2017年 10月 30日 ( 1 )
75歳の身体のメンテナンス
10/4に湿布薬とスミルローションを整形外科へ行ってもらいましたが、その後も腕の周りの痛みは改善されないので、前回別の医師だったこともあり最初の診察をした院長の診察日の今日、整形外科へ行きました。
病状の経過と質問事項、痛みの起きる具合と時間、姿勢などあらかじめワープロに起こして医師に渡しました。そういう患者はあまりないらしく回答もスムーズでした。
肩の軟骨部分の端が減りそこから来る痛みを補うために周辺の筋がカバーをするための炎症。軟骨の部分の減少は加齢によるもので修復はできない。病状と折れ合っていくしかない。
私の場合は肩を痛みを伴わないでまだ垂直に腕が上がるのでそこまで深刻な状態ではない。注射とか薬の服用は、まだしない方が良い。
湿布のかぶれを防ぐには、3~4時間で湿布を取る。腕の痛みのストレッチは、ネットなど参考にゆっくりじわっと”イタ気持いい”範囲で何度でもやると有効。特に回数の制限はない。

同じ悩みの方は多くいるようでネットには情報が溢れています。
次のサイトも参考になります。
「湿布をたくさんだしましょうか?」と聞かれまだストックがあると辞退すると、スミルローションを2本出されました。診察を含め@600円。歯科医よりも随分と安いです。
帰宅後、インフルエンザの高齢者接種に行きました。今年は@1500円。▼
b0036638_20074685.jpg
午後4時過ぎにトレーニングジムへ。途中のつづら折りの曲がり角にベンチが設置されています。団地の坂道の周辺にも同様のベンチが設置されています。▼
b0036638_20074655.jpg
公園内のナンキンハゼが今見事です。▼
b0036638_20074643.jpg
たっぷり1時間のウォーキング。
今日のBGMはラジオ深夜便。今年の1/20放送の
【わが心の人】藤沢周平 長女・エッセイスト遠藤展子のインタビューでした。先日、NHK BSの
を視聴したばかりだったので、興味深い内容でした。

帰りはすっかり日が落ちた中のナンキンハゼ。月は合成貼り付けです。(^^;)▼
b0036638_20074595.jpg
後期高齢者になると、今日できることが明日もできるとは限らない身体になりつつあります。そのためには、昨日やったことを今日もできる限り続けることが健康な明日につながるのでしょう。
今日の歩数は13,000歩。

[PR]
by okadatoshi | 2017-10-30 20:11 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)