カテゴリ:人びと( 85 )
塩谷靖子さんのホームページ
2ヶ月休んで9月からトレーニングジムを再開しています。
1日と2日は帰省で休み、その後は今日まで皆勤です。ウォーキング中にラジオ深夜便のチェックも再開。それでも、やっと昨年の11月の録音ファイルに入りました。いい番組は視覚障がいの方が聴けるように音源を切り出しています。

今回は、ラジオ深夜便「明日へのことば」の「遅咲きの歌人生」
出演者 塩谷靖子・聞き手玉谷邦博が特に印象に残りました。
番組の中でホームページがあることを知りました。▼
b0036638_16244312.jpg
この中で、今回放送の番組音源を聞く(クリック)ことができます。
プロフィール によれば、

鳥取県境港市出身。東京教育大学(現筑波大学)附属盲学校を経て、東京女子大学文理学部数理学科卒業。日本初の全盲コンピューター・プログラマーとして、日本ユニバック(現日本ユニシス)株式会社に勤務し、視覚障害プログラマーのさきがけとなる。当時は視覚障害者用の補助機器が皆無だったため、試行錯誤の結果、ユニバックのマシーンに合わせて点字変換用のソフトを開発した。コンピューターからのデータを点字で紙に打ち出した例は、日本では、これが初めてだった。(現在では、各種画面読み上げソフトや点字ディスプレーの開発により、視覚障害者も、自力でインターネットで調べ物をしたり、メールの 読み書きをするなど、いろいろな用途にコンピューターを活用できるようになった)。
歌うことは好きだったが、声楽の勉強をする余裕がなく、師についたのは42歳のときだった。その後、多くの音楽大学出身者に伍して各種のコンクールで受賞し、毎日新聞「ひと」欄をはじめ、多数のメディアに取り上げられる。エッセイストとしてのキャリアを生かした、トークを交えてのコンサートには定評がある。

と在ります。

塩谷さんの進学先が東京女子大と言うことにも注目しました。
16/07/26のblogで触れた教え子のAさんの進学先がやはり東京女子大でした。
神戸と違い英語以外のドイツ語の対面読み替えボランティアの方も東京では見つかると言ってました。障がいのある学生にも学びやすい環境の大学なのでしょう。

Aさんも結婚し子育てと仕事を両立させ、趣味のマラソンでも記録を伸ばしています。Aさんとの出会いが契機になり視覚障がい者のパソコン利用の情報が集まるようになり、その延長線上で現在も視覚障がいの方の勉強会に関わるようになりました。


[PR]
by okadatoshi | 2017-09-16 16:29 | 人びと | Trackback | Comments(2)
吉田旅人さんの京都コンサート(7)>日本歌曲リサイタル
2017/03/30と同じタイトルです。
毎年春に京都公演を開催していましたが、9月に日本の歌曲リサイタルを京都→鳥取→東京と公演。昨日は京都公演でした。
会場は、いつもの京都市北文化会館です。
宮沢賢治・作曲吉田 、川口紘明・作曲安江優子、中嶋正躬・作曲安江優子の作品を吉田旅人氏が朗読、辻田由利子氏のピアノ伴奏でした。▼
b0036638_20285905.jpg
会場では、彼の手作りのパンフレットが配布されます。高校時代の同級生のF氏の写真や私のスケッチなども使われ、彼の思いも綴られています。▼
b0036638_20285891.jpg
私の高校時代に日本史を教わり、17/0/27「日本歌曲リサイタル」で中嶋正躬さんの短歌でも触れた中嶋正躬先生の彩詩記の4曲を紹介します。

用無きも用あるひとも集まりてやがて散りゆく駅はふる里
軽やかにワルツを踊るミズスマシ春の小川に水輪生みつつ
かつかつと舗道鳴らして追い越しし少女の肩に光る春の陽光
思ひ出をたぐるごとくにパラソルを廻して女は海を見てゐる




今年90才になる中嶋先生は、体調が良ければ、明日の鳥取公演に参加されるかも知れません。
最近の吉田旅人氏は、転倒などのアクシデントや手の震えも見られますが、舞台に立つと声の張りは年齢を感じさせない現役の声楽家です。
芸術家として自らを律することがそのまま生きることに直結をしてます。


