2017年 09月 24日 ( 1 )
視覚障がいの方の学習会(51)>腕の痛みへアドバイス
17/06/25と同じタイトルです。
いつもの通り個々の課題に取り組みます。▼
b0036638_21520389.jpg
盲導犬の話しを伺いました。盲導犬として卒業するのは大変なようで、このバルト君の弟犬は、人の誘導では特に優れていたようで、車が来ると止まるだけではなく主人の前に回って進行を止める動作まで習熟したようです。ただ、吠える癖が直らず盲導犬にはなれなかったとのこと。雄犬の場合には成長してマーキングを覚える前に去勢をされ排尿をしゃがんでするように躾をされます。雌も妊娠をしないように処置をされるようで愛玩用の犬とは別の路を歩んで行きます。それだけに盲導犬をリタイアしたあとの余生のケアは引き受けてがあり可愛がられます。▼
b0036638_21520356.jpg
今日の昼食。カップヌードルのご飯もの。新製品が次々発売されています。▼
b0036638_21520346.jpg
実は最近になって右腕の肩の部分に痛みが走り先月は整形外科にも行きました。その後も同じ状態が続き、学習会のリーダーのTさんにアドバイスを受けました。Tさんは現職時代は公立病院で治療に関わっていました。退職後の今も非常勤で仕事をしている方です。整体師・鍼灸師・柔道整復師の国家資格を取っているプロです。触診で私の筋肉の腫れや病状の解説、リハビリ用のトレーニングなどの指導をして頂きました。

帰りは三宮まで行き自宅へ向かうバスまでご一緒しました。
身障者の付き添い乗車の場合には子供用の乗車券を購入し窓口で手帳を見せて印を押してもらいます。バス乗車まで視覚障害者に分りにくい状態の感想を受け、こちらも参考になりました。自転車放置、歩きスマホなど初めての都心は一人では無理です。バス乗車ターミナルでは点字ブロックは殆どなく、乗り場の通路も狭く一人で歩くことは、まだまだ難しい。▼
b0036638_21520489.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2017-09-24 21:55 | デジの目 | Trackback | Comments(0)