カテゴリ:デジの目( 738 )
New Education Expo 2017大阪会場
2016/06/17とほぼ同じタイトルです。
セミナーに参加しました。▼
b0036638_22353648.jpg
大会後の懇親会。▼
b0036638_22353507.jpg
ほぼほぼ20年ぶりに教育工学の重鎮になられたA先生とお会いし話ができたのが収穫でした。
今日はかなり酩酊。寝ます。

[PR]
by okadatoshi | 2017-06-16 22:37 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
本日、梅雨入り
近畿地方は雨混じり。トレーニングジムの入口のアジサイも色づいてきました。
中四国から関東にかけて梅雨入りです。▼
b0036638_21420264.jpg
山登りは無理なので、夏に向けて扇風機を購入に出かけました。1992年と1995年のものはまだ動くものの廃棄処分にすることにしました。扇風機は使用10年が使用年数の目安と聞きました。

リモコンのついてないメーカーのものにしましたが、「ネット通販ではいくらかな?」とつぶやくと店員はスマホで類似品を検索してくれました。(凄いサービス)ほぼ同価格に値引きして購入。60ヘルツで廃棄のものは49w。本日購入のものは41wでした。▼
b0036638_21420170.jpg
団地の方からの相談で、「パソコンのことはよくわからない。更新手続きのことも分らない。カードを使ってネットから購入するのは怖い」という条件に合う、ウイルスセキュリティソフトを購入。
先ほど自宅へ行ってインストールとアカウント登録を済ませて帰宅。▼
b0036638_21420135.jpg
訪問先でdocomoの熟年用スマホでメールが送れないと質問されました。dアカウント設定エラーで、サイトを見ると「wi-fiを切って3g/4gで繋ぐと多くの場合直る」とありました。
簡単なはずのボタン操作ではwi-fiの切り方がメニューになくやや手間取りました。送れる様になりましたが、トラブルが起きたときは、かえって復旧に手間取るように思います。

[PR]
by okadatoshi | 2017-06-07 21:44 | デジの目 | Trackback | Comments(2)
人と自然の博物館へ
北の出講日です。
10年余り通っていますが、近くにありながら入館をしたことのない、県立人自然の博物館へ立ち寄りました。▼
b0036638_21540738.jpg
ここの研究員は県立大学の教授陣が兼務をしており研究機関でもあります。広い敷地に4階建ての展示ルームがあります。
最近発掘されて話題になった丹波竜関連の資料が目を引きます。また、昨日行ったばかりの氷ノ山のブナ林の再現エリアもありました。



平日だったためか私が入った時は幼稚園の園児を見かけただけで他には入館者はいませんでした。▼
b0036638_21540769.jpg
博物館は、フラワータウン駅にあるショッピングモールフローラ88に隣接しています。ここの駐車場は、最初の2時間は無料、価格に関係なく館内のレシートがあるとさらに1時間無慮で延長。博物館の入場券があれば4時間は無料です。

大きなモール街のイートインで遅めの昼食を摂りました。▼
b0036638_21540610.jpg
今日の歩数は9000歩。

[PR]
by okadatoshi | 2017-06-01 21:57 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
土日は神戸アリーナは部活動の試合会場
トレーニングジムのopen前の雑談は、文科省の前事務次官と政府の対応。「Y新聞はおかしいね」と言う話しも。もともと阪神ファンとは相性が悪い新聞なのですが。

アリーナの会場では、県高校総体のバスケットの大会会場に土日がなっています。全国大会の予選も兼ねているので、部にとってはもっとも大きな大会です。会場周辺では、県下の高校の選手たちが練習をやっています。▼
b0036638_17544238.jpg
かけ声をかけて”青春をしている”のを見ると清々しさが感じられるのですが、技術指導ができる顧問以外の引率要員の顧問は、大変だろうナと思いました。

私も最初の着任校では、新卒の若い教師というだけで水泳部の顧問になっていました。もともとスポーツのたぐいは苦手で泳ぐこともできない顧問では生徒にも気の毒でした。
試合の引率では競泳の計時係をやらされ、早々と自分の学校の選手は予選に負けて引き揚げても他校の選手の試合の計時をずっとやらされていました。雨なので長靴をはいてプールサイドに立ったら「神聖なプールサイドに土足で上がる非常識な教師」と注意され裸足にされました。本部役員は雨の中でもテントの中で自分たちだけ大会役員用の弁当を食し、わたしのような名目の兵隊顧問はもっぱら下働きで、バス代だけの支給。当時は「こんなものなのか」と思った記憶があります。

