カテゴリ:機器/ソフト( 267 )
差し込み印刷で名札(4)
16/10/19と同じタイトルです。
1年経過すると見事に操作方法を忘れており、検索をかけて過去にやった手順をblogで見ることで思い出します。
来週、近隣の進学校の授業見学に行くので作りました。この名札を作るのは今年で最後になります。

今回は、office2013を使ったので改めて操作方法を
で確認し仕上げました。
裏面には事前に用意するファイルと参考サイトを入れて、棄てられないように工夫をしました。(^^;)
教育実習や会社訪問で名札を付ける必要があるときに使えるかも。▼
b0036638_20302619.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-10-14 20:33 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(0)
スマートウォッチPebbleの使用感
電池持ちが良く価格も安価なスマホと連携したpebbleを購入しました。
pebbleには現在次の種類があります。▼
b0036638_14450970.jpg
その中で心拍記録機能のないpebble2 SEをamazonで購入しました。価格の変動が見られますが私の購入時は8,400円でした。

心拍数は誤差があるらしいのと、白黒で文字認識がわかりやすいなどの情報から決めました。▼
b0036638_14450957.jpg
セットアップもネット情報からすんなりいきました。
日本語化については、


が必見です。当初セットアップ後日本語化のファイルが何回やってもダウンロードができず焦りましたが、スマホを再起動したらすんなりとダウンロードできて日本語化もスムーズにできました。
9/19の購入時に30分ほどでフル充電して今日で5日目ですがまだ残量が40%あります。

スマホのメッセージ着信は振動でわかります。メイン画面は通常の時間表示と歩数計表示の二種類があります。天候予報、カレンダーとの同期、メッセージのテキスト部分の読み込みなど、全てpebble側でできます。▼
b0036638_14450972.jpg
pebbleはスマホと6mほど離れても使えるとあります。スマホが分らないときは、pebble側でスマホから音を出させ場所を知らせる機能もフリーソフトがであり追加できます。

下記に参考サイトがあります。


[PR]
by okadatoshi | 2017-09-23 14:52 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(0)
テキストの音声化と音声のテキスト化
テキストを聴く

視覚障がいの方は、パソコンで表示されるテキストを、スクリーンリーダー PC-Talkerなどのソフトを使い音声として聞き取るのが一般的です。

フリーソフトで同様の機能を持つものを探してみました。その中で、Balabolka (version 2.11)が良さそうなので試してみました。
インストールするときに『WindowsによってPCが保護されました』と警告が出ますが対処法(クリック)もネットにあります。

このソフトの使用感
も、参考になります。

昨日のblogで触れた、塩谷靖子のエッセイの広場から、エッセイ 月は東に日は西に を音声で聴いて見ました。音訓読みの違いが一部にあるものの目を閉じて聴いていても十分に内容が分ります。さらにmp3で保存しました。音声データ再現(クリック)。▼
b0036638_16273644.jpg
左がBalabolkaのショートカットアイコン、音声の保存、保存されたファイルです。▼
b0036638_16273667.jpg
音声をテキストに

音声データのテキスト変換 にいくつか紹介をされていますが、フリーでwindows上で動くソフトは見つかりませんでしたが、gmailを持っている方は、googleドキュメントで音声入力をすることができます。
googleドライブの画面から新規→googleドキュメント→ツール→音声入力。▼
b0036638_16273744.jpg
ここでマイクをクリックして音声入力をアクティブにして声を出します。音声部分の変換されたものを修正したり段落を入れてコピーして、ワードやメールなどに貼り付ければ十分に使えます。▼
b0036638_16273682.jpg
スマホでは、文字入力時の画面の右上のマイクのマークをクリックすると音声入力ができます。左がevernoteで、右がcolornoteの画面です。それぞれコピーしてメールに貼るか、同期してパソコン側で使うなどできます。▼
b0036638_16273506.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-09-17 16:57 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(2)
母艦の買い替え(3)7ヶ月の使用感
2017/01/14と同じタイトルです。
年末に母艦を下記のスペックで購入しました。
OS:Windows 10 Home 64ビット版・CPU:Intel Core i7-6700T (4コア/8スレッド/2.80~3.60GHz)・メモリ:8GB (8GB×1) [デュアルチャネル対応可能]・ストレージ:約2TB HDD・光学ドライブ:スーパーマルチドライブ・ディスプレイ:23型ワイド 高色純度広視野角液晶 [1920×1080 フルHD]スーパーファインVX液晶・テレビ:地上・BS・110度CSデジタル×2 (ダブル録画対応) ・・・
価格も、166,458 円とデスクトップではかなり高額でした。