[PR]
by okadatoshi | 2017-09-07 20:32 | 人びと | Trackback | Comments(0)
烏城のライトアップ(3)>後楽園ビアで地元の方と盛り上がる
2017/08/20と同じタイトルです。
集中講義も最終日です。もう岡山には来る機会がないという受講生の方と、昨晩は岡山城と後楽園のライトアップに行きました。▼
b0036638_11241117.jpg
二度目ですが10日前よりも人数が増えているように感じます。
後楽園では、特設のビアガーデンが開かれていました。ここで、打ち上げ。▼
b0036638_11241116.jpg
同席の方が、われわれが県外者とわかると岡山観光について語りだし盛り上がりました。思わずメモをしました。

岡山の名産品は・・・
マスカットオブサンドリアといわれているけど、皮はついているし種もあるし、高いだけ。岡山県民がもらって嬉しいのは、モモタロウブドウとシャインマスカット。最近は、岡山バナナが注目。
きびだんごはおいしくない。大手饅頭を勧める。

岡山のうまいものは・・・
デミカツ、エビメシなんていわれているけど、あれはケンミンショウが言ってるだけ。わたしら、そんなもんは食べへん。
ママカリもそんなにうまいとは思わん。
本当においしいのは、カキオコ。たまちゃんよりは、夕立のお店がいい。
#ここからはご一緒の奥さんとそれぞれの推薦の店を主張しあっていました。

岡山県は・・・
交通マナーが悪い。信号を出さないで進路変更をする車が多い。
だだっ広く「これは」というものがない。

野球ファン・・・
岡山県では、広島カープより、圧倒的に阪神ファンが多い。
カープは広島だけの球団じゃろう。
でも高校野球では、広陵が中国地方なんで応援をした。
#このあたり話し相手の方の主観がかなり入っています。広島への対抗意識はあり。

このあと、ラーメン談義と延々と話が続きました。


[PR]
by okadatoshi | 2017-08-28 11:25 | 人びと | Trackback | Comments(2)
クラウドファンディングで多良間島の出版を応援
初めて、クラウドファンディングなるもので、沖縄の離島、多良間島(たらまじま)の魅力を本で伝えたい!のパトロンになりました。60日の期限が切られていますが、本日現在目標額60万円の内、13万4千円です。▼
b0036638_14211313.jpg
facebookで毎日のように波田野 直樹さんとは、交流が続いています。商業ベースとは無縁な独自の視点の著作があります。波田野さんの著作、アンコールワッを楽しむもってカンボジアへ行きました。

20年以上前にNHKの教育番組の”Teensネットワーク”が放映されていました。当時、パソコン通信の可能性について情報発信をされていた波田野さんが、この番組の企画段階で関わっていました。私は、当時NiftyのフォーラムCAIのシスオペをやっていた関係で、全国の高校達のパソコン通信による会議室に関わり、番組のバックデータ取りの協力を3年間ほどやっていました。
波田野さんは阪神淡路大震災のときには、真っ先に東京から当地へ取材にも入られました。その後、転勤などで疎遠になりましたが、やはり互いにネット社会から離れずfacebookで再び再会しています。

沖縄本島からさらに離れた多良間島を何度も訪れ執筆を完成されました。今回この制度を使い出出版を目指しています。ここ(クリック)から、パトロンになることができます。

[PR]
by okadatoshi | 2017-08-25 14:25 | 人びと | Trackback | Comments(0)
「日本歌曲リサイタル」で中嶋正躬さんの短歌
毎年、鳥取と京都でコンサートを開催している吉田旅人さんですが、さらに今年の9月には、京都・鳥取・東京で「日本歌曲リサイタル」を開催し、宮沢賢治・川口紘明・中嶋正躬の歌人と詩と短歌を歌曲にし朗読と演奏が行われます。▼
b0036638_14164718.jpg
鳥取と京都では、それぞれ同窓生が会場設営と観客の呼びかけを行います。

今日は、三都市での公演会パンフレットをし、吉田旅人氏の呼びかけと共に、かつてコンサートに参加した方や同窓生にBCCで、案内のメールを一斉に出しました。
ここで、取り上げる中嶋正躬さんは、私たちの母校の旧制中学を昭和20年に卒業され、母校の教壇に立ち日本史を担当された方です。お歳は90才前後でしょうか。
郷土の歌人としても旺盛な短歌を作られ、今回吉田氏が歌集「七十歳のエチュード」から八首に曲をつけ発表します。

