2017年 06月 05日 ( 1 )
子どもたちの未来
昨晩はNHKスペシャル、私たちのこれから #子どもたちの未来 を視聴しました。リンク先でも概要がわかります。

番組では、1985年と2012年の貧困率の比較をしていました。27年前は高齢者の貧困率が高かったのが2012年では子供たちの世代の貧困率が高くなり山が逆転をしています。国内総生産の0.1%を児童手当に回せば貧困率が0.6%下がるとしています。イギリスの成功例を取り上げていました。▼
b0036638_18072543.jpg
貧困の連鎖を断ち切るためには就学前教育にあると例を挙げています。

アメリカで貧困な家庭の子供を2つのグループに分け就学前に片方のグループのみに1日2時間半の授業と週に1回の家庭訪問をし、40年間追跡をした結果教育を受けたグループの収入や持ち家率に明らかな差がありました。就学前教育によって非認知能力が付きその後の生き方が大きくかかわってくると結論づけています。
b0036638_18072584.jpg
▼日経ビジネス電子版17/06/02の、民進党・細野豪志氏が語るシルバー民主主義の克服法の中で細川氏はシルバー民主主義の弊害を述べています。その中で示されたグラフです。同様の考えを若手自民党の小泉氏も触れています。▼
b0036638_18072545.jpg
議員が目先の選挙民の利害の代弁に縛られるようでは、孫子の世代へツケを回すだけの政策が続きます。膨れ上がる国債、廃棄処分の見通しのない全国54基の原発の継続など負遺産の先送りが止まりません。このままのシルバー民主主義が続けば若い世代の暴動や世代間対立が起きかねない。若い世代の考えの政治への反映の仕組みづくりが急務です。

年齢層別の貧困率の国際比較 も参考になります。

[PR]
by okadatoshi | 2017-06-05 18:12 | メディア | Trackback | Comments(2)