カテゴリ:機器/ソフト( 255 )
外部のモニターに端末の画像を提示(2)
2015/07/08と同じタイトルです。
windows8.1のパームトップ端末をモニターにNETGEAR Push2TVを使って出力する方法については触れました。
ただ、今後身近にあるスマホ等の携帯端末を使い教室や出先のモニターの大画面で表示することができればさらに便利になります。
スマホでMHL対応のものであれば、MHLのHDMIへの変換アダプターを使えば、価格的にも操作も簡単にモニター画面へスマホの画面がミラーリングできます。

残念ながら現在使用しているandroidone s1にはこのMHL機能がついていません。
Ezcast pro が発売されました。このサイトによればつぎのような比較表が出ており魅力的です。▼
b0036638_22263191.jpg
ただ、EZCast proは、amazonで13,932円と高価です。ミラーリングだけできれば良いので、EZCastの方を2,680円で購入して見ました。使用感をまとめておきます。

セッティングについては、使える!初心者向けEZCastの設定方法図解に詳しく書かれています。事前にこのサイトを見て購入する気になりました。

EZCastを接続したら、ぞれぞれのOSに対して対応したソフトが無料でネットから入手できます。
アンドロイドのスマホ、ipadmini、windows8.1のパームトップ端末にそれぞれ入れました。
最初に近くにある無線lanへの接続をします。私はipadminiで設定をしましたがいずれかの機種で一度だけ行います。▼
b0036638_22263245.jpg
次にこの機種のwi-fiに接続をします。

●ipadminiの場合

メニューの中からwebを選びました。▼
b0036638_22263228.jpg
gooleでデジの目を選びました。ネットから選んだ動画は遅く使い物にならないです。ただメニューにあるyoutubeからの動画再生は通常の早さで動きます。ipadmini内部の保存している画像などは動きますが、捜査中の画面のミラー化はできませんでした。つまり、ワードやパワーポイントの表示などはできません。デジの目を検索して表示はできました。▼
b0036638_22263304.jpg

●アンドロイドスマホの場合

wi-fiで接続するとEZCastのJYD-********が表示されるので選びます。すると上部にミラーリングの状況を表示するアイコンが出ます。×をクリックするとキャプチャーの開始を求める表示が出ます。ここで表示をするとミラーリングが始まります。▼
b0036638_22263397.jpg
左はアンドロイドスマホ画面が表示されたもの。右はスマホを横表示にしてdropboxに入れた画像を拡大した画像です。▼
b0036638_22263391.jpg
北の出講先で教卓でEZCastをHDMIにつなぎusbから電源を供給。右は手元のスマホをモニターに表示した画像。▼
b0036638_22263344.jpg
教室の書画スクリーンにスマホの同じものが投影されます。▼
b0036638_22263474.jpg

●パームトップのwindows8.1の場合

スマホと同じようにミラーリングができます。▼
b0036638_22263157.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-05-22 22:38 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(0)
ムービーメーカーのダウンロード先が消えた
サブノートのEPSON NA601EがWindows10の自動更新の直後に「ナムロックのshiftキー機能が反転する」という不具合が生じました。メーカーに電話をするとこの機種についてのみ同種のトラブル情報が多発ししているとのことでした。で、Windows10になってからついたリフレッシュを試み初期化をしました。

ソフトの入れ直しも行いムービーメーカーを入れようとするとダウンロード画面にたどり着けず次の画面になりました。▼
b0036638_18073168.jpg
フリーの動画作成ソフトでは、ムービーメーカーが定番でしたが、マイクロソフト側が脆弱性を理由にサポートをしなくなったのです。
とはいえそれに代わるものもなく、使い慣れたものを再インストール場所を探しました。

同じ事をかんがえている方がいると見え、Softonic(ソフトニック)のサイトでダウンロードできました。
今のところ、正常に今まで通り動画編集ができています。
記録のためにblogアップをしておきます。


[PR]
by okadatoshi | 2017-04-22 18:09 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(0)
スマホデビューの準備・その後
2017/03/09の続編(笑)です。
孫君も来週には高校の入学式を迎え、3年間の高校生活に入ります。
mineoのデータ用SIMカードを入れてすでに渡しスマホデビューをしています。

電話機能をつけていないのでFUSION IP-Phoneを入れて、音声通話が必要なときには050を使うようにしています。
ただ、電源をonにしただけでは、050は受信状態にはなりません。
050のアイコンをリックしてFUSION IP-Phonew立ちあげて起動中着信可能(上段に受信機のマークが表示されます)にしておくことが必要です。

