<   2008年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧
モバイルの価格競争激化(2)
 midoriに封筒を持っていくと来店者全員に「ミドリちゃん電卓」をもらえるというので午前中家族で出かけました。あわせ、モバイルPCの価格をチェック。
 決算ご招待とありACEは、54800円。これに5%のポイントが付きます。価格.comでも53970円でしたから確かに決算特価。EEE PC901は59800円。価格.comでは、56550円が最安値。
 ディスクトップからPCノートへ学生のパソコンの使用環境が移っていますし、講義も実際のノートの使用環境をRGBで使う場面もいいかなと物色しています。
 Let's 'NOTEでVISTAになると20万円前後で売ってました。軽さ頑強さバッテリーの持ちなどを考えると最強の商品ですが価格が手が出ない。売れ筋ノートでは見られませんが工人舎のVISTAでoffice2007を外したSR8WP06ADがyodobasi.comで99800円です。ワンセグとDVDマルチ付きですから、今ある自宅のパソコンがすべてない状態ならこれに走るかも。
 価格を調べている間は、まだ決定的な購入に踏み切るわけではありません。1年後にこのレベルのスペックのものでどう推移するか参考のために書き込んでおきます。
 ワゴンセールでHDが積んでありました。500ギガで11800円。640ギガでは15800円でした。動画保存の需要を考えるとテラ単位でさらに安価なものが出てくる気がします。
b0036638_18224948.jpg
(追記:2008/09/01 8:59:43)
 今朝のPC関係のメール配信ニュースを見るとEeeから901シリーズからBluetoothを外した後継機種700シリーズを今月中旬から発売としています。記事によれば次のような機能アップをしています。
(1)Cドライブとして使われる内蔵SSD容量を4GBから8GBに増やした、(2)30GBの外付けHDDを添付した、(3)バッテリー駆動時間を3.2時間(4G-X)/3時間(4G-UX)から3.7時間に延ばした、(4)実勢価格を4万9800円から3万9800円に下げた――など。
(関連・参考サイト)
4万円台のPC701 SD-X1を発表
5万円台の特集
[PR]
by okadatoshi | 2008-08-31 18:27 | 情報/数学/授業 | Trackback | Comments(0)
SLの傍の道の駅・若桜
 郷里の鳥取に帰省するには国道53号か29号線を使うが、新しく6月からオープンした若桜町の道の駅「桜ん坊」に行き帰りとも立ち寄りました。地産地消、その地域の物産の展示コーナーの性格を地方の道の駅は持っています。食堂も工夫され新しくできた建物でスタッフも元気があります。▼
b0036638_22275226.jpg
 設置場所は第三セクターで運営され稼働状態にある蒸気機関車を見ることができる若桜駅に隣接をしています。道の駅に車を起き若桜の街を散策するのもいいです。9月のSL走行は14日と28日でそれぞれ11時と13時半と掲示がありました。▼
b0036638_2228498.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2008-08-30 22:28 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
梨の新品種「新甘泉(しんかんせん)」を食べました
 8/28から露地植の20世紀梨が大阪で出荷されました。今年は糖度も14と甘いようです。それまではハウスものの20世紀梨は出てますが甘さはおよびません。露地植がでるまでのつなぎとして鳥取県では新しい品種の開発をしており新たに6種類のものを作ったと地元の日本海新聞に出ていました。
 実は墓参に帰省中でつれあいの実家は果樹園を持っています。今回は表題の新甘泉を頂きました。20世紀梨よりも少し黄土色がかっていますが十分に甘いものです。名前が新幹線を連想しちょっとびっくり。
b0036638_9503421.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2008-08-29 23:59 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
モバイルの価格競争激化
 天候が悪くコジマを今日は散策コースに入れました。
電化量販店の展示では最近モバイル関係に目が行きます。
ソフトバンクの攻勢どこでもインターネットができるミニPCの広告が目につきます。WILLCOMのD4も早々とアカデミーパックを発表しました。
 ケータイとノートがさらに融合していく傾向が見られます。市場の頭打ちというより身近な文具の可能性を広げる流れを感じます。
 ますます使う人と使わない人が二極化していきます。
