2012年 07月 31日 ( 1 )
北条の五百羅漢さんから小野の浄土寺へ
NiftyのFCAI時代に集ったメンバーと神戸ミニオフ。北条から小野まで東播州を<垂>さんの車で猛暑に負けず走り抜けました。

最初に北条五百羅漢寺へ。
北条鉄道の終点「北条町」駅の北にある住吉神社と酒見寺の境内を北進する位置に羅漢寺があります。方形の石柱に頭部を切り出した特異な形状です。入口の石の仁王像には「慶長十五年(1610)二月廿一□」の刻銘があります。
古くからこの地に点在してあった羅漢像を400体余り境内に集めており壮観です。▼
b0036638_21162853.jpg
寺の受け付けの方が丁寧に説明をされ周辺の寺院の地図も頂きました。
歩いて行ける距離にある住吉神社。▼
b0036638_21164341.jpg
隣接して、酒見寺があります。▼
b0036638_2117225.jpg
ここから再び国道175号線を南下して浄土寺へ。本堂は「薬師堂」ですが、最も有名なのは国宝「浄土堂」です。
堂内では、天井板を張らず「化粧屋根裏」が見えます。巨大な阿弥陀如来像の立像が控え圧巻です。この時期、背後に西日が差して床から太陽光が内部に反射して、堂内が朱色の輝いていました。
浄土堂と阿弥陀像です。内部は撮影禁止のため像は配布パンフレットから撮りました。▼
b0036638_21172016.jpg

[PR]
by okadatoshi | 2012-07-31 21:18 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)