日本史の授業内容はもう忘れましたが、幸徳秋水の大逆事件に関して逸話を話されその内容に笑いが止まらなかったY君が笑いすぎて椅子から転げ床の上でもなお、苦しく笑っていた微かな記憶があります。当時の高校教師は学術的にも見識があり研究者の雰囲気がありました。

その後我々は故郷を離れ、さらに時は流れリタイアし後期高齢者と言われる年代まで生き伸びました。
友人との同送メールの話題でH君が、

倉吉市に山上憶良が伯耆国守として赴任してから1300年になることを記念して「山上憶良短歌賞」が創設されて受賞した作品の一覧を見ていたところ、岩美町在住として中嶋先生の次の短歌が掲載されていた。

  五人逝き五人嫁ぎていまふたり妻と朝餉の白菜を噛む

と知らせてくれました。
この歌の解釈では、複数でやりとりが続きました。W君の秀逸な解釈を引用しておきます。

~ひとつの家に長く暮らしていると、逝ったものや、出ていった家族の影が染みついていて、柱や鴨居の傷や、廊下の凹みなどに、いなくなったものの痕跡も印されていものです。そんな家で、いまはただ老夫婦ふたりで朝飯をたべているという、過去の時間の累積を切断した今が表現されているという解釈でよろしいのでしょう。
ただ、これを子供たちのことだと解釈しても作品の理解としては間違っていると断定はできません。そこは読むひとの解釈に委ねている表現ですから、作者の実際の家族構成でなければならない必然性はないものと思います。しばしば虚構が表現されるのが芸術一般の特徴ですから、「事実」と作品世界はことなる次元にあるものと受けとり、読者独自の読み方をしてよいものと理解します。「五人逝き五人嫁ぎていまふたり」という10:2の数の衝撃的な対比が表現の価値を構成していて、「妻と朝餉の白菜を噛む」という日常の平坦な情景に切迫しているところに、この作品の核があります。上の句のなかの衝撃と、その上の句の空虚性と下の句の平坦な生命の対比が詩を作り出していますから、「事実」がどうかは、作品の価値に影響はないものと、わたしは考えます。

短歌の解釈の奥深さに、私などそこまでの読み込みまで及ばなかったのですが、吉田旅人氏が歌曲という表現手段で中嶋正躬さんの短歌をどのように表現をするのかが楽しみです。

ネットで検索をすると短歌講座「短歌はおもしろい」(=鳥取県歌人会・山本憲二郎)で当日の最優秀賞で中嶋正躬さんの次の歌が選ばれていました。

  三万人の自死者の捨てし世を生きて一日の憩ひに風鈴を聞く

私たちの年代になると、リタイアして、余生を静かに過ごし終活に備えるという流れを意識します。
が、中嶋正躬さん(先生)の創作活動、ここで引用したW君の評論の深さ、吉田旅人さんの演奏活動等を見ると、社会的な義務から解き放たれ本来の自分に戻った現役の人々という感じがします。

[PR]
by okadatoshi | 2017-07-27 14:19 | 人びと | Trackback | Comments(2)
物語を紡だす挿絵
高校時代の同級生の奥様で、銅版画家で装画も描く謡口早苗さんいます。
以前に、豊かな情感溢れる作品の小冊子をおくって頂き、メールのやりとりの中で、印刷物としてだけではなくネットでも見られないかと提案し、試作を作りました。喜んで頂き許可を得て公開をしました。

sanae's world(クリック) では、現在4作品をアップしています。bgmは、甘茶工房などのフリーの音楽から作品のイメージに合ったものを使いました。
その中の一つ「短歌の風景」です。▼



ネットで、”北村薫 謡口早苗”を検索すると、北村作品の装画がヒットします。▼
b0036638_21154228.jpg
早苗さんは、市民講座で池田良二氏と出会い銅版画をものにされ、小作品が注目され版画としてかなり売れたようです。その作品が北村氏の目に留まり、「リテレール」という別冊に版画のことを書かれたことから、つながりができたとのことです。
凄いのは、正当なプロ画家を若いときから目指したのではなく、いわば素人として市民講座を受けるなかで銅版作家としての才能が触発され開花して行ったことです。