FMのラジオ深夜便を毎晩録音していますが、前の母艦では時々途中で切れましたが今回は殆どその症状は起きません。またTV画面をパソコン画面に挿入するのたびにフリーズしたり特定のチャンネルが表示されない現象も改善されました。
録画やDVDへの書き出しもスムーズに行えます。映像を扱うのでCore i7でメモリ8GBを選んで良かったと思います。
HDディスクは2テラあるので、録画可能時間もDR(高画質)で160時間と余裕があります。
今後時間的な余裕があれば、ビデオ関係の編集やDVDへの整理などもやれそうです。▼
b0036638_20511174.jpg
自宅では、windows10が3台あり起動時には、下記の最初の「海岸の洞窟から浜辺の岩を遠望する初期画面」が殆ど現れます。
ところが、最近この母艦に限っては、”気に入りましたか”と言う小さなメッセージと共に意表を突く画面が頻発して出るようになり、それらを集めてみました。▼
b0036638_20511171.jpg
自分へのご褒美のつもりで、やや高めのパソコンを購入しましたが、いまのところ、満足をしています。

[PR]
by okadatoshi | 2017-08-24 20:52 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(2)
クラウド利用とメール環境
外出先が書斎に(14/09/26)http://okadatoshi.exblog.jp/23451760/
で私がよく利用するcloudとその使い方について触れています。

それぞれに同期機能がありますが、オフラインでも使えるdropboxが便利です。
出先と母艦の画像のやりとりはここのCamera Uploadsを経由させています。
onedriveを使うには、hotmailのアカウントが必要です。
google driveを使うには、gmailのアカウントが必要です。
何れもポピュラーなフリーメールです。
このほか、現在二ヶ所の出講先があり、また関わっている同窓会やグループの画像共有用のホームページを新規のyahooアドレスで作っているので、メールアドレスがいくつあるのか記録を見ないとわかりません。

最近はサンダーバードをメーラーに使っています。
このメーラーの良いところは、スパムメールの処理に優れていることです。
受信したメールでスパムメールの指定をすると次からは専用のゴミ箱に格納されます。学習機能も優れています。最近は殆ど受信しません。初心者でも使えますし、細かい機能を知ればそれに応じた使い方も発見できます。

受信メールはそれぞれの学校別のフォルダーや交友関係に分けたフォルダー(左)へ格納されます。また、500件ほどあるアドレスもグループ別に保存をしています。(中)このメールの分類機能はそのままで保存できて、別機種でサンダーバードを入れたとき丸ごと使用環境をコピーできます。
各メールアドレスにきたものは、全てgmailへ転送しているので、出先で一括してメールのチェックができます。また私が送ったメールのバックアップ先に、hotmailのアドレスを使っているので、Windows10のメニューのOutlookフォルダーを見れば私からだした返信メールが保存されています。(右)▼
b0036638_13570141.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-08-18 14:05 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(0)
出先のiPadから書き込む
短期間の旅行先でbluetoothのキーボードによるblogの書き込みが出来るように手順を思い出して書き込みをしています。
その場面をスマホで撮りdropboxへ保存しiPad mini側のソフトでトリミングとリサイズを行いました。▼
b0036638_13524099.jpg
時々試さないと忘れます。ワイヤレスキーボードの反応がやや遅いですが慣れればやはり、キーボードの方が楽ですね。

追記
集中講義期間中はノートパソコンをホテルに持参しますが、あまりパソコンを使わないとき・荷物を軽くしたいとき・宿泊が1泊のときなどでは、ipadminiだけ持参しキーボードも使いたい場合があります。
それに備え、出先でblogの更新をipadmini+ワイヤレスキーボードで行うおさらいをしました。17/06/21で触れたタブレットスタンドが使い勝手が結構いいです。

ipadminiで無線が捕まらないときには、スマホのテザリングも使えます。ただ、画像など見始めるとみるみるギガが減っていきますけど。▼
b0036638_13524168.jpg


[PR]
by okadatoshi | 2017-08-17 10:15 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(2)
外出先でのwi-fiの選び方
この暑さ、車を出しつれあいの食料品の買い出しをアシストするのが日課です。
お盆用に帰省用のお土産コーナーやお供えの花が入口近くにレイアウトされています。1280~1580円と普段より高めかな。▼
b0036638_13451071.jpg
待ち合わせの間、ネットを繋ぎます。この店は、0002softbankが安定して繋がるので安心です。▼
b0036638_13451038.jpg
スマホを使いだすと出先でwi-fiを探して継ぎ、月決めのギガの残量を意識してしまいます。
wi-fi接続については、つぎのようなサイトが話題提供をしてくれます。





とりあえず、スタバでfacebookやtwitterをするだけなら大丈夫でしょう。
自宅のwi-fiを念のために調べると、WPA/WPA2 PSK とあり安心。

[PR]
by okadatoshi | 2017-08-11 13:51 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(2)
パソコンとスマホの共用>EVERNOTE&メモ帳
7/26にcolornoteについて触れました。
同じテキスト文章をパソコンとスマホで共用でき、またメモの整理にも便利な優れものですが、残念ながらWindows7では動きません。
そこで、windows7が母艦でスマホの所有者用に、その他の方法について考えて見ました。

