2013年 06月 12日 ( 1 )
広瀬達雄さんご夫婦の歌集
5/26のblogで、パソコン通信時代をともに過ごしたHさんとして、広瀬達雄さんの通夜に参列させて頂いたことについて触れました。

昨日、喪主の息子さんからご夫婦の歌集が送られてきました。
広瀬さんが学徒動員で米軍の機銃掃射で被弾した当時の資料も添えられていました。▼
b0036638_18263419.jpg
歌集は、奥様の短歌や書も含まれご夫婦の足跡を綴られた心温まるお子様たちによる自費出版の歌集です。▼
b0036638_1995991.jpg
年譜によれば、広瀬さんは昭和3年3月16日の大阪市北区梅田にて誕生。
中津第二小学校では成績優秀で級長を6年間務める。
昭和16年4月に摂南工業中学校に入学。昭和19年4月には4年生次に徳島工業専門学校(現徳島大学)へ飛び級で入学。ひもじい下宿生活を送られました。
昭和20年7月学徒動員で東京へ。伝令役を務めていました。
東京大空襲で伝令役で行っていた先で、被弾。右腕切断。
昭和20年8月15日終戦。病院入院中も劇演出をする。
気力での踏ん張りが認められ教育長面接で大阪府中学校教諭に採用される。教科は数学。
昭和22年3月 徳島工業専門学校卒業。
昭和22年4月 吹田市立第三中学校赴任。
昭和30年3月 奥様に会い和歌のやり取り。結婚。一男一女に恵まれる。
昭和37年4月 府立高校(府立淀川高校)に転勤。趣味が広く交流も活発。
昭和39年  金田一春彦先生のフィールドワークに参加。四国香川地方を案内。
方言による民話の取材などに参加。
昭和47年4月 府立旭高等学校へ転勤。
昭和58年4月 府立磯島高等学校へ転勤。
昭和63年3月 定年退職。
退職後、短歌会へ参加。武庫川女子短大(7年)、夙川学院短大(4年)で情報を非常勤講師として教える。
平成17年 結婚50周年を祝う。
平成18年8月 心筋梗塞を起こす。闘病・退院を繰り返す。
平成25年3月27日 結婚58周年を祝う。
平成25年5月25日(午前4時13分) 前日まで会話、家族に見守られながら安らかに生を終える。

広瀬さんとのお付き合いは、公職を辞められてから後の、Niftyのパソコン通信時代からのお付き合いです。
それ以後お付き合いが続き、ネット環境が成り立たなくなってからは、闘病中も片手で操作されたノートのファイルをusbで保存しその郵送での交流が続きました。
戦前に生まれた方は、戦争体験については寡黙です。
改めて短歌を読み、教育者としての真摯な生き方に感銘します。
来週予定の関西でのFCAIのオフ会に、送られた歌集を持参します。
なお、実名でのblog記載は、ご遺族から了解を得ています。
[PR]
by okadatoshi | 2013-06-12 18:27 | 人びと | Trackback | Comments(2)