今では、部活顧問の試合時の手当もつくようになってそれでも、3000円(一日)程度のようですが、代休制度があるにしても授業日にとれるわけでもなく、月曜日からまた勤務です。しかも、生徒に事故があれば病院の手配から保護者対応までのすべての責任が生じます。部活の顧問は”本来の教師の仕事”かと言うと法的には曖昧です。顧問の委嘱がスムーズにいくまで管理職は新学期の立ち上げができません。
それでも高校はまだ生徒が成熟しているのでやりやすいのですが、中学では生徒指導・受験指導・保護者対応がより厳しく17/04/28のblogでも触れた、中学教諭の6割が過労死ラインのような現状があります。

中学の部活動顧問のありかたについて、12年目の中学教師の方が、生徒の心に火をつけるためのブログツイッターでは、心に火をと言うサイトを立ち上げています。
この中に、【路線図】学校の先生の仕事を路線図に例えてみると言う投稿があり、次の一覧表がありました。これで見ると担任と顧問を兼ねているもっとも多教師はすべてチェックが入り、唯一チェックのないのが”土日の家族との時間”というブラックジョークの一覧になっています。(画面をクリックすると拡大して見やすくなります)▼
b0036638_17544354.jpg
管理職は楽そうですが、この表を作成した方が実際に管理職の体験をされたらもっと別の項目が増えるはずです。特に教頭職は校内でトラブルが生じたときのすべてが集中する職です。誰よりも早く出校し、誰よりも遅く学校を離れます。配下の先生方の不満をすべて聞く役割もあります。真面目に職務(と言っても穴が空いたところすべて)を全うすることは大変です。

教師の使命感と生徒とのふれあいで辛うじて維持されている現場を教育行政がもっと理解し、フォローアップしてあげないと思います。
何か施策をしようとも校長職には予算権はなく、学校経営の責任が重くかかっている役職です。

[PR]
by okadatoshi | 2017-05-27 17:58 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
絵本作家長谷川義史の展覧会
昨日のルネッサンス展で近隣の美術展のパンフレットを集めてかえりました。
その中に、”いいからいいから”長谷川義史の世界展があり、つれあいが乗り気で、ジムから戻って急遽車を明石市立文化博物館へだしました。▼
b0036638_19355590.jpg
入口で一緒に。(笑)▼
b0036638_19343240.jpg
毎日放送 ちちんぷいぷいの長谷川義史「とびだせ絵本」のコーナーが二人とも好きでよく視聴しています。▼



絵本の原画や作成過程の絵コンテなども展示されています。
TVでは、アバウトに童心のまま描いていると感じていたのですが、ずいぶんと緻密に計算し試行を重ねて作り上げていました。
自らの生い立ちを絵本に作り、戦争を嫌うぶれない創作姿勢が分りました。
フロアは撮影は自由でした。童心に帰れます。▼



福笑い。▼
b0036638_19343112.jpg
だじゃれカルタ。▼
b0036638_19343265.jpg
b0036638_19343141.jpg
子どもたちには受ける内容と思います。
同館で5月21日まで期間中無休。

[PR]
by okadatoshi | 2017-05-15 19:38 | デジの目 | Trackback | Comments(2)
月の区切りにやること(14)・トレーニングジムの定期券を更新
2017/03/01と同じタイトルです。
5月は8通送付。6月から葉書代金が62円へあがるので6月分は5月31日までに出さなければ。子どもや孫は郵便切手の収集には関心がないようなので、1枚だけ残してどんどん使っています。62円切ってもまだあるので、月初めの絵葉書だよりはまだ経済的には負担にはなりません。

今月は4月に行った津山の学びの鉄道館の扇形機関車庫にしました。ここはいつかスケッチにしたいと思っていた場所です。車庫の左から3と4つめの気動車は、キハ58,28で40年ほど前は因美線を走っていた急行”みささ号”です。初任地の尼崎に就職していた当時よく乗って帰省していた懐かしい車両です。▼
b0036638_20362750.jpg
月の区切りの決まりごとであるHPの表紙の更新やラジオ深夜便の4月分の入れ替えなどもやりました。毎度の台詞ですが、一ヶ月が1週間の感覚(間隔かも)で過ぎ去ります。

3ヶ月に1度の定期検診では前回悪くなった数値は改善傾向にあるとの診断でした。で、今月もトレーニングジムの定期券を購入。

新しく入れ替えたInBody270で体内の筋肉量など調べました。
結果は、上半身(腕)の筋肉量が標準以下で肥満度指数は高めでした。今度の機会は番号登録で機械に履歴を残すことができます。
なんとか体力の維持をはからねば。

[PR]
by okadatoshi | 2017-05-01 20:39 | デジの目 | Trackback | Comments(4)
地方創生は観光頼りか
最後は故郷に帰るつもりで就職先を尼崎市にして下車。
そのまま、こちらに住み着いて、神戸が”終の住処”となっています。
私は故郷とつながりを絶つ気は無く本籍も故郷に置き、子どもたちは不便と言っています。子どもの代になれば、墓参りをすることもなく放置されるだろうと頭をよぎります。

