カテゴリ:メディア( 263 )
台風で信州別所温泉行きを断念
今日は終日、超大型の台風21号の動きを気にしていました。
実は、信州の鎌倉と言われる別所温泉へ向かう予定でした。
学生時代のサークルのOBで、私が若手の年代となる30名の方々でメーリングを組み毎年懇親会を開催しています。勤務の関係で出席の曜日が限られている私が参加しやすいように、そして以前私が「無言館」に興味があると言うことを知って、今回は別所温泉での開催になったのです。

最近の豪雨の動きを見ると、ゲリラ化してどこの集中豪雨が起きるか分りません。特に、私の場合の火曜日には西の出講があるので、月曜日中に戻る必要もあります。勤務に行けないリスクがあるので、すでに切符も購入していたのですが行くのを急遽取りやめました。▼
b0036638_20322890.jpg
衆院選挙結果、8時の投票締切りで出口調査などのデータを基に早々と発表。選挙締切りと同時に態勢が判明するとは味気ない。▼
b0036638_20322807.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-10-22 20:33 | メディア | Trackback | Comments(2)
ネット社会とのつきあい方
文春砲が話題になっていますが、講談社の現代ビジネスのサイトからも多様な評論家の意見が読めます。

は、最後まで読みました。

一時、youtubeの政治的主張の強い番組を斜め読みをした時期がありましたが、左右の論調を問わず何も得るものを感じません。twitterは、スケッチのネット上での保管代わりで文章の書込みはしません。
facebookは、パソコン通信時代につながりのあった方々の多くが引っ越しているので公開範囲を限定して生存証明代わりの投稿は続けています。
政治信条を明確に感情的に断定された書込みを読むのは苦手です。
喫茶店で座り、文字情報以外に相手の仕草が分りそのバックグランドも分っている同士の会話と、SNSでの一方通行の書きっぱなし言いぱなしの世界は異なります。

blogは私の場合は、日々の公開日記です。検索してその日の画像を見て何年前の事などを思い出すときに役立ちます。
個人のアナログ日記も断片的ながら小学校5年時から書き続けています。日記は「である調」。blogは「ですます調」にしています。これは客観性を持たせてネット上に書き込んでいる事を自覚するための自分なりのスイッチです。

最近気になったニュース。

内容については、
で分ります。
すでにここでは、動画は削除されていますがネット上では、まだあちこちで見られます。
 希望の党 前編  後編
総務省が選挙に行くことを啓発するために、「選挙権を行使しなかったらカモフラーされた耳障りのいい政党が政権をとり、女性も徴兵されて戦地に行く状態になるかも知れない」という内容です。
作成時にはあり得ない荒唐無稽の内容とされていたのでしょうが、今の政権下の総務省では企画段階でも考えられない。
戦前のドイツでは、ナチスがポピュリズムにのっかり合法的に選挙で選ばれました。

blogのコメントで何度か触れましたが、高校時代に小説1984を読み近未来に対して不安な気持になった事があります。この小説に登場してくる「耳元で話すと相手と話せるもの」とはスマホそのもので現実の社会にあります。
情報も管理され限られた世界の中でそれぞれの施政者のコントロールされたものしか知ることができなくなりつつあります。中国・北朝鮮はイースタシア国に付合します。
”ICANのノーベル平和賞”に対して政府は何もコメントを出さないのではなく出せなくなっていますが、それはジョージ・オーウェルの小説1984のオセアニア国に組み込まれているからではないかと思います。
「平和を守るために今は戦うときです」と子どもや孫が言い出せばそれは、戦後ではなく戦前です。

国際化、情報科社会というバラ色のフレーズが、個人の思考を制限する方向に動いているような気持から抜けきれません。
#今日は画像のないblogになりました。

[PR]
by okadatoshi | 2017-10-09 14:38 | メディア | Trackback | Comments(0)
カンスー(関西スーパー)のイートインがオープン
9/25で触れたカンスーの休憩コーナーが、机や椅子も入れ替え本日からイートインとしてリニューアルオープンし、お茶と珈琲の試供品サービスをやっていました。
100円珈琲、電子レンジ、ポットも置かれ、スタンド側には各椅子の前にスマホ用の電源があります。usbケーブルにも対応しており無料のwi-fiも完備。つれあいの食料品の購入時間もここで仕事ができます。(^^;)▼
b0036638_13332776.jpg
木曜日に発売の週刊文春をパラパラ見ました。
SNSでは取り扱いに気をつける3S(政治・宗教・スポーツ話題)ですが、本来の政策論争から離れて芸能ゴシップ記事化される選挙の扱いに戸惑います。▼
b0036638_13332790.jpg
小池百合子氏は「緑のタヌキ」という報道が話題になってますが、「赤いきつね」は何党だろうと思ってしまいます。自民党が敵対候補に対して使うとぴったりの「赤いきつねと緑のたぬき~♪」のフレーズに思います。が、圧勝するつもりで、結果的に最悪の解散のタイミングを選んでしまった自民党・安倍総理にはそんな余裕は無いのかも知れません。▼
b0036638_13332740.jpg
長女が便利だからと購入してくれたレジかごバッグ(こういう商品名があるとは知りませんでした)を初めてつれあいは使用。
詰め替え時間はなく確かに便利です。ただ、一つにまとまるけど私一人で持つので重い。(*´∀`*)▼
b0036638_13332742.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-10-07 13:38 | メディア | Trackback | Comments(2)
授業中の教師への暴行動画
トレーニングジムのTVや居間のTVのワイドショウでは、小池新党”希望の党”を巡るめまぐるしく変わる政局か、トランプ大統領の北朝鮮へのツイッターの画面が流れています。

