カテゴリ:デジの目( 732 )
視覚障がいの方の学習会(49)>市制100周年を超えた尼崎市
3/26と同じタイトルです。
センターで勉強会をいつ頃から始めたのかはっきりしません。30年以上は続いています。

機器の進歩はめざましいのですが、新しい(晴眼者にとっては)便利な機能が増えても、それに障がい者が慣れるのには時間がかかります。ただ、最近のスマホにおける音声ガイドは便利になってきました。
それぞれが使っている機器の個別対応が中心になります。

excelをWindows10が持っている音声ガイドで立ち上げます。(左)パソコンから離れるとスリープ状態になりパスワードの入れ直しを避けるためにスリープに入る時間を長くしました。(右)▼
b0036638_21435992.jpg
ハーネスを外されたバルド君は休憩モードです。▼
b0036638_21435946.jpg
この時期外を歩くと鯉のぼりが目につきました。▼
b0036638_21435873.jpg
所用あり阪急武庫之荘へバス移動。
足下の100周年記念のマンホールと阪急武庫之荘駅の若葉の桜の木です。最初の着任校がこの近くにありました。尼崎は10年間過ごした場所です。▼
b0036638_21435900.jpg
年を重ねるごとに反比例して、当時の時間までがより短縮されて行くように感じます。

[PR]
by okadatoshi | 2017-04-23 21:46 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
春から初夏への空気
西の出講日です。
新幹線のプラットホームで、ハーブ園に繋がる夢風船が見えるポイントから。▼
b0036638_21162807.jpg
JR岡山駅構内でみつけた兵庫県のPRポスター。ここは隣の県だと感じます。▼
b0036638_21162872.jpg
岡山近郊ではビニールの覆いを貼り替えた葡萄の棚が広がります。田植えの準備は兵庫県沿線よりは遅いです。▼
b0036638_21162846.jpg
普段よりも少し早い電車に間に合いました。30分に1本のローカル線ですが3本の電車が並ぶ珍しい時間帯。▼
b0036638_21162950.jpg
自宅近くの最寄り駅。ソメイヨシノのトンネルはすっかり葉桜に。八重桜などまだ別の桜が見られます。▼
b0036638_21162712.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-04-18 21:18 | デジの目 | Trackback | Comments(4)
シルバーマークデビュー
SNSではかつて誕生日になると”おめでとう”の書き込みがありましたが現在では非公開にしているので、静かです。
今月は、75才になり誕生日以後は後期高齢者用の保険証に変わります。

今日のトレーニングジムの待ち時間に年齢の話になりました。高齢者対象の肺炎予防接種の割引など皆さん詳しい。
70才になった記念に免許証を返納したと言う方もいました。高齢者運転標識(シルバーマーク・紅葉マーク)をつけると周りが注意してくれると感じるという方もいました。現行では努力義務ですが、マークをつけた車に対しては周りは保護義務規定があります。

今週から最後の北の出講が始まりますが、通勤時に峠を越えるのと、つれあいが心配をするので標識をつけることにしました。▼
b0036638_17482164.jpg
20才になると成人式があり周りが祝います。後期後期高齢者になっても成人式に対応する老人式のようなセレモニーを持つ雰囲気はありません。もし記念日を設置すれば、逆にひがみも混じった騒音が巻き起こりかねません。

中国では老人という言葉は博識のある経験豊かな人格の総称です。若い人でも業績を上げた方には尊称で「ご老人」という呼び方をします。
以前、ゲストとして中国の大学で”日本の情報教育”について話したことがあります。昔からある校舎を老校と呼ばれ日本語学科のスタッフに「日本の古い老いたと言う意味ではない」と聞かされました。

孫君は今日が高校の入学式ですが、私は今月が後期高齢者への参入の月です。
過去の経験を生かし若い人に押しつけるのではなく謙虚に伝え、つきあいのあった友人たちとのコミュニケーションを図るアクティブな後期高齢者を目指せればと思います。

