利です。
 IdeaFragment2 は、思いつきや気になる言葉の断片を画面に並べ、それらをいろいろと動かしたり、眺めたりしながら、考えを練るためのツールです。
b0036638_1459366.jpg
 パソコン画面で「断片」を追加・削除・移動ができるように手になじめば、パソコンを意識しないで思考支援ができます。途中経過をプリントアウトすることで、散策中にも使えます。
1 最初に
実行ソフトIdeaFrg2.exeを起動し最初に使いやすくするため、オプション→オプション設定→断片
で右の赤丸部分にチェックを入れます。
2 断片を作る
最初にメモ帳に思いつく断片を一行に短く書いていきます。これはKJ法によるカードにあたります。配列は関係なくどんどん必要と思うことを書き連ねていきましょう。
できあがったらコピーをしてクリップボードに入れます。
b0036638_20383695.jpg3 断片の編集
①ファイル→新規作成(アイコンメニューの左側)を選びます。
②編集→クリップボードから新規を選びます。
③新規画面に重ねられたカードが表示されます。左クリックを押しながら全体を選択し編集→展開(アイコンメニューにもある)をクリックします。
④このままでもいいのですがグループ化するときは、ツール→グループ化(メニューアイコンにもある)を選び左マウスで選択してグループを選びます。やり直すときは、アンドゥを使って戻して下さい。この後、一般の作業に戻る場合は、ツール→通常編集(アイコンバーにもある)に戻ります。
⑤断片を右クリックしてその断片作業メニューで下段のFITを二か所クリックすると文字表示の適正化が行われます。
⑥グループ化してそのグループ内で左ダブルクリックすると新たな断片の作成画面が出ますのでグループの説明を入れ表札に設定します。右の図は「断片の編集」を表札にしてこの説明部分をグループ化したものです。
次にツール→関係線で必要に応じ流れを示します。
⑦これから後は、通常編集で断片に追加や削除などの編集が行えます。
編集過程をこまめに保存すると表示がおかしくなったときなどに再読み込みができて便利です。
4 便利な機能
複数のグループ間に移動は、断片で左クリックをすると手のひらマークが出ます。Ctrlキーを押すと手で掴むアイコンに変わりますからそのままドラッグするとグループ間を移動できます。
画像を断片に使うこともできます。適宜プリントをしながら、関係図を作りなおして完成をさせていきます。
Helpコマンドを活用して手になじませて下さい。
5 画像の貼り付
断片で画像を指定することもできます。原図大で表示されますので予め画像はリサイズしてください。(1/nに縮小もできます。画像は、idea floment2の保存場所と同じフォルダに置いてください。
メールなどで送るときには相手がidea floment2のツールがない場合があり、ファイル→画像として保存を選びjpg画像で送ると分かりやすいです。 (09/09/28 一部修正)

●ctrlを押さえグループ内の断片をクリックすると全体を選択ができます。この状態でグループごと移動できます。
●ctrlを押した状態でグループ内でさらにグループを形成できます。
●表札はグループ内で作成でき、それがグループ名になります。
●断片の上でマウスを置いた矢印のマークが左クリックで「掌の形」になります。さらにctrlキーを押すと「掴む形」のアイコンとなるのでこの状態でドラッグすればクループ間の移動ができます。
●断片作成時は最初は英数小文字モードになっています。日本語変換に最初に切り替えて文字を入れます。(09/10/25 追加)
[PR]
by okadatoshi | 2009-09-26 20:42 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(0)
彼岸花の季節
 昨日のドライブなかに、北部の田園風景の随所に彼岸花の群生が見られました。
彼岸花の呼び方は400通りはあるという説があります。
 彼岸花、曼珠沙華などが一般的ですが、つれあいの実家では、シタマガリと言っていたようです。アルカロイドが含まれ毒性があったために、小さい子が食べないように名づけたのでしょうか。
 寺院でよく見かえるためかなんとなく不吉な花というイメージが先行していますが、デザイン的にはあでやかで奔放な感じがします。
 今日の後半の散策は団地に隣接した転法輪寺付近を歩き、彼岸花を撮ってみました。
b0036638_21551733.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2009-09-25 21:56 | デジの目 | Trackback | Comments(2)
新しい演習室
 2か所で非常勤の教科法などパソコン演習室を使ってますが、それぞれの学校で微妙に設計が違います。
今日行ったところは、1年ぶりの講座でその間新しくできた棟に演習室が移動しました。二席の間に提示用のモニターがあり、書画と教師卓の画像を表示できます。このほか学生の画像のモニター専用のディスプレイがあり、学生がmixiやtwitterをやっているとすぐにモニタリングでわかります。こういう仕組みは事前に学生に知らせました。gmailやWebメールも使える設定になっています。前後の間隔も広くなり使いやすくなっていました。 大学の教材用サーバーも自宅のパソコンから見ることができるのは便利です。
 昨年までは、XPでしたがVistaになっていました。10月にはWindows7も出荷されるようで、めまぐるしいOSの変更はいやおうなくこちらも触れなくてはならず煩雑です。