昨日からさらに頻繁に、福岡の男子生徒を逮捕・講師への傷害容疑が取り上げられています。
ワイドショウとは一線を画した毎日放送の情報番組ちちんぷいぷいでも夕方この事件を取り上げていました。▼
b0036638_21511728.jpg
キーワードを入れてネットで検索すれば、モザイクの取れたオリジナルの動画が簡単にヒットし、加害者の顔写真・家族構成・実家の家・母親とされる人物のいいわけ・果ては逮捕された少年の恋人らしい人物の書込みなど真偽のほどは確認できない状態での炎上状態が生じています。学校の説明会での心配する保護者の声も流れていました。

偏差値で輪切りされたランク付けの中で、この学校は授業料を無償にして”特進シリウスコース”を設置し生徒の学力に応じた企業努力をしようとしている私学であることはホームページから読み取れます。
このような学校の中で棄てられた気持を持つ生徒への差別意識や、まだ若い講師への批判なども続き、興味本位の炎上の再生産が繰り広げられます。

教職を目指す学生にこの事件をどのように教材として与えることが可能か考えていましたが難しい。採用試験を狙う学生は、学習環境の整った高校、大学で学生生活を送ってきたものが多いです。
そのまま彼らに投げ出せば、「そんな学校には行きたくない、教職はしんどそう」と短絡的に考えかねない。
どのように提示するのか、あるいは特異なケースで触れるべきではないのか迷っています。

[PR]
by okadatoshi | 2017-10-02 21:54 | メディア | Trackback | Comments(0)
情報の渦に呑込まれ路を見失いそう
今朝のトレーニングジムの話題は、やっかいな隣人のミサイル発射でした。
朝のレンドラの"ひよっこ"が見られなかったという方に、BSの103でam7:30から見られることを教えました。(^^;)

前回同様、どのチャンネルも延々と同じニュース速報で、「政府は国民の安全・安心を守る」と言う官房長官の画像が登場します。キャラバンで移動しているかのような北朝鮮問題のコメンテーター達が次々に画面に顔を出しています。▼
b0036638_18084704.jpg
政府に都合の悪いネット情報は遮断されることにない我が国ですが、これだけ各局一斉に政府と"有識者"の見解が流されると同調回路が働いてしまいます。
先ほどの夕刊。▼
b0036638_18084773.jpg
政府発表のように「発射から着地まで事前にミサイルの動きを捕捉している」のであれば、Jアラートを東日本の広域に出し備えを呼びかけるのは過剰反応ではないでしょうか。
現状は、「万一に備え頼れる政府」の声が伸びているでしょう。三選が危ぶまれていた安倍総理がに神風が吹いています。
以前このblogでも触れましたが、高校時代に近未来小説の1984レベル7を不安な気持で読んだ記憶があります。そのころから60年の月日が経っていますが、実はこれらの小説が暗示した世界すでに住んでいるのかもしれません。

最近の大新聞は政府広報の発表をそのまま伝える紙面が多く、独自取材やスクープ記事を感じません。逆に、週刊誌の新潮や文春が暴露系のヒットを飛ばします。木曜日発売の週刊新潮(左)と週刊文春(右)の中つり広告です。今や中身の概要は、本屋に行かなくてもネットでも分りますね。▼
b0036638_18084711.jpg
山尾志桜里氏の記事と並べた前原民進党首の北朝鮮美女のハニートラップ記事は立ち読みしましたが、根拠も推測でしかも相当に古い時期です。むしろなぜこのタイミングでという疑念がわく空振りの"文春砲"に見えます。前川喜平前文部科学事務次官の在職中に出会い系バーに頻繁に出入りしていたと報じた読売新聞のように、ダメージを与える時期と場所を選んだ意図的な記事ではないかとさえ思います。