今日の気持を日記に書いて忘れないようにしよう。(笑)▼
b0036638_17482134.jpg


[PR]
by okadatoshi | 2017-04-10 17:55 | デジの目 | Trackback | Comments(4)
今日のSDカードから(89)>おかやまハレいろキャンペーン
17/03/05と同じタイトルです。
昨日の朝日新聞の記事です。期間中にここに行かなくては。▼
b0036638_22152594.jpg
駅に降り立つと、岡山 mt art projectに関係したカラフルな柄の壁紙のドア。▼
b0036638_22152445.jpg
ここにも。▼
b0036638_22152433.jpg
3ヶ月ぶりの桃太郎と噴水。桃太郎と猿に鳩が止まっています。すべてに鳩が止まっている画像を撮りたいのですがなかなか難しい。▼
b0036638_22152412.jpg
レトロなバス。駅前の桜もかなり咲いています。▼
b0036638_22152483.jpg
キャンパスの桜は満開に近づいています。”ハレいろ”だ。▼
b0036638_22152595.jpg
いつものローカル駅。新しいベンチ。変化に気づきます。▼
b0036638_22152553.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-04-04 22:17 | デジの目 | Trackback | Comments(4)
吉田旅人さんの京都コンサート(6)
2016/04/01に引き続き同じタイトルです。京都コンサートは7回目。
智頭町(3/26)、鳥取市(3/28)と演奏を続けて1週間を超える長旅です。▼
b0036638_21382208.jpg
今回の演奏内容
ブラームス作曲「四つの厳粛な歌」/ショパン作曲「子守歌」作品:57/ リスト作曲「ペトラルカの詩による3つのソネット」/ ショパン作曲「舟歌」作品:60/H.ヴォルフ作曲「ミケランジェロも詩による三つの歌」
朗読+歌:吉田(阿吽) 旅人  ピアノ:山田剛史▼
b0036638_21382119.jpg
体調不調の時期を克服し声の衰えを知りません。▼



[PR]
by okadatoshi | 2017-03-30 21:40 | デジの目 | Trackback | Comments(2)
視覚障がいの方の学習会(48)>盲導犬バルド
2016/12/18と同じタイトルです。1,2月と参加でず久々のスタッフ参加です。

新しく参加をされた方が、盲導犬を連れて来ていました。真っ黒で表情がつかみにくい。毎日ブラッシングをされてます。
私とは初対面。名前はバルド。スペイン語で勇士の名前らしいですが不明。パピーウォーカーが決めたようです。
盲導犬になれない犬のかなりの理由は”拾い癖”のためらしい。バルドにも癖があって、排尿の時にグルグル回りが抜けないので身障者様のトイレなどのスペースが必要とお聞きしました。そのために排尿回数は1回。ご主人がパソコン作業中は机の下でじっと動かず、ハーネスをつける作業の時は喜んでご主人にくっつきます。▼
b0036638_21125844.jpg
持ち込まれた機種はWindows7,10とiphoneで、個別対応のためにいつもながら戸惑います。▼
b0036638_21125714.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-03-26 21:16 | デジの目 | Trackback | Comments(2)
墓参で帰省(2日目)>仁風閣、河原城
故郷を出てから毎年墓参に帰省しますが、今日は殆ど行かなかった場所を訪れました。
久松山頂に登りましたが、これは別にblogを起こします。▼
b0036638_23133490.jpg
久松山の麓にある仁風閣へ入館。▼
b0036638_23133491.jpg
小学校の頃は博物館になっていて、入場無料で土足で上がれました。階段の手すりにまたがって滑り降りて叱られた記憶があります。つれあいは初めてと言っていました。▼
b0036638_23133496.jpg
鳥取県で初めて電灯がついた洋館で、当時の電球を今も再現して使用しています。▼
b0036638_23133535.jpg
この後、いつも道の駅”かわはら”から見上げていて気になっていた河原城へ。町のPR用の施設で、中にはお土産ものや町の紹介コーナーもありびっくり。しかし、観光客は少ないようでした。▼
b0036638_23133408.jpg
両施設とも、昨日の博物館と同じく65歳以上は県外の人も無料でした。
今回の往復走行距離は、390km。