 もう一か所は女子大で、学生画面のモニタリング機能はつけていません。また、ここではプリンターにファイルを送ってもそれを取り出すには個人のIDカードをタッチしないとプリントをしません。このあたりはプライバシーに配慮しているのでしょう。またWebメールはでフォルテで使えないようにしています。

 いずれもメンテナンスの専門部署があって対応してくれるので、こちらは講義に専念できます。
 実際の小中高校では、パソコンのできる教師にシステムの維持、故障の対応などしわ寄せがいくので大変だろうと思います。独立した維持管理の専門部門がなければ、授業でのパソコン利用はまだまだ一般化は難しいでしょう。
b0036638_20123899.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2009-09-24 20:17 | 情報/数学/授業 | Trackback | Comments(0)
もう新しい手帳はいらない
b0036638_20173750.jpg
 本屋ですでに2010年の手帳や日記のコーナーができていました。
 第二ステージに入ってからもしばらくは、年度ごとの新しい手帳を購入していましたが、ここ数年A5のヒャッキンの手帳を文庫本のカバーに張り付けて使用しています。
 スケジュール管理にはフリーのスケジュールソフト「Schedule Watcher」を使用しています。
 パソコンで月間スケジュールをA6に縮小印刷し、A5のノートに見開きではりつけます。3Mが出しているスコッチのスティックのりを使っています。3か月分のスケジュールを張って月が変わると新しいものを差し替えます。
 このほか、A4を2枚を半分に切って縦閉ホチキスで使うと16ページA6の簡易冊子ができます。ヒャッキンノートよりさらに落書きやメモやスケッチができる用紙として一緒に挟んで使っています。
b0036638_20205872.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2009-09-23 20:22 | 情報/数学/授業 | Trackback | Comments(0)
歩く速さと歩数を出す(2)
 医者がすすめるウォーキング(泉嗣彦・集英社新書)という本が、並んでいました。
 パラパラ読みの中でつぎのように触れてい箇所に目が止まりました。
「自分が好きなことと歩くことを結びつけて楽しいストーリーを見つけられるヒント。花が好きなら通勤ルートを変える。イベントの時期を記録しそこを通る。季節で通勤ルートを歩く。お遍路や街道を歩く」など。
 私の場合は、よく歩く垂水健康公園では、自分の歩数と距離、一週の時間からくる歩く速度などの見直しをします。1周を単調に歩くのではなく100m単位で歩数を測ることで、体調を見たり、歩数の78cmと80cmの違いなどを体感するという「ストーリー」を見つけています。
9/2のblogで運動公園の道標について触れました。
b0036638_1527277.jpg
 今朝の垂水健康公園の散策路でその道標をデジカメで撮りました。
 スタートの道標は進行方向の左側にあり、それ以後は右側です。最初は柱です。▼
b0036638_1528014.jpg
 次は低い四角の低い標注。▼
b0036638_15281461.jpg
b0036638_1528316.jpg
 最後のゴール。表面が落ちてますが、画像処理をすると1790mと読めます。ゴールとスタート間は2m弱ありますから、1周は1792mになります。▼
b0036638_15284724.jpg
 100mは、128歩から130歩と集中していました。スピードを落とすと大股になり歩数は一定傾向にあるようです。
[PR]
by okadatoshi | 2009-09-22 15:32 | 散策/登山 | Trackback | Comments(0)
QRコードの作成
b0036638_10153677.jpg
 マイミクの教え子さんと喫茶店で話し名刺を渡しました。
第二ステージに入った私の名刺はその時の気分でスケッチを差し替えてパソコン関係のアドレスも入れ裏表ともに使っています。
 次回ではmixiとか、ツイッターも入れたものを作ってもいいかも思っています。
 名刺の中のQRコードを相手の方は、携帯で確認し興味を持ってました。QRコードは専用サイトで簡単に作ることができます。
 URLやメールだけでなくテキスト情報も入ります。初対面の人と円滑な話をすすめるための名刺に入れる小道具としてもお勧めです。
このサイトで「作ってみよう→自由テキスト」で作成したものが下記のものです。ケータイで読み取ってみてください。
b0036638_1016221.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2009-09-21 23:59 | 情報/数学/授業 | Trackback | Comments(0)