今後30年もすれば、少子化が進行する度合いも大きく進み生活様式も今とは異なっているでしょう。子どもも孫もこちらで生まれ、両親の故郷もこの世代にとっては特に愛着があるわけでもなさそうです。

最近、山陰インバウンド機構の山陰の紹介ビデオを見ました。美しい映像にやはり愛着を感じます。▼



岡山へ行ってみると年間を通じて集客力を狙った企画をいろいろやっています。
そこに住む人にとって、都会にない豊かさを感じる環境があり、それが人と人の広がりに繋がらないと地方創生にはならないように思います。

美しいアングルで撮られた映像は見方を変えればその地の挽歌に聞こえない事もありません。

[PR]
by okadatoshi | 2017-04-26 16:45 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
視覚障がいの方の学習会(49)>市制100周年を超えた尼崎市
3/26と同じタイトルです。
センターで勉強会をいつ頃から始めたのかはっきりしません。30年以上は続いています。

機器の進歩はめざましいのですが、新しい(晴眼者にとっては)便利な機能が増えても、それに障がい者が慣れるのには時間がかかります。ただ、最近のスマホにおける音声ガイドは便利になってきました。
それぞれが使っている機器の個別対応が中心になります。

excelをWindows10が持っている音声ガイドで立ち上げます。(左)パソコンから離れるとスリープ状態になりパスワードの入れ直しを避けるためにスリープに入る時間を長くしました。(右)▼
b0036638_21435992.jpg
ハーネスを外されたバルド君は休憩モードです。▼
b0036638_21435946.jpg
この時期外を歩くと鯉のぼりが目につきました。▼
b0036638_21435873.jpg
所用あり阪急武庫之荘へバス移動。
足下の100周年記念のマンホールと阪急武庫之荘駅の若葉の桜の木です。最初の着任校がこの近くにありました。尼崎は10年間過ごした場所です。▼
b0036638_21435900.jpg
年を重ねるごとに反比例して、当時の時間までがより短縮されて行くように感じます。

[PR]
by okadatoshi | 2017-04-23 21:46 | デジの目 | Trackback | Comments(0)
春から初夏への空気
西の出講日です。
新幹線のプラットホームで、ハーブ園に繋がる夢風船が見えるポイントから。▼
b0036638_21162807.jpg
JR岡山駅構内でみつけた兵庫県のPRポスター。ここは隣の県だと感じます。▼
b0036638_21162872.jpg
岡山近郊ではビニールの覆いを貼り替えた葡萄の棚が広がります。田植えの準備は兵庫県沿線よりは遅いです。▼
b0036638_21162846.jpg
普段よりも少し早い電車に間に合いました。30分に1本のローカル線ですが3本の電車が並ぶ珍しい時間帯。▼
b0036638_21162950.jpg
自宅近くの最寄り駅。ソメイヨシノのトンネルはすっかり葉桜に。八重桜などまだ別の桜が見られます。▼
b0036638_21162712.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-04-18 21:18 | デジの目 | Trackback | Comments(4)
シルバーマークデビュー
SNSではかつて誕生日になると”おめでとう”の書き込みがありましたが現在では非公開にしているので、静かです。
今月は、75才になり誕生日以後は後期高齢者用の保険証に変わります。

今日のトレーニングジムの待ち時間に年齢の話になりました。高齢者対象の肺炎予防接種の割引など皆さん詳しい。
70才になった記念に免許証を返納したと言う方もいました。高齢者運転標識(シルバーマーク・紅葉マーク)をつけると周りが注意してくれると感じるという方もいました。現行では努力義務ですが、マークをつけた車に対しては周りは保護義務規定があります。

今週から最後の北の出講が始まりますが、通勤時に峠を越えるのと、つれあいが心配をするので標識をつけることにしました。▼
b0036638_17482164.jpg
20才になると成人式があり周りが祝います。後期後期高齢者になっても成人式に対応する老人式のようなセレモニーを持つ雰囲気はありません。もし記念日を設置すれば、逆にひがみも混じった騒音が巻き起こりかねません。

中国では老人という言葉は博識のある経験豊かな人格の総称です。若い人でも業績を上げた方には尊称で「ご老人」という呼び方をします。
以前、ゲストとして中国の大学で”日本の情報教育”について話したことがあります。昔からある校舎を老校と呼ばれ日本語学科のスタッフに「日本の古い老いたと言う意味ではない」と聞かされました。

孫君は今日が高校の入学式ですが、私は今月が後期高齢者への参入の月です。
過去の経験を生かし若い人に押しつけるのではなく謙虚に伝え、つきあいのあった友人たちとのコミュニケーションを図るアクティブな後期高齢者を目指せればと思います。

今日の気持を日記に書いて忘れないようにしよう。(笑)▼
b0036638_17482134.jpg


[PR]
by okadatoshi | 2017-04-10 17:55 | デジの目 | Trackback | Comments(4)