電源onで自動的に起動させるには、設定→環境設定→高度な設定→OS起動時にSMARTalkを起動 にチェックを入れます。
バッテリーセーバーをon(画面で上段と下段がオレンジ色に変わっている状態)にすると着信しなくなる場合があります。
それを避けるには、つぎのような設定を行います。

電池の使用状況を表示→詳細設定→最適化してないアプリが表示→すべてのアプリ→下段へスクロール→インストールされたFUSION IP-Phoneのアイコンが表示される→クリックして最適化しないにチェックを移動→完了。

次の画像のようにSMARTalkが追加されます。▼
b0036638_07222372.jpg
スリープモードでのSMARTalkの着信についてはネット上にも試行錯誤の情報がアップされています。


今回契約したmineoのデータシムのAタイプには、メッセンジャー機能が無料でついてます。gmailなどのパソコンメールの受信はできます。
この年代では音声通話が必要であれば、line電話を使っているようです。今のところ月々800円で1ギガのデータシムで不便さは感じてないようです。もっぱら友人とはlineで間に合うみたい。

孫君はスマホですでに画面ロックを使っていました。落としたとき用のために最初の画面で名前と連絡先電話が表示されるようにしていました。「誰かに聞いたの?」と訊くと、「画面を見ながら探し出した」とのこと。マニュアルなしで画面のアイコンだけで操作ができるスキルは大人よりも遙かに優れています。▼
b0036638_07222340.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-04-07 07:26 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(2)
PHSをスマホの携帯に変更(2)
昨日に引き続き同じタイトルです。
LINEのアカウントを引き継ぐ方法を参考にLINEですでに登録しているグループやメンバーがそのまま使えるようにしました。
するとLINEでスタンプが6~7人から飛んできました。皆さん懐かしい方々でそれはそれでいいのですが戸惑いました。
原因は、「あなたの電話番号を保有しているLINEユーザーが自動で友達に追加したり、検索することができます」にチェックが入れてあったことです。
070のPHS番号がスマホ携帯になり私のLINEのメイン番号になったために検索して追加されたのです。今はオフにしています。▼
b0036638_21462605.jpg
スマホに切り替えた二日目は、システムのアップデート。(左)Yahoo!スマホセキュリティの評価レビューを参考にフリーのスマホセキュリティソフトを入れました。広告が出ますが一応安心。「Androidスマホにウイルス対策アプリは不要」がGoogle見解という記事も散見します。(中)Xperiaで設定していたソフトを最初に集めました。(右)▼
b0036638_21462608.jpg
今日はテザリング、usb経由でのスマホとパソコンのデータのやり取り、dropboxによるパソコンとスマホの画像の同期をセットしました。
スマホは自宅のwi-fiを使ってアップデートを使わないと高速接続容量を消費してしまいます。

今回使用の回線はワイモバイルですが、サイトの画像では高速であることを宣伝をしています。▼
b0036638_21462636.jpg
個人的にはmineoが低速と高速を切り替えることできるし、他のキャリアからに移行に優しいので気に入っていました。mineoの特徴と通信速度比較|実際にマイネオを使ってみたでも触れています。
キャリア/MVNO(格安sim)通信速度比較(2016年7月) なども参考に、2年後に備えます。
今回の機種変更は、もう少し出先でパソコンを使う機会があるので必要でした。

追記(17/03/15):
昨晩、43%の残量のまま、スマホを待ち受け状態のままにしました。
翌朝、9時間30分後に残量を調べると40%で思ったほど減ってはいませんでした。
自宅のwi-fiを使ってスマホのアップデートなどの処理をしたり、LINEもパソコンにインストールしたものを使い、外では「電車の乗り換え」や「地図検索」などしか使わないと割り切ればスマホ生活が送れますし、1ギガでも大丈夫とおもいます。ただ、自宅にはパソコンがないという学生にはこれでは足りないですね。

[PR]
by okadatoshi | 2017-03-14 21:52 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(2)
PHSをスマホの携帯に変更(1)
もう18年あまり前から、070-***-***の旧ウイルコム時代の番号と、@pdx.ne.jpのメールアドレスを使っています。
外出先でネットをするときには、mineoのシムで中古Xperiaを外出先で使用していました。
スマホへの乗り換え注意点 では、しばらく現状維持で行くつもりでした。
孫の、スマホデビューの準備 で本格的にスマホに触れていました。
ガラケイーからスマホが通信手段の主流を占めており、使い勝手を自分でも知っておきたいと思うようになりました。
あわせ、現在使っている契約にペアでついている080が廃止の方向です。実はこの番号でlineをやっていたのです。
この番号も使えなくなるようでウイルコムを吸収合併したYモバイルの取次店に行き熟慮の末、本日携帯に切り替えました。最近は070もMNPで携帯として引き継がれます。