 本屋で20年以上前の教え子に会いました。今は会社を作り学校へ健康調査のマークシート調査で安定した販路を得ているとのこと。大学生のころからバイトとしてその分野をやりソフトを自ら作る“パソコン使い”です。
 メールアドレスを聞いたら「ありますけど、スパムが多く開いていません」とのこと。
 機器環境が進化し多様化していっても使い方が必ずしも進んでいるとはいえずスパムメールや新種のウイルスの際限なき登場を見るとパソコンを使う前提は性悪説に立たないとだめなのかという思いが最近はしてきます。
 金融関係に勤務している知人と話すと「会社ではテキストメールは見られても添付ファイルのアップやダウンはできないしセキュリティ面からusbなどによるファイルの持ち出しも禁止。出せるのは許可を得たプリントアウト文章のみ」ということでした。
 パソコン通信が広がり始めた1980年代後半、誰でもどこでも安いコストでパソコンが使える環境を夢見ていましたが20年後の今、また予想をしないような匿名性の陰に隠れた不愉快な環境もまた手に入れてしまっています。情報に関する新たなモラルと機器との付き合い方が教科「情報」ではますます期待されます。
b0036638_23132019.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2008-08-28 23:15 | 情報/数学/授業 | Trackback | Comments(0)
よく使うフリーソフト>Light Write
 パソコン雑誌で息長く特集が組まれているのがフリーソフトです。
おびただしいソフトの中でも、いつまでも使い続けるものは限られてきます。使用する人の興味やパソコン環境にもよります。
 私の場合は、USBケーブルに必要なソフトやデータを入れて、出先のパソコン環境で継続して同じ作業ができるものに関心があります。
 レジストリーを使用しないで使えるものです。講座のテーマに取り上げてそのまま参加者に渡し個々の自宅のパソコンで続きを使えるということもできます。
その中で今回紹介をするのが、「Light Write」です。
http://triton.casey.jp/portable/light-write/
のVer. 1.14が現在の最新版でこの文章もこれを使って作成しています。
メモ帳のような付箋を一覧にしているようなイメージです。

●「新」をクリックすると新たな書き込み画面が出ます。タイトルの「無題[n]」を左でダブルクリックして名前の変更をします。
●このソフトには印刷機能はありません。コピペで他のエディタに貼り付けるか、ツールのあるフォルダーに「memo」というフォルダーがありますから、そのなかにあるタイトル名のファイルを開きます。
●便利な機能に「F5」を押すと書き込んでいるときの時刻がでます。例えば使い方について追記:2008/08/28 5:25:30というような使い方ができます。

テキストの折り返しとフォント書き込みの最初にすると便利です。
(さらに追記:2008/08/28 5:32:41)

 blogの文章を複数作成したり、書きかけの文章を少しずつ追加して完成させるなどにあっています。▼
b0036638_2246577.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2008-08-27 22:59 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(0)
近隣の大歳神社を歩く
 少し陽射しにも耐えられるような気候になり、家人の買い物の間、近場をしっかり歩き。
 私の住んでいる団地からもっとも近い奥畑の大歳神社付近を散策。▼
b0036638_14111926.jpg
  大歳神社は西日本に多く、中でも兵庫県には400近くの大歳神社があるとWeb情報では触れられています。
 神戸市内の大歳神社は次のサイトによれば50近くあります。
http://www.geocities.jp/ohtoshi_shrine/KobeOtos.html
 地下鉄名谷駅を中心に沿線沿いは急速に宅地化されていますが、こんもりとした樹木を残し氏子に支えられて神社が残っているのは、自然が消えるのに抵抗している最後の砦のようにもみえます。
 境内には「文運長久」の文字を彫りこみ奉納された灯篭がありました。裏には大正4年に、歩兵三九の方の凱旋紀念の文字がありました。その横には江戸時代の年号の入った灯篭の土台。▼
b0036638_14113445.jpg
 b0036638_14142446.jpg 最近の若い人には、武運長久の意味も出征前に神社に祈願をして行くことも知識外のことです。大正4年といえば、日本が中国に対してドイツに変わり山東省の租借地の権限譲渡を迫った年で、大陸へ進出し始めた時代です。

 急速に消えてしまう身近な郷土史の痕跡に思いを留めながら歩くのもいいですね。
 右の道しるべは、「左あかし、右太山寺」とあります。奥畑口から総合運動公園に上がる坂の入り口に移設された道標ですが、昔は幹線道路だったのでしょうか。今は、地下鉄に並走している道路へのバイパスになっており、歩く人も少なく気づかれることもありません。