17/01/25にEVERNOTEについて触れました。
パソコン側のEVERNOTEの画面で文章を打ち込み、同じくスマホ側へもインストールしたEVERNOTEでこれを開きます。そのまま編集できますし、修正点はパソコン側にも反映されます。EVERNOTEでは、完全に同期がとれています。▼
b0036638_19340243.jpg
次に、メモ帳でテキストファイルを作り、デフォルテのANSIとUTF-8と二種類の文字コードで別のファイル名で保存しました。▼
b0036638_19340255.jpg
それを、dropboxのcamera uploadsのフォルダーとgoogleドライブに入れました。
スマホ側で、camera uploadsの中に入っているパソコンで作成したテキストファイルを選ぶとどのアプリで開くか訊いてきます(左)。すでにインストールしてあるスマホ用のclornoteで開きます。ANSI形式のエンコードのものは文字化けし(中)、UTF-8形式のものはそのまま表示されます(右)。また編集もできます。ただ、保存はcolornoteの中のエリアに保存されるのでパソコン側から読み取れません。つまりパソコンからスマホ側への一方向のみです。▼
b0036638_19340247.jpg
次にGoogleドライブに入れたテキストファイルを選択すると、dropboxの場合と同じく文字化けと正常に表示される場合で同じ表示でした。ただ、編集はwordの項目しかなくgoogleドライブ内ではcoloenoteが紐付けされていませんでした。wordで開くと途中でサインインを要求され編集モードへ入ることができません。この不具合はネットでも報告されていますが解決策をまだ見つかってないようです。

結論から言うと、完全同期は、evernote。一方向なら、googleドライブに保存した場合には、スマホでのコピペは可能。スマホ側でも編集もするのであれば、coloenoteをインストールしてdropboxへ保存したものを選択すると言うことになります。ただし、保存するときにエンコードをUTF-8にしてください。

[PR]
by okadatoshi | 2017-07-28 19:37 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(2)
パソコンとスマホの共用>ColorNote
明らかに29才以下の若い世代のパソコン離れが読み取れます。▼
b0036638_18511152.jpg
日々接している学生を見ても、スマホで検索とメールができるので、重たいパソコンでじっくりとデータ処理をしたり文章を作成するということから離れています。
パソコン自体は殆どの学生や家庭には普及していますし、年配になるとやはりキーボードで大きな画面でのネット利用が楽です。
ここでは、lineやinsutagramはと同様にスマホとパソコンの両方で使えるソフトの紹介をします。
この中で、ColorNoteをパソコンスマホを入れて使ってみました。

パソコンとアンドロイドのスマホにこれらのソフトをインストールします。同期をとるためには。gmailかfacebookのアカウントを入れると同期状態になります。同期されるので、いずれで文章を入れてもかまいません。
パソコン画面の例ですが、キーボードから入力しやすいので楽です。▼
b0036638_18511141.jpg
スマホの画面です。
1でアカウント入力や、同期画面、色を変えるなどの設定ができます。
書き込みたい文章(ここではsms用原稿)をクリックして2を押し送信をクリックします。3の欄で送り先の一覧が表示されます。ここからスマホ側からしか送れないsmsを選ぶことでパソコンで作成した文章が送れます。
ColorNoteは本来はメモ帳ですから、購入品とか出先で思いついたことなど同期をとりながら使えるので大変便利です。
あらかじめ、blogの内容を用意して旅先で修正しアップするなどの使い方もできます。▼
b0036638_18511231.jpg
ただ、smsは1通につき全角70文字で3円などの制限がありますから、節約の意味ならlineやパソコンメールがいいでしょう。


[PR]
by okadatoshi | 2017-07-26 18:56 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(0)
人気のsnsのを見る
先日は北の出講先で、”持ち込みデバイスからのyoutubeおよびInstagram利用制限について”と言う書類を渡されました。SINET(学術情報ネットワーク)の円滑な利用に関して、授業以外の利用が多い傾向への注意書です。
人気SNSの国内&世界のユーザー数まとめ では、国内のSNSの利用者を次のように発表しています。▼
b0036638_15462253.jpg
年代別利用状況を見ると50代以後が一つの壁になっています。20~30代では半数以上がfacebookを使っています。が、70代以上は調査の階級から外されています。(笑)
投稿・閲覧とも携帯が主流になっており、個人のパソコンを持たない大学生が増えてきたというのも頷けます。
4大SNSの中では、まだ数が少ないですが、投稿の気軽さで、Instagramが急速に伸びてきています。
もともと携帯の画像をその場で投稿するという発想から携帯からしか投稿ができなかったのですが、インスタグラムをパソコンで利用できるようになりました。

次の画像は、私のインターグラムの利用画面で、左はパソコンからの閲覧用画面、中はパソコンから写真画像を投稿するツールの画面、右はスマホの画面です。▼
b0036638_15462358.jpg
ほぼ日手帳に触発されて、今朝からのことをほぼ日手帳風のカットにしたInstagramの投稿画面です。今回はtwitterとインターグラムの連携を試みました。facebookではOKだったけど、twitterではlink先の表示だけでした。▼
instagramでアップした夜の花火の動画。▼

[PR]
by okadatoshi | 2017-06-24 15:50 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(2)