目の前を流れていく回転寿司を選ぶしかない、本当に好きな魚を自分で捕って食することのできない"1984の世界"そのものです。

[PR]
by okadatoshi | 2017-09-15 18:36 | メディア | Trackback | Comments(0)
山本周五郎作品はストレスの濾過紙
BSJAPANの火曜ドラマにハマっています。

夏休みには入り、日中自宅にいる時間も増えたので、つれあいと録画したものを見続けました。今日は、昨日録画した山本周五郎時代劇の武士の魂の十二話「失蝶記」を見ました。
幕末に藩内での倒幕と佐幕の藩内の対立の中での若い藩士の葛藤と恋を描いたものです。▼
b0036638_18422392.jpg
現役時代に憑かれた様に周五郎全集を寸暇を惜しんで読み続けた時期がありました。ストレスの多い日々には、癒やしの効果がありました。

シリーズで視聴することで、ドラマ化されたシナリオや役者による作品の善し悪しが目につきました。前半火曜日は”武士の魂”、後半は”人情時代劇”で、その中で印象に残っているものを囲んで見ました。▼
b0036638_18422351.jpg
この時間帯では、【新番組】火曜ドラマ「池波正太郎時代劇 光と影」が10月3日(火)夜8時スタートします。


[PR]
by okadatoshi | 2017-09-13 18:46 | メディア | Trackback | Comments(0)
朝日新聞の全面広告
最近カラフルな全面広告の紙面が目立ちます。
朝日新聞の広告掲載料金は、サイトでわかりますが、下記はモノクロで税別の料金です。全国版だと、ほぼほぼ4000万円!カラーだとさらに高くなります。▼
b0036638_20492318.jpg
ちなみに大阪本社の全面広告は、1ページ(382×514)が13,710,000円。

9月5日にlotteは歯につきにくく記憶力を維持する中高年向きのガムを新発売しましたが当日の全面広告です。左半分の全面広告の下段を拡大して右半分に並べてみました。▼
b0036638_20492370.jpg
下段の欄外に小さな字で、

本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

とあり、広告内には届出表示と書かれています。これは、科学的根拠を基にした機能性について、消費者庁長官に届け出た内容が表示されていることを示しています。

その実験結果のグラフ下段に小さいのですが、

試験条件:健常な60-70歳のブラジル人男性48名に、イチョウ葉抽出物(イチョウ葉フラポノイド配糖体19.2mg、イチョウ葉テルペンラクトン4.8mg含有した錠剤)あるいは、プラ セポ(イチョウ葉抽出物を含まない錠剤)を8か月間摂取してもらい、摂取前後で記憶課題を4回行い、それぞれ順に、正答数の差を評価。*p<0.01プラセポと比較して有意差あり。グラフ選択理由:研究レビュー採用論文のうち、製品と同等量のイチョウ葉抽出物を摂取した臨床試験の結果。

とあります。同じ内容がロッテのホームページでも紹介されています。
ガムを購入するときに、なんとなく購入を誘うイメージ広告のたぐいに思えます。ただ、触れられているケースは何れにも思い当たる節があります。
お年寄りは、入れ歯が多いのでガム類を敬遠しますが歯につきにくいガムと高齢者が思わず手にするようにキャッチコピーがついています。
私も買おうかな。(^^;)

[PR]
by okadatoshi | 2017-09-08 20:55 | メディア | Trackback | Comments(0)
TVは北朝鮮の核実験と眞子様の婚約発表
トレーニングジムへは、いつもの朝一番で出かけました。
常連さんが、「久しぶり」と声がけをしてくれます。それに対して「はい、まだ生きています」と返事をします。何ヶ月も休む人は病気のケースが多くフェードアウトをしていきます。
ウォーキングマシーンの前のTVは、ほぼほぼ北朝鮮の核実験眞子様の婚約発表をどのチャンネルもエンドレスで放送しています。

8月29日午前5時57分ごろの北朝鮮の日本を超えるミサイル発射の時は、東日本の県へ対して「ミサイル落下に備え丈夫な建物に避難するように」という警戒情報を流し続けていました。
毎日新聞の電子版には、
東海大教養学部の金慶珠教授によると、日本上空を北朝鮮のミサイルが通過した8月29日、韓国の主な地上波テレビのトップニュースはミサイルではなく、殺虫成分に汚染された卵の問題だったという。北朝鮮と対峙しているはずなのになぜ、こんなに温度差があるのか。一方の日本は、ミサイルを「これまでにない深刻かつ重大な脅威」(安倍晋三首相)ととらえた。でも、その根拠は? 
と言う記事が見られました。