次のサイトが参考になります。

今まで使っている昔の契約を携帯スマホに移動させたい会社の方針もあって、3月中は機種変更無料などの得点があります。2年縛りが嫌ですが、2年後にはSIMフリーに切り替える選択肢も考えて、スマホプランMにしました。
機種はandroidone-s1でこの費用は毎月@500円を支払い2年間で相殺されます。
プランMを選び1年目は毎月@3670円(故障時の安心パック690円含む)、2年目は4670円、3年目以後が3670円。プランMは加入時から2年間は3ギガが2倍に増量されます。
1ギガのSからMへの中途変更は加算料金が発生しますが、MからSは手数料無料ということなのでとりあえずこのコースで様子を見ます。▼
b0036638_20071683.jpg
最新の機器で2年間経過すれば、SIMフリーになる機種ですし、まだこの周波数帯への格安SIM会社はワイモバイルの他はありませんが、2年後にはできているかもしれませんし、MNPで他へ移る選択肢もあります。

電話帳も移してもらい、番号やメールアドレスはそのまま使えるのでとりあえず最低限のことはできますが、まだ戸惑うことばかりです。

[PR]
by okadatoshi | 2017-03-13 20:11 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(2)
スマホデビューの準備
親の方針と本人も欲しがらなかったので孫君はスマホを持っていません。メールが必要な時は家庭のパソコンでgmailを使っています。

高校に入ればスマホも必要だろうし連絡用にはLINEが主流になっています。
で、親から必要最小限の機能を備えた格安のスマホを探すように依頼され、ZenFone 2 Laser (ZE500KL)を購入しました。
キャリア:SIMフリー(キャリア契約なし) OS種類:Android 5.0 画面サイズ:5インチ 内蔵メモリ:ROM 16GB RAM 2GB バッテリー容量:2400mAh
最新商品はZenFone-3ですが、これよりもかなり安く、本体+保護フィルム+筐体カバーで2万円を切ります。動作も早くスマホデビューには十分な商品です。▼
b0036638_13584204.jpg
事前に、Android無料セキュリティアプリの比較を参考に、Avira Antivirus Securityをインストールしました。契約番号が決まればすぐ使えるようにLINEとipadで孫君が使っていたskypeもセットしました。
電話連絡ができるように、私が契約して殆ど使っていないFUSION IP-Phoneの番号も入れました。
FUSION IP-Phoneは、携帯・一般加入電話にかけると30秒間が8.4円で、使わなければ料金は発生しません。キャリア同士は無料なのでスマホ使用者にはお勧めです。
初期画面と電話画面です。▼
b0036638_13584272.jpg
コンビニでは、ローソン・セブンイレブン・ファミリーマートで孫君のgmailで無線LANの登録をしました。このまま持ち歩いても、コンビニさえ見つければメールチェックや050でip電話ができます。

画像を撮ってみましたが私の持っている中古スマホよりも鮮明です。
初期設定が最大になっており一画面が1メガ以上の容量だったので、最小サイズに変更しました。パソコン本体へもスマホからusbケーブルあるいは無線を通じてやりとりもスムーズにできます。▼
b0036638_13584297.jpg
wi-fi環境にあればネットとの接続もスムーズでサクサク動きます。鞄に入れても大丈夫なようにヒャッキンのカバーケースもつけました。▼
b0036638_13584179.jpg
後は入学したら、親のクレジットでmineoの契約をして渡します。
参考にすれば、mineoの月額料金のデータシムがお勧めです。ドコモのDプラント異なりSMSの契約料金が無料です。▼
b0036638_13584295.jpg
娘の不要になったスマホを使って持ち歩いていますが使用感は次にまとめています。

[PR]
by okadatoshi | 2017-03-09 14:05 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(4)
インスタグラムにパソコンから投稿
プライベート名刺には私の参加しているSNSのマークを入れています。▼
b0036638_15052720.jpg
最近、右端のinstagramが加わりました。
facebookのアクティブメンバーとかなり重複しています。

ipadminiやスマホから画像のアップは簡単にできますが、開発者の考えからタブレット端末以外のパソコンからは、コメントをつけることはできますが画像のアップはできません。
それを可能にするソフトはいろいろありますが操作性の簡単なお勧めは、instapicです。
パソコン上でinstapicを起動してペコちゃんをアップしている画面です。
コメントを入れてpostをクリックします。▼
b0036638_15052317.jpg
アップ後、別のinstagramのサイトで私のhomeを表示しました。
北海道の流氷ツアー時にスマホで目の前の画像を写メして送ったものが残りの画像です。▼
b0036638_15052018.jpg
大人数のfacebookから、相手がわかる範囲に数を絞って画像の共有ができます。次々と新しいSNSが登場しますが、どのような使い方ができるのか様子を見ています。

