2012年 09月 02日 ( 1 )
視覚障がいの方の学習会(15)
8/19に引き続き学習会の日です。
実は8月にパソコンを通じて知り合ったO氏がスタッフ参加として体験参加をして頂き、嬉しいことに引き続き9月も参加して頂きました。そのために私の方も少し余裕ができて、久々に盲導犬を散歩に連れていきました。以前連れて行ったことがあるのでハーネスを外した状態になると、私の方をじっと見つめます。
この悩ましげな眼に応えてセンターの周りの草むらを彼女の好きなように歩かせました。

盲導犬は決して吠えません。たとえ相手の犬に噛まれてもです。また、飼主に排尿と時間を決められており、外でマーキングをすることもありません。
盲導犬としての訓練の中でそのような躾が徹底した犬だけが盲導犬として認定されているわけです。
ハーネスを外した状態で、私のようなフォローしなくてもいい相手との気ままな散歩は開放感に満ちたものなのだろうと思います。
ペットとして家族の一員として育てられるのではなく、人間の都合で主人と共に生きていくパートナーとして訓練をクリアした盲導犬は、幸せなのかどうかと考えることがあります。ペットとして接する以上の飼主との通い合いがあるのかも知れません。▼
b0036638_22511626.jpg
彼女の名前は、“イクシー”と言います。名前は、パピーウォーカーが付けます。どこにでも行くのでこの名前がついたと聞いています。現在、5歳で働き盛りです。
やがて、12歳前後を超えると体力が弱り引退します。こういう犬をまた引き取るボランティアの方もいます。

昼食にいつも行くお好み焼き屋さんへ。ドアに同じ赤い首輪をした犬がいました。
営業の方が来て無料でセットをしたのだとか。
さっそく、無線機をfacebookに上げてみました。▼
b0036638_22513253.jpg
パソコン操作では、radikaで保存したm4aの“ラジオ深夜便”を聴いてもらいました。
録音や視聴では、画面が音声対応になっていないので希望通りの選曲や録音できるまではかなりハードルが高いです。試行錯誤でアプリケーションキーと矢印、タブを使いながら選曲だけはできそうです。▼
b0036638_22514485.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2012-09-02 22:57 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)