[PR]
by okadatoshi | 2017-03-18 23:18 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
墓参で帰省(1日目)>鳥取県立博物館
つれあいの実家の墓参ではまだ周りに残雪が残っています。
雪解けの場所にはフキノトウが出ています。
今回の豪雪でつれあいの実家の味噌蔵も潰れていました。▼
b0036638_22210582.jpg
県立博物館では三つの展示を開催中でした。
水木しげる魂の漫画展では、紙芝居形式で彼の生い立ちから漫画家としての流れをコーナー別に紹介をしています。▼
b0036638_22210587.jpg
現代美術作家展「誰が記憶を所有するのか」。
この中で、西野達氏による田中寒楼さんをモチーフにしたものがありました。寒楼さんと呼ばれていて、私が小学校のころ我が家にも来られて、お酒を呑んでは色紙を書かれました。遠い親戚筋の方でもあり、
放浪の郷土の俳人・田中寒楼 でも触れています。右は、前田寛治氏の作品を椅子状した作品。▼
b0036638_22210589.jpg
他に濱田台兒展。65歳以上は無料。

日本海新聞から。地元新聞の記事も懐かしい。▼
b0036638_06185387.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-03-17 18:14 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
月の区切りにやること(13)・葉書新聞
2017/02/01と同じタイトルです。
使わないと忘れてしまうので、月初めに送る絵葉書の通信面をフリーソフト”朝刊太郎”で作成しスケッチは宛名の下段へ置きました。CubePDFで保存した葉書(クリック)です。画像もかなり鮮明に表示されます。▼
b0036638_19044461.jpg
ラジオ深夜便の2月号のDVD化。右はつれあいが結婚以来続けている雛人形を3月には飾ります。▼
b0036638_19044486.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-03-01 19:07 | デジの目 | Trackback | Comments(2)
冬の北海道ツアー>アラカルト
今回は、二泊三日のトラピクスの@4万円台の低価格ツアーでした。なかなかの人気商品でバスは定員48席が満席で、行く先々でも別のトラピクスツアーと出会いました。山小屋に比べれば一部屋あるだけでもありがたいと思う我々ですからホテルのグレードアップもせず、野外のイベントにはすべて参加しました。
3日間から記憶に残った画像を拾って見ます。

4爪の軽アイゼンを持参しました。二日間の氷瀑まつりや氷上フェスティバルへ参加しましたが、足下がしっかりして正解でした。ただ、”刃物扱い”で持ち込み拒否扱い。荷物として預けなければならず遅延の混雑時で搭乗手続きの待ち時間のロスが生じました。▼
b0036638_08045201.jpg
登山以外の一般観光ツアーは久々でした。北海道は雪のない台湾の方々に人気があるようで至る所でそのことがわかりました。▼
b0036638_08045298.jpg
土産物店も中国人を意識した品揃えです。▼
b0036638_08045333.jpg
ツアーのバスは、土産物店と集合写真がセットです。北海道らしい毛皮は、熊は64万円台、鹿は2万2千円。▼
b0036638_08045207.jpg
土産物店では試供品が満載でした。
左は小分けにしないでそのまま一個の饅頭のまま出されいました。右のタレントがオーナーのキャラメルの試供品はありませんでしたが。▼
b0036638_08045315.jpg
行きはANA、帰りはJALでした。ANAのヘッドフォンは、持ちこんだipadにもそのまま使え音も漏れないいい作りです。CAさんに持ち帰りをしてもいいかと聞くと「持ち帰ってくださいとは言ってませんが、お持ち帰りになるお客様もおられますのでどうぞ」ということでした。右のJALはヒャクキンよりも粗雑。▼
b0036638_08045325.jpg


[PR]
by okadatoshi | 2017-02-22 23:59 | デジの目 | Trackback | Comments(2)