[PR]
by okadatoshi | 2017-02-24 15:08 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(4)
散策にはコンデジを持参
私は出かけるときには、ポケットにコンデジを入れっぱなしにしているので、かなり酷使し買い換えもたびたびしています。今使っているのは、Cyber-shot DSC-WX500(2015/8/13)です。
その前は、Cyber-shot DSC-WX300(2013/8/23)でした。それぞれのblogに拡大した比較画像を掲載しています。
私がDSC-WX500を入手したときは、37,687円でした。1年半経過した今は33,475円です。まだまだ値崩れをしていない、それだけ評価の高いコンデジといえます。

出かけた時に撮った画像には、望遠で拡大したものが多く残されています。
画像整理をする前に、それらを記録として残しておきます。いずれも今年の撮影です。

市役所24階から撮った六甲山のハーブ園。(1月17日)▼
b0036638_18032615.jpg
総合運動公園の菜の花の丘。(2月7日)▼
b0036638_18032664.jpg
旗振山から撮った神戸空港。(2月12日)▼
b0036638_18032635.jpg
市章山から見たハーバーランドのコンチェルト号。(2月16日)▼
b0036638_18032644.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-02-17 18:07 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(4)
急きょプリンタを購入(2)
2011/12/25と同じタイトルです。
実は今酷使しているPIXUS iP2700で、「スポンジ吸水が限界なので工場で修理」というようなニュアンスの今までになかったエラー表示が出たので、プリンターの安価なものを購入しようと量販店を覗きました。すると、今使用しているものと同じ機種がたたき売りをされています。ネット割引価格の純正インクよりも安い価格です。
プリンターの方にも純正インクがあるので、正規の交換インクを購入するよりも、プリンターを購入して本体を捨てた方が736円安いインクが入手できることになります。▼
b0036638_20222188.jpg
ネットで、PIXUS iP2700 価格比較を見るとさらに安く自宅まで送ってくれます。送料を加えるとほぼ同じ価格になりますが。
2010年2月に発売された単機能のプリンターですが、今まで使ったプリンターの中では裏紙が少々曲がっていてもジャムることなく排出してくれます。今使っているスキャナーがつぶれれば複合機+無線機能のついたものをさがしますが、完全販売停止になるまでネットから入手することにします。

鳥取市は今日は積雪で休校。記録のために画像を残して起きます。▼
b0036638_20222165.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-02-13 20:25 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(6)
著作権侵害の申し立てを受けました
youtubeに400本ほど動画をアップしていますが、その中の一つに”著作権侵害の申し立てがあった”というメールが来ました。▼
b0036638_19102010.jpg
2014年8月の団地の夏祭りの動画でyoutubeの検索ではヒットしない限定公開にして記録用にアップしたもので、アクセス数も10回と極めてマイナーなものです。
夏祭りの準備の様子を撮ったものですが、BGMとして会場に流れていた井上陽水の曲が6カ国でブロックされたようです。▼
b0036638_19102031.jpg
その結果、私のIDでログインすれば再生されますが、ログオフすると下記の表示になります。▼
b0036638_19102104.jpg
私はblogに挿入するBGMはフリーのサイトから曲を使ってます。違反行為を行ったのかと気になりましたが、著作権侵害の警告に関する基礎知識 のサイトを見て安心しました。特に私は何もしなくていいのです。
Content ID の申し立てとは も参考になります。

クリエイターツール→著作権情報を見ると、過去に私がアップした中から「著作権保護されたコンテンツが含まれています」というものが、8つありました。オレンジは限定公開、空色は公開ですが、赤く囲った夏祭りはブロックされてますが、その他は、途中で広告が出ますが見ることができます。▼
b0036638_19102111.jpg
よりクリアなものはブロックされ、ノイズの入ったBGM的なものや著作権者の判断によるものは広告が入って公開(著作権者へ収益化)という線引きがされているようです。youtubeの作品の中に、広告のあるものとそうでないものがある意味がわかりました。

[PR]
by okadatoshi | 2017-02-09 19:16 | 機器/ソフト | Trackback | Comments(0)