今回の北の水爆の可能性のある北の6回目の核実験に対して内閣総理大臣声明を出し「国民に対して的確な情報提供を行う。また、不測の事態の発生を防ぎ、発生した場合、これに万全の対応を行うため、我が国として不断に必要な態勢をとるとともに、米国等と緊密に連携し、もって我が国の平和と安全の確保、国民の安全・安心の確保に万全を期す。」
と述べています。

危機感を煽り、「トランプ大統領と連続して3度の電話会談をし、プーチンロシア大統領ともパイプがある首相しかこの難局を乗り越えられない」という日本中のマスメディアを使った一種の報道管制状態に陥っているようにさえ思えます。
この時期、衆院の総選挙があれば、外交チャンネルがあるかどうか未知数の野党は苦戦をするでしょう。この1週間の国際ニュースで、加計問題も籠池問題も、どこかに吹っ飛んでしまいました。今やトランプのカードに関心が移っているかに見えます。

北の核武装脅威論は、核倶楽部の権限・権利維持がその根底にあります。
核不拡散条約(Nuclear Non-Proliferation Treaty, NPT)に定められた核兵器国(アメリカ、ソ連/ロシア、イギリス、フランス、中国)と、事実上の核保有国(インド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮)の合計9カ国が保有する核弾頭数を示しています。JOYEMONから引用
各国の核保有数をグラフ化してみました。▼
b0036638_16341133.jpg
核拡散防止条約でアメリカの核の傘に依存する我が国は、金正恩とトランプのチキンレースで、トランプの操縦する車に乗り続けることが我が国の平和と安全の確保、国民の安全・安心の唯一の道だと政府は述べています。
一方的な情報の流れの中で孫達の時代が心配になるジジ世代です。

など、新聞やTV以外のさまざまな立場のネット情報も見るようにしています。

[PR]
by okadatoshi | 2017-09-04 16:41 | メディア | Trackback | Comments(0)
中高の部活動はパンドラの箱
法律上の曖昧さ・十分は経費の裏付けがない・若手教師へのしわ寄せ・生徒指導のあり方等々、完全な解決は得られず、予算権ももたない管理職へ丸投げしているのが中高の部活動の現状です。▼



ネットで見るといくらでも論点がヒットします。



今や、夏の国民的な行事、甲子園も終わりました。


それに対して、



ネットでは、部活動を拒否することを勧めるサイトも多種あります。


本日から3日間の教職を考える集中講義で岡山に来ています。
教職を考える資料は事前に集めていますが、どういう形で出せるのか難しいです。
今回の受講者は現職の方が多いので逆に現場の話しを聴けるかなと思っています。

[PR]
by okadatoshi | 2017-08-26 06:00 | メディア | Trackback | Comments(2)
戦後ゼロ年 東京ブラックホール!
戦争の実態を考えるドキュメントを8月15日前後に特集NHKスペシャルで連発しているNHKですが、昨日は終戦直後の東京をドキュメントタッチで描いた「戦後ゼロ年 東京ブラックホール!」を放送しました。
アメリカの情報公開法により、終戦直後の東京の鮮明な映像や、極秘扱いだった10万ページに及ぶCIA文書が公開されています。
それらを元に、戦争を知らない2017年の若者が1945~1946年の東京にタイムスリップしフィルムの中に入り込みます。当時の映像を巧みに使って現代と対比しながら考える内容になっています。若者にも興味を持って視聴しやすくドキュメントとしては秀逸と思います。
孫用にDVDにダビングをしました。

日本の婦女子の防波堤として政府は、米軍専用の慰安所を設置。毎日餓死者の出る中、手厚く米軍の住居を日本政府が建設。▼
b0036638_20301224.jpg
敗戦時に、日本人の2年分の食料に相当する物資があったのにその7割が陸海軍将校と官僚達によって隠匿。冷戦の到来で米軍は戦犯解除。米軍に協力するものは軍国主義者でも何でも許しました。▼
b0036638_20301247.jpg
ネットでも話題になっています。


一方、ネット右翼からは、
●日本を暗黒の淵に引きずり込む巨大なブラックホールとはNHKの事であろう。とうとうフィクションに仕立てだした。滑稽だが、その原資は税と受信料。継続は許しがたい。●この番組は吐き気がする!!受信料を国民に返還しろ!!制作者の思考が日本人ではないのに気付くでしょう。生粋の日本人が自虐史観を改める為の創作番組と捉えよう。騙されるな生粋の日本人達よ!NHKは公共放送ではない、左翼洗脳放送だ。
など、炎上気味。

映像や公文書などの第一次資料をフィルターをかけないでみることが大切と思います。
再放送8月23日(水)午前0時10分~1時9分。

[PR]
by okadatoshi | 2017-08-21 20:33 | メディア | Trackback | Comments(0)