[PR]
by okadatoshi | 2008-08-26 14:16 | 散策/登山 | Trackback | Comments(0)
六甲山>ダイヤモンドポイント散策
 今週は今日あたりしか山に登れそうな日はないので急遽山へ。プチ登山です。
自然保護センター横の記念碑台の無料駐車場に愛車を置き、近畿自然歩道のノースロードの散策路を歩きました。途中、シュラインロードを行者堂まで。途中仏像があちこちに置かれていました。▼
b0036638_18143715.jpg
 再びスノーロードに戻りダイヤモンドポイントへ。▼
b0036638_18144918.jpg
 今日は軽装なので、そのまま丁字ケ辻からもとの記念碑台に戻りました。
[PR]
by okadatoshi | 2008-08-25 18:15 | 散策/登山 | Trackback | Comments(0)
団地の夏祭り
 雨で順延になった団地の夏祭りが開催されました。
今年は団地開発されて30周年ということで全所帯に空くじなしの大抽選会が今年の呼び物です。30年目に積水ハウスが開発した地下鉄沿線の丘陵地帯の戸建ての団地で800世帯を超えています。
 この団地を育っていった子供や孫たちが夏祭りには帰ってくるので、2000人ほどの参加で普段は高齢化でさみしくなった団地も多くの住民や元住民が集います。
 同じように高度経済成長の中で家を建て同じように老いていく日本のサンプリングのような地域です。
自治会館を中心に様々なサークル活動も活発で出店やバザーも出しています。▼
b0036638_1802226.jpg
 私はネット部会に入っておりこの日は、プリクラ写真サービスと映画鑑賞会の応援をしました。▼
b0036638_1803594.jpg
 終の棲家となるような地域の交流が盛んになればいいのですがこの規模のお祭りがいつまでやれるのか高齢化も進んでいますからいつかは形を変えていく時期が来ると思います。
[PR]
by okadatoshi | 2008-08-24 23:59 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
モディリアーニ展>過去最大規模
b0036638_16591064.jpg 先日絵の好きな知人と出かけました。素描を中心に代表的な作品がよく集められています。同展は9月15日まで 国立国際美術館で開催中。
 いつも展覧会では、自宅に飾るとしたらと一つの絵を決めその絵葉書を購入します。今回は右の『珊瑚の首飾りの女』1918年個人像です。アメデオ・モディリアーニ (1884-1920)が好んで使用する赤系統とは異なりパステル調の青が新鮮です。
 もともと彫刻家志望からくるアフリカの彫刻のプリミティヴィスムに影響され生涯その姿勢を貫いた作品群が多いですが、薄幸のうちに病に倒れ連れ添った妻も後を追うという生涯がもうすこし続けばさらに画風も化けていたかも知れません。短い作家活動の中に濃厚な人物像を残しています。▼
b0036638_16473882.jpg
 同展の入場券で近くのリーガロイヤルの食事が入場券で10%オフ。
国際美術館から歩いてすぐ近くにあり、ホテルからJR大阪駅まで頻繁に無料のリムジンバスが定期運行。
 画像は、この日頂いたコーヒーハウス「コルベーユ」で、日替わりランチ2000円(別途サービス料)。このクラスのホテルにしては安価でちょっとリッチ。▼
b0036638_16494912.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2008-08-23 23:59 | 絵ごころ | Trackback | Comments(0)
六甲山>桜谷から摩耶山へ
 TVの前で北京オリンピックや高校野球をゴロゴロして見ているよりも涼しい山を歩く方が気持ちがいいといつもの森林植物園をスタート。
 東門から桜谷経由で摩耶山という歩き易いコースに今日はしました。7月の登山と異なり木陰で休むと涼しい風がきます。8月も中旬を過ぎると秋の季節の動きが感じられます。山上からはロケーションのいい神戸空港が俯瞰できます。▼
b0036638_20192145.jpg
 山上近くのあじさい園には「産湯の井」が説明の表示も新たに作られ梵字石も水がなくきれいに読めます。彫られた字体から鎌倉時代のもととされています。昔、里人がこの水を武の筒にいれて赤ちゃんの産湯に使いこの名前があるとあります。▼
b0036638_20195857.jpg
 帰りは徳川道を選びました。石積みの後など史的な説明もあり子供づれに歴史を勉強しながら歩くのも安全な歩き易い登山ルートです。▼
b0036638_2020854.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2008-08-18 20:20 | 散策/登山 | Trackback | Comments(1)