今日は、早苗さんから装画を担当した北村薫氏の「うた合わせ」が送られてきました。▼
b0036638_21154251.jpg
小さく装画家の名前が一行書かれているだけですが、作家にとっては内容を表す相応しい表紙画家として早苗さんを評価していることが伺われます。

[PR]
by okadatoshi | 2017-07-11 21:19 | 人びと | Trackback | Comments(0)
Q氏の男の手料理
先週末に上京し、戻ってから講義や雑用に追われ、やっとファイルの整理に取りかかりました。
上京二日目>同窓会&オフ会の下段に、”夕方はパソコン通信時代の仲間とオフ会”と書いています。この日に出された料理をまとめてみました。

Q氏とは、パソコン通信時代に知り合った方で30年近いつきあいです。
もともとは教育関係の出版社に勤め、その後に出版社を立ち上げパソコンと教育に関するマイナーではあるけどユニークな本を出版しています。
今は銀座の事務所を引き払い、自宅で規模を縮小し好きな本だけを作っています。

日本酒をこよなく愛し、自身も魚のアテを作りfacebookに登場する料理の画像にはイイネをするファンも多いのです。
お孫さんが家に来るときは、Q氏が腕を振るい大人数の料理を大皿に盛った画像が大注目。
曜日によって奥様と料理の分担をしていたそうですが、食材が日をまたぐと無駄になるとかで、今では朝食を奥様、昼と夜はQ氏が作っているとか。

最初は銀座か新宿でオフ会を予定してましたが、「土曜日はなじみの店が開いてない」と、Q氏宅で手料理をごちそうになることになりました。
近所に良い魚屋があり、この日は甘鯛、サーモン、カンパチを大皿に盛り自作ソースでカルパッチョ風に。中央は新鮮な鰯があったので蒲焼き風に。その横は牛肉のしぐれ煮。左下は鯛の昆布締め。サラダももちろん手作り。
こちらの食べ具合を見ながら、火加減を見て料理が次々に登場します。▼
b0036638_20290701.jpg
左は、近所の農家から完熟状態のトマトを購入。前日から出汁に浸して冷蔵庫に入れた一品。右はアサリの吸い物。美味でオカワリをしました。▼
b0036638_20290746.jpg
いなり寿司。じゃこを入れたものを酢飯の二種類を用意。▼
b0036638_20290722.jpg
アルコールは、最初はビールで、シャンペン、赤ワインと続き、極めつけは日本酒の冷えた「初呑みきり」。
以下、Q氏に質問したこのお酒についての回答です。

日本酒は新酒として春に出荷するものを除き、通常は秋に出荷します。発酵を終えてタンクで寝かせています。七夕のころに酒の状態をみるため、タンクについている口を開けて少量を取り出します。これを呑口を切る「呑み切り」といい、その年最初に行う呑み切りを「初呑み切り」といいます。
近年は、この時期に出荷する酒が「初呑み切り」として売り出されます。
今回の酒は「神田和泉屋」が特別に仕入れることができた酒です。山廃仕込みの酒で乳酸発酵が強い酒です。

と今日のために準備をして頂いたもの。▼
b0036638_20290775.jpg
話しが進み、準備していて出し忘れたものが、「サツマイモとリンゴのワイン煮」と「6時頃に食すために漬け込んでいたぬか漬け」であったと帰宅後メールがありました。
Q氏とはこのパソコン業界(笑)で出会う前にニアミスをしていました。
私が金沢で学生生活を送っていたころ、下宿先の筋を隔てた通りにある中学の2年生だったのです。当時街角で、Q少年とすれ違っていた可能性があります。
これらは、ネットで繋がってから分ったことでした。
Q邸の手料理が頂けるだけでも、また東京に行きたくなる宴でした。

[PR]
by okadatoshi | 2017-07-07 20:32 | 人びと | Trackback | Comments(2)
里見吉郎”はがき絵・木彫展”
自身も、右脳墨書の「心展」を開催されたり、随筆集どこ吹く風を発行され、豊かなご褒美の時間を過ごしておられるHさんから「画風があなたと似ている里見さんの個展を見に行きましょう」と誘いがあり、ご一緒しました。▼
b0036638_20303195.jpg
里見さんも私と同じく、退職をしてから趣味のスケッチを始められすでに個展を7回開催され、神戸ジャズストリートにあわせ絵葉書の受注を受け16年目になります。アマチュアと言うよりもセミプロ画家です。▼
b0036638_20303273.jpg
絵は現場で40分ほどかけて描かれ、次の絵はこの電車が4回通過する間それぞれの時間にあった人物を描き加えたとのことです。スケッチサイズですが私と異なり時間を掛けて丁寧に描かれています。▼
b0036638_20303101.jpg
紹介のHさんを介しているからか、気持ちよく対応されスケッチの道具も見せて頂きました。▼
b0036638_20303129.jpg
最近はスケッチ以外に木彫作品の小物も作っていて、それらも展示即売をされていました。▼
b0036638_20303118.jpg
推薦して頂いた画材店に帰りに立ちより絵筆を購入しました。今日は多くの刺激を受けました。
同展は、トアロードのトアギャラリーで明日まで。作品のアーカイブ(クリック)も見ることができます。

[PR]
by okadatoshi | 2017-05-24 20:33 | 人びと | Trackback | Comments(2)
熊本城 再建“サムライの英知”
4月14日には、津山城趾と岡山城の周辺を散策し見事な石垣を見てきました。3/28には竹田城趾へも行きましたが、城跡を歩くのは鉄道と並び私の趣味です。▼
b0036638_14575414.jpg
1年前に熊本地震が起きたこともありTVでは関連の番組が組まれていました。
昨晩はNHKスペシャルで、熊本城 再建“サムライの英知”を未来へを視聴。

明治22年の熊本地震で補修した石垣の3割が被害を受けたのに対し400年前の江戸時代に組上げた石垣では1割しか被害を受けなかったと報じられ、当時の武者返しという石垣の組み方が話題になっています。▼
b0036638_14575537.jpg
番組では、城を築いた加藤清正の時代背景を取り上げています。朝鮮出兵路に現地で清正が築いた西生浦倭城(1593年)と熊本築城の間に慶長伏見地震があり地震対策が武者返しと言われる独特の形態になったと番組では推測しています。▼
b0036638_14575526.jpg
番組に最もよく登場して解説をしていた城郭石垣研究者の北垣聡一郎氏は、西生浦倭城の現地調査も行いまた石組みの形態も解析をしていました。▼
b0036638_14575582.jpg
ドローンを飛ばして得た石垣の損壊調査によれば、内部で玉砂利が石垣を押し出し膨らみを見せているヶ所がかなりあり、江戸時代に叡智に学びつつさらに膨らみを押さえる現代科学を駆使したより強固な復旧作業を目指していると締めくくっていました。▼
b0036638_14575454.jpg
再放送は、18日深夜 総合 2017年4月19日(水)午前0時10分~0時59分にあります。

実は昨日の朝にも熊本城の江戸時代の石垣がなぜ堅固であったのかをダイジェストで報じ、TV番組に突然北垣氏が登場しすぐに元同僚の方だと分かりました。現職時代の勤務校で一緒だった方で社会科の教諭でした。当時から橿原考古学研究所にも関係し、石垣修復の現地指導をされていました。

私より3才年上の方ですが、地道な研究成果を生かし続け、今もなお現役で価値ある仕事を継続されておりびっくり。

[PR]
by okadatoshi | 2017-04-17 15:03 | 人びと | Trackback | Comments(6)
佐野由美さんの作品展
2015/11/07に引き続き、神戸長田教会内の『Gallery with』へ行ってきました。
今回は、佐野由美さんのネパールでの活動を中心に構成されています。
印刷された用紙の裏に大胆な筆遣いで描かれています。▼
b0036638_19374976.jpg
滞在中のノート。▼
b0036638_19375028.jpg
身の回りの素描。▼
b0036638_19375081.jpg
事故前日、旅の途中で描いた最後のスケッチ。▼
b0036638_19374821.jpg
帰国直前、両親に当てた最後の手紙。▼
b0036638_19374946.jpg
今回は、画家である父親の佐野弘利さんのスケッチブックも自由に手にとって見ることができました。コンテで力強く描かれた作品です。▼


このギャラリーでは、父親と娘の絵が同じ部屋に収納され互いに会話をしているようです。▼
b0036638_19374939.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-04-01 19:39 | 人びと | Trackback | Comments(0)